豪徳寺 (地名)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 世田谷区 > 豪徳寺 (地名)
豪徳寺
—  町丁  —
豪徳寺駅 南口
豪徳寺の位置(東京23区内)
豪徳寺
豪徳寺
豪徳寺の位置
座標: 北緯35度39分12.89秒 東経139度38分51.21秒 / 北緯35.6535806度 東経139.6475583度 / 35.6535806; 139.6475583
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
面積[1]
 - 計 0.423km2 (0.2mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 6,438人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 154-0021[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

豪徳寺(ごうとくじ)は、東京都世田谷区町名。現行行政地名は豪徳寺一丁目および同二丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は154-0021[2]

地理[編集]

東京都世田谷区の中央部に位置し、周囲を赤堤松原梅丘世田谷宮坂の各町に隣接する。「招き猫」伝説で知られる豪徳寺がある。 町域北部を横断する北沢川緑道や南辺の烏山川緑道は、それぞれ暗渠化した北沢川烏山川の上部を緑道に造成したものである[4]。川の名残として幾つかの橋の名前が残っている。町内部分の北沢川緑道では、山下橋、新山下橋、松竹橋等、烏山川緑道では八幡橋、城向橋、青葉橋、品川橋等である。

西辺を東急世田谷線が通っており、同線の山下駅小田急小田原線豪徳寺駅が町域内にある。両駅間は乗り換え可能である。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

旧・荏原郡世田ヶ谷村。1966年昭和41年)の住居表示実施時に、寺の名前から地名が付けられた。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
豪徳寺一丁目 2,424世帯 4,024人
豪徳寺二丁目 1,264世帯 2,414人
3,688世帯 6,438人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
豪徳寺一丁目 全域 世田谷区立城山小学校 世田谷区立世田谷中学校
豪徳寺二丁目 全域

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 緑道 世田谷区
  5. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]