多田愛佳

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

おおた あいか
多田 愛佳
多田 愛佳
HKT48時代の多田愛佳
生年月日 (1994-12-08) 1994年12月8日(28歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県
身長 156 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
公式サイト プロフィール
主な作品
映画
×ゲーム2
『寄生侵略 PARASITE WAR』
テンプレートを表示

多田 愛佳(おおた あいか、1994年平成6年〉12月8日 - )は、日本女優タレント。女性アイドルグループ・HKT48AKB48、および派生ユニット渡り廊下走り隊7の元メンバーである。

埼玉県出身。元プロダクション尾木所属[1][2]

来歴

2006年

2007年

2008年

2009年

  • 1月、「渡り廊下走り隊」としてCDデビューを果たした[5]
  • 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル 選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では20位で、シングル選抜入りを果たした[6][7]
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームAに異動することが発表され、翌年7月27日に異動した[8][9]

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

  • 1月11日にiichikoグランシアタで開催されたHKT48九州コンサートツアー『九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜』の初日夜公演のアンコール出演時に、HKT48の「クラス替え」(チーム再編成)が発表され、多田を含むチームHメンバー8名が2014年春に新設されるチームKIVに異動となり、多田はチームKIV発足と同時に同チームのキャプテンに就任することとなった[19][20]
  • 4月17日、チームH「博多レジェンド」公演の千秋楽に出演[21]
  • 5月8日、チームKIV 1st Stage「シアターの女神」公演の初日公演よりチームKIVキャプテンとして劇場公演に出演を開始[22]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では42位で、ネクストガールズに選出された[23]

2015年

2017年

  • 1月17日、チームKIV「最終ベルが鳴る」公演において、HKT48を卒業することを発表し[25]、同年4月10日に行われた卒業公演でHKT48メンバーとしての活動を終了[26]

2022年

  • 9月29日、Twitterにて同月いっぱいでのLINE LIVEの配信終了とモバイルFCのCLOSEを報告。[27]
  • 10月25日をもってプロダクション尾木を退所したことを自身のTwitterにて11月1日に発表した[1][2]。11月2日のTwitterでは、「しばらくの間、芸能界からは距離を置いてお休みする予定」としたものの、芸能界引退については否定した[28][29]

人物

姓は「おおた」と読むが「ただ」と誤読されることもあり、バッドボーイズ佐田正樹にも「ただ」と誤読された。[30]

5歳上の兄がいる。左利き

本人曰く、ロバート秋山竜次に似ている[31]子猫のように気まぐれで、「ツンデレ娘」と評されていた[32]

特技はバトントワリング[33]。一人カラオケが趣味[34]。アニメが好きで、小学校6年生の時に初めて購入したCDも、『魔法先生ネギま!』の主題歌「ハッピー☆マテリアル」だった[34]声優田村ゆかりのファン[35]である。

EXILEATSUSHIは、中学校の先輩[36]

AKB48

田名部生来仲谷明香、渡辺麻友と「ヲタ4」を結成していた。メンバーの中で一番仲が良いのは渡辺[37]宮崎美穂とも仲が良い。また、仲川遥香についても、仲川が自宅にメンバーを呼ぶことを趣味にしていることもあって、頻繁に泊まりに行くようになり、仲川宅に下着を常備していた[34]

HKT48

HKT48でのキャッチフレーズは指原が考案した「博多・博多・博多・多田!」である[15]

