制服が邪魔をする

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
制服が邪魔をする
AKB48シングル
収録アルバム SET LIST〜グレイテストソングス 2006-2007〜
B面 Virgin love
リリース 2007年1月31日
規格 マキシシングル
録音 2007年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル デフスターレコーズ
作詞・作曲 秋元康(作詞)
井上ヨシマサ(作曲)
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
  • 週間7位(オリコン
  • 登場回数5回(オリコン)
AKB48 シングル 年表
会いたかった
2006年
制服が邪魔をする
(2007年)
軽蔑していた愛情
(2007年)
テンプレートを表示

制服が邪魔をする」(せいふくがじゃまをする)は日本の女性アイ ドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、井上ヨシマサにより作曲されている。2007年1月31日にAKB48のメジャー2作目[1]シングルとしてデフスターレコーズから発売された。初選抜者は増田有華、大江朝美、戸島花、成田梨紗、梅田彩佳、小林香菜、野呂佳代、松原夏海が選抜落ち。


楽曲は『チームA 3rd Stage「誰かのために」』『チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」』で使用されているものである。楽曲のシングル盤は初回生産限定盤と通常盤の2種類がリリースされた。両者ともCDの収録内容は同一で、初回生産限定盤のみDVDが付属している。CDのカップリング曲である「Virgin love」は、『チームK 2nd Stage「青春ガールズ」』からの楽曲である。

キャッチコピーは「お父さん、ごめんなさい・・・」。楽曲のTVスポットは前田敦子がナレーションを担当した。楽曲のセンターポジションは前田敦子高橋みなみ

楽曲発売日の1月31日、楽曲のテーマとなっている渋谷のパーク王渋谷文化村通り第1駐車場で、16時30分から、チームA、Kから選ばれた14名が事前告知なしのストリートライブを行い、続いて19時30分からタワーレコード渋谷店B1のSTAGE ONEでミニライブを行った。

楽曲はメジャーデビュー後初の週間TOP10入りを記録した。

楽曲のミュージック・ビデオ須永秀明が監督を務めた。屋外ロケは、ドラマシーンは渋谷センター街など渋谷各所、歌唱シーンは埼玉県の畑トンネルで行われた。なおこの場所は、のちに発売された板野友美のソロシングル曲「10年後の君へ」のロケ地でもある。

楽曲はテレビ朝日系『三竹天狗』エンディングテーマに起用された。

シングル収録トラック[編集]

初回生産限定盤[編集]

全作詞: 秋元康全作曲: 井上ヨシマサ全編曲: 井上ヨシマサ。

CD
# タイトル 時間
1. 「制服が邪魔をする」   4:45
2. 「Virgin love」   4:12
3. 「制服が邪魔をする (Instrumental)」    
4. 「Virgin love (Instrumental)」    
DVD
# タイトル 時間
1. 「制服が邪魔をする」    
2. 「making of「制服が邪魔をする」」    

通常盤[編集]

全作詞: 秋元康、全作曲: 井上ヨシマサ、全編曲: 井上ヨシマサ。

CD
# タイトル 時間
1. 「制服が邪魔をする」   4:45
2. 「Virgin love」   4:12
3. 「制服が邪魔をする (Instrumental)」    
4. 「Virgin love (Instrumental)」    

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ インディーズデビュー作を含めると通算4作目に当たる。

参考文献[編集]

  • AKB48 『制服が邪魔をする』 DefSTAR RECORDS、2007年1月31日ASIN B000LP4P8W