サクラ大戦 活動写真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サクラ大戦 活動写真
監督 本郷みつる
脚本 本郷みつる、西村博之、寺戸信寿、広井王子
制作会社 Production I.G
製作会社 「サクラ大戦 活動写真」製作委員会
配給 東映
公開 2001年12月22日
上映時間 85分
製作国 日本
言語 日本語
製作費 5億円
興行収入 2.8億円[1]
テンプレートを表示

サクラ大戦 活動写真』(サクラたいせん かつどうしゃしん)は2001年12月22日に東映洋画系劇場で公開されたアニメ映画。『冬の角川アニメ』と題し、『あずまんが大王』『スレイヤーズぷれみあむ』『Di Gi Charat 星の旅』の三作が同時上映された[2]

あらすじ[編集]

太正十五年[3]十二月の帝都。花組の隊長である大神中尉が巴里へ旅立ち、クリスマス公演の興奮も醒めやらぬ大帝国劇場に一人の少女が訪れた。彼女の名前はラチェット・アルタイル。元星組隊長の経歴を持つ彼女は花組に配属されるが、戦闘でも舞台でも合理・個人主義に徹するラチェットに花組はとまどう。時を同じくして、帝都では謎の降魔と戦う花組の前に、圧倒的な強さで降魔たちを蹴散らす、正体不明の人型蒸気が現れる。ダグラス・スチュアート社(DS社)の自動人型霊子甲冑ヤフキエルであった。アメリカでも群を抜いた科学力を誇るDS社は、政治家の田沼と結託し陸軍にヤフキエルを売り込もうと画策していたのだ。ヤフキエルの優秀性と度重なる花組の失態を憂慮した賢人機関は、帝撃の降魔撃退の任を解く事を決定する。遂に動き出した帝都を揺るがす謀略の罠。本当に花組は解散してしまうのか?大神のいない花組に史上最大の危機が訪れる……。

キャスト[編集]

詳細は帝国華撃団参照、ラチェットのみ紐育華撃団参照。

ダグラス・スチュワート社[編集]

ブレント・ファーロング
声 - 山寺宏一
ダグラス・スチュワート社社長。合理主義者であり、自ら世界の王になろうと欲し、その障害となる存在である帝国華撃団を壊滅するべく、日本に乗り込む。培養した降魔を利用した無人霊子甲冑ヤフキエルを自作自演の芝居と、田沼晴義の政治力をもって陸軍に売り込む。謎の魔術師であるパトリックを従えている他、帝国華撃団に研修に赴くラチェット・アルタイルに帝国華撃団関連のデータ譲渡を求め、手駒として取り込んだ。
パトリック・ハミルトン
声 - 難波圭一
二体の人形を従える謎の人形師。ブレントに付き従っているが、その目的や行動には謎が多い。ヤフキエルの正体を掴むべくダグラス・スチュワート社の工場に潜入したマリア・タチバナを大いに苦しめたが、最終的にはマリアに倒される。なお、その遺体は密かに本国に送られて復活を果たす。
田沼晴義(たぬま はるよし)
声 - 藤原啓治
政治家・政護会総裁・賢人機関メンバー。ダグラス・スチュワート社と癒着し、その兵器を軍部に採用させようと目論む。花小路とは長らくにわたって対立関係にあり、ブレントの帝国華撃団壊滅に手を貸すこととなる。小説版によるとこの事件の直後、今回の責任を問われ(罪状は国家騒乱、及び国家反逆罪が適用)警察に逮捕された。
漫画版「サクラ大戦」においても登場。同じく賢人機関の会議に出席しているが、時系列において花組結成から間もないこの頃から、華撃団側に対立的な意見を述べていた。

その他[編集]

江戸川夢声
声 - 三ツ矢雄二
花小路頼恒
声 - 北村弘一
詳しくはサクラ大戦参照。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「劇場版・奇跡の鐘」
作詞 - 広井王子 / 作曲・編曲 - 田中公平 / 歌 - 帝国歌劇団
劇中歌「劇場版・すべては海へ」
作詞 - 広井王子 / 作曲・編曲 - 田中公平 / 歌 - 横山智佐、久野綾希子

イベント[編集]

この作品のラッピング広告が都営バス巣鴨営業所の車両(P-C162)に2001年秋から2002年1月まで掲出された。またこのバスを題材にしたフォトコンテストが開催され、優勝者には実車で使われたラッピングシートが賞品として贈呈されたという。

関連グッズ[編集]

Blu-ray
初回数量限定生産版通常版とがある。
初回数量限定生産版は「キャラクターデザイン松原秀典描き下ろし和風三方背ケース」「特製豪華ブックレット」「劇場公開時のフィルムを使用した特製フィルムブックマーク」が特典となっている。
共通特典である映像特典はDVDのものと同一である。
Blu-ray化にあたり、デジタル化が行われており、夜間シーンなどは映像が顕著に鮮明になっている。
2013年01月25日発売
ASIN: B00931RLRC(初回数量限定生産版)
ASIN: B00931RLTU(通常版)
DVD
特別仕様版通常版とがある。発売日は2002年11月22日(2002年9月23日に特別仕様版の予約は締め切られた)[4]
共通特典としてパイロットフィルム、CM、歌謡ショウ 海神別荘より「すべては海へ」、カラーブックレット、そしてレーベル仕様のピクチャーが入っている。
特別仕様版には限定特典として、CD-ROM(Windows)が入っていて、カラーBOX仕様となっている(松原秀典と斉藤卓也の描き下ろしイラストを使用している)。
VHS「サクラ大戦 活動写真」
2002年04月24日発売
ASIN: B000063EDG
ガイドブック『サクラ大戦活動写真―サクラムービーロマンチカ』
「活動写真」のフィルムストーリー、設定資料などを含んだガイドブック。
ISBN 4-04-853448-3
ISBN 978-4-04-853448-2
単行本『サクラ大戦 活動写真集』
総数20本に渡る「活動写真」のシーンを掲載。「サクラ大戦」の台詞も採録している。
ISBN 4-7973-0304-2
ISBN 978-4-7973-0304-9
小説『サクラ大戦 活動写真』
川崎ヒロユキ
イラスト 斉藤卓也
ISBN 4-8291-1408-8
ISBN 978-4-8291-1408-7
CD『サクラ大戦 活動写真「奇跡の鐘/すべては海へ」[Maxi]』
歌 帝国歌劇団
編曲 田中公平、根岸孝幸
その他 広井王子
劇場版「サクラ大戦 活動写真」(サウンドトラック)
歌 横山智佐(真宮寺さくら)&帝国歌劇団
編曲 田中公平
その他 広井王子

参考文献[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「2002年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2003年平成15年)2月下旬号、キネマ旬報社2003年、 140頁。
  2. ^ 公式サイト[ 冬の角川アニメ公式サイトオープン!!
  3. ^ 公式サイトストーリー
  4. ^ 公式サイト『サクラ大戦 活動写真』DVD情報!

関連項目[編集]

外部リンク[編集]