参加曲

シングル

HKT48名義

  • スキ!スキ!スキップ!(2013年3月20日) - EAN 4988005747150
  • お願いヴァレンティヌ(2013年3月20日) - EAN 4988005747150
  • 片思いの唐揚げ(2013年3月20日) あまくち姫名義 - EAN 4988005747150
  • メロンジュース(2013年9月4日) - EAN 4988005779595
  • 希望の海流(2013年9月4日) あまくち姫名義 - EAN 4988005779618
  • 桜、みんなで食べた(2014年3月12日) - EAN 4988005814586
  • 君はどうして?(2014年3月12日) - EAN 4988005814586
  • 昔の彼氏のお兄ちゃんとつき合うということ(2014年3月12日) Team KIV名義 - EAN 4988005814593
  • 君のことが好きやけん(2014年3月12日) - EAN 4988005814616
  • 控えめI love you !(2014年9月24日) - EAN 4988005837837
  • 今 君を想う(2014年9月24日) - EAN 4988005837837
  • 夏の前(2014年9月24日) Team KIV名義 - JAN 4988005837844
  • 12秒(2015年4月22日) - JAN 4988005877222
  • ロックだよ、人生は…(2015年4月22日) - EAN 4988005877222
  • ハワイヘ行こう (2015年4月22日) Team KIV名義 - EAN 4988005877246
  • しぇからしか!(2015年11月25日) HKT48 feat.氣志團名義 - EAN 4988031129203
  • 黄昏のタンデム(2015年11月25日) - EAN 4988031129203
  • 夢見るチームKIV(2015年11月25日) Team KIV名義 - EAN 4988031129210
  • 74億分の1の君へ(2016年4月13日) - EAN 4988031148914
  • Chain of love(2016年4月13日) - EAN 4988031148914
  • 最高かよ(2016年9月7日) - EAN 4988031177365
  • 夢ひとつ(2016年9月7日) 穴井千尋と仲間たち名義 - EAN 4988031177365
  • Go Bananas!(2016年9月7日) HKT48 Team KIV名義 - EAN 4988031177389
  • 僕だけの白日夢(2017年2月15日) プラチナガールズ名義 - EAN 4988031207345
  • HKT48ファミリー(2017年2月15日) - EAN 4988031207406

AKB48名義

アルバム

AKB48名義

ノースリーブス名義

配信曲

HKT48名義

  • タンスのゲン(2013年3月1日)

劇場公演ユニット曲

チームB 1st Stage「青春ガールズ」公演

  • 雨の動物園

チームB 2nd Stage「会いたかった」公演

  • 嘆きのフィギュア
  • ガラスのI LOVE YOU
  • 背中から抱きしめて
  • リオの革命
    ※全員参加曲ではあるが、「スカート、ひらり」ではフロントメンバー(スカひらセブン)で登場する。

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演

  • 天使のしっぽ

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 口移しのチョコレート
  • 天国野郎(バックダンサー) ※
    浦野一美のユニットアンダー

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • ☆の向こう側
  • 腕を組んで ※
    前田敦子のユニットアンダー

チームH 1st Stage「手をつなぎながら」公演

  • チョコの行方

チームH 「博多レジェンド」公演

  • ハート型ウイルス
  • 遠距離ポスター
  • ガラスの I LOVE YOU ※
    ※本村碧唯のユニットアンダー

ひまわり組「パジャマドライブ」公演

  • 天使のしっぽ

チームKIV 1st Stage「シアターの女神」公演

  • 嵐の夜には

チームKIV 2nd Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • おしべとめしべと夜の蝶々

出演

テレビドラマ

バラエティ

テレビアニメ

映画

舞台

ラジオ

ゲーム

ネット配信

  • らぶたんマジでやります!(2014年9月1日 - 2015年2月24日、アメーバスタジオ
  • 多田愛佳チャンネル(2016年7月16日 - 、AMESTAGE)[66]
  • 熱血!ときめき学園(2016年11月7日 - 、FRESH!) - 学級委員長[67]
  • 華原朋美のトモちゃんといっしょZ(2016年 - 、AbemaTV) - 準レギュラー[68][注 1]
    • 華原朋美のトモちゃんといっしょ HKT48多田愛佳Ver.(2016年5月25日・11月2日)
  • ひとりでできるもん!(2017年5月1日 - 、Live.me

書籍

写真集

カレンダー

  • 多田愛佳 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 AKB48-102 多田愛佳 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 多田愛佳 2018年 カレンダー 壁掛け B2(2017年10月21日、トライエックス)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 華原が体調不良、療養により第3回、第25回以降を一時降板していたため、代打を務めた放送回のタイトルは以下のものとなっている。

