AKB48劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AKB48劇場
AKB48 Theater
Don Quijote Akihabara Shop.JPG
ドン・キホーテ秋葉原店。この8階にAKB48劇場がある。(2010年8月)
地図
情報
正式名称 AKB48劇場
旧名称 秋葉原48劇場
完成 2005年11月
開館 2005年12月8日
開館公演 AKB48公演『PARTYが始まるよ』 
収容人員 250人
客席数 145
用途 AKB48の公演(専用劇場)
運営 office48AKS→DH
所在地 101-0021
東京都千代田区外神田四丁目3番3号 ドン・キホーテ秋葉原店(旧・ミナミ無線電機秋葉原本店)8階
位置 北緯35度42分2.9秒 東経139度46分18.7秒 / 北緯35.700806度 東経139.771861度 / 35.700806; 139.771861 (AKB48劇場)座標: 北緯35度42分2.9秒 東経139度46分18.7秒 / 北緯35.700806度 東経139.771861度 / 35.700806; 139.771861 (AKB48劇場)
最寄駅 末広町駅秋葉原駅
外部リンク AKB48劇場
テンプレートを表示

AKB48劇場(エーケービーフォーティーエイトげきじょう、英語: AKB48 Theater)は、東京都千代田区外神田秋葉原電気街)のドン・キホーテ秋葉原店[注 1]8階に所在するAKB48専用のライブハウスである。

概説[編集]

劇場のあるビル。中央通り秋葉原UDX正面の通りが交わる南角に位置する。

AKB48劇場は、「会いに行けるアイドル」というコンセプトを体現したAKB48の活動拠点である。2005年12月8日にデビュー公演が行われた。本劇場はAKB48の公演でのみ運用されているが、AKB48姉妹グループの出張公演が開催されることもある。2009年8月から2012年3月の間はSDN48と共用していた。

外神田4丁目交差点近くの旧・ミナミ電気館秋葉原本店ビル8階(ビル最上階)にあり、中央通りを挟んだ斜向かいは住友不動産秋葉原ビルがある。地下鉄末広町駅1番出口から南へ200m、JR・秋葉原駅電気街口からは320m程度である。この場所は通称「秋葉原」の範囲内であり、付近に従来から電子機器や家電の販売店・パソコンショップが多いほか、アニメグッズ専門店やメイド喫茶などオタク系・美少女萌え系の店も多い。

秋葉原が選ばれた理由[編集]

アイドルは時代の一番エネルギーのある場所から生まれる」という秋元康の考えからオタク系・萌え系で若者のエネルギーにあふれた「秋葉原」が候補に上がった。秋葉原で開かれるアイドルの握手会、撮影会には多くの若者が集まる。新人アイドルの熱狂的なファンを作るには最適な立地であるというのが理由である。

ドン・キホーテの8階が選ばれた理由[編集]

劇場の天井には照明をはじめとして多くの機材を吊り下げる必要があり、そのためにはある程度の天井高が求められる。候補に上がった他の物件は天井高に難があった。最終的に適した天井高と小劇場としては203坪(670m2)という十分な広さをもつ建物としてドン・キホーテ秋葉原店の8階が選ばれた。加えて、この建物はエスカレータ等の上部階への輸送能力が低く上部階でのドン・キホーテとして営業しても収益が得にくいフロアであり、ドン・キホーテ側としても別のスタイルの安定した収益が得られるテナントを誘致したいという目論見があり、当時ドン・キホーテ社長だった安田隆夫と秋元のトップ会談により、この場所への出店が決定された。

劇場内の特徴[編集]

劇場の入り口

座席構成[編集]

定員は250名である。いす席は145席。いすは6人がけの長いす。残りの105席は立見となる。劇場の最後部には階段状の台(通称:お立ち台)が設置されている。この台に乗ると最後部でもステージが見やすくなる。

客席に近接したステージ[編集]

ステージと客席は非常に近接している。最前列の客席からステージまではおよそ2メートルで、身を乗り出せばステージ上のメンバーに手が届くほどの距離であるため、開演中は簡易的な柵で仕切られている[注 2]。構造はライブハウスに似る。

