根津財閥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

根津財閥(ねづざいばつ)は、根津嘉一郎 (初代)によって設立された日本の中堅財閥。現在の東武グループの前身である。

概要[編集]

「私鉄王」と呼ばれた根津が一代で築いた企業群。根津が甲州(山梨県)出身であるため、甲州財閥の一つともされる[1]。根津は若尾逸平雨宮敬次郎から師事を受け[2]正田貞一郎宮島清次郎を支援[3]。また才能を見込み小林中フコク生命に抜擢した[4]。また根津は晩年、実業家の懇談会「清交会」を主宰[5]。その人脈から財界四天王が生まれた。

初代嘉一郎は1940年死去。長男の藤太郎が2代目を襲名した。嘉一郎 (2代目)は1941年に東武鉄道社長に就任し、1994年まで在任した。1999年に2代目の次男である根津嘉澄が東武鉄道社長に、長男である根津公一東武百貨店社長にそれぞれ就任した[5]

傘下企業の多くは、戦後、富士銀行の融資系列による企業集団である芙蓉グループに参加した。

関係の深い企業[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の地方財閥30家 知られざる経済名門』p.18
  2. ^ 『日本の地方財閥30家 知られざる経済名門』p.23
  3. ^ 『日本の地方財閥30家 知られざる経済名門』p.27 - 28、p.162
  4. ^ 『日本の地方財閥30家 知られざる経済名門』p.30
  5. ^ a b 『日本の地方財閥30家 知られざる経済名門』p.26

参考文献[編集]

関連項目[編集]