鈴木まりや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:人物の画像提供をお願いします。2015年12月
すずき まりや
鈴木 まりや
Replace this image JA.svg
鈴木 まりや
プロフィール
愛称 まりやんぬ
やんぬさん
生年月日 1991年4月29日
現年齢 25歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 AB型
公称サイズ(2013年[1]時点)
身長 / 体重 159 cm / kg
スリーサイズ 81 - 62 - 89 cm
活動
ジャンル アイドル
所属グループ AKB48 チームK
(元AKB48 7期研究生→チームB→SNH48 チームSII専任→チームA兼任→チームK兼任)
活動期間 2009年 -
事務所 フレイヴ エンターテインメント
公式サイト 所属事務所プロフィール
アイドル: テンプレート - カテゴリ

鈴木 まりや(すずき まりや、1991年4月29日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーである。

埼玉県出身。フレイヴ エンターテインメント所属。

略歴[編集]

2009年

  • 1月に開催された『リクエストアワーセットリストベスト100 2009』(SHIBUYA-AX)でお披露目[2]
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームAメンバーに昇格することが発表されたが[3]、その後2010年2月28日の研究生公演において、昇格先がチームBに変更されたことが発表され[4]、同年5月21日にチームBへ正式に昇格、同日から始まった『チームB 5th Stage「シアターの女神」』公演から参加。

2010年

  • 3月25日に開催された『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演において、ドレスコード移籍打診が発表され[5]、同年11月1日、同社所属となったことがホームページにおいて発表された。

2011年

  • 11月26日公開の『こっくりさん 劇場版』で映画初主演[6]

2012年

  • 6月2日公開の『2ちゃんねるの呪い 新劇場版 本危』で映画2作目の主演[7]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、SNH48へ移籍することが発表された[8][9]
  • 11月1日、SNH48に移籍。

2013年

  • 1月25日、2012年12月31日付でドレスコードとの契約を解除し、2013年1月1日からフレイヴエンターテインメントへ移籍したことを発表[10]
  • 4月28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日の夜公演にて、AKB48チームAを兼任することが発表され[11]、同日付をもって兼任が開始された[12]
  • 10月11日、上海のSNH48劇場において行われた「最終ベルが鳴る」公演において、宮澤佐江とともにSNH48メンバーとして初出演を果たす[13]
  • 11月11日、SNH48の新チームが結成され、チームSIIへ配属された。

2014年

  • 2月24日、Zepp DiverCityで開催された「AKB48グループ大組閣祭り」において、兼任先がチームKに変更されることが発表される[14]
  • 4月24日、兼任先がチームKに変更。

2016年

  • 6月10日、チームK専任になる[15]

人物[編集]

  • キャッチフレーズは「3時のおやつはまりやんぬ」[1]
  • 「まりやんぬ」というニックネームは中学校時代の隣の席の女の子が、「3時のおやつは…」のキャッチフレーズはファンがそれぞれ考案したもの[16]。ちなみにブログで母親は「ママやんぬ[17]」、父親は「パパやんぬ[17]」、2歳上の兄は「兄やんぬ[17]」と表現する。なお、SNH48移籍後は、宮澤佐江が考案した「やんぬさん」のニックネームも使用されている[18]
  • 料理をするのが好きで、料理番組への出演を希望している[19]
  • ジェルネイルを自らの爪に施せるほど技術を勉強しており[19]、ジェルネイル検定初級に合格している[20]
  • 同期の松井咲子と仲が良く、2人の出身地である埼玉県の愛称「彩の国」に由来する「彩ニング☆ガールズ」を名乗っている[21]大家志津香と元SDN48梅田悠とはいつの間にか仲良くなり、飲食店で長時間話込んだり、ダンスを教えて貰うとのこと。さらに元AKB48・浦野一美は好きな服のメーカーや系統が鈴木と共通することなどで憧れの人ととしている[22]
  • 前田敦子とはAKB48加入前から元々遠い知り合いだった[2]
  • 2010年10月10日に開催された『AKB48東京秋祭り』2日目「ぐだぐだカラオケ大会」の一発芸コーナーに内田眞由美横山由依永尾まりやと鈴木の4名で「チーム体育会系アイドル」として登場し、鈴木は側転とフラフープを披露した[23]
  • AKB48の楽曲で最も好きなのは「わがままな流れ星[2]
  • AKB48に加入してから、一度もシングル表題曲の選抜メンバーに入ったことがない。選抜総選挙はAKB48で8回、SNH48で1回参加しているが、ランクインしたことはない。
  • プロ野球は、北海道日本ハムファイターズのファンである[24]

