竜兵会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竜兵会(りゅうへいかい)は、ダチョウ倶楽部上島竜兵が後輩芸人と飲み会をする際に集まるリアクション芸人を主としていた集団。

結成の背景[編集]

結成ルーツとして複数の説が語られている。

土田晃之によれば、竜兵会結成のきっかけはかつて日本テレビ系列で放送されていた番組『THE夜もヒッパレ』にメンバーらが「太田プロオールスターズ」という括りで出演した際、収録後に飲みに行くようになったのがそもそもの始まりであるとしている[1][2]

また、劇団ひとりによれば、かつて上島竜兵を中心とする太田プロ所属の芸人で草野球チームを組んだ後、そのメンバーで定期的に飲み会を開くようになったのが竜兵会の始まりであるとしている[3]

ブレイク時から上島はそのキャラクター性の為に町で不良達に絡まれる事が非常に多かったため、当時無名の後輩若手芸人達に上島を守らせるという側面もあった。竜兵会に喧嘩に強いメンバーが多いのはそのためと言われている。

今田耕司テレビ東京系列の番組『やりすぎコージー』にて語ったところによれば、かつて大阪で活動していた千原兄弟が東京に進出するにあたり、当時ジャックナイフというあだ名だった千原ジュニアについて、「スベった芸人はジュニアにナイフで刺される」という噂が東京の芸人の間で広がり、その対策を考えるべく上島を中心に東京の芸人が結集したのが竜兵会を結成するきっかけであるとしている[4]出川哲朗も同様の噂を聞きつけ今田耕司や東野幸治に相談をしていたという[4]。ただし、このエピソードは2014年6月1日テレビ朝日系列で放映された番組『ビートたけしのいかがなもの会』において、土田晃之によって「ウィキペディアにそのようなことが書いてあるが、全くのデタラメ」であるとの指摘がなされている[要高次出典]

竜神会[編集]

会は古くは「竜神会」と称していたが、暴力団から太田プロダクションにクレーム(同名の著名な組織が存在する。)が来たため改名。飲み会参加メンバーの間では、上島は泥酔すると数々の奇行や名言を連発することから「太陽さま」と呼ばれていて(劇団ひとり命名)、この飲み会にまつわるネタだけを紹介するイベントが度々開催されている。

メンバー構成[編集]

ダチョウ倶楽部のうち、寺門ジモンは竜兵会に所属していない。理由は寺門が下戸であり夜を筋トレに時間を割くのと、上島・肥後が寺門の趣味の知識に疎いためであり、決して不仲からではない。また、竜兵会は、女禁制の会である。これは、上島、有吉が、2013年1月6日のサンドリにて言及している。

出川哲朗が2009年6月8日放送回『ネプリーグ』で「竜兵会チーム」の一員として出演した。だが出川は上島と仲は良いものの、寺門と同じく下戸であり、一員であるかは不明であるが、竜兵会のメンバーと食事にいったことはある。関連グループにインスタントジョンソンすぎが主催する「すぎ会」が存在し、出川が主催する「出川ファミリー」が存在する。また上島の先輩の志村けんとは飲み仲間。松村邦洋は竜兵会の草野球や飲み会に参加したことがあるが、こちらも下戸であり、副会長を務める「中野猛虎会」(上島は書記を務める)の活動がメインのため、正式なメンバーではない。

メディア出演[編集]

かつてはGyaO、現在はテレ朝チャンネルで竜兵会の番組(ダチョ・リブレばっかス)を放送しているが、一度だけ深夜枠の地上波で放送したことがある。そのほか、「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!」などで取り上げられた。また、『イロモネア』に竜兵会名義で本選に出たことがある。

メンバー[編集]

太字はCSテレ朝チャンネル「ダチョ・リブレ」レギュラー出演メンバー。名前の後ろの【】内は ダチョ・リブレ #89の出版記者会見より。《》は番組内で有吉が付けたニックネーム。

