本田昌毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本田 昌毅(ほんだ まさき、1970年5月30日 - )は、精神外科医、産業医、包茎治療専門医で、タレント[1]である。宮城県仙台市出身。

2007年から2008年にかけて、大相撲横綱であった朝青龍を主治医として診療したこと、及び自身の婚約騒動に関連して日本国内での耳目を集めた。

人物[編集]

1997年昭和大学医学部を卒業し、同年より東北大学医学部精神科にて約1年間研修1999年からは「神奈川美容外科」に勤務。2001年からは山形県の尾花沢病院[2]でも精神科医長として診療した。包茎手術専門医院である山の手成形外科東京ノーストクリニック[3]等での院長職を経て、2005年2月、包茎治療専門医院[4]那覇市)、同5月には精神科本田六本木メンタルクリニック[4](東京都港区)を開院した。

現在まで日本国内で複数の包茎治療医院や精神外科を経営するほか、2006年には中国大連に日本莱威美顔美体有限公司を開設している[5]

また2006年より12面体360°スピーカーを製造販売する「Dr.Three」(ドクタースリー)の会長も務める。

私生活[編集]

2007年3月、友人で歌手の郷ひろみらと訪れた東京都内の飲食店でタレントの王理恵と知りあい、交際を始めた[6]。同年12月、2008年元旦に入籍、同年1月に披露宴を行う旨が報道され[7]、王は再々婚、本田は再婚となる予定であった[7]。同10日から14日までの間婚前旅行として王の父である王貞治に同行してともにハワイに滞在した[8]ものの、同25日、王が東京のフジテレビで記者会見し、結婚・入籍を無期限の延期としたことが発表された。[9][10]

著作[編集]

  • 「 “うつ” の夜明け - 精神科医からあなたへ 」(文芸社、2006年)
  • 「朝青龍から笑顔が消えた本当の理由」(双葉社、2008年) - 2008年1月に行われた出版会見では、王理恵による結婚延期の理由のひとつが「(本田が)蕎麦を音を立てて食べる」とされていたことから、会見場に納豆とろろ入りの蕎麦が用意された[11]

脚注[編集]

  1. ^ マネジメント会社に所属し、2008年2月にはテレビドラマへの出演が決定している (2008年1月30日報道)
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ [3]
  5. ^ 本田昌毅プロフィール 本田六本木クリニック
  6. ^ 王監督二女と朝青龍主治医の出会いに一役の意外な人物 『ZAKZAK』 2007年12月10日
  7. ^ a b 『日刊スポーツ』 2007年12月9日
  8. ^ 王理恵さん会見、本田氏女性関係で溝 『スポーツニッポン』 2007年12月26日
  9. ^ 「お互いを見極めたい」王理恵さん、本田氏との入籍を無期延期 『サンスポ .com』 2007年12月26日
  10. ^ 王理恵さん“前向き”延期も歯切れ悪く…  『スポーツ報知』 2007年12月26日
  11. ^ 公開ラブコールのはずが…本田医師、そば生試食を土壇場拒否 『サンスポ.COM』 2008年1月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

本田ヒルズタワークリニック 男性公式サイト【https://honda-hills.jp/

本田ヒルズタワークリニック 女性公認サイト【https://hondahills-f.jp/】

本田ヒルズタワークリニック 男性公式サイト【http://www.本田ヒルズ.com】