栞と紙魚子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

栞と紙魚子』(しおりとしみこ)は、諸星大二郎による日本漫画少女向けホラー雑誌である『ネムキ』に不定期連載中。2008年、第12回文化庁メディア芸術祭においてマンガ部門優秀賞を受賞した。

「栞と紙魚子の怪奇事件簿」として連続ドラマ化され、栞役を南沢奈央、紙魚子役を前田敦子(当時AKB48)が演じた。

概要[編集]

諸星大二郎の初めての少女向け作品。基本的に一話完結の短編である。

胃の頭町(いのあたまちょう)に住む主人公の二人が、周囲で起こる怪奇現象に巻き込まれる、少女向けホラーコメディ作品。

作中に登場する脇役達はクトゥルフ神話を元ネタとする奇妙な生き物など、奇々怪々な面構えとなっているが、主人公たちが非日常に溶け込み、独特の不条理めいてユーモラスな世界観を作り出している。

なお、伝承などある程度の事実に基づく妖怪ハンターシリーズと異なり、劇中の出来事の大半は事実無根のフィクション。劇中に登場する書籍なども全く架空のものである。

胃の頭町のモデルは東京都三鷹市井の頭。ただ単に名前のモデルとなっているだけでそうした伝承があるとかいう話はなくほぼ無関係。

あらすじ[編集]

胃の頭町に住む美少女だが若干猟奇趣味があり、友人たちから「神経が何本か抜けている」と称されると古本屋の娘で稀少本のためなら身の危険をも冒す眼鏡っ子の紙魚子。親友である二人は好奇心や諸事情から様々な出来事に巻き込まれていく。

売れっ子ホラー作家ながら奇妙な奥さんと奇矯な娘クトルーちゃんと仲良く暮らしている段一知先生。その段先生に一方的に惚れ込み彼のストーカーとなって公園暮らしをしている新進気鋭の猟奇詩人菱田きとら、栞の飼い猫だがなぜか人間のおっさんに化けるボリスなど一風変わった人々が織りなすホラーコメディ。

主な登場人物[編集]

栞(しおり)

主人公であり、「生首事件」から登場。

新刊書店の娘。バラバラ死体の生首を持ち帰ったり、幽霊と噂される生物を虫取り網で捕まえたり、変わった実が流れてきたからと自殺者のある川に近づいたりと、神経が何本か抜けていると評される女子高生
ロングヘアの美少女であり、その容姿が怪現象を引き起こすこともしばしば。基本的に面倒なことが嫌いな質なのだが怪異事件に興味を抱いた友人達から丸投げされている。頼まれると断れない性格で、もともとクトルーの子守りを引き受けたことが原因で段一家と知り合いになり、ゼノ奥さんともジョンの散歩代行を引き受けたことで知り合いになった。過激な立ち回りはもっぱら紙魚子とキトラ等の役目だったが次第に染まる。
名前の由来は本に挟むから。
紙魚子(しみこ)
主人公であり、栞同様「生首事件」から登場。古書店「宇論堂」の娘。三つ編みで眼鏡を掛けた理屈屋な女子高生。栞の好奇心を諌める役割を持つが、一方で古本・珍本マニアであり、希少本を目の前にすると見境を失くしてしまう。また性格は豪胆で、本を立ち読みする幽霊を相手にハタキで挑発する他、悪霊をひっぱたいて説教することもある。
読書家であるため割合に博識。劇中、ときどき稗田礼二郎に扮することもある。
名前の由来は本の隙間などに生息している紙魚という昆虫から。

栞の関係者[編集]

ボリス
栞の飼う6歳の雄猫。人語を解し、人を襲うヨグの天敵であるなどそれなりに貢献している。詳しくはねこや参照。
栞のパパ
本屋店主。気さくで温厚、なにより天然ボケでのんき。町を巡る様々な出来事に巻き込まれることもあるがあまり深刻には思っていない。
栞のママ
専業主婦。性格は温厚でごく普通の主婦。
章(しょう)
栞の弟で小学生。掠われるなどして姉を心配させているが、むしろ姉のほうが傍迷惑。

紙魚子の関係者[編集]

紙魚子の父
宇論堂の店主。だが事実上店番は娘に丸投げしており、自身は珍本探しに明け暮れている。「室井恭蘭全集」を全て収集するのをライフワークとしており、コレを巡って怪異事件に巻き込まれることもある。

