AKB48 SHOP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AKB48 CAFE&SHOP NAMBA

AKB48 SHOP(エイケイビーフィーティエイトショップ)は、日本女性アイドルグループAKB48」のグッズ直営店である。

ここでは姉妹グループの店舗ならびに「CAFE&SHOP」(カフェ&ショップ)についても説明する。

概要[編集]

AKB48劇場が開設した際、ロビーにグッズ売場および「48's Cafe」と呼ばれるカフェスペースが設置されたのが始まりである。「48's Cafe」は2008年末に閉鎖となり、ロビーのグッズ売り場もAKB48劇場のあるドン・キホーテ秋葉原店5階に作られた「AKB48 SHOP」に移転する形で2009年12月8日に営業を終了した。

全国各地にある「AKB48 SHOP」は、ドン・キホーテの店舗内に併設する形で存在していたが、2015年12月に全店舗が閉店となっている(詳細は後述)。

2011年7月30日に原宿竹下通りにカフェを併設した「AKB48オフィシャルショップ原宿」がオープンした(入居ビル改築のため2012年1月に閉店)。2011年9月29日には、「AKB48 CAFE&SHOP」の1号店となる「AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA」が秋葉原駅にオープンした[1]。「AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA」は、2013年1月末に敷地面積を約2倍に拡張する改修工事を行い、2月2日にリニューアルオープンした。福岡天神にあった「AKB48 CAFE&SHOP HAKATA」は2017年1月15日をもって閉店した[2]大阪難波にあった「AKB48 CAFE&SHOP NAMBA」も2017年3月31日をもって閉店した[3]

姉妹グループのうちNMB48にはグッズ直営店「NMB48 SHOP」があり、SKE48については劇場のあるサンシャイン栄内に「AKB48 CAFE&SHOP」と同じ形態を持つ「SKE48 CAFE&SHOP with AKB48」が、2012年12月9日にオープンした[4]

経営および運営管理については、「AKB48 CAFE&SHOP」はAKSフィールズが、「SKE48 CAFE&SHOP with AKB48」はAKSとサンシャイン栄が、「NMB48 SHOP」は吉本興業京楽産業.の合弁会社であるKYORAKU吉本.ホールディングスが、それぞれ担当している。

店舗一覧[編集]

AKB48[編集]

AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA[編集]

基本情報

  • オープン日:2011年9月29日[5]
  • 所在地:東京都千代田区神田花岡町1-1
  • 営業時間:(祝前日を除く月〜木)11:00 - 22:00(金・祝前日)11:00 - 22:30(土)10:00 - 22:30(日・祝日)10:00 - 22:00

カフェは全日23:00まで。ただしラストオーダーは22:00までとなっている。

施設概要

  • カフェは2種類あり、AKB48のメンバーが考案した飲食物が楽しめる「カフェエリア」と過去に行われた劇場公演を大型スクリーンに映し出した「シアターカフェ」がある。またテイクアウト用の「カフェテラ」も存在する。
  • ショップエリアは2か所あり、メンバーの生写真専門コーナーとAKB48およびその姉妹グループのグッズを販売しているコーナーがある。
  • 最大16人のグループで貸し切りにできる「プライベートルーム」がある。壁面にはAKB48メンバーのサインや落書きが描かれている。
  • トイレへ通じる通路の壁面には、AKB48劇場同様メンバーの肖像写真が飾られている。
  • 「シアターカフェ」では、月〜金の夕方に『AKB48のあんた、誰?』(NOTTV)の公開生放送が行なわれていた(NOTTVの閉局に伴い2016年6月30日で終了)。

AKB48 CAFE&SHOP HAKATA[編集]

基本情報

  • 営業期間:2012年3月20日[5] - 2017年1月15日[2]
  • 所在地:福岡市中央区大名1-12-6 NEO大名Ⅰ
  • 営業時間:(平日)11:00 - 21:00(土・日・祝日)10:00 - 21:00

施設概要

  • AKB48のメンバーが考案した飲食物が楽しめる「カフェコーナー」とAKB48およびその姉妹グループのグッズを販売している「ショップコーナー」がある。
  • HKT48の本拠地であり、かつHKT48には直営ショップが存在しないため、当店ではHKT48のグッズコーナーを多めにとっている。また博多限定のグッズも置いている。

AKB48 CAFE&SHOP NAMBA[編集]

基本情報

  • 営業期間:2012年4月4日[5] - 2017年3月31日[3]
  • 所在地:大阪市中央区難波千日前11-6 なんばグランド花月1階
  • 営業時間:(平日)11:00 - 21:00(土・日・祝日)10:00 - 21:00

施設概要

  • AKB48のメンバーが考案した飲食物が楽しめる「カフェコーナー」とAKB48およびその姉妹グループのグッズを販売している「ショップコーナー」がある。
  • ショップコーナーの規模は最大であり、大阪限定のご当地グッズを置いている。
  • 当店からサウスロード千日前を堺筋方面へ進んだところに「NMB48 SHOP」が存在する。

