この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

磯山さやか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いそやま さやか
磯山 さやか
プロフィール
愛称 いそっち
生年月日 1983年10月23日
現年齢 33歳
出身地 日本の旗 日本 茨城県水戸市
血液型 A型
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 155 cm / kg
スリーサイズ 88 - 60 - 86 cm
活動
デビュー 2000年10月22日
ジャンル グラビアファッション
モデル内容 一般、水着
他の活動 タレント女優スポーツライター
事務所 ホリエージェンシー
その他の記録
AneCan』専属(2014年 - )
東京ヤクルトスワローズ公認女子マネージャー
モデル: テンプレート - カテゴリ

磯山 さやか(いそやま さやか、1983年10月23日 - )は、日本グラビアアイドルタレント女優スポーツライターファッションモデル。本名も同じ。愛称は、いそっち表記揺れ磯っち)。茨城県水戸市生まれ(出生・出身)、同県鹿島郡鉾田町(現・鉾田市鉾田地区)育ち(出身)。

茨城県立鉾田第二高等学校卒業。ホリエージェンシー所属。『AneCan』専属モデル。

来歴

  • 高校2年のときにオーディション雑誌の募集案内を見て、部活を1日だけ休ませてもらい、東京見物を兼ねて軽い気持ちでホリプロスカウトキャラバンを受けたが、2次審査で落ちてしまう。帰ろうと思っていた矢先、審査員の一人であったホリエージェンシーの社員に『うちのオーディションを受けてみない?』とスカウトされ、2度目のオーディションで合格し、2001年に芸能界デビューする[2]
  • 2003年頃から12球団対抗の正月特番、キャンプ取材、中畑清との対談など、野球関連の仕事が増え始める。
  • 2005年、高校の野球部マネージャーの経験を生かし、『SWALLOWS BASEBALL L!VE』(フジテレビ739)に女子マネージャーとしてレギュラー出演。2006年には、古田敦也選手兼任監督(当時)公認女子マネージャーに任命される。
  • 2005年11月16日、『風のゆくえ/ちいさなせかい』でCDデビュー
  • 2006年1月、テレビ東京『2ndハウス』でドラマ初主演。
  • 2006年、いばらき大使[3]に任命され、同年1月「漫遊いばらき観光キャンペーン推進協議会」のテレビCMでキャンペーンガールを務める。
  • 2008年12月、地元鉾田市から初代「鉾田大使」に任命される。[4]
  • 2008年10月、『水戸黄門』第39部にレギュラー出演。11月24日放送の第7話では由美かおると入浴シーンを演じた。
  • 2009年3月、コアリズムの『典型的日本人体型脱出プロジェクト磯山くびれ大作戦!』に挑戦する。2009年5月、挑戦開始57日目で目標の部分やせ合計マイナス30センチを達成した。挑戦開始時に「部分やせダイエットに成功したら、心も体もヌードになります。」と宣言し、7月10日発売の女性誌『FRaU』にて公約通り、セミヌードを披露した。ダイエットによって、胸が多少小さくなったと告白している。
  • 2014年12月5日発売の『AneCan』2015年1月号より「ぷにモデル」として同誌専属モデルを務める[5]。同誌2014年10月号掲載のファッション特集「ぷにぷに肉ニット」へ「肉モデル」として登場した際に読者からの反響が大きかったことから、「ぽっちゃり女子」ブームの新たなファッションアイコンとして、「冬の着ぶくれ」を克服するコーディネートなどを披露している[6]