出典

  1. ^ a b “元HKTの多田愛佳が事務所退所を報告 今後の活動は「明日以降に発表」”. サンスポ (産経デジタル). (2022年11月1日). https://www.sanspo.com/article/20221101-7UW55NX5TBGNLKKMI3OAGLZKMQ/ 2022年11月1日閲覧。 
  2. ^ a b 多田愛佳(おおたあいか) [@lovetannnnnn] (2022年11月1日). "いつも応援してくださる皆様 関係者の皆様へ ご報告です。御一読ください。" (ツイート). Twitterより2022年11月1日閲覧
  3. ^ 4月8日チームB 1st公演初日チケット販売方法及び公開ゲネプロ観覧について”. AKB48オフィシャルブログ (2007年4月3日). 2016年1月6日閲覧。
  4. ^ AKB48”. AKB48オフィシャルブログ (2007年4月8日). 2016年1月6日閲覧。
  5. ^ “渡り廊下走り隊がダブルA面デビュー”. 日刊スポーツ. (2009年1月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20090123-453078.html 2015年4月7日閲覧。 
  6. ^ 第1回選抜総選挙”. 日刊スポーツ新聞社 (2009年7月8日). 2016年4月13日閲覧。
  7. ^ 『涙は句読点 AKB48公式10年史』日刊スポーツ新聞社、2016年3月25日、81頁。ISBN 9784817255921 
  8. ^ AKB48 新内閣”. AKB48オフィシャルブログ (2009年8月24日). 2013年8月27日閲覧。
  9. ^ “新内閣発足!AKB48各チームがメンバー大幅入れ替え”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2009年8月24日). http://natalie.mu/music/news/20289 2013年8月27日閲覧。 
  10. ^ “AKB48 17thシングル選抜総選挙『母さんに誓って、ガチです』レポート(2)”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2010年6月20日). https://www.scramble-egg.com/artist/akb48/125sousenkyo05.htm 2021年8月7日閲覧。 
  11. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月10日)
  12. ^ 渡り廊下走り隊7のNew Single「少年よ 嘘をつけ!」5/30(水)発売詳細!! Archived 2012年11月24日, at the Wayback Machine. - ポニーキャニオン渡り廊下走り隊7オフィシャルサイト(2012年5月13日閲覧)
  13. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2012年6月6日)
  14. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ(2012年8月24日)
  15. ^ a b 多田愛佳、HKT48デビュー!さしこと同じチームH所属へ - シネマトゥデイ(2012年11月1日)
  16. ^ 2013年3月13日付投稿記事[リンク切れ] 多田愛佳 - Google+
  17. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  18. ^ 22:45 - (新番組)RKBラジオ「GIRLS☆PUNCH FRIDAY らぶたんのラブリーデイズ」 - HKT48公式サイト スケジュール
  19. ^ “HKT48 クラス替えのご報告”. HKT48オフィシャルサイト. (2014年1月11日). オリジナルの2014年1月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140112094930/http://www.hkt48.jp/news/2014/01/008889.html 2014年1月13日閲覧。 
  20. ^ HKT48「チームK4」の発足を発表! キャプテンは多田愛佳 - スポーツニッポン(2014年1月11日)
  21. ^ 18:30 チームH「博多レジェンド」公演 千秋楽 - HKT48公式サイト スケジュール
  22. ^ HKTチームKIV旗揚げ! 新キャプテン多田愛佳が感涙 - オリコン(2014年5月9日)
  23. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  24. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果[リンク切れ] - AKB48オフィシャルサイト(2015年6月6日)
  25. ^ “HKT48多田愛佳、10周年節目に卒業 女優の夢目指す”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2084659/full/ 2017年4月10日閲覧。 
  26. ^ “HKT多田愛佳が卒業公演「結婚するまで応援して」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年4月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1805720.html 2017年4月10日閲覧。 