どんでん返し[編集]

ステージ後方には、パネル型の壁が10枚ある。そのうち、上手・下手側のそれぞれ2枚が開閉可能な黒のブラインドとなっており、それ以外の6枚は裏が張りの回転式(どんでん返し)となっている。鏡の前にはパネルをはめ込むことができる。シアターの女神公演等、鏡を使用する公演では開演前に「インターネット中継に観客が(鏡を通じて)映りこむことがある」旨の周知がなされる。中央の2枚の表には照明器具が埋め込まれている。出演メンバーは、曲目によりどんでん返しから登退場することもある。

2本の柱[編集]

劇場内前方には、左右に大きな柱が2本ある。耐震構造の観点からこの柱は不可欠なため、撤去されずに残っている[1]。柱によってステージが左側1/4、中央2/4、右側1/4の3つに分断されている。そのため、最前列を除くと客席のどの位置からもステージ全体を一望することができない。この柱の内側の面は観覧の支障となる柱を少しでも目立たなくするための工夫として鏡張りとなっている。この2本の柱はAKB48の公式ファンクラブだった「柱の会」と、2011年12月に発足した新たな公式ファンクラブ「二本柱の会」の名称の由来ともなっている[2]。また、両方の柱の中央付近にピンク色のテープが横に貼られており、1周年毎に1本ずつ増やしている(活動歴を表すサービスストライプ)[注 3]。2019年12⽉8⽇に「AKB48劇場14周年特別記念公演」が開催され、AKB48劇場の象徴とも⾔える⼆本柱には、14本⽬のテープが貼られた[3]。AKB48のファンコミュニティでは、個々のメンバーごとに「公演中に舞台をメンバーがこのように動くから、客席のこの位置にいれば(なるべく柱の邪魔をされずに)目当てのメンバーのパフォーマンスが見られる」といった情報(○○ポジションという)が共有されている[1]

せり[編集]

せり(迫り)とは、ステージの床がせり上がって来る機構のこと(油圧を用いる)。せりだしとも言う。ステージ上は奥行き方向に三分割、間口方向に四分割され、それぞれ独立して150mm刻みで750mmまでせり上がるようになっている。上手と下手の花道にも1基ずつ設置されており、合計14か所の床が上下する。

照明器具[編集]

劇場の天井には、48個のムービングライトが吊るされている。その他の照明器具を加えると、100個以上の照明器具が所狭しと吊るされている。ステージ中央の天井には、ミラーボールも設置されている。250席程度の小劇場において48個ものムービングライトは、日本国内では有数の規模である。

送風機[編集]

業務用大型送風機「TYFAN」が、ステージ上手と下手の天井に設置されている。

LED[編集]

LEDによる電飾板が、ステージ上部の端から端まで横長帯状に設置されている。曲目に応じ演出で多用されている。

音響機材[編集]

Electro-Voice社製の大型スピーカーが設置されている。

劇場ロビー[編集]

インフォメーションカウンター側から劇場ロビーを望む通路と壁面に飾られた壁写真

ロビーは通常の営業時間中は出入り自由であり、公演チケットを所持していない者も入ることができる(時間外はフロアごと閉鎖され、8階へ上がるエスカレーターも停められている)。ただし混雑が予想される場合には、入場規制されることもある。ロビーに設置された液晶モニター[注 4]で、メンバーのプロフィール映像を常時流している。また、壁面にプロジェクターのスクリーンが備え付けられていて、上演中の公演をリアルタイムで見ることができる[注 5]。 劇場公演出演回数1,000回を達成したメンバーのレリーフが飾られている[注 6][4]

インフォメーションカウンター[編集]

劇場ロビーへ通じる通路の手前にあり、チケットの販売、メンバー宛のプレゼントやファンレターの受け付けなどを行う。

壁写真[編集]