人物

  • 幼稚園の卒園式で将来なりたい職業を発表する機会があり、「アイドルになりたい。」と答えていた。
  • 中学生までは体が弱く、出席日数が足りなくなりそうなほど学校も休みがちで、病院に行ってから登校することも度々あった[2]
  • 特技はバトン、中学生のときは吹奏楽部に所属していたためトランペットアルトサックスも吹ける。高校生のときは野球部に所属しマネージャーを務めていたためスコアブックを付けることができる。過去のプロフィールに皿回しやインラインスケートを挙げていたことがある。
  • スポーツ観戦が好きで、野球、サッカー、格闘技などを、仲の良いタレント、番組スタッフや兄夫婦らと観戦することが多い。野球は、東京ヤクルトスワローズのファンである。サッカーは、鹿島アントラーズのファンである。しかし、好きな選手としてジュビロ磐田に当時所属していた福西崇史を挙げたことがある。
  • バラエティ番組でグラビアアイドルらしい色っぽいお風呂の入り方、グラビアポーズをやってみせるなど自分のセクシーさをネタとして使うこともある。
  • 過去のプロフィールに「アイドル研究」を挙げていたこともあり、グラビアアイドルの写真集を集めるのは趣味である。杏さゆり酒井若菜安めぐみ熊田曜子リア・ディゾン西田麻衣ファンであることを公言している。積極的にほかのグラビアアイドルたちとの親交を深めている。MEGUMIほしのあき、熊田曜子らと互いにバストを触り合い、その感触について詳細にコメントしている。また自身のバストについては、その柔らかさから、『水パイ』と呼んでいる。2006年10月27日、日本テレビ系『未来創造堂』にて、顔を隠したグラビア写真でモデルが誰かを当てるという出題に対し、根拠の解説まで付けた上で全問正解した。2009年4月13日、日本テレビ系『世界まる見え!テレビ特捜部』でも全問正解し、撮影時期が少し古いというところまで言い当てた。
  • 「美ヘソ」と評される自身のヘソについて、本人は「ヘソが縦に長いのは変」と長らくコンプレックスにしていた[7]
  • 部屋では全裸で過ごす。帰宅後、玄関から服を脱ぎ、そのまま部屋や廊下を一通り周った後ベッドに倒れこみリラックスするのが日課になっている。その後はパジャマに着替えて過ごすとのこと[8]
  • モーニング娘。安倍なつみに憧れ、モーニング娘。のオーディションを受けるも、書類選考で落選している(2006年8月8日放送の『ロンドンハーツ』で、元メンバーの中澤裕子石黒彩保田圭と共演した際に発言)。本人曰く「初告白だから事務所も知らない過去」とのこと。2007年12月18日、自ら司会を務める番組、『城咲仁と磯山さやかの極めみち』の生放送中に、自分が落選した追加オーディションの合格者は後藤真希だったことを公表した。
  • 前述の通り、高校時代に野球部のマネージャーを務めていたことからスポーツには詳しく、東京中日スポーツ中日新聞東京本社)では競艇関係のコラムを執筆していた時期があった。また、週刊大衆双葉社)にスポーツに関するエッセイを連載している。
  • 系列事務所(ホリプロ)の後輩である大島麻衣(元AKB48所属メンバー)と仲が良いことで知られる。磯山は大島のことを「マイマイ」、大島は磯山のことを「磯っち」とそれぞれ呼んでいる。大島がレギュラー出演する『バナナマンのブログ刑事』(東海テレビ)では、大島がインフルエンザで収録を休んだ際に磯山が大島の代役を務めた。
  • 9歳年上の兄がおり、『私の何がイケないの?』(TBS)出演時、かなりのブラザー・コンプレックスであることを明かし、「お兄ちゃん以上のひとはいない」、「お兄ちゃんの代わりはいない」等の発言のほか、大島麻衣たちとの食事の際、「お兄ちゃんのクローンがいたら、即、結婚する」と発言した。
  • 2012年2月の『ロンドンハーツ』「うぬぼれ注意オンナの自分番付!」にて喜んでげんこつで腕をドタバタした姿がドラえもんに似ていたので、それ以降、この番組では「イソえもん」と呼ばれている。

エピソード

  • 2001年2月、『HERO』第5話でドラマデビューしたが、余りに茨城訛りが酷すぎたため何テイクもNGを出した。
  • 2008年4月18日、フジテレビ系 『検定ジャポン』(テーマ 静岡県)でトップ賞となり金の静岡プレートを獲得。「人生で初めてです1番獲ったの」とコメントした。
  • 2008年のM-1グランプリでは、栃木県出身の漫才コンビU字工事に『茨城の女』としてネタにされていた。M-1の当日はラジオの出演があったため当初はそのことを知らなかったが、周りから言われて知り、喜んでいた。さらに本人のブログでは、彼らのギャグ『ごめんねごめんね〜』を使って彼らにメッセージを送っていた。
  • オジサンズ11』にゲスト出演した際に痴漢被害に遭った時のエピソードを披露した。

