この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

平嶋夏海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひらじま なつみ
平嶋 夏海
プロフィール
愛称 なっちゃん
生年月日 1992年5月28日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 O型
公称サイズ(2015年8月[1]時点)
身長 / 体重 154 cm / kg
スリーサイズ 88 - 60 - 88 cm
活動
デビュー 2005年12月8日
ジャンル グラビアアイドル女優
備考 元AKB48 チームB
(以前は旧チームAメンバー)
渡り廊下走り隊7
事務所 ワンエイトプロモーション(2015年8月 - )
プロダクション尾木(2008年6月 - 2015年3月)
モデル: テンプレート - カテゴリ

平嶋 夏海(ひらじま なつみ、1992年5月28日 - )は、日本タレント女優であり、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。東京都出身。ワンエイトプロモーション所属。

略歴

2005年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

  • 1月28日、男性と撮った私的な写真が流出したことにより[5][6]、AKB48の活動を辞退することを申し出る[7]。同時に渡り廊下走り隊も脱退を表明した[8]
  • 2月5日、『上からマリコ』劇場盤大握手会をもってAKB48メンバーとしての活動を終了[9][10]
  • 7月25日、この日リリースされた渡辺麻の2ndシングル『大人ジェリービーンズ』初回生産限定盤Cの映像特典企画として「恋愛禁止事項」をテーマに渡辺と対談(6月27日収録)。AKB48活動終了後休止していた芸能活動を行う[11]
  • 10月24日、この日から始まる舞台「GO, JET!GO!GO!〜I LOVE YOUが言えなくて〜」で本格的に芸能活動を再開[12]

2013年

  • 2月1日公開の映画「DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?」では、AKB脱退後に収録されたインタビュー映像で出演した。
  • 4月7日、(この年開催された選抜総選挙で立候補が認められた)AKB48に4年以上在籍していた卒業メンバーとして、『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』に立候補を届出た。
  • 5月から6月にかけて投票が実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では62位となり、フューチャーガールズ入りを果たした。卒業メンバーからは唯一のランクインとなった[13]。これに伴い、「恋するフォーチュンクッキー」収録の「推定マーマレード」のレコーディングに参加した。
  • 7月24日に新宿・SPACE107にて開演した女の子ものがたりで舞台初主演。
  • 8月23日、『AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜』・東京ドーム2日目公演において、平嶋とともにチームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演におけるオリジナルメンバーである渡辺麻、仲川と「パジャマドライブ」を披露した[14]。また、フューチャーガールズの一員として、同ツアーのナゴヤドーム、京セラドーム、東京ドーム公演の全公演に参加した[15]
  • 9月7日から10月19日にかけて、「恋するフォーチュンクッキー」劇場盤発売記念握手会に参加した。

2014年

  • 1月11日、2月1日には渡り廊下走り隊のベストアルバム「渡り廊下をゆっくり歩きたい」の発売記念握手会、2月7日にはプレミアムイベント「渡り廊下でゆっくり話したい」に参加した。
  • 2月9日、Zepp DiverCityで開催された渡り廊下走り隊の解散コンサートに参加した。
  • 7月17日、初のソロイメージDVD「NATSUMI」が発売された。
  • 9月20日、初のトレーディングカードが発売された。

2015年

  • 3月31日をもってプロダクション尾木を辞めることを公表した[16]
  • 8月12日、ワンエイトプロモーションの所属となったことを公表した[17]

2016年

  • 2月25~29日にかけて北海道夕張市で開催された「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」で初主演映画「女ヒエラルキー底辺少女」が上映された[18]
  • 4月19日、2016年度 HEIWA キャンペーンガールに就任[19][20]
  • 9月より週刊バイクTVのアシスタントMCに就任決定。
  • 9月28日に初のソロ写真集が発売決定。

人物

両親が、元サーファーのため[21]、名前にも「夏の海のようにいつまでもキラキラ輝いてほしいから」という理由で「夏海」と名付けた[22]

