楠部工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

楠部 工(くすべ たくみ、1964年 - )は、フリーランスのライター。埼玉県出身。

シンエイ動画創設者の楠部大吉郎の息子であり、妹はイラストレーター楠部文。叔父に楠部三吉郎がいる。

略歴[編集]

東京芸術大学大学院、亜細亜堂を経てシンエイ動画に入社し、脚本や3DCGを手掛ける。『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』を最後にシンエイ動画を退社し、現在はフリーランスの出版ライターとして活動中[1]

人物[編集]

ドラえもんのうた』を作詞したことで有名である。当時は中学2年生であり、子供向け雑誌で特集され話題を呼んだ。しかし、歌詞そのものは楠部一家で案を出し合って作った、いわゆる合作であることを本人が語った。一方で、これについては「父から『(歌詞が)採用されたら一万円あげるから作ってみて』と言われて、お風呂に入って窓ガラスにドラえもんを描いて考えた」とも語っていたことがある[2]。この他にも『ドラえもん・えかきうた』『いいやつなんだよドラえもん』『すてきな一週間』の作詞を手がけた(『ドラえもんえかきうた』は『ドラえもんのうた』と同時期の中学2年の時に作詞した)。楠部たくみとクレジットされる事がある。

また叔父である楠部三吉郎によると、小学校高学年の頃、斎藤惇夫の『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』を「これすごく面白いからテレビでやってよ」と三吉郎に見せ、それがきっかけで『ガンバの冒険』の企画がスタートしたという[3]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2011年9月3日朝日新聞別刷り「be」より。
  2. ^ 1979年6月30日 北海道新聞24面(テレビ欄)内の記事より。
  3. ^ 楠部三吉郎『「ドラえもん」への感謝状』小学館、2014年、pp.189 - 191。『冒険者たち』を読んだのは、父の大吉郎が入院した折、宮崎駿が見舞いとして持参した本に含まれていたからであるという。