ダイアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイアン
DAIAN
メンバー ユースケ
津田篤宏
結成年 2000年
事務所 吉本興業
活動時期 2000年 -
出身 NSC大阪校22期
出会い 少年サッカーチーム
滋賀県愛知川町立愛知中学校
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 ユースケ
現在の代表番組 よなよな…(月曜日担当)
本日はダイアンなり!
過去の代表番組 かんさい情報ネットten. シェフ対主婦
マヨブラジオ
同期 キングコング
NON STYLE
オードリー
南海キャンディーズ
久保田かずのぶ(とろサーモン)など
受賞歴
2002年 第3回笑わん会 最優秀賞
2006年 第35回上方お笑い大賞 新人賞
2007年 M-1グランプリ 7位
2008年 M-1グランプリ 6位
2009年 第44回上方漫才大賞 新人賞
2014年 第49回上方漫才大賞 奨励賞
2018年 第53回上方漫才大賞 大賞
テンプレートを表示
ダイアン公式チャンネル
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
ジャンル コメディ
登録者数 17.8万人
総再生回数 15百万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年3月19日時点。
テンプレートを表示

ダイアンは、ユースケと津田篤宏の2人からなる吉本興業東京本部(東京吉本)に所属する日本のお笑いコンビ漫才師2000年4月に結成、共に大阪NSC22期生[1]M-1グランプリ2007・2008年ファイナリスト。2018年3月までは大阪を拠点に活動していたが、4月より東京に活動拠点を移す。

メンバー[編集]

  • ユースケ(旧芸名および本名:西澤 裕介〈にしざわ ゆうすけ〉、 (1977-03-14) 1977年3月14日(44歳) - )
    • ボケ・ネタ作り担当、立ち位置は向かって左。A型。愛称は「ユースケ」「ゆーきゃん」などがある。2019年4月18日、トークライブ『ダイアンの新ネタ&トークライブ トークのダイちゃん』にて、自身の芸名を本名の西澤裕介から『ユースケ』へ改名することを発表[2]。改名の理由はゲスト出演した『いろはに千鳥』(テレビ埼玉)の企画内で、占い師からの勧めによるもの。
    • 身長170cm、体重70kg[3]
    • 2021年6月7日、一般女性との結婚を発表[4]
  • 津田 篤宏(つだ あつひろ、本名:石村 篤宏〈いしむら あつひろ〉、 (1976-05-27) 1976年5月27日(45歳) - )
    • ツッコミ担当、立ち位置は向かって右。O型。愛称は「ツーちゃん」「ツー」「ダーツー」「あっくん」「つだっちん」や「津田やん」「ツダイアン」などがある。
    • 身長165cm、体重51kg[3]。特技はフェンシング。高校時代はフェンシング部に所属し県新人戦で個人優勝した[5]

概要[編集]

  • 共に滋賀県愛知郡愛知川町(現愛荘町)出身で、中学校の同級生[6]
  • コンビ名の由来は、2人の通っていた中学校の外国人英語教師の名前から。
  • 最初期のbaseよしもと時代、2001年頃からガブンチョ組に在籍していたが2002年11月の「ガブンチョCHAMP!」で優勝、タレントプロデュース組に昇格が決定し2003年1月より在籍した。
  • M-1グランプリ』へは2001年から出場するが、2006年まで準決勝敗退が続く。2007年大会で初の決勝進出を果たしたが結果は7位となった。2008年も決勝進出を果たすが、結果は6位だった。決勝進出時のキャッチコピーはお笑い月見草。
  • THE MANZAI』では2014年大会にサーキットランキング5位で決勝大会進出を果たした。
  • 2018年4月、芸歴18年目に東京進出[7]
  • 2021年7月20日、出身地である滋賀県愛荘町ふるさと大使に就任した[8]

ユースケ[編集]

津田篤宏[編集]

