この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

野呂佳代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

のろ かよ
野呂 佳代
AKB48 20090704 Japan Expo 06.jpg
AKB48時代の野呂佳代
(2009年、Japan Expo
プロフィール
愛称 ノンティー、かよほー、キャップ
生年月日 1983年10月28日
現年齢 34歳
出身地 日本の旗 日本東京都板橋区
血液型 A型
公称サイズ(2013年[1]時点)
身長 / 体重 163 cm / kg
スリーサイズ 87 - 72 - 98 cm
靴のサイズ 25.5 cm
活動
デビュー 2000年
2006年4月1日 -
(AKB48加入時)
ジャンル 歌手タレント
備考 元SDN48 メンバー
(元AKB48 旧チームKメンバー)
他の活動 お笑いコンビ・なちのん(ボケ担当)
女優
事務所 太田プロダクション
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

野呂 佳代(のろ かよ、1983年10月28日 - )は、日本歌手タレント東京都出身で芸能事務所太田プロダクションに所属しており、AKB48SDN48の元メンバーでSDN48ではキャプテンを務め、以前は朝倉 佳代(あさくら かよ)の芸名で活動していた。

人物

何期かは不明だがモーニング娘。のオーディションを受け、3次審査で落選した経験がある[2]

AKB48のオーディションを受けた時点で既に「正直太っていた」が、「顔はまあまあ普通にヤセているように見えた」ため「バストアップしか映らない」「テレビ電話オーディションのおかげで入れたと思います」と自認している[3]。『サスケマニア』では優勝を経験している。SDN48に移籍してからは「キャップ」と呼ばれることが多くなった[注 1]

SDN48卒業後は、所属事務所が太田プロであることからバラエティタレントとして活動。『ロンドンハーツ』の企画「タレント進路相談」(2013年2月5日放送)を機にAKB48グループファン以外にも知名度を上げる[4]

La farfa』で2015年7月号から随時表紙を担当するなどプラスサイズモデルとしても活動している[5]

略歴

2000年 ムーン・ザ・チャイルドに所属し芸能界デビュー[6]する。

2004年 10月 - 12月、ドラマ30ことぶきウォーズ』に出演する。

2006年

2007年 7月、同期の佐藤夏希と「なちのん」を結成して10月に『M-1グランプリ』へ初出場するも2回戦で敗退する。

2008年

  • 『M-1グランプリ』に再び出場して2回戦で敗退する。
  • 6月、大堀恵が選抜最年長になり、SDN48へ完全異動が発表されてAKB48のメンバーとして最初で最後の選抜入りとなる。

2009年

2010年

  • 2月21日、『チームK 5th Stage「逆上がり」』公演千秋楽でAKB48を卒業してSDN48へ完全移籍し、SDN48キャプテンに就任する。
  • 3月25日、横浜アリーナで開催の『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』夜公演でAKSから太田プロダクションへ移籍することが発表された[7]
  • 4月、『ON8』(bayfm)で月曜日DJを始める。
  • 6月 - 9月、SDN48のメジャーデビュー曲「GAGAGA」参加メンバー12名の選抜を『すっぽんの女たち』番組内で行い、3位で選抜メンバーに選出される。

2011年 10月15日、『SDN48 1st Stage「誘惑のガーター」』公演で、SDN48キャプテンとして他のメンバー全員とともにSDN48を卒業することを発表[8]する。

2012年 3月31日、『SDN48 コンサート「NEXT ENCORE」 in NHKホール』でSDN48を卒業する。

作品

参加作品

発売日 タイトル 名義 商品コード 楽曲 タイアップ
PONY CANYON
2014年4月23日 上島ジェーンビヨンド/
オリジナル・サウンドトラック
九十九里ッターズ PCCR-00604 波の数だけ I need you 上島ジェーンビヨンド挿入歌

映像作品

出演

レギュラー

テレビドラマ

その他のテレビ番組

映画

舞台

  • NPO法人J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動支援作品「真里亜〜その愛の果てに〜」(2009年1月28日 - 2月2日、シアターグリーンBOX in BOX THEATER) - 主演・裕美 役
  • クロックガールズ「あり得ない! 再演」『父さんの殺人』『律義な強盗犯』(2010年4月23日、APOCシアター) - 橋本 役
  • 韓流ミュージカル「パルレ(洗濯)」(2012年2月4日 - 16日、三越劇場、2012年2月17日・18日、サンケイホールブリーゼ) - ナヨン 役[注 4]
  • 韓流ミュージカル「パルレ(洗濯)」再演(2012年5月11日 - 13日・16日 - 19日、俳優座劇場) - ナヨン 役[注 5]
  • シアターエアリーリアル朗読劇『赤い天使』一巻(2012年6月21日・22日、恵比寿Liveゲート) - 主演・美華 役[注 6]
  • KOYA-MAP アニソンぷらす presents 喝采<アニソンミュージカルバージョン>(2012年10月31日 - 11月4日、前進座劇場
  • TheNightofChristouse〜クリスマウスの夜2012〜 [1](2012年12月12日 - 16日、新宿シアターモリエール) - 主演・渡辺佐恵 役
  • FAKE STAR 3rd Skit「キャッシュ・オン・デリバリー」(2013年2月5日 - 8日、中目黒キンケロ・シアター/12日・13日、in→dependent theatre 2nd
  • 浅草あちゃらか 再演(2013年4月25日 - 29日、俳優座劇場) - 主演[注 7]
  • ジェットラグプロデュース「アルテノのパン」 (2013年6月5日 - 10日、赤坂RED/THEATER)
  • 劇団クロックガールズ第10回公演「LINK」(2013年10月29日 - 11月3日、バティオス) - 客演
  • 丸美屋食品ミュージカル「アニー」(2016年4月23日 - 5月9日、新国立劇場中劇場) - リリー 役
  • 丸美屋食品ミュージカル「アニー」(2016年8月6日 - 8月28日、夏ツアー公演[福井、大阪、福岡、名古屋]) - リリー 役
  • 劇団マカリスター「同窓会ディスコ」(2018年1月17日 - 21日、下北沢シアター711)
  • 劇団マカリスター「解釈のジレンマ」(2018年7月12日 - 16日、下北沢シアター711)

