Spirit of Wonder

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Spirit of Wonder
ジャンル SF
漫画
作者 鶴田謙二
出版社 講談社
掲載誌 モーニング
月刊アフタヌーン
レーベル モーニングKCDX
発表号 モーニング1986年Vol.38 -
アフタヌーン1995年1月号
発表期間 1986年8月21日 - 1994年11月25日
巻数 全1巻
OVA
監督 (チャイナさんの憂鬱)本郷みつる
(少年科學倶楽部)安濃高志
(チャイナさん短編集)藤森雅也
キャラクターデザイン (チャイナさんの憂鬱)柳田義明
(少年科學倶楽部)柳田義明
(チャイナさん短編集)藤森雅也
アニメーション制作 亜細亜堂
製作 東芝EMIバンダイビジュアル
発表期間 1992年 - 2004年
話数 全5話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

Spirit of Wonder』(スピリット・オブ・ワンダー)は、『モーニング』及び『月刊アフタヌーン』(共に講談社)に掲載された鶴田謙二SF漫画。全1巻。連載時は『The Spirit of Wonder』の表題であったが、完全版の単行本化に際して現在の表題となった。

1992年東芝EMIより「チャイナさんの憂鬱」がOVA化され、2001年バンダイビジュアルより続編「少年科學倶楽部」及び短編「チャイナさんの縮小」「チャイナさんの惑星」が発売。2004年のDVD-BOXには新作短編「チャイナさんの盃」を収録。

あらすじ[編集]

『Spirit of Wonder』は12話から構成されており、チャイナさんシリーズの3話を除くと、各話が独立した一話完結の体裁をもっている短編集となっているので、各話毎にあらすじを作成する。各物語の共通項は「摩訶不思議・荒唐無稽な発明品」であり、この発明品を中心軸として物語が回っていく。