3人兄弟の2番目で、娘(平嶋にとって姪)のいる既婚の兄と[23]弟がいる[24]

好きな食べ物は、レバ刺し・ユッケ・ツブ貝・えんがわ・和菓子・ピオーネ・甘い卵焼き・カボチャの煮付け。嫌いな食べ物は、つみれ・辛いもの・まずいもの(「まずい」の定義は不明)[25]

好きなことは、寝ることと漫画を読むこと[25]。「お風呂でもどこでもすぐ寝れる」ことが特技である[26]。かつては水泳とピアノを趣味として挙げていた[27]

叱られて伸びるタイプ。褒められることが苦手[25]。部屋はクマのぬいぐるみで溢れている[25]

AKB48合格前の中学生時代に生徒会副会長を務めていた経験があり、当時「人前で話すこと」を特技として挙げていた[27]

「勉強は好きな方」で、「勉強が結構面白いって思えるタイプ」だったため、塾通いもし、後述するが普通高校に通っていた[28]。得意科目は生物と現代文[22]

暑さも寒さも苦手な「好きな季節は秋と春系女子」[29]花粉症持ち[30]

Janne Da Arcが好き[26]AAAのファンであり、普段から携帯音楽プレーヤーで聴くほか、中田ちさととライブに出かけたこともある[31]

AKB48

オーディションに応募した理由は、ティーンズ雑誌『Hana* chu→』(主婦の友社)に掲載されていたオーディション広告を見た母親に勧められたから[22]キャッチフレーズは、「ハイ、今日も、1に努力、2に根性、3・4がなくて、5に『なっちゃん!』、チームBのなっちゃんこと平嶋夏海です」[要出典]

チームBおよび渡り廊下走り隊では「仕切るキャラ」であった[28]。元々、チームAからサポートメンバーとして旧チームBに異動した際には、同じくサポートメンバーとしてチームBに異動した浦野一美から、浦野が「嫌われてもいいから叱る役」になる代わりに、「(旧チーム)Bのコたちと年が近いから、仲良くなって話を聞く役」という役割を決められたが、「組閣祭り」でその浦野がSDN48に完全移籍することとなったことと、新チームキャプテンに任命された柏木由紀が「リーダー気質のあるコ(中略)じゃない」「年上メンバー(中略)に絶対に強く出られないタイプだから。そこは私がフォローしなきゃと思っていて」そうなったとのこと[32]

AKB48劇場の通常公演出演回数は、2014年4月7日に小林香菜に更新されるまで卒業生を含むAKB48全メンバー中最多であった(2016年1月15日現在、第2位)。2011年2月25日には出演777回を[3]、同年8月20日には出演800回を達成し[33]、通算838回出演した。2016年1月15日現在、AKB48劇場の通常公演出演回数が800回を越えているのは、前述の小林(2016年1月15日時点で889回出演)、平嶋、浦野(2011年5月4日に出演800回達成、通算828回出演)、峯岸みなみ(2016年1月15日時点で820回出演)の4人だけである[34]

AKB48加入当初の中学生時代、「仕事のために学校から早退しようとした時に窓から『アキバ〜』って叫ばれたりもした」という[32]。そのため、AKB48での活動よりも学業を優先し、大半の現役高校生メンバーが定時制通信制、または芸能コースのある高校に進学する中、平嶋は全日制の高校に進学し、平日は6時に起床し普通に高校に通学、土曜日も学校の授業等がある場合は公演を休演することがあった[35]。2011年3月に高校を卒業[36]

