前田亜美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まえだ あみ
前田 亜美
前田 亜美
AKB48時代の前田亜美
東京オートサロン in シンガポール」にて
2013年4月13日
生年月日 (1995-06-01) 1995年6月1日(27歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 165.5 cm
血液型 O型
職業 女優、タレント
ジャンル テレビドラマ舞台
活動期間 2008年 - 現在
活動内容AKB48メンバー
(7期研究生→チームA→大島チームK→チームA)
事務所 オスカープロモーション
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

前田 亜美(まえだ あみ、1995年平成7年〉6月1日 - )は、日本女優タレント東京都出身[1]オスカープロモーション所属。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである。愛称は「あーみん[2]

かつてはブレンデンを経てAKS(2008年 - 2010年、2014年1月 - 2016年8月)、フロスツゥー(2010年 - 2013年12月)に所属していた。

略歴[編集]

2008年

2009年

  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演にて、同年10月よりチームAメンバーに昇格することが発表された[3]。なお、新チーム公演開始の延期が続き、チームA 6th Stage「目撃者」公演の初日は2010年7月27日までずれ込んだ[4]。そのため、岩佐美咲とともに7期生最後の昇格者となった[5]

2010年

  • 2月17日発売のAKB48の15枚目のシングル「桜の栞」のカップリング曲「遠距離ポスター」を歌う7人組ユニット「チームPB」のメンバーに選ばれる[6][7]
  • 3月25日に開催されたコンサート『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』にて、芸能事務所フロスツゥーへの移籍打診が発表され[Blog 1][8]、その後正式に所属。
  • 9月21日に開催された『AKB48 19thシングル選抜じゃんけん大会』では5位で、自身初のメディア選抜入りを果たした。

2011年

2012年

  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では42位で、ネクストガールズ入りを果たした[Blog 5]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKへ異動することが発表された[Blog 6][10]
  • 9月18日に開催された『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』ではベスト16入りし、選抜入り[11]。AKB48グループ全メンバー中、じゃんけん大会3大会連続で選抜入りした唯一のメンバーとなった[5]
  • 11月1日、チームKに異動[12]。チームKウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[13]

2013年

2014年

2016年

  • 6月2日、田原総一朗「ド〜なる?!ド〜する?!AKB48」公演 前田亜美生誕祭にて卒業を発表[15]
  • 8月29日に行われた「M.T.に捧ぐ」公演での卒業公演をもって卒業[Blog 10]
  • 9月27日に自身のTwitterにて、オスカープロモーションに所属することを公表した[16]

2020年

  • 10月7日、自分自身でプロデュースした初めての写真集『前田亜美1stフォトブック AMI』を発売[17]

人物[編集]

3人姉妹の次女。左右対称の字で「偏る事なく、全てに優しく思いやりのある子になるように」という思いを込め、母と姉の名前から取り「亜美」と名付けられた[Blog 11]

チャームポイントは濃い眉毛と長い手足[5]。小学生の時、眉毛がもとでいじめに遭ったこともあるが[18]、クラスメイトが細く剃っていても、自身はずっと剃らないままでいた[19]。ファンから「まゆげの子」などと呼ばれることに対しても、「名前が覚えられなくたってまゆげで覚えてもらえるっていいことだよね」と語っている[Blog 12]

2013年に日本公開されたアニメ映画『シュガー・ラッシュ』に登場するキャラクターのヴァネロペ・フォン・シュウィーツに似ていると話題になったことがある。日本テレビZIP!』でも取り上げられ、番組では配給会社であるウォルト・ディズニー・ジャパンの担当者へのインタビューが紹介され、亜美がヴァネロペに似ていることが興行成績に影響を及ぼした可能性について言及された[20]。この番組には本人もインタビュー出演している[20]

憧れのモデルは長谷川潤[21]

横町ももこと仲が良い[2]

AKB48[編集]

加入当時は、なかなかダンスが覚えられず、レッスン中に叱られ、帰り道で涙したこともあった[18]

同期の小森美果のことを「相方で大事な存在」「親友」と述べており[Blog 13]、小森の卒業・引退後も交流を続けている[22]