ラジオ

CM

ミュージック・ビデオ

ネット配信

イベント

  • CBC GREEN LIVE(2009年3月21日、CBCホール
  • 野呂!春場所!(2012年3月14日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
  • 『ノンティーLIVE 2013 with いつものアイツ』〜カラオケで歌わせていただきます〜(2013年5月11日、LIVE HOUSE SPACE WITH)
  • ノンティーランド夏休み林間学校 〜野呂さんおやつ禁止です〜(2013年8月10日、マザー牧場
  • 立花裕人のトーク&ライブ(2013年9月5日、Livehouse Restaurant BLUE MOOD)
  • 野呂佳代生誕祭〜祝●0歳 大人の階段登ってます❤〜(2013年10月26日、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル Club Fuji
  • ノンティーLIVE 2014 〜リベンジしたい30歳の春だから今度はバンドでライブやらせてください〜(2014年5月10日、四谷LOTUS)

書籍

雑誌連載

  • 食楽(2010年7月6日、徳間書店) - 「野呂佳代の女がおかわり、ナゼいけないっ!?」
  • 週刊プレイボーイ(2011年5月9日 - 、集英社) - 「篠田麻里子の草食系男子改造計画」を篠田麻里子・佐藤由加理との共同連載[注 9]

AKB48在籍時の参加楽曲

シングルCD選抜楽曲

劇場公演ユニット曲

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

  • キスはだめよ

チームK 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • 雨の動物園
  • ふしだらな夏

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」公演

  • 君はペガサス

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

  • 向日葵

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 記憶のジレンマ

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • リターンマッチ

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

  • エンドロール

THEATRE G-ROSSO 「夢を死なせるわけにいかない」公演

SDN48在籍時の参加楽曲

シングルCD選抜楽曲

劇場公演ユニット曲

SDN48 1st Stage「誘惑のガーター」公演

  • Never!
  • オールイン

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ とくに篠田麻里子のブログで多用される。
  2. ^ 朝倉佳代名義
  3. ^ 大島麻衣・今井優・浦野一美折井あゆみと共に、クレヨンフレンズ from AKB48 のユニットにて、オープニング曲「ユルユルでDE-O!」を歌う。
  4. ^ 木村花代とのダブルキャスト[13]
  5. ^ 稲田みづ紀とのダブルキャスト。
  6. ^ 福田朱子とのダブルキャスト。
  7. ^ 佐藤由加理とW主演。
  8. ^ 放送翌日よりレコチョクでも「番組ダイジェスト+番組で話せなかった篠田麻里子の内緒話」が配信される
  9. ^ KBCラジオ『週刊プレイボーイ presents 篠田麻里子と愉快な仲間たち』連動企画。

出典

  1. ^ 芸能人更生バラエティ バナナ塾』(2013年7月16日放送、東海テレビ)にて測定。
  2. ^ 本人公式GREEブログ「時間を追っていきますね♪」(2010年6月28日閲覧)
  3. ^ 『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』P24
  4. ^ 野呂佳代 一人暮らしできるのは有吉のおかげと感謝を語る”. NEWSポストセブン (2016年2月6日). 2017年8月31日閲覧。
  5. ^ 野呂佳代、水着姿でヘルシーボディ披露 “ぽっちゃり女子”向け雑誌で初表紙”. モデルプレス (2015年5月18日). 2017年9月12日閲覧。
  6. ^ MOON THE CHILD”. 2007年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月11日閲覧。
  7. ^ 本人公式GREEブログ「昨日m(__)m」(2010年3月26日閲覧)
  8. ^ 【お知らせ】 - SDN48公式ブログ(2011年10月15日)
  9. ^ バックナンバー
  10. ^ 秋葉原映画祭”. 2018年4月10日閲覧。
  11. ^ happymail2018の2018年6月27日のツイート2018年8月24日閲覧。
  12. ^ 映画「ハッピーメール」”. 2018年4月10日閲覧。
  13. ^ SDNキャプテン・野呂佳代、初ミュージカルで主演 - スポーツ報知(2011年9月24日)
    韓国オリジナルミュージカル「パルレ★洗濯」公式サイト
  14. ^ 野呂佳代、パンサー向井のセフレに選ばれる「緩急つけて頑張ります」”. Abema TIMES (2018年1月26日). 2018年2月1日閲覧。

外部リンク

先代:
古川恵実子
ON8DJ
2010年4月 -
野呂佳代(月)
真木ひろか(火 - 木)
次代:
-