劇場ロビーへ通じる通路の壁面には壁写真(通称:壁写)と呼ばれる現役メンバー全員の肖像写真が飾られている[注 7]。メンバーが卒業する際には壁写真を自ら外す「壁写外し」を最後に行うことが恒例行事となっている[5]

コインロッカーと荷物預かり[編集]

2008年6月8日に発生した秋葉原通り魔事件を受け、同年7月1日以降、警察当局の指導により劇場内へ荷物の持ち込みが不可能となった。それに伴い、ロビーにコインロッカーが設置され、手荷物はコインロッカーに預けて入場することになった。コインロッカーが満杯になった時と、キャンセル待ち入場者のために、劇場出入口付近で荷物一時預かりも併せて実施している。料金は両方とも200円である。

ゲート式金属探知機[編集]

2014年5月25日に発生したAKB48握手会傷害事件をきっかけに同年6月2日の公演から2基のゲート式金属探知機が導入された。この金属探知機は可動式で、毎公演の入場時から終演までの間のみ劇場入口に設置される[6]

廃止または撤去された施設・設備[編集]

48's Cafe[編集]

ロビーは劇場開設時から2008年末まで「48's Cafe」というカフェスペースになっていた。ソフトドリンクソフトクリームに加え、オムライスピラフなどの軽食が提供されていた。その後、この機能は秋葉原駅前にある「AKB48カフェ&ショップ」が引き継いだ(2019年末閉店)。

  • ロビーでのサプライズ
    • ロビーにおいて、事前の予告なくメンバー数名がカフェやグッズ売場の売り子になることがあった。
  • 篠田麻里子大堀恵小原春香がスタッフ「カフェっ娘」として勤務していた。

グッズ売場[編集]

ロビーにはグッズ売場「48's Shop」があり、AKB48のCDやオリジナルグッズを販売していたが、2009年12月8日より、階下のドン・キホーテ秋葉原店5階に設置された「AKB48 SHOP」に段階的に移管され、ロビーでの販売は終了した。なおSHOPも2015年末で閉店。

当たり券入りガチャガチャ[編集]

ロビーには数台のガチャガチャが設置され、期間を区切って販売されていた。1回300円。当初はメンバーの写真入り缶バッジやシールなどが封入されていたが、その後、当たり券またははずれ券のみが封入されたカプセルが定番となった。はずれ券1枚でメンバーの写真1枚と交換ができるほか、はずれ券100枚で3順後入場券と引き換えられる特典もあった。当たりの例として、

  • お気に入りのメンバーとの2ショットポラ、3ショットポラ撮影券
  • お気に入りメンバーの自画撮りポラ券
  • ゲネプロ招待券
  • 100発100中券(初日、千秋楽公演でもメール当選できる権利)
  • 劇場優先入場権:1順後入場権、2順後入場権、3順後入場権(抽選入場時、優先的に入場できる権利)
  • メンバーのサイン入り私物券
  • メンバーからのお手紙返事券

番外編として、以下のような当たり券もあった。

  • 一日劇場支配人券
  • 抽選ビンゴを回せる券
  • 劇場支配人と行く居酒屋感想券
  • お気に入りのメンバーと一緒に楽屋からしか乗れない専用エレベーターで1階まで降りられる券。

このガチャでは、当たり券封入の不透明性や領収書が発行されないなどの問題が指摘されてきた。ガチャの実施は公式ブログで発表されていた。販売は2009年5月、当たり券等の特典利用については同年末までにそれぞれ終了した[7]

MVPボード[編集]

劇場へ通じる通路の壁面に、劇場公演を100回以上観覧した「MVP会員」のネームプレートが貼付されたMVPボードが掲示されていたが、2014年4月に撤去され[8]、MVPボードは公式サイトの1コンテンツになった。

その他[編集]

劇場へ通じるエレベーター[編集]

ドン・キホーテビルの6階を除く各フロアへ入るにはエスカレーターしかないが、ビルの裏口(秋葉原UDX側)には店舗関係者向けエレベーターがあり、スタッフやメンバーがここから出入りすることがある。

入待ちと出待ち[編集]