別名「太陽さま」。中心人物だが威厳等は皆無に等しい。ノッチと非常に仲が悪い。
ダチョ・リブレ内でもダチョウ倶楽部の時と同様「リーダー」と呼ばれる。「ゴーヤ様」とも。
U-turn。自称「ダチョウ倶楽部再生担当」。ダチョ・リブレレギュラーの中では一番年少だが一番口が悪い。竜兵会を自分の出演番組などで広報している。
猿岩石。通称「竜兵会のチンピラ」。モノマネとあだ名をつけるのが得意。営業が多いのでダチョ・リブレの収録を中抜けすることが多い。
有吉と仲が悪い。場を白けさせることが少なくなく、時たま会に呼ばれないことがある。また、罰ゲームの実験台にされることが多い。隙あらば太陽様に罵声を浴びせることがある(「クソバカ野郎」連発など)。
ヤマザキモータースに次ぐ会の仕切り役で、竜兵会全員の秘密を把握しているとも。部屋の汚さが原因による悪口をよく言われる。ハリセンやビンタに手加減をしないことが多い。
ノンキーズくらげライダーパラダイステレビでの出演が長いことからコーナーの司会進行を務めることが多い。入院中と父親の葬儀のことがよくネタにされる。会一番のインテリ。
新年会の会場に自宅を提供しておりダチョ・リブレはほぼレギュラー出演。番組内で薄毛が改善してきていることを指摘されプロペシアプロピアシャンプーの使用のおかげと発言。また他の2人もときたま出演がある。
  • 劇団ひとり【独立成功のヤリ手社員】《おしゃれパジャマ1980円》
スープレックス。スタジオ収録や居酒屋「野武士」には顔を出さないが他で登場することがある。本人曰く「全員が自分を殺せる爆弾を持っている」。
太田プロ所属ではないのでダチョ・リブレの出演はほとんどない。
ダチョ・リブレにはシーズン1初回収録時(2本撮り)に急遽飛び入り参加し第2回に出演。シーズン2のスタート時に番組に出演したいという理由だけで事務所の移籍を本気で考えていたとのこと。
ダチョ・リブレにも不定期で出演。上島夫人にかわいがられておりたびたび不倫疑惑をもたれる。

 

解散[編集]

2016年9月16日放送のアメトーークにて解散を発表。理由は、行きつけの居酒屋「野武士」が閉店したこと並びに上島本人のどうしようもない人間性などが挙げられた。この他にも、上島本人から学ぶ物事など何一つもなく、ただのバカ騒ぎに付き合わされたのが不満でしょうがなかったという。

しかし、上島自身は解散を否定している。[5]有吉のラジオ番組、『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』の番組内でもスタッフに心配されていたが『テレビでの見せ物だ』と解散を全面否定していた。

批評[編集]

お笑い評論家のラリー遠田は実態が見えにくいお笑い界に数多くある派閥の中でテレビ番組などで公然とその存在が語られる異色の派閥であると述べている。また、竜兵会の最大の特徴として利権がないことを指摘している。先輩芸人と親しくなることで、その先輩芸人がメインで出ている番組に共演させてもらうというメリットがあるが、現在、上島は冠番組を持っていないため、上島やダチョウ倶楽部に取り入ってもそういった利益は望めないという。しかし、それにより組織が腐敗する心配もなく、彼ら独特の主従関係で結ばれている[6]

加えて、遠田はあまり際立って指摘されることは少ないかも知れないが、竜兵会は明らかに「アンチ吉本(興業)」「アンチ関西(芸人)」という理念に基づく組織、理念としてそれとは全く別の価値観を掲げていると指摘している。吉本芸人にない「上下関係よりも対等な関係。縦のつながりよりも横のつながり。尊敬よりも信頼。」という関係はお笑い界で確固たるポジションを確立した、竜兵会が今の位置にいる意味は意外と大きなことだと評した[7]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

  • 竜兵会のオールナイトニッポンGOLD(ニッポン放送、2014年4月18日)

インターネット・モバイル[編集]

  • 竜兵会(GyaO)
  • 竜兵会の約束(BeeTV、2010年3月20日 - )

関連著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]