ポニーテールとシュシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポニーテールとシュシュ
AKB48シングル
初出アルバム『ここにいたこと
B面 盗まれた唇
僕のYELL
マジジョテッペンブルース
リリース
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード
録音 2010年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
多田慎也(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
  • トリプル・プラチナ(CD、日本レコード協会
  • ダブル・プラチナ着うたフル、日本レコード協会)
  • ゴールド(PC配信、日本レコード協会)
  • ミリオン(シングルトラック、日本レコード協会)
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2010年5月度月間2位(オリコン)
  • 2010年度上半期3位(オリコン)
  • 2010年度年間5位(オリコン)
  • 2011年度年間100位(オリコン)
  • 1位Billboard Japan Hot 100
  • 1位(Billboard Japan Hot Singles Sales)
  • 4位(Billboard Japan Hot Top Airplay)
  • 25位(Billboard Japan Adult Contemporary Airplay)
  • 4位RIAJ有料音楽配信チャート
  • AKB48 シングル 年表
    桜の栞
    (2010年)
    ポニーテールとシュシュ
    (2010年)
    ヘビーローテーション
    (2010年)
    テンプレートを表示

    ポニーテールとシュシュ」は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。作詞は秋元康、作曲は多田慎也による。2010年5月26日にAKB48のメジャー16作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1]

    キャッチコピーは「ポニーテール、似合ってる?」。楽曲のセンターポジションは高橋みなみ前田敦子が務めた。

    背景とリリース[編集]

    楽曲のシングル盤は2種類の通常盤「Type-A」と「Type-B」、および劇場盤の計3種類がリリースされた。劇場盤は販路限定盤でサイト「キャラアニ」を通して発売された。それぞれで収録曲が異なっており、通常盤の2種はDVDが付属している。特典として、通常盤(初回プレス分のみ)には全国握手会参加券(東京2回・名古屋神戸福岡札幌広島仙台)および『AKB48 17thシングル 選抜総選挙』投票用シリアルナンバーが封入されている。劇場盤には個別握手会参加券(幕張メッセ国際展示場)および「2010年 AKB48総選挙ポスター風 各種メンバー生写真」(ランダムに1枚)が封入されている。

    CDジャケットに描かれているポニーテールの女子のイラストは、チームBの宮崎美穂によるもの[1]

    楽曲のミュージック・ビデオは、「RIVER」以来となる高橋栄樹が監督を務めている。屋外部分の撮影は、AKB48のシングル用撮影としては初めて日本国外となるグアムで行われ、ヘリコプターによる空撮などの手法も取り入れられた。もちろんのことながら、髪型は皆ポニーテールである。近接撮影の際、ローターからの猛烈な風(ダウンウォッシュ)でメンバー数人が吹き飛ばされたという。

    初選抜は高城亜樹小野恵令奈河西智美峯岸みなみは『RIVER』以来2作ぶりの選抜復帰。

    『AKB48 コンサート「サプライズはありません」』(2010年7月10日・11日、代々木第一体育館)では、松井咲子が前奏のピアノパートを初めて担当した。

    楽曲はバンダイナムコゲームスの「太鼓の達人14」に収録された。AKB48の楽曲としては同シリーズ初めてとなる。2011年3月9日にKONAMIの音楽ゲーム「GuitarFreaksXG2&DrumManiaXG2 Groove to Live」にカバー楽曲として収録された[注 2]。また、日本プロ野球選手の的場直樹は、2010年6月30日から登場曲をこの曲に変更している[注 3]

    チャート成績[編集]

    発売前日の2010年5月25日付オリコンデイリーチャートで推定売上枚数約35万4000枚を記録。Troublemaker』の記録[注 4]を上回り、推定売上枚数が公開されてからの最高枚数を更新した[注 5]。また、集計初日のみで前作『桜の栞』の初動売上を上回り、2010年度オリコン年間シングルチャートでは暫定5位に位置付けた。

    オリコン週間チャートでは初動売上約51万3000枚で、3作目の初登場1位を記録。女性グループによる初動売上50万枚超えは2000年12月25日付のモーニング娘。恋愛レボリューション21』以来約9年5か月ぶりであり、ソロを含めた女性アーティストでは2001年2月26日付の宇多田ヒカルCan You Keep A Secret?』以来9年3か月ぶりの記録となった[2]。 『第61回NHK紅白歌合戦』に1グループ名義としては史上最多の130人で出演して[注 6]、表題曲「ポニーテールとシュシュ」を披露した。そのことも影響したのか、2011年1月10日付オリコン週間チャートでは、2010年6月28日付の5位以来28週ぶりにTOP10(9位)にランクインした。その後も新作CDが発売されるたびにチャート上位に再浮上して77週連続チャートイン、累計売上は70万枚を突破した。

    2010年度のオリコン年間シングルチャートでは5位にランクインした。翌2011年度の同チャートでは100位にランクインし、2年連続で100位以内に入った。

    メディアでの使用[編集]

