竹内美宥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけうち みゆ
竹内 美宥
プロフィール
別名義 MIYU
愛称 みゆみゆ
生年月日 1996年1月12日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本東京都[1]
血液型 O型[1]
公称サイズ(2018年5月[2] [注 1]時点)
身長 / 体重 156 cm / 42.5 kg
BMI 17.5
備考 靴のサイズ 24cm[1]
活動
所属グループ フルーツ(2008年 - 2009年)
ミニスカート(2010年、AKB48内ユニット)
活動期間 2004年8月 -
(AKB48での活動は2009年から)
著名な家族 竹内そのか
備考AKB48メンバー
(9期研究生→チーム4→チームB)
IMDb 2978476
事務所 MYSTIC STORY
公式サイト 竹内美宥 (@take_miyu112) - Twitter
アイドル: テンプレート - カテゴリ

竹内 美宥(たけうち みゆ、1996年1月12日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

東京都出身。2014年4月から慶應義塾大学環境情報学部(SFC)に在学中[4]。血液型はO型

略歴[編集]

2004年

  • スターダストプロモーション モデル部に所属[5]
  • 8月11日、同社のアーティストlittle by little「雨上がりの急な坂道」のPVで芸能界デビュー。

2007年

2008年

  • 2月、『歌スタ!!』で、「裏ピチモ・ユニット」が最終プレゼンに臨み、合格した。本命の「ピチレモンユニット」が不合格となった結果、「敗者復活」デビューとなった[7]
  • 4月、ユニット名が「フルーツ」に決定する。
  • 7月、1stシングル「恋のセゾン」でデビュー。

2009年

2010年

  • 7月10日、研究生ユニット「ミニスカート」発表。
  • 7月18日、デビュー曲「ミニスカートの妖精」披露。
  • 12月8日、『AKB48劇場5周年特別記念公演』において、同期の大場美奈島崎遥香島田晴香永尾まりや中村麻里子森杏奈山内鈴蘭とともに、正規メンバーへの昇格が発表された。ただし既存チームに空き枠がなかったため、その後は正規メンバー56人に含まれながら所属はチーム研究生のままで、場合によっては研究生扱いにもなった。また、昇格に伴いそれまで正規メンバー最年少だった奥真奈美に代わって竹内が正規メンバー最年少となった[注 2]

2011年

  • 堀越学園高校入学[9]
  • 6月6日、TOKYO DOME CITY HALLで開催された『「見逃した君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜』・ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演において、チーム研究生に留め置かれていた他の正規メンバーとともにチーム4を結成することが発表された[10]

2012年

  • 3月24日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』2日目公演において、岩田華怜ら竹内より年少の研究生4名の昇格が発表されたため、正規メンバー最年少ではなくなった[11]
  • 3月25日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』3日目公演において、オー・エンタープライズへの移籍打診があったことが発表された[12][13]その後、正式に移籍した[要出典]
  • 5月2日 - 5月14日、『AKB48 ネ申テレビ』の企画で撮影した写真作品が、第86回国展写真部入選を果たし、同じく入選となった入山杏奈とともに国立新美術館に作品が展示される[14]
  • 5月23日に発売された26thシングル「真夏のSounds good !」において初めて表題曲の選抜入りを果たす[15]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チーム再編に伴うチームBへの異動とチーム4の消滅が発表された[16][17]
  • 9月18日に開催された『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』では7位で、選抜入りを果たす[18]
  • 11月1日、チームBに異動[19]
  • 11月3日、チームBウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[20]

2013年

2014年

  • 5月16日よりYouTubeに開設した竹内自身の公式チャンネルにおいて、不定期にカバー曲の配信を開始した。
映像外部リンク
竹内美宥卒業発表配信【#MIYUTUBE LIVE】2018年9月4日

