ラブホの上野さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラブホの上野さん
ジャンル 恋愛指南
漫画
原作・原案など 上野
作画 博士
出版社 KADOKAWA
掲載誌 コミックフラッパー
レーベル MFコミックス フラッパーシリーズ
発表号 2014年7月号 - 連載中
巻数 既刊5巻(2016年12月23日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

ラブホの上野さん』(ラブホのうえのさん)は、原案:上野・作画:博士による日本漫画作品。

概要[編集]

月刊コミックフラッパー』(KADOKAWA メディアファクトリー刊)にて、2014年7月号より連載中。ストーリーは基本的に1話完結で、恋愛問題に悩む人物の前に主人公の上野が現れ、時には後輩の一条などを交えながら、心理学などを駆使して、目当ての異性の心を射止めるためのアドバイスをおこなう内容になっている。最後に、上野が自分が相談に乗った相手に対して、恋愛が成就したあかつきには、自分が勤務するラブホテル五反田キングダムを利用するよう勧めるのがオチになっている。

ラブホテルに関するうんちくや実際にあったエピソード、恋愛を成就させるテクニックなどを紹介した上野のtwitterが話題となり、漫画として連載されることとなった。漫画は恋愛指南が中心であり、ラブホテルに関するうんちくやエピソードは単行本1巻につき、数ページ程度紹介されるにすぎない。

2016年8月に発売された第4巻初版につけられた帯で実写化が決定したことが報告され、12月にフジテレビオンデマンドで配信ドラマ、2017年にはテレビドラマとして放送(後述)。

主要登場人物[編集]

上野(うえの)
ラブホテル「五反田キングダム」のスタッフ。KO大学卒業のインテリ。恋愛問題に悩む人物の前にどこからともなく現れ、恋愛指南をする。ただし、彼自身はドライな性格なため、相手を突き放したような口調でアドバイスをおこなう。相談に乗った後は、恋愛が成就したあかつきには五反田キングダムを利用するよう勧めるがお約束になっている。ただし、上野の目的は五反田キングダムの売り上げを上げることなので、恋愛が成就しなくても、何かと理由をつけて相手に五反田キングダムを利用するよう勧誘する。
一条(いちじょう)
上野の後輩スタッフ。上野と共に登場することが多い。基本的に上野の恋愛指南は、上野が一条に問いかけ、一条がそれに答え、一条の答えに上野がダメ出しをして正答を示すという形で進行する。上野のことを得体のしれない人物と思っているが、ラブホテルのスタッフとしての技量は認めており、敬意を抱いている。
同僚の相川を慕っているが、相川の気をひくための行為は裏目に出ることが多い。相川に恋人がいることがわかった後も相川にアタックを続けている。
相川千尋(あいかわ ちひろ)
五反田キングダムでアルバイトをしている女子大生。目つきが悪いために、常に周囲から怒っているのかと思われてしまう。残業代狙いにシフトを入れることが多い。
上野の恋愛指南の成功率を評価する一方で、上野のことを「うざいしゲスくて性悪」と評している。また、一条に対しては冷たい態度をとることが多い。岡本という恋人がおり、彼に対しては常に従順な態度をとっている。
岡本(おかもと)
相川の恋人。女性の気持ちを察するのがうまく、気難しい相川とも順調に交際しており、一条からは「リア充パターン」などと評されている。デート代をどちらかが持つかという相談を上野にして以来、上野の解説のために時折呼ばれるようになり、基本的に良い例として紹介される。

書誌情報[編集]

コミック[編集]

単行本[編集]

  • 上野 『ごきゅうけいですか? ラブホスタッフの上野さん』 KADOKAWA/メディアファクトリー
    1. 2015年7月23日発売 ISBN 978-4-04-067739-2
  • 上野 『ラブホの上野さんの恋愛相談 恋に悩める男女に贈る!』 KADOKAWA/エンターブレイン
    1. 2016年5月30日発売 ISBN 978-4-04-734181-4

ドラマ[編集]

ラブホの上野さん
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜 1:26 - 1:56(30分)
放送期間 2017年1月19日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 野村和生
下川猛
演出 日暮謙
脚本 神田優
小鶴乃哩子
プロデューサー 澤田賢一
出演者 本郷奏多
柾木玲弥
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

同名タイトルのドラマが、2016年12月1日より毎週木曜日にフジテレビオンデマンドで配信。2017年1月19日(18日深夜)[1]からフジテレビでも放送予定。主演は本郷奏多[2]。一条にオリジナルの設定が加えられている。また、オリジナルキャラクターが数多く登場する。

キャスト[編集]

五反田キングダムのマネージャー。神出鬼没に出現し、色々な人々の恋の相談に乗る。
五反田キングダムのアルバイト。大学生。五反田キングダム付近で姿を消した、意中の女の子を探しているときに上野と出会い、彼から恋愛術を学ぶため、五反田キングダムで働き始める。惚れっぽい性格で女の子に声をかけまくるが、ふられることが多い。
五反田キングダムのスタッフ。愛想が悪いところや一条に厳しいところは原作と変わらない。
五反田キングダムの清掃係。ドラマオリジナルキャラクター。一条の言動を常に観察しており、さらに自身のブログでもそれを紹介している。
五反田キングダムの近くにあるカフェバーの店員。ドラマオリジナルキャラクター。初対面のときに一条に失礼なことを言われた割に、一条に対して親切。
五反田キングダムの近くにあるカフェバーのマスター。ドラマオリジナルキャラクター。上野が英語のジョークを言ったときにとっさにその意味を解説するなど博識なところを見せる。
五反田キングダムに出入りしている業者。ドラマオリジナルキャラクター。見かけはさえない小太りの中年男性だが、上野曰く、もてるらしい。

スタッフ[編集]

  • 演出:日暮謙
  • 脚本:神田優、小鶴乃哩子
  • 企画・プロデュース:野村和生(フジテレビ)、下川猛(フジテレビ)
  • プロデューサー:澤田賢一
  • 主題歌:アカシック「愛×Happy×クレイジー」[4]

放送日程[編集]

各話 配信開始日 放送日 サブタイトル[5] 脚本 備考
第1話 2016年12月01日 2017年01月19日 ラブホテルへの誘い方 神田優 10分拡大
第2話 12月08日 1月26日 ゲスな話題で盛り上げろ!
第3話 12月15日 おごらなくちゃいけないの?

※日時表記は暦日表記で記載しており、提出された出典内容や公式サイトで表示されている内容とは異なる箇所が一部にある。

脚注[編集]

  1. ^ “赤根那奈、本郷奏多主演「ラブホの上野さん」で連続ドラマ初出演”. ステージナタリー. (2016年12月14日). http://natalie.mu/stage/news/213210 2016年12月15日閲覧。 
  2. ^ “「ラブホの上野さん」ドラマ主演は本郷奏多、12月から配信開始&地上波も”. コミックナタリー. (2016年10月20日). http://natalie.mu/comic/news/206120 2016年10月20日閲覧。 
  3. ^ “本郷奏多主演のコメディドラマ「ラブホの上野さん」に柾木玲弥ら”. ステージナタリー. (2016年11月25日). http://natalie.mu/stage/news/210568 2016年11月25日閲覧。 
  4. ^ “アカシックの新曲がドラマ「ラブホの上野さん」主題歌に”. 音楽ナタリー. (2016年11月24日). http://natalie.mu/music/news/210547 2016年11月24日閲覧。 
  5. ^ ラブホの上野さん エピソードリスト”. フジテレビオンデマンド. 2016年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]