AKB48・1期生の中では活動期間が長期にも関わらず、「GIVE ME FIVE!」発売までのシングル選抜回数が3回(インディーズ時代の「桜の花びらたち」・「BINGO!」・「桜の花びらたち2008」)と最も少なく、「桜の花びらたち2008」以来3年11か月間[37]シングル選抜曲の選抜メンバーに選ばれていなかった[38]。3回の総選挙では全て26位であり、19thシングル選抜じゃんけん大会でも2回戦敗退といずれも選抜入りを逃している。本人曰く、前記したように「AKBを犠牲にしてまで普通の高校通って来たのに、選抜になっちゃったら、多分PVとか収録とかで学校休まなくちゃいけなくて、だから、すごい選抜に入りたいけど、それをしてしまうと、なんか高校卒業が遠くなる」という思いもあったため、じゃんけん大会で敗退した際も「その分だったら学校行こう!」「9:1ぐらいでホッとしてる方が上かな?」という感想を述べた[28]。そのためか、「縁の下の力持ち」と言われている[39]

『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』の際、ダイエット宣言をした。また、以前放送していた『渡り廊下走り隊の青い未来へ初恋ダッシュ!!』(CBCラジオ)では、すべりキャラとして扱われていた時期があった。

峯岸みなみはAKB48結成当初、唯一の同年齢メンバーであったことから仲が良い[28]。また、同期の浦野については「ガチってやつです」「なにがあってもCinDy(浦野の愛称)の味方」と言うほどの仲[40]

奥真奈美を「妹みたい」に可愛がっており、奥のAKB48卒業が公式に発表される前に奥がメンバー内で最初に卒業について打ち明けた相手が平嶋だった[41]

9期以降のメンバーに「なっちゃんさん」は長いと言ったため、省略して「なっさん」と呼ばれるようになった。また、渡り廊下走り隊として、日本電気 (NEC) 『LaVie L』のコマーシャルで共演した玉木宏を俳優として尊敬している[42]

研究生(2011年2月時点)の推しメンは入山杏奈(現・チームA)[43]

AKB48活動終了後は、バイクの運転免許を取得し、趣味の料理教室に通ったりしている。また、2012年4月からは大学に通っている[44][12]

AKB48在籍時の参加楽曲

シングルCD選抜楽曲

劇場公演ユニット曲

チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

  • 星の温度(2nd UNIT)

チームA 2nd Stage「会いたかった」公演

  • 渚のCHERRY
  • リオの革命

チームA 3rd Stage「誰かのために」公演

  • 投げキッスで撃ち落せ!

チームB 1st Stage「青春ガールズ」公演

  • 雨の動物園
  • ふしだらな夏

チームB 2nd Stage「会いたかった」公演

  • ガラスのI LOVE YOU
  • 背中から抱きしめて
  • リオの革命
    ※全員参加曲ではあるが、「スカート、ひらり」ではフロントメンバー(スカひらセブン)で登場する。

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演

  • パジャマドライブ

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 口移しのチョコレート

THEATRE G-ROSSO 「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • ロッカールームボーイ
  • 嵐の夜には※
    鈴木まりやのユニットアンダー

作品

映像作品

出演

映画

テレビ

  • AKB1じ59ふん!(2008年2月21日 - 3月6日、日本テレビ
  • AKB48ネ申テレビファミリー劇場
    • Season1(2008年10月12日)
    • Season4(2010年8月1日・8日)
    • Season8(2011年11月13日・20日)
  • AKBINGO!(2010年3月3日 - 17日、日本テレビ)
  • 週刊AKB(2010年3月19日 - 4月2日、テレビ東京
  • 有吉AKB共和国(2010年8月30日・10月21日[46]TBS
  • マジすか学園2 最終話(2011年7月1日、テレビ東京) - なつみ 役
  • AKB48コント「びみょ〜」(2011年10月20日 - 11月3日・17日・12月1日 - 15日、ひかりTV
  • AKB48の真実 ~選抜総選挙直前SP(2013年6月2日、フジテレビ
  • AKB48 SHOW!(2013年12月14日、NHK総合テレビ
  • CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ(2014年1月1日、TBSテレビ
  • MUSIC JAPAN(2014年1月23日、NHK総合テレビ 「まもなく解散 渡り廊下走り隊」)
  • 応援美女子!(2015年3月10日、千葉テレビ
  • アイドリーム!(2015年8月16日、Kawaiian TV)
  • お願い!ランキング(2015年12月9日、2016年3月24日、テレビ朝日
  • 土曜スペシャル 冬の東北 雪見&混浴めぐり旅(2016年1月16日、テレビ東京)
  • Beach Angels 平嶋夏海 in グアム(2016年3月13日、TBSチャンネル1)
  • ゆるい 第3話(2016年7月22日、東京MXテレビ)
  • 週刊バイクTV(2016年9月7日~、千葉テレビ)