大家志津香指原莉乃(元HKT48)からは妹のように目を掛けられており、大家は挨拶の仕方から教えてくれた恩人[18]、指原については「さっしーがお母さん」とも言うほどで、亜美のブログにおいて指原とのツーショット写真が度々掲載されている[Blog 14]

尊敬するAKB48メンバーは宮澤佐江(元:SNH48SKE48兼任)[Blog 11]

憧れのメンバーは前田敦子[18]。女優志望[Blog 11]

Google+における、AKB48グループの部活動では美術部に所属[23]、2012年に開催された『AKB美術部展覧会〜額だけ立派ですいません!〜』で絵画を出品した[24]

2010年に発売されたシングル「ポニーテールとシュシュ」のカップリング曲で、自身が松井玲奈とともにセンターを務めた楽曲「盗まれた唇」が発表から約4年後に行われた『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト200 2014』で62位に初ランクイン[25][Blog 15]、さらに翌年の『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト1035 2015』では23位にランクインした[26]

AKB48在籍時の参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

アルバムCD選抜楽曲[編集]

  • 神曲たち』に収録
    • 君と虹と太陽と
  • ここにいたこと』に収録
    • Overtake - 「チームA」名義
    • わがままコレクション
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m』に収録
    • Hate - 「チームA」名義
    • ぐ〜ぐ〜おなか
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡』に収録
    • 共犯者 - 「Team K」名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録
    • Oh! Baby! - 「高橋Team A」名義
  • 0と1の間』に収録
    • Clap - 「Team A」名義

劇場公演ユニット曲[編集]

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演
  • ごめんねジュエル(バックダンサー)
チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演
  • スコールの間に(バックダンサー)
  • 真夏のクリスマスローズ(バックダンサー)
チームK 5th Stage「逆上がり」公演
チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演
  • 片思いの対角線(バックダンサー)
  • 残念少女(渡辺麻友のアンダー)
チーム研究生 Stage「アイドルの夜明け」公演
  • 残念少女
THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演
チームA 6th Stage「目撃者」公演
  • サボテンとゴールドラッシュ
大島チームK ウェイティング公演
チームKウェイティング公演II「最終ベルが鳴る」公演
  • ごめんね ジュエル
チームA「恋愛禁止条例」公演
  • 真夏のクリスマスローズ(古畑奈和のユニットアンダー)
  • 恋愛禁止条例(岩田華怜のユニットアンダー)
田原総一朗「ド〜なる?!ド〜する?!AKB48」公演
チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演
  • リスケ(小嶋陽菜のアンダー)
  • 負け男(岩田華怜〈岩鷹レン〉卒業公演後、男装してダンス担当)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • アニメ女子・外伝〜藍の翼・カーレッジ〜(2019年1月5日公開) - 主演・天川凛 役[27]

バラエティ[編集]

舞台[編集]