2018年

  • 6月15日から8月31日まで放送された日韓オーディション番組『PRODUCE 48』に練習生として参加。最終選考まで残ったが、最終順位17位。
  • 9月4日、YouTubeとSHOWROOMの生配信でAKB48から卒業することを発表した[23][24]
  • 9月24日、11月28日発売のAKB48の54thシングル「NO WAY MAN」で、6年ぶりにAKB48のシングル表題曲の選抜メンバーとなることが発表された[25]
  • 12月25日の井上ヨシマサプロデュース「神曲縛り」公演の千秋楽において卒業公演が行われた[26]。AKB48としての活動は、2019年5月6日の「NO WAY MAN」発売記念大握手会で終了した[27]
  • 12月31日をもって、所属事務所のオー・エンタープライズとの契約が終了[28]

2019年

人物[編集]

AKB48[編集]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

表題曲[編集]

カップリング曲[編集]

アルバム選抜楽曲[編集]

ここにいたこと』に収録

  • High school days - 「チーム研究生」名義
  • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義

1830m』に収録

  • 恋愛総選挙 - 「YM7」名義
  • 直角Sunshine - 「チーム4」名義
  • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義

次の足跡』に収録

  • ぽんこつブルース
  • 悲しき近距離恋愛 - 「Team B」名義

ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録

  • To goで - 「倉持Team B」名義

0と1の間』に収録

  • ミュージックジャンキー - 「Team B」名義

その他の参加楽曲[編集]

シングルCD「初恋は実らない」(おじゃる丸シスターズ名義、2011年5月11日)に収録

  • 初恋は実らない(NHKアニメ「おじゃる丸」第14シリーズ(2011年)のエンディング・テーマ)
  • かたつむり〜おじゃる丸シスターズ・バージョン〜 (おぐまなみが歌った第13シリーズエンディング・テーマをカバーしたもの)

劇場公演ユニット曲[編集]

チーム研究生 Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 残念少女

チーム研究生 Stage「恋愛禁止条例」公演

  • 黒い天使

チーム研究生 Stage「シアターの女神」公演

  • 初恋よ こんにちは

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)
  • 初恋よ こんにちは(渡辺麻友のアンダー)
  • ロッカールームボーイ(近野莉菜のアンダー)

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • ミニスカートの妖精(前座ガールズ)

高橋みなみの全員曲アンダー

チームK 6th Stage「RESET」公演

  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)
  • 心の端のソファー(大島優子のアンダー)

大場チーム4「僕の太陽」公演

  • ヒグラシノコイ

梅田チームB ウェイティング公演

倉持チームB「パジャマドライブ」公演

  • 純情主義

木﨑チームB「ただいま 恋愛中」公演

  • Faint(渡辺美優紀のアンダー)※渡辺美優紀の兼任終了(NMB48卒業)後はレギュラーポジションに

リバイバル公演「僕の太陽」公演

参加作品[編集]

リリース日 アーティスト タイトル 最高
週間
順位
販売形態 レーベル 商品コード 備考
2015年9月30日 稲垣潤一 男と女5 43位 CD ユニバーサルミュージック UICZ-4333 参加曲:およげ!たいやきくん[39]
2017年9月27日 コバソロ これくしょん - CD+DVD
CD
VAP VPCC-80691(初回盤)
VPCC-81960(通常盤)
カバーアルバム
参加曲:君に届け3月9日
2018年5月10日 PRODUCE 48 NEKKOYA (PICK ME) - 配信限定 Stone Music Entertainment - 韓国のオーデション番組
PRODUCE 48」のテーマ曲。
2018年8月18日 PRODUCE 48 30 Girls 6 Concepts - 配信限定 Stone Music Entertainment - 参加曲:다시 만나(また会おう)
2018年9月1日 PRODUCE 48 PRODUCE 48 - FINAL - 配信限定 Stone Music Entertainment - 参加曲:We Together
メインボーカル担当
2019年2月20日 コバソロ これくしょん2 - CD VAP VPCC-86231 カバーアルバム
参加曲:未定

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • AKB0048(2012年) - 柳川葉月 役
  • AKB0048 next stage(2013年) - 柳川葉月 役

その他のテレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ゲーム[編集]

CM[編集]