コンサート

  • AKB48 スーパーフェスティバル 〜日産スタジアム、小(ち)っちぇっ! 小(ち)っちゃくないし!!〜!(2013年6月8日、日産スタジアム)
  • AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜』(2013年8月7-8日、京セラドーム大阪、8月16-17日、ナゴヤドーム、8月22-25日、東京ドーム)
  • “STRAYDOG” X'mas Live!(2013年12月20日、初台DOORS)
  • AKB48 ユニット祭り(2014年1月27日、TOKYO DOME CITY HALL
  • 渡り廊下走り隊解散コンサート(2014年2月9日、Zepp DiverCity)
  • “STRAYDOG” 新年会ライブ!2016 (2016年1月8日、初台DOORS)
  • AKB48グループ 高橋みなみ卒業コンサート(2016年3月27日、横浜スタジアム)

舞台

  • Arts Fusion 2008 in KANAGAWA ドリル魂 横浜現場編(2009年2月27日 - 3月1日、神奈川県立青少年センターホール
  • 乱童 RAN-DOH(2009年10月30日・31日、天王洲銀河劇場
  • 乱童 RAN-DOH〜Voice in City〜再演(2010年1月3日 - 5日、青山劇場
  • Arts Fusion in KANAGAWA ドリル魂 YOKOHAMA ガチンコ編(2010年2月26日 - 28日、神奈川県立青少年センターホール)
  • 東北地方太平洋沖地震チャリティー公演「ポチッとな。 -Switching On Summer-」(2011年8月6日 - 14日・9月3日・4日、横浜相鉄本多劇場群馬県民会館
  • GO, JET!GO!GO!〜I LOVE YOUが言えなくて〜(2012年10月24日 - 28日、SPACE107)
  • 〜美浜青春グラフィティ〜「千葉魂(CHIBA SOUL)」(2013年3月15日・16日、千葉市美浜文化ホールメインホール)
  • 浅草あちゃらか(2013年4月25日 - 29日、俳優座劇場
  • GO, JET!GO!GO!〜I LOVE YOUが言えなくて〜再演(2013年5月8日 - 12日、SPACE107)
  • 〜西原理恵子演劇祭2013!!〜 “STRAYDOG”Produce
    ぼくんち」(2013年7月20日・21日・23日・25日・26日 - 28日・31日 - 8月4日、HEP HALL、SPACE107、シアターグリーン BIG TREE THEATER
    女の子ものがたり」(2013年7月24日・26日 - 28日・31日・8月2日 - 4日、SPACE107、シアターグリーン BIG TREE THEATER)
  • 「千葉魂(CHIBA SOUL)II」(2014年3月7日 - 8日、千葉市美浜文化ホールメインホール)
  • =春の二本立て公演!=“STRAYDOG”Produce公演
    「母の桜が散った夜」(2014年4月12日 - 13日、HEP HALL、4月16日 - 20日、シアターサンモール
    「閨房のアライグマ」(2014年4月16日 - 20日、シアターサンモール)
  • “STRAYDOG”Produce 「女の子ものがたり」(2014年5月3日 - 6日、シアターグリーン BIG TREE THEATER、5月17日 - 18日、ABCホール
  • CORNFLAKES 第11回公演「グッバイシェイクスピア!!!」(2014年6月4日 - 9日、中目黒キンケロシアター)
  • “STRAYDOG”Produce 2014年夏休み特別企画 「問題のない私たち」(2014年8月2日 - 3日、HEP HALL、8月8日 - 10日、あうるすぽっと)
  • 「Kiss Me You 〜がんばったシンプ―達へ〜」(2014年9月3日 - 14日、中目黒キンケロシアター)
  • 「シェアハウス O・MO・TE・NA・SHI」(2014年11月22日 - 25日、AQUA studio)
  • 「シェアハウスII O・MO・TE・NA・SHI」(2015年2月17日 - 22日、AQUA studio)
  • 「千葉魂(CHIBA SOUL)III」(2015年3月14日 - 15日、千葉市美浜文化ホールメインホール)
  • 「殺人鬼フジコの衝動」(2015年4月15日 - 19日、スペース・ゼロ
  • “STRAYDOG”Produce公演 「 ゴジラ 」 (2015年5月4日 - 6日、新宿シアターモリエール、5月15日・17日、HEP HALL)
  • 「天国の脚本家 冴嶋コーキ」〜私の脚本で、もう一度人生をやり直してみませんか〜(2015年9月3日 - 6日、上野ストアハウス)
  • “STRAYDOG”番外公演 =M&M=「フローズン・ビーチ」(2015年9月20日 - 23日、八幡山ワーサルシアター)
  • 「シェアハウス O・MO・TE・NA・SHI 番外編 ~CinDyのお留守番♪~」(2015年11月3日、AQUA studio)
  • 「のぶニャがの野望」番外公演 「ねこ軍議~飼い猫はどいつニャ?~」(2016年3月1日 - 6日、笹塚ファクトリー)
  • 劇団時間制作第十回公演 「皮肉にも雨は降る」(2016年5月11日 - 22日、劇場MOMO)