段さん一家と関係者[編集]

段 一知(だん いっち)
名前はハワード・フィリップス・ラヴクラフトダンウィッチの怪から。クトルーちゃんの父であり、連載初期に胃の頭町の木造平屋建てのボロ借家に引っ越してきたホラー作家。容姿はラヴクラフトによく似ているが、作中では常に黒いスーツを着ている。
性格は温和で割合に社交的。ただ遅筆に加えて仕事をサボりがちであるため常に締め切りと編集に追い回されている。民俗学に通じており怪異には好奇心旺盛な態度を見せる。栞同様に天然ボケで自分の妻が胃の頭町七不思議の一つに数えられるほど近所では有名な変わり者である事実については一切知らない。奇矯な娘が幼稚園から出禁を食らうなどしているため養育に頭を悩ませており、ベビーシッターとして栞を頼みにしている。ごく普通の夫婦間におけるケンカ(例としてグラビア雑誌をこっそり家に隠し持つ等)では妻には全く頭が上がらず一方的に怒られている。
「クトルーちゃんのお母さん」あるいは「段先生の奥さん」
巨大な顔を持つ、段一知の妻。「外国人」だが、日本以外の国家出身という意味ではなく異界の住人らしい。準レギュラーキャラだが固有の名前が明示されておらず、劇中では「クトルーちゃんのお母さん」または「段先生の奥さん」と呼ばれている。そもそもムルムル、ヨグをはじめとして胃の頭町の生態系が劇的に変化したのも奥さんが実家から持ち込んだ(あるいは実家から届いた)様々なものにくっついてきたせいである。
太古の邪神「プープーピヨマンガ」を遠縁の叔母に持つ。世界滅亡を図る魔道師の呪文によって呼び出されたところ、偶然段一知と出会い、それをなれそめとして結婚に至った。色白で整った巨大な顔と長い腕、節足動物軟体動物を彷彿とさせる足を持つが、作中で全身が描かれたことはない。
物語中盤のエピソードをきっかけに、人間と同サイズの半魚人型に変化した。本人は「こんな姿になってしまって」と泣き、一知も「どんな姿になろうと君は君だ」と慰めているのだが、傍目にはどう見てもマトモに近付いたと言える。この事実に関してさえ、栞や紙魚子、烏賊井には「最近、奥さん顔が小さくなりました?」の一言で片付けられている。これがきっかけでその後、姿を自在に変化出来るようになり完全な人間体にもなれるようになった。
性格は至って普通の妻であり、良き母親。栞や紙魚子、烏賊井らが来訪した際には普通にお茶を出す。段一知を熱烈に愛しており、一同で「百物語」を開いた折、なれそめをのろけながら周囲に語る程。しかし夫の浮気を疑えば猛烈に攻め立てる。ムルムルの佃煮が得意料理でご近所や知り合いに巨大なビン詰めにして配っている。ゼノ奥様とは仲良しで彼女の家を訪問して執事の出す得体の知れない茶も愛飲している。
胃の頭七不思議「お化け屋敷の小説家の奥さん」に数えられている(七不思議のスタンプも持ち合わせており、本人“には”自覚があるらしい)。町の物の怪達からも胃の頭イチの実力者として認知されており、劇中ほぼ最強の存在。菱田きとらや長姫、更には弁財天ですら一目置いている。
クトルーちゃん
名前はクトゥルフ神話クトゥルーから。
栞がベビーシッターのアルバイトを通じて出会った子供。ボサボサの髪、大きなリボン、大きく影の濃い目、暗めの色のドレスと不気味な容姿をしている。「テケリ・リ!」と叫び、ぬいぐるみを振り回しながらはしゃぐ、虫を食べる、首が180度回る、股間と首が入れ替わるなど、奇行が多い。その奇行ぶりで幼稚園から出禁を食らってしまった。ムルムルダンスによく混じっているせいでクトルーと同じ顔のムルムルが徘徊するようになった。
烏賊井(いかい)
段先生の担当。ゲロゲロノベルズの編集者。前任者と交替で赴任した。大きめの黒縁眼鏡とツンツンヘアが特徴。
段の仕事ぶりには毎度振り回され、よく怪異現象の巻き添えを食らっているのだが、やはり天然ボケのようであまり深刻には受け止めていない。

ねこや関係者[編集]