  • 月よりの侍(2015年2月15日 - 3月1日、新宿シアターモリエール[28]
  • Toy Late Lie 第1回仮設公演『思春〜遥かなるオヤジーデ〜』(2016年2月3日 - 7日、シアターグリーン
  • 劇団TEAM-ODAC 第20回本公演『saigoノbansan(2016)』(2016年3月16日 - 20日、全労済ホール/スペース・ゼロ
  • LIVEDOGプロデュース『オレンジノート』(2016年6月22日 - 26日、新宿村LIVE)
  • SEPT Vol.6『SANZ』(2016年8月17日 - 21日、新宿村LIVE)- 主演 小野寺優 役[29]
  • 劇団TEAM-ODAC 第22回本公演『MOON&DAY〜うちのタマ知りませんか?』(2016年9月7日 - 11日、草月ホール[30]
  • Pure Smile presents『おおばかもの〜おおばかものだけど、わるいやつらではない〜』(2016年10月26日 - 30日、草月ホール)
  • D'TOT 7th Act『緋色八犬伝』(2017年2月2日 - 5日、博品館劇場)- 主演 信乃(城之戸姫) 役[31]
  • 刀屋壱 第4回イベント公演『飄〜Hyo〜』(2017年5月13日・14日、シアターサイバード)
  • SEPT Vol.7『FATALISM』(2017年8月3日・4日、博品館劇場)- 日替わりゲスト
  • 刀屋壱 第5回イベント公演『闘〜Tou〜』(2017年9月19日・20日、シアターサイバード)
  • HYBRID PROJECT Vol.16『さよならヨールプッキ』(2017年9月10日、シアターサンモール)- 日替わりゲスト
  • 劇団TEAM-ODAC 第26回本公演『岸和田少年愚連隊〜あの頃のハートは今もある〜』(2017年9月27日 - 10月1日、全労済ホール/スペース・ゼロ) - 千鶴 役[32]
  • 刀屋壱 第6回イベント公演『者〜Sha〜』(2018年2月18日・19日、中目黒TRY)
  • SOLID STARプロデュースVol.15『明るいお葬式〜るんるんは2度死ぬ〜』(2018年9月12日 - 17日、俳優座劇場[33]
  • SOLID STARプロデュースVol.16『熱血硬派くにおくん 乱闘演舞編』(2018年11月21日 - 25日、全労済ホール/スペース・ゼロ) - みさこ 役[34]
  • 信長の野望・大志 夢幻~本能寺の変~(2019年5月18日、戸田市文化会館 / 21日 - 26日、シアター1010) - 茶々 役[35]

イベント[編集]

  • 編集長・前田亜美の"リアルSeventeen"(2012年8月1日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
  • GirlsAward 2013 SPRING/SUMMER(2013年3月23日、国立代々木競技場第一体育館[36]
  • 前田亜美と愉快な仲間たちとおかパー!!卒業後もついてきてくれるよね?(2016年8月25日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
  • TiARY TV Fes!! Powered by Tokyo Street Collection(2018年9月9日、品川インターシティホール
  • Tokyo Street Collection(2019年5月3日、パシフィコ横浜 展示ホール)[37]

CM・広報[編集]

  • 髙島屋
    • 『タカシマヤ秋のSUPER全館ポイントアップウイーク』(2017年9月18日 - 26日)
    • 『タカシマヤ春のSUPER全館ポイントアップウイーク』(2018年3月14日 - 21日)
  • ダイドードリンコ ぷるっシュ!!ゼリー×スパークリング(2018年2月26日 - )- OL役
  • みんなの宇宙(ソラ)プロジェクト (2018年12月 - )- みんソラコミュニケーター[38]
  • 総務省 『2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります』(2019年4月1日) - 広報ポスター[39]
  • JAXA(2020年5月18日 - )- 「こうのとり」9号機応援アンバサダー[Blog 16]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 前田亜美1stフォトブック AMI(2020年10月7日、KADOKAWAISBN 978-4-04-604791-5
  • デジタル写真集「偶然の世界線」(2021年5月31日、集英社)[40]

雑誌連載[編集]

カレンダー[編集]