  • 進学先は滑り止めで、高校受験に失敗したことをユースケにネタにされている[6]
  • 高校受験に失敗した時、雇っていた家庭教師の先生が雨の日に傘もささずに家まで謝りに来たことがある[12]
  • 高校時代、フェンシングで県大会優勝の経験がある[15]
  • 2006年BGO上方笑演芸大賞俳優業賞を受賞。
  • 2006年6月に結婚。婿養子になった[16] ため、現在は石村が名字。芸能活動は津田として行う。2007年10月31日、第一子誕生。2010年5月12日、第二子誕生。2014年3月29日、第三子誕生。
  • 漫才の締めである「もうええわ」を飛ばしてしまったことがある。その時にユースケは疑問に思いながらも再度オチのくだりをしたが、ツッコミのセリフは出たものの「もうええわ」は最後まで出てこなかった[17]
  • 大好物は地元滋賀県の名産品の鮒寿司
  • 代表ギャグは、すごいという意味の「ゴイゴイスー!」「スーを差し上げます」[18]
  • 2016年、営業先で感電して死にかけた事がある[19]
  • 2020年5月21日、ダイアン津田のゴイゴイスーチャンネルを設立[20]

芸風[編集]

  • 主に漫才。結成初期はボケ・ツッコミが現在と逆だったが、実際に舞台へ立ったとき津田が「ボケるのが恥ずかしい」という理由で現在の役割となった。ネタはユースケが書いている。
  • 漫才をベースにしたコントも行うこともあり、キングオブコントでは準決勝進出経験がある。ユースケが演じる「太秦役者・岸大介」という名物コントキャラクターを持っている[21]

受賞歴[編集]

  • 2009年 第44回上方漫才大賞 新人賞
  • 2014年 第49回上方漫才大賞 奨励賞
  • 2018年 第53回上方漫才大賞 大賞

賞レースでの戦績[編集]

M-1グランプリ[編集]

年度 結果 会場 日時
2001年 3回戦敗退 NGKスタジオ 2001/11/18
2002年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2002/12/1
2003年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2003/11/30
2004年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2004/11/27
2005年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2005/12/11
2006年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2006/12/10
2007年 決勝進出-7位 テレビ朝日本社第1スタジオ 2007/12/23
2008年 決勝進出-6位 テレビ朝日本社第1スタジオ 2008/12/21
2009年 準決勝敗退 なんばグランド花月 2009/12/5
2015年 準決勝敗退[22] EX THEATER ROPPONGI 2015/11/19
  • 2002年 第3回笑わん会 最優秀賞
  • 2005年 MBS新世代漫才アワード 出場(1回戦でNON STYLEに敗れる)
  • 2006年 MBS新世代漫才アワード 出場(1回戦で矢野・兵動に敗れる)
  • 2006年 第35回上方お笑い大賞 新人賞
  • 2008年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2010年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2011年 THE MANZAI 2回戦進出
  • 2012年 THE MANZAI 2回戦進出
  • 2013年 THE MANZAI 2回戦進出
  • 2014年 THE MANZAI 認定漫才師(予選サーキットランキング5位で決勝進出、決勝Cグループ4位敗退)

出囃子[編集]

10-FEET「FELLOWS2」

単独ライブ[編集]

