相葉裕樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
相葉弘樹から転送)
移動先: 案内検索
あいば ひろき
相葉 裕樹
本名 相葉 弘樹
生年月日 (1987-10-01) 1987年10月1日(30歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県船橋市
身長 180 cm
血液型 O型
職業 俳優声優
ジャンル テレビ舞台
活動期間 2004年 -
事務所 グランアーツ
主な作品

テレビドラマ
侍戦隊シンケンジャー
怪盗ロワイヤル
35歳の高校生
黒服物語

映画
カフェ代官山
王様とボク
舞台
ミュージカル・テニスの王子様
ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち
スカーレット・ピンパーネル
レ・ミゼラブル
テレビアニメ
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
新テニスの王子様
受賞
第16回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞

相葉 裕樹(あいば ひろき、1987年10月1日 - )は、日本俳優声優。本名および旧芸名は相葉 弘樹(読み同じ)。

千葉県船橋市[要出典]出身。千葉県立船橋北高等学校卒業[要出典]グランアーツ所属。

略歴[編集]

2003年からStar Light Studioでレッスンを受け(6期生)、同スタジオで知り合った古賀敦士、今間卓也とストリートダンスユニット『BRIGHTS』(2004年解散)を結成し、代々木公園等でストリートライブをしていた。解散ライブでは400人近くのファンを動員。

同年、第16回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞。ミュージカル『テニスの王子様』不二周助役をきっかけに、本格的に俳優として活動を始める。

自身の20歳の誕生日にあたる2007年10月1日にファンクラブ「h.a.style」が発足した。

2009年、『侍戦隊シンケンジャー』にシンケンブルー / 池波流ノ介役で出演。さらに同年より、マキシムカフェメニューの広告キャラクターを務める。

2011年4月、エイベックス・マネジメントからトップコートに移籍。それに伴い、芸名を現在の「相葉 裕樹」に改名。

2012年、テレビアニメ『新テニスの王子様』に入江奏多役で出演。2013年、『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』のヒタチ・イズル役でテレビアニメ初主演を果たした[1]

尚、その年に行われたニュータイプアワード 男性声優賞で4位を獲得。

作品賞で2位に選ばれた。

2015年5月31日付で契約満了のためトップコートを離籍[2]

2016年1月、グランアーツに所属。

人物[編集]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

バラエティ・その他TV番組[編集]

映画[編集]

OV[編集]

CM[編集]

広告[編集]

  • AGF 『マキシムカフェメニュー』(2009年)

ケータイドラマ[編集]

  • Teddy bear(2008年4月配信、魔法のiらんど) - 竜 役
  • 「スマートボーイズ MOVIE」第1弾 「Equal Sweets 〜おかしな関係〜」 (2012年6月配信) - 奏也

DVD[編集]

  • 怪談 -家之怪談-(2006年) - 井沢弘之

舞台[編集]