野球

  • 高校の野球部のマネージャーになったのは、家族が野球好きだったこととタッチの登場人物の浅倉南に憧れていたから、サッカー部マネージャーとも迷ったが「チャラい感じがする」という理由で野球部マネージャーを選んだという理由を挙げている[8]
  • 高校在学中に芸能活動をしていることが野球部監督の耳に入り、高野連がたとえマネージャーであっても部員の芸能活動には厳しいため退部を宣告されてしまう。しかし、涙ながらに「それだけは勘弁して下さい!」と頼み込み、表面上は退部という形を取りながらもマネージャー業は卒業まで続けさせてもらうことができた。少し前に先輩が引退、さらにチーフマネージャーという立場になっていたという責任があった[2]
  • 川﨑宗則シアトル・マリナーズ)のファンであったと公言していた時期があったが、正月特番でプロ野球12球団の選手とのボウリング番組に出演した際、当時プロ野球には、あまり精通しておらず選手の名前を知らない状況下で優しく話しかけてくれたのが当時福岡ダイエーホークスの川﨑であり、その時のお礼を含めて「川﨑選手を応援しています!!」と言っていただけだと釈明した[9]。東京ヤクルトスワローズ公認女子マネージャーに任命されてからは、好きな選手にスワローズの宮本慎也を挙げており、バラエティ番組でVTRにてコメントをもらった[8]
  • 「野球で好きなプレーは6-4-3ゲッツー」と公言する程にショート(遊撃手)が大好きであり、特に高校時代は毎年ショートの先輩に憧れていたとコメントしている。
  • プロ野球珍プレー・好プレー大賞』に出演した際、金村義明に「青木宣親結婚したらいい。結婚したら青木さやかになるから」と言われた。
  • 野球部は当時部員が少なかったため、通常マネージャーが関わることが少ないノックの手伝い・ピッチングマシンの球補給・球ひろい等の雑用も積極的にこなしていた。有名雑誌にグラビアが出たとき、クラスなどの仲間はその話題に積極的に触れていたが、野球部の部員や監督は磯山の前では逆に一切触れなかったため、妙な違和感があったという[8]
  • 2006年11月12日、フジテレビ系ジャンクSPORTS』に「野球狂グラビアアイドル」の肩書きで出演。お得意の「好きなプレーは6-4-3の〜」など野球好きの心をくすぐる細かいディテールまでを熱弁し、徳光和夫からは「いいお嬢さんだねぇ」と絶賛される。
  • 2008年7月、茨城県立鉾田第二高等学校が全国高等学校野球選手権茨城大会で初めて3回戦へ進出した際、母校の野球部にジュースの差し入れと御祝いメッセージを送った。
  • 2010年3月27日、パ・リーグ公式戦「千葉ロッテマリーンズ」対「北海道日本ハムファイターズ」(千葉マリンスタジアム)において、投手ではなく、捕手(いわゆる女房役)での始球式を行った。この年、婚活をしていたため、衣装は純白の半袖ウエディングドレスで、キャッチャーミットも白であった。投手はルーキーで当時独身の荻野貴司で、左打席に西村徳文ロッテ監督が立った。時速90キロの外角高めの暴投気味の球を好捕した。

出演

テレビ

特撮ヒーロー番組

ドラマ(ゲスト出演含む)

バラエティ(ゲスト出演や単発番組は省略)

プロ野球関連

競艇関連

  • 磯山さやかのBOAT RACE Cafe(2012年1月6日 - 2月24日、テレビ東京)
  • BOAT RACEライブ(2013年 -、BSフジ・BS日テレ他)※ビッグレースのみ司会

ラジオ

プロ野球関連

映画

舞台

携帯コンテンツ

  • EZ Today'SウォッチEZチャンネルコンテンツ) - メインMC(2007年4月2日 - 2007年11月30日)
  • au styleチャンネル(EZチャンネルコンテンツ) - メインMC(2007年12月3日 - 2010年9月27日 )
  • au one ブックチャンネル(EZチャンネルコンテンツ) - 新人編集員(2007年12月3日 - 2009年4月27日)

