暗黒神話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
暗黒神話
漫画
作者 諸星大二郎
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
発表期間 1976年20号 - 25号
巻数 全1巻
話数 全6話
テンプレート - ノート

暗黒神話』(あんこくしんわ)は、諸星大二郎による日本漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社1976年20号 - 25号に連載された。単行本は全1巻。

2014年4月17日より、『暗黒神話 完全版』が『画楽.mag』(ホーム社)で創刊号からVOL.7(2015年4月17日)まで連載され、100ページ以上の加筆さらに大幅な修正が行われた。序盤とラストはそれほど変更されていないものの、主人公が日本各地を回る中盤の展開に加筆と修正が加えられている。

概要[編集]

ヤマトタケル伝説を中軸に、古代日本の各神話や遺跡、仏教、果ては呪術SF要素までを取り込み、ある少年が辿る数奇な運命を描く。作者によると「(前略)最後に全体を眺めると、ダリの二重像の絵のように全然別の新しい絵が浮かび上がってくる……そういった緻密で壮大なジグソー・パズルをやってみたかった」(ジャンプスーパーコミックスカバー折り返しより)とのこと。

本作の序盤において、当時類例のなさから重要文化財指定とされていた深鉢形土器をモチーフとした蛇紋縄文土器を登場させているが、この土器は後に推定復元であることが判明し、指定解除となっている。

あらすじ[編集]

中学生の少年・はある日、父の友人を名乗る男・小泉から「君のお父さんは実は殺された」と告げられる。確かに武には、幼い頃に倒れた父親の傍で泣いている記憶があった。小泉に連れられ父が死んだ場所へ来た武は、おぼろげな記憶を頼りに父の目的地と思しき洞窟を発見。洞窟の奥で武は思いもかけないモノと遭遇し――ヤマトタケルの転生として、地球の命運を握るアートマンとして、運命の歯車が動き始める。

主な登場人物[編集]

山門 武(やまと たけし)
主人公。古代縄文人の血を引く13歳の少年で、右肩に蛇を思わせる奇妙な傷跡がある。ごく平凡な少年だが、実はヤマトタケルが転生した姿であり、宇宙の真理たるブラフマンに選ばれし者「アートマン」となる運命を持つ。
小泉 小太郎(こいずみ こたろう)
父の友人と称して武に近づいてきた謎の男。
竹内(たけうち)
武の周辺に現れる謎の老人。縄文土器やヤマトタケル伝説に詳しく、他にもアートマンに関わる様々な秘密を知っている。
その正体は、タイムカプセルにより現代まで生きながらえた古代人である。武内宿禰をはじめスクナヒコナ卑弥呼の「王弟」、蘇我馬子安倍晴明天海などの正体でもあると称している。
菊池彦(きくちひこ) / 菊池 一彦(きくち かずひこ)
古代縄文人(クマソ)の血を引く菊池一族の宗主・菊池家の若当主。「菊池彦」は菊池家の当主が代々受け継ぐ名であり、一彦は73代目。
大神 美弥(おおが みや)
菊池一族の大神家の代表である若き美女。
大角 隼人(おおすみ はやと)
古日本人の血を引く隼人族の若者。菊池彦に従っている。
慈空(じくう)
優れた法力を持つ叡山阿闍梨大分国東半島施餓鬼寺に向かう途中、偶然から武と出会う。

書籍情報[編集]

諸星大二郎『暗黒神話』 いずれも表題作の他に『徐福伝説』(初出・『ジャンプオリジナル』1979年1月号)を収録。2011年時点では集英社コミック文庫以外は全て絶版となっている。

OVA[編集]

暗黒神話
OVA
監督 安濃高志
キャラクターデザイン 柳田義明
アニメーション制作 亜細亜堂
製作 大映映像
発表期間 1990年1月26日 - 2月23日
話数 全2話
テンプレート - ノート

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 諸星大二郎
  • プロデューサー - 池田哲也、岡村雅裕
  • 脚本・監督 - 安濃高志
  • キャラクターデザイン - 柳田義明
  • 絵コンテ・演出 - 望月智充
  • 作画監督 - 柳田義明 → 河内日出夫
  • 美術監督 - 松平聡
  • 撮影監督 - 金子仁 → 斎藤秋男
  • 音響監督 - 大熊昭
  • 効果 - 松田昭彦
  • 編集 - 布施由美子、野尻由紀子、安藤洋子
  • 音楽 - 川井憲次
  • アニメーション制作 - 亜細亜堂
  • 製作 - 大映映像

ゲームソフト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]