SNH48・AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

AKB48名義

アルバムCD選抜楽曲[編集]

AKB48名義

SNH48名義

  • 一心向前』に収録
    • 遙遠的彼岸(So long !)
    • 櫻花書籤(桜の栞)
    • 劇場女神(シアターの女神)

劇場公演ユニット曲[編集]

SNH48名義

チームSII 1st Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 夜蝶(おしべとめしべと夜の蝶々)

AKB48名義

チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演

  • スコールの(バックダンサー)
  • 真夏のクリスマスローズ ※
    ※バックダンサーもしくは中田ちさと篠田麻里子休演時)のアンダー(瓜屋茜卒業後)
  • 恋愛禁止条例
  • 黒い天使(藤江れいな・中田のアンダー)

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 片思いの対角線(バックダンサー)

研究生 「アイドルの夜明け」公演

  • 愛しきナターシャ
  • 残念少女
    瓜屋茜休演時

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

  • わがままな流れ星
    ※バックダンサーもしくは小林香菜のアンダー

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • 嵐の夜には
  • ロッカールームボーイ ※
    平嶋夏海のユニットアンダー

篠田チームAウェイティング公演

横山チームA ウェイティング公演

チームK 7th Stage「RESET」公演

  • 心の端のソファー ※
    小嶋真子のアンダー
  • 奇跡は間に合わない ※
    鈴木紫帆里卒業公演後、鈴木紫のポジションを担当

田原総一朗 「ド〜なる?!ド〜する?!AKB48」公演

チームK 8th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • リターンマッチ※
    藤田奈那のアンダー
  • 22人姉妹の歌※
    高城亜樹卒業公演後、高城のポジションを担当。峯岸みなみ不在時は、峯岸のポジションにスライド。

チームB 7th Stage「ただいま 恋愛中」公演

  • 純愛のクレッシェンド※
    岩佐美咲のアンダー

リバイバル公演「僕の太陽」公演

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

  • こっくりさん 劇場版(2011年11月26日、ジョリー・ロジャー) - 主演・大島絵梨 役[25]
  • 2ちゃんねるの呪い 新劇場版・本危(2012年6月2日、ジョリー・ロジャー) - 主演・木南結香 役[26]
  • こっくりさん 劇場版 新都市伝説(2014年2月8日、チャンス イン) - 主演・マリ 役[27]
  • 永遠のダイヤモンド(2015年12月、ネクストモードスケッチ) - 紗希 役

舞台[編集]

  • Alice in Deadly School(2010年10月14日 - 10月17日、品川・六行会ホール) - 堂本千十合 役[要出典]
  • 落下ガール(2011年2月3日・4日、渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール) - 日替わりゲスト 白金清美 役[要出典]
  • 努力しないで出世する方法(2011年3月9日・3月13日、笹塚ファクトリー) - みゅう 役[要出典]
  • Stranger than Paradise〜深愛〜(2011年8月11日、池袋・シアターグリーン BOX in BOX THEATER) - 須藤編集長 役[要出典](特別友情出演)

広告[編集]

  • ADREE(2014年) - Autumn & Winter Collection イメージモデル[28]

DVD[編集]

  • 怨霊映像 恐篇(2011年2月2日、レンタルのみ)鈴木まりや の怪談朗読
  • こっくりさん 劇場版(2011年12月21日) - 主演・大島絵梨 役

イベント[編集]

  • こっくりさん 劇場版DVD発売イベント(2011年12月21日、秋葉原神ホール)
  • まりやんぬわねっと(2012年11月16日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
  • まりやんぬ22歳バースデーパーティー「やんぬでやんす!」(2013年4月29日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターカフェ)

ネット配信[編集]

PV[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • Cool Music→Cool当代歌坛 連載「〜SNH48鈴木まりや 上海留学日記〜」。(2013年5月 - 2014年8月、上海大嘴广告传媒)

カレンダー[編集]