PV[編集]

ライブ[編集]

  • MCU(2006年)

イベント[編集]

ウェブ連載[編集]

  • 三井住友銀行『Money VIVA』(2019年3月6日 - ) - 「山あり谷あり!平成から学ぶ ツンデレ経済学」[46]

書籍[編集]

雑誌[編集]

  • ニューズウィーク(日本版)(2014年2月4日号)
  • サウンド・デザイナー(2015年7月号 - 、サウンド・デザイナー)- 連載コラム「宅録ミユジック日記」

カレンダー[編集]

  • 竹内美宥 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 竹内美宥 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 竹内美宥 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

参考文献[編集]

  • 『日本タレント名鑑Kids & Junior 2008』VIP Times、242頁。ISBN 978-4-9901242-7-4

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2018』では、155.5㎝と記述[3]
  2. ^ 同学年ながら竹内の方が生年月日が遅い。

出典[編集]

  1. ^ a b c オー・エンタープライズ 公式プロフィール2018年8月12日時点でのオリジナルよりアーカイブ。 2019年3月8日閲覧。
  2. ^ PRODUCE 48 profilemnet
  3. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2018』119頁
  4. ^ 竹内美宥(AKB48チームB)×布施英利(美術批評家)美術館で連載対談 先生だけ立派ですいません - HAPPY PLUS ART(2014年9月30日)
  5. ^ 桑田佳祐の還暦祝い AKB48竹内美宥が『明日晴れるかな』を歌う TechinsightJapan 2016年3月3日
  6. ^ 2007年12月24日 OA”. 歌スタ!!. 日本テレビ. 2014年6月14日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 2008年2月25日 OA”. 歌スタ!!. 日本テレビ. 2014年6月14日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ News”. フルーツOfficial Web Site. GENERATOR TUNES (2009年). 2014年6月14日閲覧。
  9. ^ みんなの高校情報 堀越学園高校 卒業有名人
  10. ^ チーム4発足”. AKB48オフィシャルブログ. CyberAgent (2011年6月7日). 2019年1月19日閲覧。
  11. ^ “AKB48「業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ」2日目セットリスト&Photo”. スクランブルエッグ on the web. (2012年3月30日). https://www.scramble-egg.com/artist/akb48/171ssa03.htm 2016年6月17日閲覧。 
  12. ^ “メンバー15人の移籍先事務所発表”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年3月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120325-923197.html 2012年4月8日閲覧。 
  13. ^ “AKB横山&SKE松井玲奈ら15人が所属事務所移籍へ”. ORICONキャリア. オリコン. (2012年3月26日). http://career.oricon.co.jp/news/2009099/full/ 2016年6月17日閲覧。 
  14. ^ 第86回国展 入選者一覧
  15. ^ “AKB48、新曲選抜メンバーは過去最多36人 まゆゆ筆頭に次世代エース候補が台頭”. ORICON STYLE (ORICON NEWS) (oricon ME). (2012年3月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2009075/full/ 2019年3月5日閲覧。 
  16. ^ 組閣後新体制”. AKB48オフィシャルブログ. CyberAgent (2012年8月24日). 2019年1月19日閲覧。
  17. ^ “東京ドーム公演初日サプライズ!AKB、新チーム体制発表”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2012年8月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/24/kiji/K20120824003970850.html 2016年6月17日閲覧。 
  18. ^ “【AKBじゃんけん大会】次世代エース・島崎遥香が優勝 初センターに”. ORICON NEWS. オリコン. (2012年9月18日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2016888/full/ 2016年6月17日閲覧。 
  19. ^ “AKB48新組閣発足は11月1日、ウェイティング公演も決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年10月8日). http://natalie.mu/music/news/77879 2015年8月30日閲覧。 