  • 前田亜美 2011年カレンダー(2010年9月30日、ハゴロモ)
  • 前田亜美 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 前田亜美 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 前田亜美 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 前田 亜美 - AKB48公式サイト 2015年5月20日閲覧。
  2. ^ a b 横町ももこ [@momochadayo]. "今日はだいすきな前田亜美さまのお誕生日\(^o^)/おめでとうあーみん\(^o^)/❤️" (ツイート). Twitterより2021年12月31日閲覧
  3. ^ “新内閣発足!AKB48各チームがメンバー大幅入れ替え”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2009年8月24日). https://natalie.mu/music/news/20289 2021年12月31日閲覧。 
  4. ^ “前田敦子らAチーム激しいダンスで始動”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2010年7月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20100728-658884.html 2021年12月31日閲覧。 
  5. ^ a b c 前田亜美 AKB48名鑑 - スポーツニッポン 2015年5月22日閲覧。
  6. ^ “AKB48、2010年第1弾シングルにチームPB&チームYJ参加”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2009年11月28日). https://natalie.mu/music/news/24430 2021年12月31日閲覧。 
  7. ^ “異色!? AKB48の新曲は“正統派合唱曲””. ORICON NEWS (オリコン). (2010年1月14日). https://www.oricon.co.jp/news/72440/full/ 2021年12月31日閲覧。 
  8. ^ AKB48コンサート『満席祭り 希望 賛否両論』公開リハーサルとセットリスト(2)”. スクランブルエッグ (2010年3月30日). 2021年12月31日閲覧。
  9. ^ “AKB48前田亜美、入山杏奈、加藤玲奈が登場! ファン6000人が詰めかけ - 香港”. Record China. (2011年12月18日). http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=57055&type=70 2012年4月8日閲覧。 
  10. ^ “東京ドーム公演初日サプライズ!AKB、新チーム体制発表”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2012年8月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/24/kiji/K20120824003970850.html 2021年12月31日閲覧。 
  11. ^ “【AKBじゃんけん大会】次世代エース・島崎遥香が優勝 初センターに”. ORICON NEWS (オリコン). (2012年9月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2016888/full/ 2021年12月31日閲覧。 
  12. ^ “AKB48新組閣発足は11月1日、ウェイティング公演も決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年10月8日). http://natalie.mu/music/news/77879 2015年8月30日閲覧。 
  13. ^ “AKB48新チームK始動、公演初日にキャプテン大島優子が涙”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年11月3日). https://natalie.mu/music/news/79358 2021年12月31日閲覧。 
  14. ^ AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 AKB48”. AKB48オフィシャルサイト (2014年2月). 2021年12月31日閲覧。
  15. ^ “AKB前田亜美、生誕祭で卒業発表「1番に伝えたかった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年6月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2072746/full/ 2016年6月8日閲覧。 
  16. ^ 2016年9月27日の発言
  17. ^ “前田亜美、最初で最後のランジェリー姿披露 1stフォトブックを篠田麻里子が絶賛”. モデルプレス. (2020年9月7日). https://mdpr.jp/news/detail/2207690 2020年9月7日閲覧。 
  18. ^ a b c d 『AKB48 DVD MAGAZINE Vol.05D AKB48 19th シングル選抜 「じゃんけん大会」 51のリアル〜Dブロック編』「前田亜美のリアル」
  19. ^ “前田亜美14歳...私はずっと剃らないまま AKB48総選挙マニフェスト”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2010年6月4日). https://www5.nikkansports.com/entertainment/akb48/column/archives/20100604_1740.html 2021年12月31日閲覧。 
  20. ^ a b 【エンタがビタミン♪】ディズニー・ジャパンも認めた。アニメ映画『シュガー・ラッシュ』の興行成績にAKB48前田亜美が貢献。 - Techinsight(2013年4月15日)
  21. ^ AKB48前田亜美&阿部マリア、モデルの夢へ第一歩 篠田麻里子から激励も モデルプレスインタビュー”. モデルプレス (2013年4月16日). 2021年12月31日閲覧。
  22. ^ みかと新日本プロレスみにきた! - 本人 Google+(2014年3月6日)
    小森が昨日うちに遊びにきたんだけど、一緒にリクアワのDVDみた!! - 本人 Google+(2015年5月25日)
  23. ^ AKB美術部メンバーが決まりました!! - 片山陽加 Google+(2012年2月15日)
  24. ^ “メンバーの個性的な作品がズラリと並んだ「AKB48美術展」が開催中”. 週プレNEWS (集英社). (2012年6月17日). https://wpb.shueisha.co.jp/2012/06/17/12072/ 2021年12月31日閲覧。 
  25. ^ “AKB48リクアワ1位曲に峯岸感涙、OG登場で大盛り上がり”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年4月7日). https://natalie.mu/music/news/113916 2021年12月31日閲覧。 
  26. ^ GirlsNews (レゾリューション). (2015年1月28日). https://girlsnews.tv/unit/201479+2021年12月31日閲覧。 
  27. ^ “高城亜樹、AKB卒メンならではの悩み告白 前田亜美&藤江れいなと久々再会”. ORICON NEWS (オリコン). (2018年8月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2117576/full/ 2018年8月15日閲覧。 
  28. ^ “AKB宮崎美穂&前田亜美、本気の初舞台”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年2月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1439119.html 2021年12月31日閲覧。 
  29. ^ “AKB48卒業間近の前田亜美 初主演で芝居/殺陣/ダンス/生バンドありの舞台に挑戦!!”. billboard JAPAN. (2016年8月4日). https://www.billboard-japan.com/d_news/detail/40592 2021年11月20日閲覧。 
  30. ^ 前田亜美、大森美優、福岡聖菜 出演舞台のお知らせ”. AKB48公式サイト (2016年8月3日). 2021年11月20日閲覧。
  31. ^ “平熱43度・桃原秀寿手がける「緋色八犬伝」に前田亜美&HKT48多田愛佳”. ステージナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/stage/news/215451 2021年10月1日閲覧。 
  32. ^ “TEAM-ODAC「岸和田少年愚連隊」君沢ユウキらメインキャストのビジュアル公開”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年9月8日). https://natalie.mu/stage/news/247934 2021年10月1日閲覧。 
  33. ^ “野村宏伸が葬祭ディレクターに、告別式コメディ「明るいお葬式」が開幕”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年9月14日). https://natalie.mu/stage/news/299638 2021年10月1日閲覧。 
  34. ^ “「熱血硬派くにおくん」くにお役の溝口琢矢、りき役の寺山武志らビジュアル公開”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年10月23日). https://natalie.mu/stage/news/304827 2021年10月1日閲覧。 
  35. ^ “「信長の野望・大志 夢幻 ~本能寺の変~」全キャスト&メインビジュアル解禁”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年1月26日). https://natalie.mu/stage/news/317577 2021年10月1日閲覧。 
  36. ^ “AKB48前田亜美&阿部マリア、モデルの夢へ第一歩 篠田麻里子から激励も モデルプレスインタビュー”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年4月16日). https://mdpr.jp/interview/detail/1237377 2022年3月4日閲覧。 
  37. ^ “ボイメン、ミオヤマザキ、AKB48 Team8ら『Tokyo Street Collection』出演者第二弾発表”. SPICE (イープラス). https://spice.eplus.jp/articles/229559 2022年3月4日閲覧。 
  38. ^ 土星くん@みんソラの2018年12月17日のツイート2019年1月27日閲覧。
  39. ^ リンク (PDF)
  40. ^ “元AKB48前田亜美、初ソログラビアで“オトナの色気”解禁 デジタル写真集も発売”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年5月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2194838/full/ 2021年11月20日閲覧。 

