軽蔑していた愛情

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
軽蔑していた愛情
AKB48シングル
収録アルバム SET LIST〜グレイテストソングス 2006-2007〜
B面 涙売りの少女
リリース 2007年4月18日
規格 マキシシングル
録音 2007年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間 4分17秒
レーベル デフスターレコーズ
作詞・作曲 秋元康(作詞)
井上ヨシマサ(作曲)
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
  • 週間8位(オリコン
  • 登場回数4回(オリコン)
AKB48 シングル 年表
制服が邪魔をする
(2007年)
軽蔑していた愛情
(2007年)
BINGO!
(2007年)
テンプレートを表示

軽蔑していた愛情」(けいべつしていたあいじょう)は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、井上ヨシマサにより作曲されている。2007年4月18日にAKB48のメジャー3作目[1]シングルとしてデフスターレコーズから発売された。

解説[編集]

楽曲は『チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」』で使用されているものである。歌詞は学校内における「いじめ」、およびそれに伴う「自殺」(歌詞の内容は飛び降り自殺を想定)について問題提起したものとなっている。楽曲のセンターポジションは高橋みなみ

楽曲のシングル盤は初回生産限定盤と通常盤の2種類がリリースされた。両者ともCDの収録内容は同一で、初回生産限定盤のみDVDが付属している。CDのカップリング曲である「涙売りの少女」は『チームA 3rd Stage「誰かのために」』からの楽曲であり、援助交際をテーマにした歌詞になっている。初回生産限定盤のジャケット写真は新聞の社会面の記事を再現している。

キャッチコピーは「みんなのことが嫌いでした」。楽曲のTVスポットは河西智美がナレーションを担当した。

楽曲のミュージック・ビデオ高橋栄樹が監督を務めている。ビデオのオープニングとエンディングに白抜き文字でメッセージを表示する、映像に携帯電話の画面に表示されたいじめメールの画像を挟むなどの演出がなされている。ロケは、校内と高橋みなみが屋上の塔屋に登るシーンは東京都中央区日本橋小伝馬町にある十思スクエア(旧中央区立十思小学校)、屋上での歌唱シーンおよび大島優子単独のシーンは渋谷区千駄ヶ谷の津田スクールオヴビズネス屋上で行われた。

楽曲はテレビ朝日系『すくいず!』エンディングテーマに起用された。

2012年、大津市中2いじめ自殺事件を機に、“歌詞の内容が事件の概要そのものだ”と再度注目を浴びた。教育評論家の尾木直樹氏は「学校の先生たちに、毎朝聴かせてもいいほどの曲だ」と評している[2]

アートワーク[編集]

初回限定盤は新聞記事風で以下の8名にタイトルをかぶせている。

秋元才加 小野恵令奈 宮澤佐江 前田敦子
河西智美 大島優子 高橋みなみ 小嶋陽菜

通常盤は表題曲の選抜メンバーである。

シングル収録トラック[編集]

初回生産限定盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「軽蔑していた愛情」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 4:17
2. 「涙売りの少女」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ  
3. 「軽蔑していた愛情 (Instrumental)」          
4. 「涙売りの少女 (Instrumental)」          
DVD
# タイトル 時間
1. 「軽蔑していた愛情」    
2. 「making of 「軽蔑していた愛情」」    

通常盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「軽蔑していた愛情」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ 4:17
2. 「涙売りの少女」   秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ  
3. 「軽蔑していた愛情 (Instrumental)」          
4. 「涙売りの少女 (Instrumental)」          

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ インディーズシングルを含めると通算5作目に当たる
  2. ^ AKBが歌ういじめ社会、5年後の共鳴 人民日報日本語版、原文は朝日新聞2012年11月23日付『ニュースQ3』