専属モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

専属モデル(せんぞくモデル)は、排他的な出演契約を結んだモデル

専属契約はあらゆるモデル分野に存在するが、一般に知名度が高いのはファッション雑誌ファッションブランドの「顔」(ファッションモデル)としての専属である。

専属モデルも契約形態としてはモデル事務所に所属することが多く、また専属契約の範疇は特定の分野についてのみの適用とされるのが一般的である。例えば、あるファッション雑誌の専属となった場合は競合雑誌に出演することはできないが、雑誌内容と利害関係にない分野の広告やイベントなどの仕事を得ることはできる。

専属契約を結んだ場合、契約期間中は継続的に仕事を得られる「安定雇用」に準ずる状態になることが多い。しかし実際の所属契約は雇用契約ではなく、事務所側にとって極めて有利なマネジメント委託契約(=各々のモデルが事業主の立場にあり、事務所側が各モデルの個人業務の管理の委託を専属的に請け負う、といった形式の契約)として結ばれている関係上、事務所側に仕事の継続提供を維持する義務が明記されることは少ない。このため、事務所側の価値判断次第では「飼い殺し」状態になる可能性もある。またモデルの労働形態も、前述の契約形態が理由で雇用契約に規定される労働基準法の対象外となってしまうといったデメリットも存在する。

さきに専属契約を結んでしまえば報酬の交渉なども事務所側に主導権がわたることになるため、契約には慎重さが必要である。