ブログ[編集]

  1. ^ AKBメンバー所属事務所発表”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2010年3月26日). 2021年12月31日閲覧。
  2. ^ ラブベリー**”. 前田亜美オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年4月30日). 2021年12月31日閲覧。
  3. ^ AKB48 22ndシングル選抜総選挙結果”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年6月10日). 2021年12月31日閲覧。
  4. ^ AKB48 24thシングルじゃんけん選抜決定!&1位〜8位発表!”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年9月20日). 2021年12月31日閲覧。
  5. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2012年6月6日). 2021年12月31日閲覧。
  6. ^ 組閣後新体制”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2012年8月24日). 2021年12月31日閲覧。
  7. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2013年6月8日). 2021年12月31日閲覧。
  8. ^ お知らせ”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2014年1月1日). 2021年12月31日閲覧。
  9. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2014年6月7日). 2021年12月31日閲覧。
  10. ^ 前田亜美の卒業公演日程につきまして”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2016年8月16日). 2016年8月16日閲覧。
  11. ^ a b c ぉ返事* Part3”. 前田亜美オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2010年6月11日). 2021年12月31日閲覧。
  12. ^ よく言われる言葉。”. 前田亜美オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年2月1日). 2021年12月31日閲覧。
  13. ^ ★小森美果ちゃん★”. 前田亜美オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2013年6月4日). 2021年12月31日閲覧。
  14. ^ 私って子供”. 前田亜美オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年1月17日). 2021年12月31日閲覧。
  15. ^ りくあわ最高!!”. 前田亜美オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2014年4月6日). 2021年12月31日閲覧。
  16. ^ お知らせ”. 前田亜美オフィシャルブログ (2020年5月18日). 2020年5月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]