ボリス
栞の飼い猫で化け猫。人間年齢にすると40歳程度でありオッサン。人間に化けられるが「禿げ気味の中年男性」にしかなれない。その姿で、やはり人間に化けた子分の野良猫・シマキチともに雑貨屋「ねこや」を経営している。あざとい商売で儲けては好物の切り身を購入している。つくも堂とゴブリンは商売敵。割合に博識で目利きだが、店の商品は盗品やゴミ、出所の怪しいものばかり。猫だけあってコタツを見ると条件反射で丸くなってしまうが、温泉好きでもある。
モデルは作者の飼いムサシ。
シマキチ
ボリスの部下。若い化け猫。ボリス同様に食い意地が張っている。助平でちゃっかり者。
川さん
ねこやに商品を卸す行商人。どじょう髭が特徴。その正体は人間に化けたカワウソ。股毛神社の神主とは仲が良い。

胃の頭町とその周辺(?)の住人たち[編集]

菱田きとら(ひしだきとら)
目が細く、ロングヘアーで背が高い女流詩人。代表作は死体を切り刻むありさまを表現した限定500部の詩集「殺戮詩集」。「血だまりの詩」「胆嚢を堪能」「腸でなわとび」などの作品が収録されている。なお、「腸でなわとび」は、中原中也の詩に似ている。
恋人を殺し、死体を解体しながら詩を書いたとされるが、心神喪失で無罪となり精神病院に入院、その後退院し、公園などで野生のムルムルを食料としながら充実した放浪生活を送っている。段一知へ熱烈に想いを寄せており、隙あらば段先生の奥さんを亡き者にして愛妻の座を射止めようと暗躍する。
凶暴且つ豪胆な性格であり、物の怪に監禁されたり体がカニに変身したりと受難のたびにパワフルな破壊活動を見せている。腕っ節も相当の物であり、胃の頭町の怪物や妖怪の類を相手にして単身で倒している事も多い。
海老名(えびな)
きとらの担当。絞殺社の雑誌「ぐるがる」の編集者。おかっぱ眼鏡で小太りの女性。きとらの生態には詳しく、彼女の野宿生活先に現れる。
ゼノ奥さんと執事
胃の頭町の奥地(?)に住み、姿が見えない奇怪な生物「ジョン」、「ベティ」などを飼う品の良い奥さん。ジョンを連れて胃の頭町を散歩させるのが趣味。奥さん自身の見た目は普通だが住んでいる所が尋常ではない。ジョンの散歩代行を栞に頼んだことがきっかけで知り合う。
毛むくじゃらのペット2匹が執事として仕えているが、彼らは適当な名前で横柄な態度、客人に得体の知れないお茶を振る舞う。このお茶を飲むと人間が植物化して彼女の家に「忘れ物」(お茶を飲んだ人間の魂)をしてしまうこともある。執事たちも元々は人間だったらしい。
ゼノ奥さんの家の周囲は妖怪ハンターシリーズの「異界」でジョンも「異界神」なのだが、なぜか路線バスで胃の頭町と繋がっている。
帽子好きの兄弟
帽子好きな兄弟たち。繋がった帽子を被り、連なって歩く。上から見るとエンドウマメのような見た目。実は頭自体が繋がっている。
騒動に巻き込まれて数人犠牲になることもあるが、毎度何事もなかったかのように登場する。親戚も含めて何人いるのか不明だが登場ごとに数が変わり、人数が増えると帽子も長くなる。
胃之頭公園のママ友たち
三人組のお母さんたち。危険が迫ると我が子を口の中に隠すのが特徴。うっかり我が子を飲み込んでしまうこともある。
胃の頭町が怪魚に襲われた際には魚の姿になってすっかり馴染んでいたせいで、「もともとここの出身では?」と思われている。
つくも堂店主
ねこやの商売敵。チョンマゲ、作務衣姿の店主。売り物は付喪神で騒動の元になっている。
股毛神社の神主
股毛神社の神主で自称産土神。ご近所の妖怪達のたまり場である股毛神社を管理している。顔が細長く、狩衣、烏帽子姿。
躁状寺の和尚
狸囃子の言い伝えがある寺の住職でタヌキが化けている。ぼったくり商売をしている。
もとは躁状寺と鬱状寺があったが後者は陰気なせいで地名だけ残ったとのこと。
十口 木一(とくち きいち)
新米の妖怪司書。古くなって妖怪化した古書を回収する仕事をしている。中でも悪質な「擬本獣」には手が出せない。宇論堂を「うんと古くてボロボロでお化けでも出そうで怪しげな本ばかりある店」(実際その通り)と言われた紙魚子はわざと意地悪して教えなかった。ちなみに段先生の書棚は擬本獣だらけらしい。