    楽曲は以下のメディアで使用された。

    シングル収録トラック[編集]

    通常盤Type-A[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ポニーテールとシュシュ」秋元康多田慎也生田真心
    2.「盗まれた唇」(アンダーガールズ)秋元康井上ヨシマサ井上ヨシマサ
    3.「僕のYELL」(シアターガールズ)秋元康フジノタカフミ生田真心
    4.「ポニーテールとシュシュ (off vocal ver.)」    
    5.「盗まれた唇 (off vocal ver.)」    
    6.「僕のYELL (off vocal ver.)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「ポニーテールとシュシュ」  高橋栄樹
    2.「盗まれた唇」  斎藤竜也
    3.「僕のYELL」  丸山健志

    通常盤Type-B[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ポニーテールとシュシュ」秋元康多田慎也生田真心 
    2.「盗まれた唇」(アンダーガールズ)秋元康井上ヨシマサ井上ヨシマサ 
    3.「マジジョテッペンブルース」秋元康市川裕一市川裕一
    4.「ポニーテールとシュシュ (off vocal ver.)」    
    5.「盗まれた唇 (off vocal ver.)」    
    6.「マジジョテッペンブルース (off vocal ver.)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「ポニーテールとシュシュ」  高橋栄樹
    2.「盗まれた唇」  斎藤竜也
    3.「マジジョテッペンブルース」  佐藤太

    劇場盤[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲
    1.「ポニーテールとシュシュ」秋元康多田慎也生田真心
    2.「盗まれた唇」(アンダーガールズ)秋元康井上ヨシマサ井上ヨシマサ
    3.「僕のYELL」(シアターガールズ)秋元康フジノタカフミ生田真心
    4.「マジジョテッペンブルース」秋元康市川裕一市川裕一

    選抜メンバー[編集]

    「僕の夏が始まる」公演[編集]

    柏木由紀がセットリストを考案し、公演タイトルを決めたAKB48の劇場公演である「僕の夏が始まる」公演が、2019年6月30日にAKB48劇場で初日を迎えた[3][4]。約1か月かけて「夏曲を選んだというよりは劇場公演に映える曲、今のメンバーで歌ったらいいなと思う曲」をリストアップして選曲していったなかで、「改めて今AKBを見てみたいなと思った人が1曲くらい知っている曲を秋葉原で見れるのが良いんじゃないか」という理由で王道ナンバーの本楽曲「ポニーテールとシュシュ」をアンコールラストに入れ、後付けで本楽曲の歌詞にある「僕の夏が始まる」に合わせた公演タイトルになっている[3][4]

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 配信限定シングル『Baby! Baby! Baby!』を含む。インディーズシングルを含めると通算18作目。
    2. ^ 最新版の「GITADORA」時点では削除されている。
    3. ^ 2010年は1打席目。シーズン途中から2打席目に変更。2011年は3打席目に設定
    4. ^ 2010年3月2日付、約23万3000枚。
    5. ^ この記録は後に2010年10月26日付で『Beginner』(約56万8000枚)が更新している。
    6. ^ 研究生、SKE48、当時はまだ公演を行っていないNMB48メンバーも「AKB48」として出場した。
    7. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。

    出典[編集]

    1. ^ 【XANADU】#30 宮崎美穂オフィシャルブログ「ザナ風呂」 (2010年5月30日). “謎の女の子の正体とは”. 2010年5月30日閲覧。
    2. ^ オリコン (2010年6月1日). “AKB48が初週50万枚超で首位 モー娘。以来9年半ぶり快挙”. 2010年6月1日閲覧。
    3. ^ a b “柏木由紀選曲公演はAKB48隠れ名曲満載「賛否両論込みで話題になれば」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2138790/full/ 2019年7月2日閲覧。 
    4. ^ a b “<AKB48「僕の夏が始まる」公演レポ>柏木由紀、後輩の言葉に感激 選曲新公演でレア曲発掘”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年6月30日). https://mdpr.jp/music/detail/1847690 2019年7月2日閲覧。 

    外部リンク[編集]

    「ポニーテールとシュシュ」の調
    前奏 前奏'・A1・B1 B'1・サビ1 A2・B2
    F-sharp-major d-sharp-minor.svg嬰ヘ長調
    (F)
    A-major f-sharp-minor.svgイ長調
    (A)
    F-sharp-major d-sharp-minor.svg嬰ヘ長調
    (F)
    A-major f-sharp-minor.svgイ長調
    (A)

    B'2・サビ2 間奏 間奏'・C 大サビ
    F-sharp-major d-sharp-minor.svg嬰ヘ長調
    (F)
    A-major f-sharp-minor.svgイ長調
    (A)
    F-sharp-major d-sharp-minor.svg嬰ヘ長調
    (F)
    G-major e-minor.svgト長調
    (G)