広くてすてきな宇宙じゃないか
舞子の故郷の浜松は異常気象のため、半分海に沈んでいる。舞子の祖父はノーベル賞を2度も受賞した科学者であり、舞子の父親に宝の地図を残す。帰省した舞子は父親の宝探しに付き合わされる。父親の推理は小学校の校庭であるが、舞子は地図の別の見方を提案し、そこで祖父の論文を発見する。その論文は現在の異常気象を止める手立てが記載されていた。もっとも、NASAは小学校の校庭からナポレオン金貨を見つけ出し、宝探しは引き分けとなる。
満月の夜月へ行く
ドリトルの祖父・ファーブル博士は「竜巻発生機」を発明する。もっとも、配線の間違いをアンドロイド・メイドのアリスに指摘され直してもらう。ドリトルが「竜巻発生機」を動かしてしまい、あわやというところでアリスに救われる。ファーブル博士はお礼に「瞬間物質移動機」をアリスに見せる。それは機械の片方から入れた物が、機械のもう片方から出てくる機能をもっている。博士はそれを利用して推進装置を作り、月に行くことにする。しかし、実験は失敗し博士は行方不明となる。成人したドリトルは博士の研究施設を引き継ぐ。ドリトルが古い「瞬間物質移動機」を動かしてみると、ファーブル博士が顔を出す。月に行くのに失敗して、現在は地球の裏側で研究しているとのことである。
星に願いを
スケルマーズデイル博士はミクロ宇宙を研究しており、新しいミクロ惑星をせっせと作っている。ショウコの恋人は4.3光年離れたアルファ・ケンタウリ星系への移民船に乗っている。博士はミクロ宇宙の逆転の発想で、宇宙と人間のサイズ比変えることにより、4.3光年の距離を克服しようとする。ショウコは4光年の巨人となり、アルファ・ケンタウリまでは数歩で到着し、24時間後には元のサイズに戻る。結果は4.3年後にようやく届く。
リトルメランコリア
リンドンさんのところのマリーにはドロッセルマイエル博士の助手のウイルヘルムという大切な友達がいる。マリーはウイルヘルムに「昨夜、つれていってくれた所はどこなの」と質問する。家族は夢と混同していると「小さな空想屋」と呼ばれている。マリーは不治の病のため、10歳の誕生日までもたないと診断されている。ドロッセルマイエル博士とウイルヘルムはタイムマシンで未来に行ってマリーの病気を治療する。しかし、途中で不具合が起こりウイルヘルムは10年後の世界に取り残され、そこで大きくなったマリーと再会する。博士と小さなマリーがタイムマシンでやってきて、ウイルヘルムは過去に戻り、小さなマリーにしばらくお別れだが、必ず10年後に戻ってくると約束する。
少年科學倶楽部
少年科學倶楽部の50周年記念事業は火星に行くことである。宇宙船はできたが、推進力を生む「エーテル気流理論」はリンドヴァーバーグ博士でないと扱えない。博士の父親たちは博士の夫を巻き込んで協力を取り付けようとするがうまくいかない。彼らの熱意を知り、博士は光波とエーテルの干渉によるエーテルが振動する原理を利用し、エーテルの圧力差を推力にする宇宙気球で火星に行く計算をしてあげる。しかし、宇宙気球は宇宙は飛べるが、地球の空は飛べずに海に着水する。
潮風よ縁があったらまた逢おう
静岡の沖合に氷塊が発見され、その中には人が冷凍されており、解凍すると奇跡的に生き返る。浦島太郎の名前は植木田といい、しごく元気に看護師の白衣をめくっている。氷塊はほぼ完全な球体で中心は地下20mのところにある。植木田の話ではこの中心に「冷線砲」があり、作動中だという。舞子たちは植木田とともに「冷線砲」の回収に向かう。周囲の氷塊を爆破しても回収はできない。舞子と植木田は再度、現場に行き氷塊が無くなっていることを確認する。引き上げ直前に植木田は「これが完璧だったらあんたの故郷は救えたかもしれんなあ」と言い残し、「冷線砲」を作動させ、巨大な氷塊が形成される。
時間の国のマージィ
マージィは恋人のフレッドと喧嘩中であり誕生日の招待状も出していない。誕生日のプレゼントに時間を止めて欲しいと言ったら、アボット博士は本当に止めてしまった。マージィはフレッドの所に行き、去年のクリスマスプレゼントに間に合わなかったセーターをメッセージと共に置く。木陰で一休みするとスージィの手元にフレッドからのプレゼントが届いている。スージィの時間も知らないうちに止められたようだ。
夏子
真帆と双子の妹片帆は心が通じており、お互いに相手のことを知ることができる。その片帆が姿を消して2年が経ち、真帆は父親の御前崎博士の資料を恋人の哲雄と一緒に整理している。ある日、真帆は片帆の声が聞く。哲雄は古い資料の中から真帆にそっくりな写真を見つける。名前は夏子となっている。御前崎博士は助手の夏子とともに人間のクローニングに取り組み、夏子と胎児を失う。それで、夏子をクローニング再生させ、真帆と片帆が生まれた。しかし、技術的問題から二人は遺伝子性のガンが高い確率で発生する体質となった。片帆は巨大なガラス水槽の中で、植物人間状態で生きている。片帆の言葉から真帆の危険が分かり、抗生物質を投与して危機を回避する。真帆は父親にお嫁に行くと感謝を告げる。
少年科學倶楽部火星へ
ウインディ・リンドヴァーバーグ博士は夫のジャックに言いたいことがある。ウインディの父親たちは再び火星行きを計画する。そこにはジャックも一枚かんでいる。ウインディがジャックに朝食を届けに行くと、背後の戸が閉まる。宇宙船はすでに空中に浮かんでおり、父親たちはこのまま火星に行くという。宇宙に出ると航路がずれ、ウインディがエーテルのドップラーシフトを再計算する。宇宙船は火星に着陸し、少年科學倶楽部メンバーは火星に足跡を記す。彼らと離れたところでウインディは妊娠したことをジャックに報告する。しかし、無線のチャンネルは共通で皆の知るところとなる。
チャイナさんの憂鬱
港町ブリストルにある中華料理店・天回を切り盛りするチャイナさんは、二階に間借りしているブレッケンリッジ博士に家賃の集金に行くが、今日も断られる。その代わり、博士は空間そのものを反射させて対空間を作る「空間反射鏡」を見せてくれる。これを使うと簡単に月に行くことができる。しかし、チャイナさんにはただの鏡である。チャイナさんは博士の弟子のジムにほの字である。酔ったチャイナさんはジムからの月の石で作った指輪のプレゼントをこわしてしまう。一方、月には「Happy Birthday to China」の文字が見える。
町の人たちは月面の文字についてうわさするだけで、新聞にも載らない。チャイナさんは指環を壊したとしょげかえっている。ジムはもう一度指環を送る、一緒に月に行こうと言う。博士とビルは「空間反射鏡」を月に向けると、月面上にチャイナさんとジムが現れる。「重力圧縮装置」ではパワーが足りず、チャイナさんの一蹴りで月は砕け、地球にチャイナ・リングが誕生する。
チャイナさんの願事
チャイナさんは流れ星に願い事をするのが日課である。しかし、願い事が多すぎて流れ星の光っている間には間に合わない。ジムは父親が発明した「重力遮断装置」を作るため研究に没頭する。大きな物音で二階に上がると屋根が無くなっている。実験は成功する。時限装置付きの「重力遮断装置」を搭載し、耐熱タイルで保護されたフロイド2号を作動させると、地球の自転による遠心力で宇宙まで飛び上がり、タイマーが切れると地球に落下して時間の長い流れ星になる。
チャイナさんの逆襲
ジムが研究に没頭し、相手をしてくれないのでチャイナさんの酒量が増える。料理にも身が入らず、チャイナさんの経営する天回は経営が思わしくなく、二階の間借り人の家賃を取り立てに行くと、部屋はもぬけの空である。これは、「瞬間物質移動装置」によるものである。しかし、夜になると2階から怪しい物音がする。今回の発明はドアと窓に「瞬間物質移動装置」の端末が仕込んであり、空っぽの偽の部屋につながっているため、外からは偽の部屋が見える仕掛けである。この仕掛けはチャイナさんがぶち壊す。ジムは「瞬間物質移動装置」を活動もどきの送信装置として空間に立体映像を映す。この動く看板は「チャイナさんのご機嫌おうかがい板」として親しまれている。