CM

  • パチンコ土崎文化センター「もっと早く出会えたら編」(2004年4月 - 10月)
  • バンダイ「機動戦士ガンダム一年戦争」
  •  :「ティザー編」(2005年2月)
  •  :「ゲーム本編」(2005年3月)
  •  :「特別編」(2005年3月)
  • 日本ケンタッキーフライドチキン「ファミリーパック〜ドライブ中にふと編〜」(2005年3月)
  • 漫遊いばらき観光キャンペーン
  •  :「磯山さやか いばらきを熱弁編」(2006年1月 - 2月)
  •  :「磯山さやか やっぱり秋もいばらき編」(2006年9月 - 10月)
  •  :「磯山さやか 友人と故郷二人旅編」(2007年10月 - 11月)
  •  :「磯山さやか 落葉の舞編 」(2008年10月 - 11月)
  • 日本コカ・コーラジョージア」ジョージアG1チャレンジキャンペーン
  •  :「ワンセグ編」(2006年8月 - 11月)
  •  :「ワンセグ締切迫る編」(2006年11月)
  • 「ENOCH ETERNAL」イメージキャラクター(2007年 - )
  • JBC (2012年10月)
  • アートネイチャー「ラピーダ」(2014年9月)

ミュージック・ビデオ

インターネット

アニメ

雑誌

コラム

  • 6-4-3な磯山道(2008年4月 - 9月、読売新聞夕刊)※毎月1回金曜日
  • 磯山さやか連載・マネーUHA-UHA大陸(2008年7月 - 2009年2月、『BIG tomorrow』青春出版社
  • 競艇コラム 磯山さやかのスポーツ魂(2009年6月18日 - 2010年3月22日、 スポーツ報知
  • ボートヒーローSTORY(2010年6月8日 - 、 スポーツ報知)

作品

Video & DVD

  • Hopeful(2001年2月、)
  • cheer up!(2001年9月、VAP
  • Morning Star(2002年2月、ラインコミュニケーションズ)DVD : LCDV-20032 / VIDEO : LCVR-10032
  • Cure(2002年5月、アクアハウス
  • さやかチャンネル(2002年9月、デジキューブ
  • Catch!(2003年2月、ラインコミュニケーションズ)
  • D-Splash!(2003年6月、キングレコード
  • mou(2003年8月、)
  • カバーガールズ(2003年9月、)
  • Special DVD-BOX(2003年11月、)
  • Soft touch(2003年11月、)
  • 磯山さやか風味 1/2(2003年12月、エースコック・SuperDVDCup)
  • 磯山さやか風味 2/2(2003年12月、エースコック・SuperDVDCup)
  • 見上げてごらん夜の星を(2004年1月、)
  • 上を向いて歩こう(2004年1月、)
  • DVD-BOX 美しい十代(2004年1月、ポニーキャニオン
  • 青 〜 go looking for me 〜(2004年7月、)
  • D-Splash! Special Price DVD(2004年9月、)
  • 荒修行(2004年11月、リバプール
  • Beach Angels 磯山さやか in サイパン(2004年12月、バップ)
  • TIME TRAVEL(2005年3月、GPミュージアムソフト
  • 和美人(2005年5月、)
  • atelier 〜ボディペイント〜(2005年8月、)
  • 「超星神グランセイザー スーパーバトルメモリー」(2005年、
  • Roots(2005年11月、フォーサイド・ドット・コム)
  • ねずみ小僧~ただいま参上!(2006年2月、竹書房
  • Choo Choo(2006年2月24日、竹書房
  • Ruby Fish(2006年2月25日、フォーサイド・ドット・コム)
  • Asian Mermaid(2006年3月25日、フォーサイド・ドット・コム)

CD

その他作品

書籍

写真集

プロ野球関連

参考文献

脚注

  1. ^ 磯山さやか|ホリ・エージェンシー
  2. ^ a b c 『ココセレブSpecialインタビュー』より
  3. ^ いばらき大使メッセージ 茨城県庁
  4. ^ 鉾田大使との連携 鉾田市役所
  5. ^ “磯山さやか『AneCan』専属モデルに “ぷに子”枠で毎月登場”. eltha by ORICON STYLE (オリコン). (2014年12月5日). http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/2045468/full/ 2016年4月2日閲覧。 
  6. ^ “磯山さやか“専属ぷにモデル”デビュー 愛されぽっちゃりボディに支持「ドッキリかと思いきや…」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年12月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1451031 2016年4月2日閲覧。 
  7. ^ 『週刊現代』2009年8月8日号より
  8. ^ a b c d 2007年8月15日放送『はなまるマーケット』より
  9. ^ 本人著『磯山さやかの「女子マネ」野球主義!』より
  10. ^ 園子温版「リアル鬼ごっこ」 高橋メアリージュンら総勢34人の追加キャスト一挙発表” (2015年3月5日). 2015年3月5日閲覧。

関連項目

外部リンク