  • ミュージカル・テニスの王子様(2005年1月 - 2007年9月/2008年8月 - 10月) - 不二周助 役
    • in winter 2004 - 2005 side 山吹 feat. 聖ルドルフ学院(2005年1月8日 - 1月23日、メルパルクホール 他)
    • Dream Live 2nd(2005年5月4日、東京ベイNKホール
    • The Imperial Match 氷帝学園(2005年8月8日 - 20日、日本青年館 他)
    • The Imperial Match 氷帝学園 in winter 2005 - 2006(2005年12月19日 - 2006年1月2日、日本青年館 他)
    • Dream Live 3rd(2006年3月28日・29日、Zepp Tokyo
    • Advancement Match 六角 feat. 氷帝学園(2006年8月3日 - 25日、日本青年館 他)
    • Absolute King 立海 feat.六角〜First Service(2006年12月13日 - 2007年1月27日、日本青年館 他)
    • Dream Live 4th(2007年3月30日・31日、パシフィコ横浜
    • Dream Live 4th Extra(2007年5月17日 - 20日、梅田芸術劇場
    • Absolute King 立海 feat.六角〜second Service(2007年8月2日 - 9月9日、日本青年館 他)
    • Imperial Presence 氷帝 feat.比嘉(2008年7月29日 - 11月3日、日本青年館 他) ※橋本汰斗以前の5代目不二役の不慮の事故により特別出演
  • スイッチを押すとき〜君達はなぜ生きているんだ?〜(2006年7月11日 - 19日、青山円形劇場) - 小暮君明 役
  • ブロードウェイミュージカル 「PIPPIN」(2007年10月4日 - 14日・2008年7月6日 - 7月16日、天王洲 銀河劇場) - ピピン
  • 手紙(2008年4月) - 武島直貴
  • avex group The 20th Anniversary「ココロノカケラ」(2008年9月、青山劇場) - エイフ 役
  • リンダリンダラバーソール(2008年12月) - レイン 役
  • 天聖八剣伝(2010年6月19日 - 27日、天王洲 銀河劇場) - 絢人
  • abc★赤坂ボーイズキャバレー(2010年8月 - 9月、赤坂ACTシアター 他) - 水原俊太
  • SAMURAI 7(2010年11月 - 12月、青山劇場) - シチロージ 役
  • 新春戦国鍋祭 〜あんまり近すぎちゃうと斬られちゃうよ〜(2011年1月、サンシャイン劇場 他) - 前田利家
  • CLUB SEVEN 7th stage(2011年4月3日 - 22日、シアタークリエ 他)
  • リトルショップ・オブ・ホラーズ(2012年6月7日 - 7月13日、下北沢本多劇場 他) - シーモア
  • CLUB SEVEN 8th stage(2012年8月12日 - 9月5日、シアタークリエ 他)
  • 3150万秒と、少し(2013年2月15日 - 27日、天王洲 銀河劇場 他) - 高野悠也
  • ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック(2013年8月21日 - 9月15日、紀伊国屋サザンシアター 他) - 手塚
  • SEMINAR -セミナー-(2013年12月13日 - 29日、紀伊國屋ホール 他) - ダグラス 役
  • ピラミッドだぁ!(2014年2月6日 - 9日、神保町花月) - 栗田
  • ちぬの誓い(2014年3月21日 - 4月6日、東京芸術劇場プレイハウス 他) - 松王丸 役
  • BACK STAGE(2014年5月30日 - 6月15日、シアタークリエ 他) - 外山健太
  • ラ・カージュ・オ・フォール 籠の中の道化たち(2015年2月6日 - 3月8日、日生劇場 他) - ジャン・ミッシェル 役
  • CLUB SEVEN 10th stage(2015年4月2日 - 27日、シアタークリエ 他)
  • HEADS UP!(2015年11月13日 - 12月13日、KAAT神奈川芸術劇場 他) - 新藤祐介 役
  • Show House「GEM CLUB」(2016年3月19日 - 4月10日、シアタークリエ 他)
  • グレイト・ギャツビー(2016年7月2日 - 24日、サンシャイン劇場 他) - ニック・キャラウェイ 役[4]
  • スカーレット・ピンパーネル(2016年10月19日 - 11月29日、赤坂ACTシアター 他) - ベン 役 [5]
  • ミュージカル レ・ミゼラブル(2017年5月25日 - 10月16日、帝国劇場 他) - アンジョルラス 役
  • HEADS UP!(2017年12月14日 - 2018年3月12日、KAAT神奈川芸術劇場 他)- 新藤祐介 役
  • ブロードウェイミュージカル「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」(2018年5月19日 - 6月10日、梅田芸術劇場 他)- サム・クレイブ 役
  • ミュージカル タイタニック (2018年10月1日 - 22日、日本青年館ホール 他) - チャールズ・クラーク 役

テレビアニメ[編集]

2012年

2013年

劇場アニメ[編集]

2016年

  • 劇場版 マジェスティックプリンス-覚醒の遺伝子-(ヒタチ・イズル

ゲーム[編集]

2011年

吹き替え[編集]

ドラマCD[編集]