  27. ^ 多田愛佳(おおたあいか) [@lovetannnnnn] (2022年9月29日). "大事なお知らせ" (ツイート). Twitterより2022年9月30日閲覧
  28. ^ “事務所退所の多田愛佳「しばらくの間、芸能界からは距離を置いてお休みする」と報告 芸能界引退は否定”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年11月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/03/kiji/20221103s00041000173000c.html 2022年11月3日閲覧。 
  29. ^ 多田愛佳(おおたあいか) [@lovetannnnnn] (2022年11月2日). "◯今後の活動に関しまして◯" (ツイート). Twitterより2022年11月3日閲覧
  30. ^ AKB1じ59ふん!』2008年3月6日放送分
  31. ^ duet』(集英社)2009年11月号[要ページ番号]
  32. ^ アートディンク(日本語) 『AKB1/48 アイドルと恋したら…』(PlayStation Portableバンダイナムコゲームス、2010年12月23日、シーン: アドレス帳内メンバー紹介。 
  33. ^ 『AKB48+10!』第11回放送より。
  34. ^ a b c 音の素』(読売テレビ)2011年1月31日放送分
  35. ^ 「ゆかりんたん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2010年10月28日)
  36. ^ 「納豆たん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2010年11月25日)
  37. ^ 『AKB48 VISUAL BOOK 2010』[要ページ番号]
  38. ^ “HKT48ドラマスペシャル『ツナガール 〜明日にエール〜』いよいよオンエア!”. FLYING POSTMAN PRESS福岡版 (NEIGHBOR SYNC). (2013年1月23日). http://flying-postman.com/fukuoka/others/1269.html 2016年3月6日閲覧。 
  39. ^ unitelinesの投稿(544640508907176) - Facebook
  40. ^ TSUTAYA on IDOL - HKT48「しぇからしか!」第1回”. TSUTAYA. 2016年5月17日閲覧。
  41. ^ “アイドル脱出大作戦!本郷奏多主演「ラブホの上野さん」第7話レビュー”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2017年3月21日). https://music-book.jp/video/news/column/138604 2017年4月10日閲覧。 
  42. ^ 多田愛佳、新レギュラー決定!”. AKB48 TeamOgi official website. プロダクション尾木 (2017年4月7日). 2017年4月10日閲覧。
  43. ^ “渡り廊下走り隊7、『クレヨンしんちゃん』に登場”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2012年2月25日). https://www.barks.jp/news/?id=1000077322 2016年10月2日閲覧。 
  44. ^ cast(映画「ソフテン!」ホームページ)”. 2014年1月20日閲覧。
  45. ^ “夢アド・志田友美主演「トイレの花子さん新章」撮影現場で怪奇現象が続発”. TV LIFE (学研プラス). (2016年7月1日). http://www.tvlife.jp/2016/07/01/66168 2016年10月2日閲覧。 
  46. ^ 2018年1月6日から開催される「未体験ゾーンの映画たち2018」(東京テアトル株式会社)で限定上映。
  47. ^ “らぶたん、HKT卒業後・映画初主演!夢への一歩は寄生体SF”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年10月31日). https://www.cinematoday.jp/news/N0095750 2017年10月31日閲覧。 
  48. ^ “茂木忍の主演映画「カーテンコール」と吉川友主演作「白と黒の同窓会」公開”. 映画ナタリー (ナタリー). (2019年11月12日). https://natalie.mu/eiga/news/355087 2023年1月7日閲覧。 
  49. ^ 「余命10年」パンフレット、編集・発行:松竹株式会社事業推進部
  50. ^ リーディングドラマ もしもキミが。 - パルコ劇場 -”. PARCO. 2022年10月7日閲覧。
  51. ^ “よっ!日本一!「HKT48指原莉乃座長公演」博多座で上演中 「アイドルの壁」越え熱演”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年8月24日). http://www.nishinippon.co.jp/nlp/hkt_news/article/190578 2016年3月6日閲覧。 