登場人物[編集]

『Spirit of Wonder』は独立型の短編集であり、物語を通して登場する人物はいないので、登場人物は作成しない。

OVA[編集]

チャイナさんシリーズ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

チャイナさんの憂鬱
チャイナさんの縮小
チャイナさんの惑星
チャイナさんの盃
  • 製作:角田良平
  • 企画:川城和実
  • プロデューサー:杉山潔
  • 音楽プロデューサー:佐々木史朗、斎藤裕二
  • 音楽ディレクター:神林名里
  • 監督・脚本・絵コンテ・演出・作画監督・キャラクターデザイン:藤森雅也
  • 原画:中村裕之、関根昌之中島裕一三浦悦子柳田義明
  • 色彩設定・色指定:中島淑子
  • 背景:美峰
  • 美術監督:平澤晃弘
  • 撮影監督:佐々木和宏
  • 音響監督:大熊昭
  • 音楽:松尾早人
  • アニメーション制作:亜細亜堂
  • 製作:バンダイビジュアル

少年科學倶楽部[編集]

キャスト(少年科學倶楽部)[編集]

スタッフ(少年科學倶楽部)[編集]

  • 監督・脚本・絵コンテ・演出:安濃高志
  • キャラクターデザイン・作画監督:柳田義明
  • 音楽:松尾早人

主題歌・イメージソング[編集]

  • 「夢の扉」
    • 作詞:前田耕一郎、作曲:田中公平、編曲:岸村正実、歌:日高のり子
  • 「桃花望郷」
    • 作詞:渡辺なつみ、作編曲:松尾早人、歌:日高のり子
  • 「男と女 A Man & a Woman」
    • 作詞:HIDE&シンディー♡A、作編曲宮崎信治、歌:日高のり子、柴本浩行
  • 「花と中華 Beauty and the Beast」
    • 作詞:HIDE&シンディー♡F、作編曲:宮崎信治、歌:日高のり子、渕崎ゆり子
  • 「宇宙のチャイナさん China in Space」
    • 作詞:HIDE&シンディー♡A、作編曲:宮崎信治、歌:日高のり子、コーラス:ゴージャス・ファイブ(樋口真嗣、柴本浩行、大楽祐汰可、倉形ひとみ、杉本潔)
  • 「それ行け!チャイナさん Let's Go! China」
    • 作詞:HIDE&シンディー♡A、作編曲:宮崎信治、歌:日高のり子、コーラス:ゴージャス・ファイブ
  • 「愉快なチャイナさん一家 The Chinasan Family」
    • 作詞:HIDE&シンディー♡A、作編曲:宮崎信治、歌:日高のり子、台詞:羽佐間道夫、柴本浩行、渕崎ゆり子

関連商品[編集]

単行本[編集]

映像ソフト[編集]

  • チャイナさんの憂鬱 The Spirit of Wonder
  • Spirit of Wonder
  • Spirit of Wonder -WONDER BOX-

CD[編集]

  • The Spirit of Wonder チャイナさんの逆襲
    • 音楽:田中公平、宮崎信治/構成・脚本・演出:庵野秀明、樋口真嗣、鶴田謙二
    • OVAキャストによるドラマの他、歌、BGM等も収録。ドラマや歌には庵野秀明、樋口真嗣、前田真宏ひぐちきみこらも参加。
  • Spirit of Wonder original soundtorack
    • 音楽:松尾早人

ラジオドラマ[編集]

1998年2 - 3月に文化放送超機動放送アニゲマスター」内で放送、制作はガイナックス。「Spirit of Wonder -WONDER BOX-」特典として初CD化。

キャスト[編集]

「リトルメランコリア 〜ドロッセルマイエル博士とタイムマシン」
「夏子 〜御前崎博士とクローン人間」

外部リンク[編集]