かつて、私服のメンバーをひと目見たいファンたちが、道路をはさんだUDX側の歩道に待ち構えていたことがあった。メンバーたちが裏口へ入って行く姿を見るために待つ行為を「入待ち」という。逆は「出待ち」。入待ちと出待ちには劇場係員が監視するために立っており、近隣へ迷惑をかけないようにメンバーの名前を呼びかけることを禁止していた。写真撮影も禁止。そのため、入待ち・出待ちのファンたちは小さめの声でメンバーへ「お疲れ様」と声をかけていた。

しかし、マナーの悪い一部ファンなどの行動が原因で、近隣の住民の苦情や苦言が寄せられたために、2007年8月3日以降入待ちと出待ちの行為は禁止となっている[9]

休館日[編集]

コンサートやイベント開催時など不定期に休館する場合がある。

臨時休館および節電対応

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)および福島第一原子力発電所事故による東京電力管内の電力事情悪化により、同日から3月28日まですべての公演をキャンセルし、臨時休館した[10]。せりやスモークを使用しないとともに照明等の電力消費を最小限にした上で、同年3月29日より公演を再開した[11]。9月26日から照明を通常に戻し、10月3日の公演からせりの使用も再開した[12]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ミナミビル(「ミナミ電気館秋葉原本店」→「T-ZONEミナミ」→「T・ZONE秋葉原本店」→「ミナミムセン秋葉原本店」)。建物はドン・キホーテの関連会社である日本商業施設が所有している。
  2. ^ もともと仕切りは無かったが2014年のAKB48握手会傷害事件をきっかけに設置されるようになった。
  3. ^ 姉妹グループのNMB48劇場でも同様のサービスストライプが行われている。NMB48劇場は柱がないためヒョウ柄のテープを客席後方の壁に貼られている。
  4. ^ 2台のSHARPAQUOSが天井から吊されている。
  5. ^ ここで映しだされている映像は、DMM.comが運営する「AKB48 LIVE!! ON DEMAND」のライブ配信で、定点カメラ映像として月額会員限定で公開されている。
  6. ^ 2021年6月現在は村山彩希峯岸みなみの2名。
  7. ^ かつては劇場を共用していたSDN48メンバーの肖像写真も飾られていたが、2012年3月の活動終了に伴い撤去された。

出典[編集]

  1. ^ a b 「ロングインタビュー秋元康」『クイック・ジャパン太田出版、87号、2009年、74頁。ISBN 978-4778312008
  2. ^ AKB48オフィシャルファンクラブ「2本柱の会」 - AKB48公式サイト
  3. ^ “AKB48、劇場14周年公演開催 向井地美音「当たり前じゃないと気付けた1年」<セットリスト>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年12月8日). https://mdpr.jp/music/detail/1908903 2021年6月21日閲覧。 
  4. ^ @akb48_staff (17 March 2021). "『劇場の女神』こと、村山彩希から重大なお知らせ" (ツイート). Twitterより2021年6月5日閲覧
  5. ^ “「ついに来ましたか…!」「とうとう」 峯岸みなみ、たかみな&こじはるに見守られ、“壁写外し”で約15年半の活動を締めくくる”. ねとらぼエンタ. (2021年5月29日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2105/29/news039.html 2021年6月16日閲覧。 
  6. ^ “AKB劇場、8日ぶり公演再開 検査・警備強化も混乱なく”. ORICON NEWS. (2014年6月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2038137/full/ 2021年2月5日閲覧。 
  7. ^ 「ガチャガチャ他、各特典に関するお知らせ」 - AKB48オフィシャルブログ(2009年9月8日)
  8. ^ 「MVPネームプレートについて」 - AKB48オフィシャルブログ(2014年4月21日)
  9. ^ 「メンバーへの出待ち行為について」 - AKB48オフィシャルブログ(2007年8月3日)
  10. ^ 「AKB48劇場 休館のお知らせ」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年3月14日)
  11. ^ 「誰かのためにプロジェクト」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年3月24日)
  12. ^ 「節電対応 全面解除のお知らせ」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年10月3日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]