ラジオ

ゲーム

ネット配信

  • 平嶋夏海 プレミアム放送! (2013年 - 2015年、 AmebaStudio)
  • 「お願い!ランキング 自撮り隊」(2015年12月9日、2016年3月24日、テレビ朝日)
  • 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭から生中継2日目 平嶋夏海と巡る映画祭」(2016年2月26日、ニコニコ生放送)
  • さしめし#71(2016年3月23日、LINE LIVE)

WEB番組

書籍

写真集

カレンダー

  • 平嶋夏海 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 平嶋夏海 2015年カレンダー(2014年10月4日、トライエックス)

トレーディングカード

  • 平嶋夏海 ファースト・トレーディングカード(2014年9月20日、Hit's)

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ ワンエイトプロモーション・プロフィール
  2. ^ チームB公演にて!! AKB48オフィシャルブログ、2008年6月28日
  3. ^ a b 「777回目゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊公式ブログ(2011年2月26日)
  4. ^ 「AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果」 - AKB48オフィシャルブログ(2011年6月10日)
  5. ^ 男性とパジャマ姿で…AKB2人? の写真流出 発端はツイッター - スポーツニッポン 2012年1月28日(2012年1月28日閲覧)
  6. ^ 平嶋夏海、米沢瑠美がAKB脱退! 男性との写真流出 - スポーツ報知 2012年1月28日(2012年1月28日閲覧)
  7. ^ 【お知らせ】 - AKB48オフィシャルブログ(2012年1月28日)
  8. ^ 【お知らせ】 - 渡り廊下走り隊のオフィシャルブログ(2012年1月28日閲覧)
  9. ^ 【辞退に関して】 - AKB48オフィシャルブログ(2012年1月28日)
  10. ^ 平嶋夏海&米沢瑠美、AKB最後の握手会 - sanspo.com 2012年2月6日(2012年2月6日閲覧)
  11. ^ “まゆゆ、男性問題脱退の平嶋と対談”. 神戸新聞社. (2012年7月10日). http://daily.co.jp/gossip/2012/07/10/0005201316.shtml 2012年7月10日閲覧。 
  12. ^ a b “元AKB平嶋夏海が芸能活動再開”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年9月8日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20120908-1013356.html 2012年9月8日閲覧。 
  13. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2013年6月8日
  14. ^ “渡辺麻友&仲川遥香&平嶋夏海トリオ復活”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2013年8月23日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130823-1177647.html 2014年1月3日閲覧。 
  15. ^ 既に出演が決まっていた舞台と日程が重複したため、福岡ヤフオク!ドーム公演、および札幌ドーム公演には参加していない。
  16. ^ ご報告 本人オフィシャルブログ、2015年3月31日
  17. ^ お知らせです。 本人オフィシャルブログ、2015年8月13日。なお、公式twitter上ではその前日に公表された。
  18. ^ “平嶋夏海:初主演作品で飛躍 今は「ぶっ飛んでいたい」”. MANTANWEB. (2016年3月20日). http://mantan-web.jp/2016/03/20/20160320dog00m200005000c.html 2016年3月20日閲覧。 
  19. ^ マイホリ - HEIWA キャンペーンガールWEBサイト -
  20. ^ 【遊技産業NOW】平和 「烈火の炎」パチンコ機第2弾 今度は天堂地獄編” (日本語). SankeiBiz. 産業経済新聞社 (2016年5月5日). 2016年5月21日閲覧。