2011年

朗読劇[編集]

  • 浅田次郎さんの短編集『あやし うらめし あな かなし』より「赤い絆」(2013年7月13日)
  • フランク・ヴェデキント「春のめざめ」(2014年12月6日・7日、天王洲 銀河劇場) - メルヒオール
  • エン*ゲキ#01「君との距離は100億光年」(2015年7月5日、赤坂RED/THEATER)
  • ハックルベリーにさよならを(2015年12月18日 - 20日、東京グローブ座) - ボク
  • 朗読劇 私の頭の中の消しゴム 8th letter(2016年5月1日・8日、天王洲 銀河劇場) - 高原浩介[8]
  • リーディングドラマ「シスター」-

出版物[編集]

音楽CD[編集]

発売日 タイトル 収録曲 規格品番
2006年7月26日 ミュージカル テニスの王子様
ベストアクターズシリーズ003 相葉弘樹 as 不二周助
・翼の絆
・Shootin' your smile
・夢の軌道
・夢をつなげ・・・Syusuke Solo Edition
・HAND IN HAND
・ラン・ラン・ラン・・・Bro.Edition
NECA-23003
2007年12月22日 ミュージカル テニスの王子様
ベストアクターズシリーズ010EXTRA
青学三代目レギュラー陣 メモリアルEDITION
・ALWAYS
・TRY AGAIN SEIGAKU
・Power is the best
・4年と2か月と15日
・勝ちに執着する男
・俺を倒せ〜お前は青学の柱になれ
・SAMURAI
・ここからが・・・俺達Ⅱ
・TOP OF THE STAGE FOR THE TENNIS
NECA-30211
2010年2月10日 侍戦隊シンケンジャー全曲集(完)
秘伝音盤 歌の天下統一
・四六時夢中シンケンジャー 〜銀幕版〜
・シンケンレッド 一筆奏上
・青浪世直し
・ナデシコ真剣 花吹雪
・シンケンデイズ Never give up 道中
・はんなり めっちゃ武士道ガール
・ゴールド人情 一本締め
COCX-36025-6
2011年3月23日 戦国鍋TV ミュージック・トゥナイト
〜なんとなく歴史が学べるCD〜
・シズガタケの七本槍
・GO!天正遣欧少年使節
・ベー・アンベシャス
KIZC-99-100
2012年03月28日 戦国鍋TV ミュージック・トゥナイト
スペシャル 上
・シズガタケの七本槍
・GO!天正遣欧少年使節
・シズガタケの七本槍(アコースティックバージョン)
KIZC-154-5
2012年03月28日 戦国鍋TV ミュージック・トゥナイト
スペシャル 下
・ベー・アンベシャス
・ラブレター from戦国 〜SHICHIHON槍 ver.~
・大戦国鍋TV エンディングテーマ
KIZC-156-7
2013年01月09日 戦国鍋TV ミュージック・トゥナイト
なんとなく歴史が学べるCD
再出陣!編
・シマバラン伝説 KIZC-197-8
2013年6月26日 THE BEST OF U-17 PLAYERS Ⅳ KANATA IRIE ・キミについてもっと知りたいな
・キミについてもっと知りたいな -Remix-
NECM-10194
2013年8月21日 アリガトウ。タダイマ。/ 僕たちは生きている ・アリガトウ。タダイマ。
・僕たちは生きている
THCS-60003
2013年8月28日 テニプリFEVER ・テニプリFEVER
・テニプって行こう
NECM-12171
2013年11月20日 銀河機攻隊マジェスティックプリンス
キャラクターソング Vol.3【RED】
・Destiny
・僕たちのチーム
・僕たちは生きている
THCS-60018

DVD[編集]

  • DVD写真集「metamorphosis HIROKI AIBA Digital Photo Book」(2007年)
  • 相葉弘樹 SMILE FOR YOU メイキング・オブ・スキトモ(2007年、バンダイビジュアル
  • ボクの方程式「Performer 相葉弘樹」(2008年、ポニーキャニオン

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]