  • 2003年
    • 2月2日 - 「ダイアンの大安吉日」baseよしもと/大阪)※初単独
    • 3月3日 - 「ダイアンの大安吉日」(baseよしもと/大阪)
    • 4月13日 - 「ダイアンの大安吉日」(baseよしもと/大阪)
    • 5月8日 - 「ダイアンの大安吉日」(baseよしもと/大阪)
    • 6月5日 - 「ダイアンの大安吉日(baseよしもと/大阪)
    • 9月7日 - 「ダイアン単独ライブ LUCKY DAY」(baseよしもと/大阪)
    • 11月14日 - 「フェンシングと地蔵」(baseよしもと/大阪)
  • 2004年
    • 1月9日 - 「愛知川ボール」(baseよしもと/大阪)
    • 3月5日 - 「第一級河川 愛知川」(baseよしもと/大阪)
    • 5月7日 - 「愛知川上流」(baseよしもと/大阪)
    • 7月3日 - 「フェンシングと地蔵」(baseよしもと/大阪)
    • 9月3日 - 「フェンシングと地蔵」(baseよしもと/大阪)
  • 2005年
    • 3月28日 - 「大安吉日」(baseよしもと/大阪)
    • 9月4日 - 「ダイアンマンザイ」(baseよしもと/大阪)
    • 11月27日 - 「ダイアンマンザイ」(baseよしもと/大阪)
  • 2006年
    • 3月25日 - 「ダイアンマンザイ」(baseよしもと/大阪)
    • 6月18日 - 「ダイアン所」(baseよしもと/大阪)
    • 12月1日 - 「ダイアンマンザイ」(baseよしもと/大阪)
  • 2007年
    • 4月6日 - 「角刈りの猿のおはなし」(baseよしもと/大阪)※おしゃべりイベント
    • 8月3日 - 「3メートルの猪と50口径のマグナム」(baseよしもと/大阪)
    • 10月12日 - 「ザ・よし江」(baseよしもと/大阪)
  • 2008年
    • 2月9日 - 「泣き虫ダイちゃんのソロソロ本気出します」(baseよしもと/大阪)
    • 6月5日 - 「うめだのダイちゃん」うめだ花月/大阪)
    • 8月5日 - 「真夏のダイちゃん」(うめだ花月/大阪)
    • 8月14日 - 「トウキョウダイアン」(シアターブラッツ/東京)
    • 9月18日 - 「みんなでダイちゃん」(うめだ花月/大阪)
    • 10月12日 - 「夜長のダイちゃん」(うめだ花月/大阪)
    • 11月18日 - 「東京のダイちゃん」(シアターモリエール/東京)
  • 2009年
    • 3月7日 - 「ミナミのダイちゃん」ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
    • 5月7日 - 「まだまだGWのダイちゃん」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
    • 7月4日 - 「ダイちゃんのスターマイン」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
    • 8月29日 - 「京橋のダイちゃん」京橋花月/大阪)
    • 9月26日 - 「花よりダイちゃん」(無限大ホール/大阪)
    • 10月24日 - 「そしてダイちゃん」(無限大ホール/大阪)
    • 11月23日 - 「渋谷のダイちゃん」シアターD/東京)
  • 2010年
    • 4月3日 - 「今年もダイちゃん」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
    • 6月5日 - 「無限大ダイホールちゃん」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
  • 2011年
    • 4月30日 - 「ひさびさダイちゃん」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
    • 7月2日 - 「七夕☆ダイちゃん」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
    • 9月11日 - 「鈴虫☆ダイちゃん」(ヨシモト∞ホール大阪/大阪)
  • 2012年
    • 4月14日 - 「ダイちゃんライブ〜vol.ダイちゃん〜」5upよしもと/大阪)
    • 12月8日 - 「年末のダイちゃん」(5upよしもと/大阪)
  • 2013年
    • 3月9日 - 「ダイアントークライブ vol.1〜TALKING〜」放送芸術学院専門学校 ドリームホール/大阪)※トークライブ
    • 4月6日 - 「ダイちゃんの春ライブ」(5upよしもと/大阪)
    • 8月17日 - 「半袖ダイちゃんのおもしろライブ」(5upよしもと/大阪)
    • 12月14日 - 「厚手のダイちゃん年末おもしろライブ」(5upよしもと/大阪)
  • 2014年
    • 3月23日 - 「ダイちゃんの春ライブ」(5upよしもと/大阪)
    • 8月23日 - 「最優秀おもしろダイちゃん」(5upよしもと/大阪)
  • 2015年
    • 3月4日 - 「ABCホールのダイちゃん」ABCホール/大阪)
    • 8月3日 - 「大丸心斎橋劇場のダイちゃん」(大丸心斎橋劇場/大阪)
  • 2016年
  • 2017年
    • 2月12日 - 「なんばグランド花月のダイちゃん」(なんばグランド花月/大阪)
    • 4月23日 - 「なんばグランド花月のダイちゃん〜追加公演のダイちゃん〜」(なんばグランド花月/大阪)・「ライブビューイングのダイちゃん」YES THEATER/大阪)
    • 11月17日 - 「ルミネのダイちゃん」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 2018年
    • 11月4日 - 「なんばグランド花月のダイちゃん」(なんばグランド花月/大阪)
    • 11月16日 - 「ルミネのダイちゃん」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 2019年
    • 10月14日 - ダイアン単独漫才ライブ2019「19トウキョウ」(銀座ブロッサム 中央会館ホール/東京)
    • 11月1日 - ダイアン単独漫才ライブ2019「19オオサカ」(COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール/大阪)
  • 2021年
    • 10月19日 - ダイアン20周年単独ライブツアー『まんざいさん』~トウキョウ~(銀座ブロッサム 中央会館ホール/東京)
    • 10月29日 - ダイアン20周年単独ライブツアー『まんざいさん』~ミヤギ~電力ホール/宮城)
    • 11月12日 - ダイアン20周年単独ライブツアー『まんざいさん』~フクオカ~福岡国際会議場 メインホール/福岡)
    • 11月26日 - ダイアン20周年単独ライブツアー『まんざいさん』~オオサカ~(なんばグランド花月/大阪)