  21. ^ 『平嶋夏海のオールナイトニッポンモバイル』 第2回 「四字熟語ソムリエ&5月生まれなのに”夏海”になった理由は?」にて本人が発言
  22. ^ a b c 「あんさー゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2010年12月29日)
  23. ^ 「初節句゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2011年2月27日)
  24. ^ 「真面目に返されても困りますよ、弟さん。゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2010年11月17日)
  25. ^ a b c d 「くまさんの森゛∩(^ ∀^*)」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2010年11月24日)
  26. ^ a b 「アンサー゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2010年11月12日)
  27. ^ a b 「10月」 - AKB48オフィシャルブログ(2005年10月1日)
  28. ^ a b c d AKB48 DVD MAGAZINE VOL.5『AKB48 19thシングル選抜「じゃんけん大会」』「51のリアル〜Aブロック編」平嶋夏海のリアル
  29. ^ 「○○○系女子゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2010年11月12日)
  30. ^ 「花粉症さんとんでけー゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2011年2月26日)
  31. ^ 「きゅんきゅんきゅん゛∩(^∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2011年5月24日)
  32. ^ a b 『AKB48ヒストリー 研究生公式教本』(集英社
  33. ^ 「800゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2011年8月21日)
  34. ^ ただし、浦野の場合はAKB48(690回)、SDN48(138回)を合算した通算回数である。
  35. ^ 「入試゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2011年1月23日)
  36. ^ 「卒業゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2011年3月7日)
  37. ^ 2012年2月15日、活動終了後に発売された「GIVE ME FIVE!」まで。
  38. ^ 2012年2月時点では、現役メンバーでは松原夏海の4年3か月が最長記録である。
  39. ^ 『AKB48じゃんけん選抜公式ガイドブック』(光文社)による。
  40. ^ 「ガチ友゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2010年11月15日)
  41. ^ 「まーちゃん゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2011年2月26日)
  42. ^ 「ギルティ★゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2010年11月27日)
  43. ^ 「あんさー゛∩(^ ∀^*)なっちゃん」 - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(2011年2月19日)
  44. ^ 渡辺麻友『大人ジュリービーンズ』初回生産限定盤C 特典DVD「渡辺麻友 × 平嶋夏海」
  45. ^ “平嶋夏海がわがままなAV女優演じる「メイクルーム2」公開、栗林里莉も出演”. 映画ナタリー. (2016年8月23日). http://natalie.mu/eiga/news/199053 2016年8月23日閲覧。 
  46. ^ 「有吉AKB共和国 特別編 全部見せます!選抜じゃんけん大会」『峯岸みなみの場合』関連映像のみ
  47. ^ “平嶋夏海・倉田瑠夏ら元アイドル『お願い!ランキング』で自己アピール合戦”. マイナビニュース. (2016年4月18日). http://news.mynavi.jp/news/2016/04/18/070/ 2016年4月18日閲覧。 

外部リンク