鈴木紫帆里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき しほり
鈴木 紫帆里
プロフィール
愛称 しほりん、ひほりん
生年月日 1994年2月17日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 A型
公称サイズ(2012年[1]時点)
身長 / 体重 171 cm / kg
活動
デビュー 2009年1月23日(7期生として)[注 1]
2010年10月30日(11期生として)[注 1]
ジャンル アイドル
備考 元AKB48 チームK
(元7期研究生→11期研究生→チームB)
その他の記録
活動期間
2008年12月 - 2009年9月
2010年7月 - 2015年5月
モデル: テンプレート - カテゴリ

鈴木 紫帆里(すずき しほり、1994年2月17日 - )は、日本の元アイドル。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

神奈川県出身。元AKS所属。

略歴[編集]

2008年

2009年

  • 1月23日、チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演で「ごめんね ジュエル」にバックダンサーとしてデビュー[要出典]
  • 8月23日の『組閣祭り』において、新生チームBに昇格することが発表される。
  • 8月29日の研究生公演において、辞退を発表[2]
  • 8月30日、チームB公演のアンダー(代役)出演が、7期研究生時代最後の劇場公演となる。
  • 9月20日、東京ビッグサイトで開催された握手会に参加。このイベントをもって、一旦AKB48から卒業。

2010年

  • 7月、『AKB48 第八回研究生(11期生)オーディション』に合格し、研究生候補となる。
  • 10月10日、野外ライブ「AKB48東京秋祭り」において11期研究生として初お披露目し、1年2か月ぶりにAKB48のメンバーとして復帰することになった。
  • 10月30日、チーム研究生公演に7期研究生時代最後の出演から436日ぶりの劇場公演に出演。

2011年

  • 1月20日、研究生が出演する『有吉AKB共和国』(TBS)に11期生としては初めてスタジオ収録に参加した。翌週にはロケにも参加している。
  • 5月21日、チームB 5th Stage「シアターの女神」公演においてチームBへ昇格することが発表された(11期生初の昇格)[3]
  • 11月8日、左大腿直筋腱々鞘炎のため、約1か月の間劇場公演を休むことを発表[4]

2012年

  • 3月2日、Google+秋元康の投稿においてぐぐたす選抜が発表され、9人目のメンバーとしてぐぐたす選抜入りを果たす。
  • 8月24日に開催された『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKに異動することが発表された[5]
  • 9月17日、ファッションイベント『東京ランウェイ』に小森美果とともに出演[6]
  • 11月1日、チームKに異動。チームKウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[7]

2014年

2015年

人物[編集]

  • シンガポールからの帰国子女。2011年10月のモバメでは2000年に1年間シンガポールに滞在していたことを言及している[要出典]
  • 特技は暗算で、2011年8月11日配信分の『AKB48 明日までもういっちょ!』で披露している。得意科目は数学であるが、2011年9月2日放送分『週刊AKB』抜き打ちテスト企画では、数学抜きでも3位/18名中(302/500点)の実力を示した[要出典]
  • 公式発表の出身地は本人が最も長く住んでいる神奈川県であるが、栃木県生まれ[要出典]
  • ブランドのイメージモデルになること、自らブランドを立ち上げることを目標としている[10]
  • AKB48の岩立沙穂は大学の先輩、NGT48の西潟茉莉奈は同級生である。[要出典]

AKB48[編集]

7期研究生時代

  • オーディションでは「愛のうた」(倖田來未)を歌い合格した[11][出典無効]
  • キャッチフレーズは、「ハイ、食いしん坊バンビ、しほりんこと鈴木紫帆里です」[要出典]
  • 研究生としてのデビュー当初から委員長キャラで、常に優等生だった。当時は、主に仁藤萌乃のアンダー(代役)を務めていた[11][出典無効]
  • 進学校の高校に入学して以降、「学業とAKBとどっちを取るかってのをずっと悩んでたので、それを悩んだままずっとAKB続けてると、他のメンバーさんにも申し訳ないっていうのを思ってたんで、どっちか自分で決めるっていう意味で、一度自分をAKBから離してみようと思って」、2009年8月23日、日本武道館で開催された「AKB48 104選抜メンバー組閣祭り」終了後に辞退をスタッフに伝えようと考えていたところ、同コンサートで新チームBへの昇格が発表されたため、「正直『あぁ…どうしよう…』というのをすごい(思って)、嬉しかったんですけど、戸惑いの方が多かった」。結局、昇格発表から6日後の同年8月29日、AKB48劇場での研究生公演で、同月末での研究生辞退を表明[11][出典無効]
  • AKB48メンバーで最も仲が良いのは、同期の佐藤すみれ(現・SKE48)で、鈴木を「ひほりん」と呼ぶ唯一の人物。後に、AKB48に戻るきっかけも、すみれの一声だったと言う[要出典]