胃之頭高校関係者 [編集]

葉子、早苗、マチ子
栞と紙魚子の友人達でモブキャラ。怖いもの見たさから様々な出来事に首を突っ込むが、最終的には栞と紙魚子に丸投げするのがお約束。
鴻鳥 友子(こうのとり ともこ)
クラスは違うが栞たちの同級生。「蔦屋敷」と呼ばれる大きなお屋敷に住むお嬢様。料理が得意で大好き。大変な美食家で、カップラーメンを食べたことがない。「陳氏菜経」という奇本にハマり美食追求に文字通り一生を捧げて、果ては娘の股肉を食ってしまった血縁の鴻鳥和子・友子母子の幽霊に取り憑かれることがある。その後遺症で人肉という禁句が原因で憑依体に戻ってしまい包丁を振り回して暴れるなどして、家族や周囲を困らせている。怪魚が原因で町の住人たちが魚になってしまった際には夜の女王の宮廷料理人になって人類を裏切った。だが、魚料理ばかり作っていたのに飽きてあっさりまた寝返るなどちゃらんぽらん。
洞野(ほらの)
紙魚子の友人で文芸部員。将来は映画脚本家になることが夢らしく、有志たちと自主映画の撮影を行う。作風はホラーというよりコメディで紙魚子は愛読者(?)。古いワープロを使っているせいで誤変換により様々なトラブルが起きるのがお約束。
後藤 ゆかり(ごとう-)
栞の元クラスメート。「たまごっちが欲しい」というしょうもない願いのせいで頚山神社の人間鳥居にされてしまった。その後、栞と紙魚子が長姫との戦いに勝ったため解放された。
人間鳥居は妖怪ハンターシリーズに登場する黄泉の怪物。
管 正一(くだ しょういち)
連載後期に登場した転校生。
代々クダキツネを使役するクダ使いの家系にあるイケメン

奇妙な生き物、妖異たち[編集]