  20. ^ “小嶋陽菜、親知らずでツインテール封印-AKB48・新チームBウェイティング公演”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年11月4日). http://news.mynavi.jp/news/2012/11/04/017/index.html 2016年6月17日閲覧。 
  21. ^ Twitter 2013年11月3日
  22. ^ アイドルグループ所属をキッカケに「表現者」が夢に。慶應SFCに現役合格! スペシャルインタビュー#15 竹内美宥 - 早稲田塾 2015年3月23日閲覧。
  23. ^ “AKB48竹内美宥、卒業を発表 「PRODUCE48」終え世界中からエール”. モデルプレス. (2018年9月4日). https://mdpr.jp/news/detail/1790506 2018年9月4日閲覧。 
  24. ^ “AKB48竹内美宥、年内いっぱいでグループ卒業”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月5日). https://natalie.mu/music/news/298339 2018年9月7日閲覧。 
  25. ^ AKB48、54thシングルセンター&選抜メンバー23名発表 宮脇咲良&矢吹奈子&本田仁美がAKB48グループ活動休止へ<初選抜3名>”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年9月24日). 2018年9月24日閲覧。
  26. ^ 竹内美宥の卒業公演と千秋楽のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ. CyberAgent (2018年12月13日). 2018年12月20日閲覧。
  27. ^ 竹内美宥の2018年10月5日のツイート2018年12月20日閲覧。
  28. ^ take_miyu112の2019年2月1日のツイート2019年2月1日閲覧。
  29. ^ “MYSTICエンターテインメントが「MYSTIC STORY」に社名変更を発表…コンテンツ創作中心企業へ”. Kstyle (LINE). (2019年3月25日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2113773 2019年3月25日閲覧。 
  30. ^ “【公式】MYSTICエンタ、竹内美宥(AKB48)との専属契約を発表「トレーニングからサポートしていく」”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2019年3月8日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2019/0308/10230812.html 2019年3月8日閲覧。 
  31. ^ メモリアルコンサート。中西勝之公式Blog  2009年3月4日
  32. ^ AKB48 研究生 竹内 美宥 さん TBS『有吉AKB共和国』ホームページ内 番組・出演者紹介
  33. ^ a b c FLASH』増刊「まるっとAKB48スペシャル」2011年5月1日号(光文社[要ページ番号]
  34. ^ Google+ 2012年5月9日
  35. ^ ネ申テレビ シーズン9 Vol.9 目指せ!カメラ女子
  36. ^ Google+ 2013年5月18日
  37. ^ 早稲田塾の卒業生 スペシャルインタビュー#15 竹内美宥
  38. ^ “AKB研究生ユニット「プリティーリズム」でゲームデビュー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2010年10月4日). http://natalie.mu/music/news/38574 2016年4月4日閲覧。 
  39. ^ 稲垣潤一×AKB 竹内美宥と43歳差デュエット 2015年8月13日、日刊スポーツ
  40. ^ M COUNTDOWN公式動画「Special Stage M COUNTDOWN 180823 EP.583 」 2018年8月23日配信
  41. ^ 『好夏zerφ4すいか ゼロフォー もしもし星』HP ATREE、2018年5月6日閲覧。
  42. ^ “AKB竹内美宥が初舞台で初主演”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2013年5月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20130530-1135018.html 2018年9月22日閲覧。 
  43. ^ 秋元康氏プロデュースAKB48研究生発アイドルユニットがゲームに登場!『プリティーリズム・ミニスカート』”. 共同通信PRワイヤー (2010年7月15日). 2016年2月10日閲覧。
  44. ^ タカラトミー、AC「プリティーリズム・ミニスカート」。アイドルユニット「ミニスカート」が、この秋ゲームに登場!!”. GAME Watch (2010年7月25日). 2016年2月10日閲覧。
  45. ^ 「プリティーリズム・ミニスカート」,新バージョンが10月中旬に稼動”. 4Gamer.net (2010年10月4日). 2016年2月10日閲覧。
  46. ^ “#1「バブルからデフレへ」Money VIVA(マネービバ)”. 三井住友銀行 Money VIVA (三井住友銀行). (2019年3月6日). https://money-viva.jp/tsundere-keizaigaku/0001/ 2019年3月24日閲覧。 

外部リンク[編集]