  52. ^ 多田愛佳 劇団TEAM-ODAC第22回本公演『MOON&DAY〜うちのタマ知りませんか?〜』出演決定!”. AKB48 TeamOgi official website. プロダクション尾木 (2016年7月7日). 2016年10月2日閲覧。
  53. ^ “舞台版「ロードス島戦記 灰色の魔女」制作発表。2017年1月6日より公演。パーン役に菅谷哲也、ディードリットは多田愛佳”. Gpara.com (ジーパラドットコム). (2016年9月30日). http://www.gpara.com/infos/view/37930 2016年10月2日閲覧。 
  54. ^ 多田愛佳 舞台「緋色八犬伝」出演決定!”. AKB48 TeamOgi official website. プロダクション尾木 (2016年12月9日). 2016年12月10日閲覧。
  55. ^ “hideファンの思い反映した「僕らのピンク スパイダー」に、松本岳やHKT48・多田愛佳”. SPICE (イープラス). https://spice.eplus.jp/articles/103574 2022年11月22日閲覧。 
  56. ^ 多田愛佳・舞台「僕らのピンク スパイダー」出演決定!”. AKB48 TeamOgi official website. プロダクション尾木 (2017年2月3日). 2017年2月4日閲覧。
  57. ^ 多田愛佳 出演舞台「Tokyo Community Life」決定!”. AKB48 TeamOgi official website. プロダクション尾木 (2017年3月17日). 2017年4月10日閲覧。
  58. ^ “「舞妓はレディ」にAKB元同期の多田愛佳&片山陽加、土屋シオン”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年10月19日). https://natalie.mu/stage/news/253345 2022年12月3日閲覧。 
  59. ^ “「ギャグマンガ日和」第4弾、谷佳樹演じる夢野カケラら集合のメインビジュアル”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年7月25日). https://natalie.mu/stage/news/292586 2022年6月5日閲覧。 
  60. ^ “舞台「ギャグマンガ日和」ヒロインのドブ子役で多田愛佳が出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年6月4日). https://natalie.mu/comic/news/285190 2022年12月3日閲覧。 
  61. ^ “檀れい出演「恋、燃ゆる。」追加キャストに多田愛佳、大石継太ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年7月21日). https://natalie.mu/stage/news/388583 2020年9月1日閲覧。 
  62. ^ “恋、燃ゆる。〜秋元松代作『おさんの恋』より~ 出演者決定!” (プレスリリース), 株式会社明治座, (2020年7月20日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000034794.html 2020年9月1日閲覧。 
  63. ^ “のぶつかり合いが変える運命、檀れい主演の明治座公演「恋、燃ゆる。~秋元松代作『おさんの恋』より~」が開幕”. SPICE (イープラス). (2020年10月20日). https://spice.eplus.jp/articles/277357 2022年11月22日閲覧。 
  64. ^ “劇団TEAM-ODACが小説「破天荒フェニックス」を舞台化、主演は伊崎央登”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年5月18日). https://natalie.mu/stage/news/477997 2022年10月7日閲覧。 
  65. ^ “小川麻琴がタイトルロール演じるミュージカル「人魚姫」王子役に渡辺和貴”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年5月26日). https://natalie.mu/stage/news/479124 2022年10月7日閲覧。 
  66. ^ 18:00〜 AMESTAGE「多田愛佳チャンネル」”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. AKS (2016年7月16日). 2016年10月2日閲覧。
  67. ^ 多田愛佳・市川美織 FRESH!byAbemaTV「熱血!ときめき学園」放送スタート”. AKB48 TeamOgi official website. プロダクション尾木 (2016年11月7日). 2016年12月10日閲覧。
  68. ^ “「華原朋美のトモちゃんといっしょZ」NMB48市川美織がレモンちゃん姿で初登場、キャラの方向性の迷いを告白”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2016年12月3日). https://times.abema.tv/articles/-/1730446 2016年12月10日閲覧。 

外部リンク