安田隆夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

安田 隆夫[1](やすだ たかお、1949年昭和24年) - )は日本実業家。総合ディスカウントストアドン・キホーテの創業者、代表取締役会長兼最高経営責任者である。

経歴[編集]

岐阜県大垣市出身。岐阜県立大垣南高等学校卒業、1973年慶應義塾大学法学部卒業後、不動産会社に勤務したが倒産。1978年東京都杉並区に雑貨店「泥棒市場」をオープン、終夜営業が受けて成功した。1980年に株式会社ジャスト(現:株式会社ドン・キホーテ)、1982年に株式会社リーダーを設立。1989年には第1号店となる「ドン・キホーテ」府中店を開店した。

ドン・キホーテ放火事件で3人の死者を出した責任を取り2005年に社長を辞任し会長に退いた。2013年、成沢潤治社長が持病の治療のため辞任し8年ぶりに社長に復帰[2]2014年7月に再び会長に退き、新社長には同社生え抜きの大原孝治が就任。

2015年2月、6月末で会長兼CEOを退任すると発表[3]。今後は代表権のない創業会長兼最高顧問に就任する予定。

エピソード[編集]

格闘技への造詣が深いことでも知られ、PRIDE女子レスリング内藤大助などのスポンサーを引き受け、SRCを主催するワールドビクトリーロードの副会長も務めた。

2015年に桜花賞を制したレッツゴードンキの馬主・廣崎利洋と親しく、馬名の名付け親となった[4][5]

著書[編集]

  • 「流通革命への破天荒な挑戦!-ビジネスの原点は「常識」を疑うことだ」(1997年、広美出版事業部)
  • 「ドン・キホーテの「4次元」ビジネス-新業態創造への闘い」(2000年、広美出版事業部)
  • 「土壇場の逆転力」(2002年、海潮社)
  • 「ドン・キホーテ闘魂経営-ゼロから始める成功の極意」(2005年、徳間書店、月泉博との共著)
  • 「情熱商人-ドン・キホーテ創業者の革命的小売経営論」(2013年、商業界、月泉博との共著)

脚注[編集]