ヨグ
胃の頭町界隈に居る危険生物。細長い胴体に手足と首がついており、全身に奇妙な文様が描かれている。好戦的で人間に向かって刃物を持って襲いかかることもある。一方で猫が天敵であり、ボリスらに首を取られてあっさりと駆除されている。クトルーちゃんのペットでもある。首を縫い合わせると復活する。
ムルムル
胃の頭界隈に住む、謎の生物。ハトほどの大きさで、人のような顔と4本の手足、長い尾を持ち、背には翼を持つ。段先生の奥さんとともに、「外国」からやってきた帰化生物とされており、月の夜に集団で円舞(ムルムルダンス)すれば生殖活動なしに増殖する。
胃の頭公園を中心に増えすぎてしまったが、犬猫にもあっさり襲われる等ほぼ無害な存在。食用でもあり、鍋料理にすれば菱田きとらの大好物になる。また段先生の妻は、ムルムルの佃煮を周囲への贈答品にしている。
ケヒリヒ
段家の生ゴミから発生した怪物。幼生は食欲旺盛だが無害。だが自身の身と引き替えに巨大な卵を産み、こちらの中身の方が凶暴で害になる。きとらと友子はその卵に執着している。
ゴブリン
人間に化けて怪しげな店舗「ゴブリン」を経営する欲深な魔物。天敵はユニコーンで、ボリスとつくも堂は商売敵。
頸山城の長姫(くびやまじょうのながひめ)
胃の頭の地に代々住み続ける女妖怪。平安時代の10世紀頃から江戸時代まで、長姫に関する奇怪な記録が各所に残されている。若い修行僧をたぶらかして怨霊に換え、栞に取り付いて学校を乗っ取るなど、霊力は相当なものである。しかし長姫でも、クトルーちゃんの母にはかなわない。
なお、長姫の出るエピソードは妖怪ハンターのような作風になり、稗田礼二郎が描かれる(紙魚子が稗田の顔になる)セルフパロディも存在する。
影姫と十三人の侍
長姫に捕らえられ、成仏できなくなった影姫とその配下の侍たち。頚山神社にある人間鳥居は彼らが影姫を成仏させる「門」を作り出すために変化したもの。彼らの宿願が無関係な人間を巻き添えにして人間鳥居に変えてしまっていた。
若侍の宗十郎はイケメン。仲間の中では比較的行動の自由が利き、人間の姿に戻れるため栞が捕らえられた際には救出に活躍している。
紙魚子や段先生の活躍で封印石が破壊されたため成仏できた。その際に、頚山神社の人間鳥居にされていた後藤ゆかりも無事に戻っている。
夜の女王
半魚人たちを従える女王。だが、本人の姿は魚でもなくよく分からない姿形をしている。読書家で紙魚子がバスに忘れた本を愛読している。
怪魚
夜の海から来たという空飛ぶ魚。姿形はリュウグウノツカイに似ている。襲った家を住人もろとも消滅させた後、ダミーとなる海藻で住人と住宅を再現するという方法で胃の頭町の大半を飲み込んでしまった。ゼノ奥様の執事が放った大砲で消滅した。
吝嗇後屋の番頭(けちごやのばんとう)
主に殺された元番頭で幽霊。あまりにもケチな主人からメシの食い過ぎで殺された気の毒な人で、主を恨んで成仏できずに胃の頭町を徘徊している。さらに気の毒なことに幽霊の上に影が薄いせいでなかなか気づいて貰えない。また陰気すぎるため、妖怪たちからも相手にされていない。
黒坊主
股毛神社の境内でダルマさんが転んだをしている妖怪。毛むくじゃらだが人に化けることも出来る。
結界
胃の頭町で見られる一般的な結界。火の玉に簡素な顔が描かれた物体が手を繋いでいるだけであり、「結界ですよー」と警告を発することくらいしかできない。胃の頭町の物の怪たちが集会する時に登場するが、一般人である栞たちにも簡単に潜られている。神様用の強力な結界も存在するがこちらもよそ見をすることがあり、隙をつかれて栞たちにすり抜けられた。
繭姫
つくも堂にいる付喪神とも異なる奇妙な生物たちを使役する白く長細い妖怪。お気に入りの枕でうたた寝するうちに本物の街と彼女の繭の中に作り出した世界とを入れ替える。栞、紙魚子の大暴れにより倒された。
弁財天
胃の頭弁天堂に祀られる神様。湯浴みを欠かさない美貌の神だが、盗撮されたことにより胃の頭町に怪異を巻き起こす。
但し年に1回の裸弁天のご開帳は律儀にこなすほか、盗撮されても条件反射でポーズを取ってしまうなどお茶目な一面もある。

単行本[編集]

栞と紙魚子の怪奇事件簿[編集]

栞と紙魚子の怪奇事件簿』(しおりとしみこのかいきじけんぼ)は、2008年1月5日から3月29日まで、日本テレビサタデーTVラボ枠内で放映されたテレビドラマ。各話テレビ放送終了後に日本テレビのウェブサイトで動画配信も行なわれた。また、2010年4月3日より6月26日までサンテレビにて、2010年7月13日から10月5日まで札幌テレビ放送(火曜日24:49~25:19)でも放送されていた。

なお、CS放送のファミリー劇場でも過去に放送されたことが有り、2010年11月現在は日テレプラスで放送されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

サブタイトル[編集]

1.栞と紙魚子とジャックとエミリー(1月5日放映)
2.自殺館(1月12日放映)
3.異世界への扉(1月19日放映)
4.ためらい坂十年戦争 ケーキの乱(1月26日放映)
5.長い廊下伝説(2月2日放映)
6.ゼノ夫人のお茶(2月9日放映)
7.闇の中(2月16日放映)
8.フランダースみたいな豚(2月23日放映)
9.首山病院と首之山病院(3月1日放映)
10.ボリスvsクトルー(3月8日放映)
11.ヤマダさんちの幽霊(3月15日放映)
12.月光影虫(3月22日放映)
13.メビウス!?(3月29日放映)
  • ベース:ドラマオリジナル
  • 脚本:渡辺雄介、演出:井口昇
  • ゲスト:片桐はいり、大島優子(当時AKB48)、矢部裕貴子


脚注・参考[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 土曜日24:50 - 25:20(日曜日00:50 - 01:20)
前番組 番組名 次番組
ハリ系
(2007.10.13 - 2007.12.29)
栞と紙魚子の怪奇事件簿
(2008.1.5 - 2008.3.29)
2クール
(2008.4.5 - 2008.6.28)