  • 鈴木まりや 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 鈴木まりや 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 鈴木まりや 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “鈴木まりや AKB48名鑑”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/akb48/profile/suzukimariya.html 2014年10月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d 別冊宝島 AKB48推し!』(宝島社[要ページ番号]
  3. ^ AKB48 新内閣”. AKB48オフィシャルブログ (2009年8月24日). 2016年1月1日閲覧。
  4. ^ お知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2010年2月28日). 2016年1月1日閲覧。
  5. ^ AKBメンバー所属事務所発表”. AKB48オフィシャルブログ (2010年3月26日). 2016年1月1日閲覧。
  6. ^ “AKB48鈴木まりやが初映画初主演で『こっくりさん』と戦う女子高生に挑戦”. Web De-View. オリコン. (2011年10月18日). http://www.oricon.co.jp/news/deview/2002836/ 2016年1月1日閲覧。 
  7. ^ 『2ちゃんねるの呪い 新劇場版 本危』公式サイト
  8. ^ 組閣後新体制”. AKB48オフィシャルブログ (2012年8月24日). 2016年1月1日閲覧。
  9. ^ “東京ドーム公演初日サプライズ!AKB、新チーム体制発表”. スポーツニッポン. (2012年8月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/24/kiji/K20120824003970850.html 2016年1月1日閲覧。 
  10. ^ 鈴木まりや (2013年1月26日). “2日目終了~”. オフィシャルブログ「やんぬさん。」. 2016年1月1日閲覧。
  11. ^ “AKB48、夏に5大ドーム公演決定&新たなグループ兼任発表”. ナタリー. (2013年4月28日). http://natalie.mu/music/news/89690 2016年1月1日閲覧。 
  12. ^ 2013年4月28日付けでAKB48公式サイト「メンバー情報」に「AKB48チームA兼任」が追加された
  13. ^ “念願のSNH48初ステージ!宮澤&鈴木、中国語で熱唱”. ナタリー. (2013年10月12日). http://natalie.mu/music/news/101276 2016年1月1日閲覧。 
  14. ^ AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 AKB48 AKB48オフィシャルサイト
  15. ^ 鈴木まりや 兼任解除のお知らせ”. AKB48オフィシャルブログ (2016年6月10日). 2016年6月10日閲覧。
  16. ^ 鈴木まりや (2010年8月25日). “*チケット発売!&質問回答*”. オフィシャルブログ「やんぬさん。」. 2016年1月1日閲覧。
  17. ^ a b c 鈴木まりや (2011年4月28日). “パパちゃんぴんおめでと!”. オフィシャルブログ「やんぬさん。」. 2016年1月1日閲覧。
  18. ^ 宮澤佐江. “Hey!Yo!!お待たせ♪♪”. オフィシャルブログ「おやすみなさえ」. 2016年1月1日閲覧。
  19. ^ a b 鈴木まりや (2014年1月11日). “お料理×ネイル”. オフィシャルブログ「やんぬさん。」. 2016年1月1日閲覧。
  20. ^ 実はジェルネイル検定初級に合格しましたー(´∨`)ノ - Google+(2014年5月12日)
  21. ^ 松井咲子 (2011年6月4日). “ちびっこからのロケット鉛筆の人気は異常”. オフィシャルブログ「さきっciao」. 2016年1月1日閲覧。
  22. ^ 鈴木まりや (2010年9月21日). “*SDN48*”. オフィシャルブログ「やんぬさん。」. 2016年1月1日閲覧。
  23. ^ 『AKB48 東京秋祭り』DVDより
  24. ^ 鈴木まりや (2014年9月26日). “運命の再会!”. オフィシャルブログ「やんぬさん。」. 2016年1月1日閲覧。
  25. ^ こっくりさん 劇場版 | Movie Walker - Movie Walker
  26. ^ 2ちゃんねるの呪い 新劇場版・本危 | Movie Walker - Movie Walker
  27. ^ こっくりさん 劇場版 新都市伝説 | Movie Walker - Movie Walker
  28. ^ 2014カタログページ - ADREE 2014年10月5日閲覧。
  29. ^ 奥華子、「冬花火」本来のMVに鈴木まりや(SNH48/AKB48)が出演決定 - BARKS(2014年1月16日)

外部リンク[編集]