出演[編集]

テレビバラエティ[編集]

現在出演している番組


過去に出演していた番組
特別番組(MCもしくはメインキャスト)
  • かんさい特集「師匠直伝!芸人虎の穴」〜ダイアンの章〜(NHK大阪放送局、2010年9月3日)
  • すぐ言う!?口ぐせタイムトライアルin沖縄(読売テレビ、2016年5月13日)
  • ダイアンが混む前に行ってきます!もうすぐ世界遺産ファイル(朝日放送テレビ(ABCテレビ)、2019年1月12日)
  • ウィーアーダイアン! in YOKOHAMA(テレビ神奈川、2019年7月7日)
  • くっきー!ダイアンの大炎上!きよしの体張ります宣言(朝日放送テレビ、2021年3月28日)MC

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

現在放送しているラジオ
終了したラジオ

インターネット配信[編集]

映画[編集]

MV[編集]

ビデオ・DVD[編集]

  • 新風baseよしもと ネタトウタ2004(よしもとアール・アンド・シー、2004年12月15日)
  • バトルオワライヤル(よしもとアール・アンド・シー、2005年5月25日)津田のみ
  • ダイナマイト関西2006 〜オープントーナメント大会〜(よしもとアール・アンド・シー、2006年12月6日)ユースケのみ
  • baseよしもとネタトウタ2007(よしもとアール・アンド・シー、2007年5月23日)
  • ジャイケルマクソン~第1回ジャイケルフォトデミー賞~(よしもとアール・アンド・シー、2007年7月25日)
  • M-1グランプリ2007 完全版 敗者復活から頂上へ~波乱の完全記録~(よしもとアール・アンド・シー、2008年3月19日)
  • 徹底解明シリーズ第1弾 ムーディ勝山の謎を追え!(よしもとアール・アンド・シー、2008年6月11日)津田のみ
  • 笑いの万博「バラエティ番組即戦力王決定戦SP」(よしもとアール・アンド・シー、2008年12月24日)ユースケのみ
  • M-1グランプリ2008 完全版 ストリートから涙の全国制覇!!(よしもとアール・アンド・シー、2009年3月31日)
  • 放課後アゲイン(よしもとアール・アンド・シー、2009年8月26日)
  • TKF たむらけんじファミリー CARNIVAL2009(よしもとアール・アンド・シー、2009年12月23日)
  • DVDのダイちゃん~ベストネタセレクション~(よしもとアール・アンド・シー、2017年08月02日)

CM[編集]