11期研究生時代

  • 先述の通り、一旦は辞退したが、「同期生の子がテレビで見てて頑張ってる姿を見て刺激され」「諦めきれなかった」ことと、「AKBの方を、今しか出来ないことだと思って、で、私にとってどっちが大事かって言ったら、AKBの方が大事だったので、AKBに賭けようと思って、学校の勉強も大事だったんですけど、その旨を両親に伝えて」再度研究生オーディションを受けることを決心し、応募した[11][出典無効]
  • オーディションでも再受験の理由について聞かれ、「自分が一番成長できる環境が、AKBが整っていると思ったので」と述べている。歌唱試験では「自分らしさ」を歌い合格。合格後、本人が連絡していないにも関わらず、スタッフから鈴木の再合格を知らされた他のAKB48メンバーらから(7期同期の松井咲子から一番早く)「もう一度やれるんだね」というメールが届いたという[11][出典無効]
  • キャッチフレーズは、「高校2年生16歳のしほりんこと鈴木紫帆里です」[要出典]
  • 2011年4月24日の公演(11期再加入後101回目の公演)からキャッチフレーズは「はい! シアターを支える3本目の柱になりたい、しほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」に変わった[要出典]
  • 「チームB推し」での愛称は「パープル・バンビ」。多田愛佳が名付け親である[要出典]
  • チームKの秋元才加宮澤佐江の「ツインタワー」に対して、佐藤すみれと2人で「ダブルタワー」と称されることがある[要出典]
  • 各チームのアンダーとして劇場公演に出演する場合、チームA公演では篠田麻里子、チームK公演では宮澤佐江、チームB公演では河西智美などエース級メンバーのアンダーを務めた[12][出典無効]

正規メンバー昇格後

AKB48在籍時の参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

アルバムCD選抜楽曲[編集]

  • ここにいたこと』に収録
    • High school days - 「チーム研究生」名義
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m』に収録
    • ノーカン - 「チームB」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡』に収録
    • 共犯者 - 「Team K」名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録
    • Conveyor - 「横山Team K」名義

劇場公演ユニット曲[編集]

チームB 4th Stage 「アイドルの夜明け」公演

  • 片思いの対角線
    ※バックダンサーもしくは仁藤萌乃のアンダー

研究生「アイドルの夜明け」公演

  • 片思いの対角線(途中降板)

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • ごめんねジュエル(バックダンサー)

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演

  • スコールの間に(バックダンサー)
  • 真夏のクリスマスローズ(バックダンサー)
  • 黒い天使※
    藤江れいなのポジションのアンダーとして前田敦子休演時に出演

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

研究生「シアターの女神」公演

  • キャンディー

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

チーム研究生時代

  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)
  • 嵐の夜には
    鈴木まりやのアンダー
  • キャンディー
    河西智美のアンダー

チームB昇格後

  • 初恋よ こんにちは
    ※旧・奥真奈美ポジション

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • サボテンとゴールドラッシュ
    篠田麻里子のアンダー

チームK 6th Stage「RESET」公演

  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)
  • 奇跡は間に合わない
    ※宮澤佐江のアンダー
  • 明日のためにキスを
    秋元才加のアンダー

THEATRE G-ROSSO 「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 初めてのジェリービーンズ
    前田敦子のアンダー

大島チームK ウェイティング公演

チームKウェイティング公演II「最終ベルが鳴る」公演

梅田チームB ウェイティング公演

チームK 7th Stage「RESET」公演

  • 奇跡は間に合わない
    兒玉遥休演時には兒玉のポジションにスライド
  • 明日のためにキッスを
    横山由依のユニットアンダー

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

ファッションショー[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

カレンダー[編集]

  • 鈴木紫帆里 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 鈴木紫帆里 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 鈴木紫帆里 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 通常公演に初めて出演した日
  2. ^ 2012年現在、AKB48グループで身長が最も高いのは、井口栞里、荻野利沙(以上SKE48)、安陪恭加(HKT48)の174cm[要出典]
  3. ^ 「ウェイティング公演」95公演、「 ウェイティング公演II 最終ベルが鳴る」11公演の計106公演[要出典]

出典[編集]

  1. ^ AKB48最高身長・鈴木紫帆里ヒストリー 一度あきらめたAKB48に彼女が復帰を遂げた理由 - 日刊サイゾー(2012年6月4日)
  2. ^ 鈴木紫帆里”. AKB48オフィシャルブログ (2009年8月29日). 2016年11月5日閲覧。
  3. ^ 昇格のお知らせ AKB48オフィシャルブログ(2011年5月21日)
  4. ^ 鈴木紫帆里の足の怪我のご報告 AKB48オフィシャルブログ(2011年11月9日)
  5. ^ 組閣後新体制 AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  6. ^ もえ絶賛!小森美果&鈴木紫帆里がモデル - 日刊スポーツ(2012年9月17日)2012年9月18日閲覧。
  7. ^ AKB48新チームK始動、公演初日にキャプテン大島優子が涙 - ナタリー(2012年11月3日)
  8. ^ 鈴木紫帆里 - Google+(2014年2月27日)
  9. ^ a b お知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2015年2月16日). 2015年2月17日閲覧。
  10. ^ 「AKB48GROUPコラムロワイヤル お仕事ください」 - 週刊プレイボーイ(2013年5月27日号135頁)
  11. ^ a b c d e 『週刊AKB』 2011年8月19日放送分
  12. ^ 『有吉AKB共和国』2011年6月2日付放送分
  13. ^ AKB48 部屋っ子 - Google+(2011年12月18日)
  14. ^ 鈴木紫帆里 - Google+(2014年4月16日)
  15. ^ 2015年8月16日 22:04(JST)のツイート - 牧野アンナ

外部リンク[編集]