羽根木公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
羽根木公園
Hanegikouen-Umebayashi.jpg
園内西側にある梅林
分類 都市公園(地区公園)[1]
所在地
面積 79,650.71m2
開園 1956年(昭和31年)10月1日
運営者 世田谷区
駐車場 32台(有料)
公式サイト 世田谷区のサイト
園内のアジサイ
羽根木公園周辺の空中写真。画像中央の緑地が羽根木公園。東側を南北に走る道路は環七通り。1989年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

羽根木公園(はねぎこうえん)は、東京都世田谷区代田世田谷区立の都市公園である。

概要[編集]

全体として丘状の地形になっている。古くは一帯に「六郎次」という野鍛冶が住んでいたと伝えられ、「六郎次山」と呼ばれていた。その後、根津財閥の所有地となったため、「根津山」と呼ばれた。1956年都立公園として開園し、1965年世田谷区に移管され区立公園となった。

公園内には、羽根木プレーパーク・野球グラウンド・テニスコート・世田谷区立梅丘図書館・茶室「日月庵」などがある。南側の斜面には梅林をはじめ、園内には総計約650本の梅の木が植えられており、梅の名所となっている。梅の花が見頃となる毎年2月には「せたがや梅まつり」が行われる。かつてはプールが存在していたが、2004年に廃止され、跡地は広場として整備された。

また、現在の羽根木公園は代田四丁目の一部であり、住居表示としての「世田谷区羽根木」から離れている。これは両地が共に旧・世田ヶ谷村の飛地だったことによる(両地共に、住居表示実施前は“羽根木町”という町名だった)。

最寄駅は、京王井の頭線東松原駅または小田急線世田谷代田駅梅ヶ丘駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公園調書(世田谷区)

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度39分29秒 東経139度39分18秒 / 北緯35.65806度 東経139.65500度 / 35.65806; 139.65500