Web[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ダイアン津田篤宏<4> “相方”に恵まれたアルバイト時代”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2017年1月26日). 2021年3月19日閲覧。
  2. ^ ダイアン西澤「ユースケ」に改名、儀式で津田が太鼓鳴らす”. お笑いナタリー. ナターシャ (2019年4月18日). 2021年3月19日閲覧。
  3. ^ a b 吉本興業株式会社. “芸人プロフィール ダイアン”. 2021年3月19日閲覧。
  4. ^ "ダイアンのユースケが結婚". スポーツ報知. 報知新聞社. 7 June 2021. 2021年6月7日閲覧
  5. ^ オトナ養成所 バナナスクール”. 東海テレビ. 2018年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月7日閲覧。
  6. ^ a b ダイアン津田篤宏<1> ルート営業で月給30万円の高給取りに”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2017年1月23日). 2021年3月19日閲覧。
  7. ^ ダイアン”. お笑いナタリー. ナターシャ. 2021年3月19日閲覧。
  8. ^ 芸人「ダイアン」ふるさと大使に 愛荘出身のお笑いコンビ”. 中日新聞. 2021年7月28日閲覧。
  9. ^ 2005年7月発行のbasement press 71号、12頁より。
  10. ^ 【ナイナイANN 鍛冶班緊急会議3】ダイアン・ユースケの経歴に注目 全員でハウスマヌカン連呼”. 2021年6月29日閲覧。
  11. ^ ダイアン「似てる芸能人のMAX」で論争「お前は今ノッているようで逆に焦っている」(ライブレポート)”. お笑いナタリー. ナターシャ (2017年11月18日). 2021年3月19日閲覧。
  12. ^ a b テレ東・佐久間P、ダイアン情報不要宣言!? 「とにかくすごい量」の「どうでもいい情報」がインスタDMに何通も届いて……”. ニッポン放送 NEWS ONLINE. ニッポン放送 (2020年8月12日). 2021年3月19日閲覧。
  13. ^ 相席食堂』2019年6月25日放送より
  14. ^ “愛煙家芸人が嘆く! コミュニケーションの場・喫煙所話も”. Lmaga.jp (京阪神エルマガジン社). (2021年7月18日). https://www.lmaga.jp/news/2021/07/298177/ 2021年7月19日閲覧。 
  15. ^ 憧れていた選手と対決!フェンシングで全国3連覇した天才キッズがプロに挑む”. FNNプライムオンライン (2020年11月1日). 2021年3月19日閲覧。
  16. ^ ダイアン津田篤宏<5> 苦手な相手の話も聞き役に徹する”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 日刊ゲンダイ (2017年1月27日). 2021年3月19日閲覧。
  17. ^ ダイアン、最大の“トチリ”告白「ウソみたいな話なんですけど…」”. マイナビニュース (2020年5月13日). 2021年3月19日閲覧。
  18. ^ ダイアン津田“ゴイゴイスーマラソン”完全密着の放送が決定”. お笑いナタリー. ナターシャ (2011年1月6日). 2021年3月19日閲覧。
  19. ^ ダイアン津田が九死に一生体験「鉄の足場で漫才して感電」”. Smart FLASH (2019年9月22日). 2021年3月19日閲覧。
  20. ^ ダイアン津田のゴイゴイスーチャンネル” (日本語). YouTube. 2021年3月19日閲覧。
  21. ^ さんまとも共演!“63時間空き”の役者・岸大介、新番組オファーに「断れなくて…」”. ラフ&ピース ニュースマガジン (2019年12月20日). 2021年8月20日閲覧。
  22. ^ ダイアン | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年3月19日閲覧。
  23. ^ 2018年3月31日(当番組の2017年度最終放送日)までの制作局は、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。
  24. ^ ダイアン津田「ゴイゴイスー!」 直談判して念願のドラマ「大阪環状線」に出演”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2018年11月30日). 2021年3月19日閲覧。
  25. ^ nhk_mampuku 連続テレビ小説まんぷく」 (2019年3月1日). “有限会社天村食品社長・天村祐二様より、スーをいただきました。 #スーを差し上げます #まんぷく #朝ドラ #津田篤宏 #ダイアン”. Instagram. 2019年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月1日閲覧。
  26. ^ 【公式】連続テレビ小説まんぷく」 (2019年1月25日). “さらに!少し先ですが、第22週にある食品会社社長の役で #津田篤宏 さん( #ダイアン )が出演! 【ご本人コメント】 出せるものは全部出せたと思ってます。毎日観ている番組に僕が出てくると思ったらたまらないです。 #まんぷく に… #すーを差し上げます ! #朝ドラ ファンの津田さんの演技に要注目!”. Twitter. 2019年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月1日閲覧。
  27. ^ ダイアン&ハマカーン「警視庁ゼロ係」出演、ユースケと神田がツッコミと同時に死亡”. お笑いナタリー. ナターシャ (2019年8月8日). 2021年3月19日閲覧。
  28. ^ スカートとPUNPEE『ODDTAXI』Official Music Video(TVアニメ「オッドタクシー」オープニングテーマ)”. ponycanyon (2021年4月7日). 2021年4月7日閲覧。
  29. ^ 【DHC】2019/10/19(土) しらスタ×白日 しばりのど自慢・お笑いリーグ【#渋谷オルガン坂生徒会】”. 2021年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]

津田
ユースケ