AKB48 SHOP[編集]

グッズのみ販売。2015年12月時点で31店舗が存在していた。2015年12月8日にAKB劇場が10周年を迎えたことを記念する特別企画を展開するための準備作業に取り掛かるという理由から、12月27日より全31店舗が一時閉店となっている。再オープンの日時は発表されていない。

海外店舗[編集]

以下の3か所に存在する。以前はシンガポールにも出店していた。

中国香港
2010年10月24日に初の海外店舗としてオープンされた[6]。「AKB48オフィシャルショップ香港」と併設する形で「AKB48ミュージアム香港」がある。ただし公式フェイスブックページにおいて、2014年9月半ばを目処に営業していた西九龍地区の店を閉じ、別の場所で営業再開を目指す方針を発表している。
台湾台北市
「AKB48オフィシャルショップ台湾」がある。以前は別の場所に「AKB48オフィシャルショップ&カフェ台湾」という名称で、「AKB48 CAFE&SHOP」とほぼ同じスタイルとなっていた(ただしカフェは飲み物のみ)。2015年7月に実店舗を再び閉じており、その後はネットショップのみで営業している。
中国上海市
「AKB48オフィシャルショップ上海」がある。2011年11月22日にオープンされた[7]

SKE48[編集]

SKE48 CAFE&SHOP with AKB48[編集]

基本情報

  • オープン日:2012年12月9日
  • 所在地:愛知県名古屋市中区錦3-24-4 サンシャイン栄5階
  • 営業時間:11:00 - 23:00(ただし翌日が平日の日・祝日は10:00 - 22:00)

施設概要

  • 基本的に「AKB48 CAFE&SHOP」と同じ構成であるが、以下の点で違いがみられる。
    • 「AKB48 CAFE&SHOP」が黒、白、桃色をベースにしているのに対し、「SKE48 CAFE&SHOP with AKB48」は黄色と橙色をベースにしている。
    • 「カフェコーナー」はSKE48のメンバーが考案した飲食物を提供している。
    • 「グッズコーナー」はSKE48関連の生写真やグッズが中心であるが「with AKB48」の名前の通りAKB48専用のコーナーもあり、他の姉妹グループのグッズも置いている。
  • カフェコーナーのカウンターはアメリカ合衆国スクールバスを模したデザインとなっている。
  • 店内での写真撮影は、カフェコーナーの座席内でのみ許可されている。それ以外の場所での撮影は禁止。
  • 「グッズコーナー」に割り当てられるスペースが狭いために、販売されるグッズは、定期的に入れ替えを行っている。
  • 混雑時には入店制限をかけ、出入り口の左側にショップ、右側にカフェの入場待ち列を形成させている。

SKE48 SHOP[編集]

東京・渋谷に店舗を構えていたが、2012年9月に閉店した。

NMB48[編集]

NMB48 SHOP[編集]

  • 所在地:大阪市中央区難波千日前3-15 吉本本館1階(NMB48劇場からサウスロード千日前を堺筋方面へ進み、なんばグランド花月を超えたあたりの左手側にある)
  • 営業時間:12:00 - 21:00

オンラインショップ[編集]

上述の店舗以外にAKB48・SKE48・NMB48・JKT48公式のECサイト(オンラインショップ)がある。以前はSKE48・NMB48が直営サイト、AKB48はセブンネットショッピング内に、JKT48は楽天市場内に設けていた。

2014年にAKB48が、国内グループのネットショップをセブンネットから撤退して自主運営に切り替え、これに併せSKE48のショップを吸収、NMB48・HKT48のグッズも取り扱うようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “高橋みなみ「AKB会開いて」 秋葉原にAKBカフェがオープン”. 映画・エンタメガイド コラム (日本経済新聞社). (2011年9月29日). オリジナル2011年10月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111009222142/http://www.nikkei.co.jp/category/offtime/eiga/column/article.aspx?id=MMGEzx000029092011 
  2. ^ a b 閉店のご案内”. AKB48カフェ&ショップ博多のブログ. サイバーエージェント (2017年1月5日). 2017年1月17日閲覧。
  3. ^ a b 閉店のご案内”. AKB48カフェ&ショップなんばのブログ. サイバーエージェント (2017年3月31日). 2017年4月1日閲覧。
  4. ^ SKE48 CAFEが開店! メンバー考案メニューのほか、直にかき混ぜたぬか漬けも(2012年12月10日、マイナビニュース
  5. ^ a b c AKB48 CAFE&SHOP HISTORY(2013年11月10日時点のアーカイブ
  6. ^ 「10月24日」『AKB48公式ダイアリー 2013-2014』ぴあ、2013年3月6日。 ISBN 978-4-8356-1826-5
  7. ^ 「11月22日」『AKB48公式ダイアリー 2013-2014』ぴあ、2013年3月6日。 ISBN 978-4-8356-1826-5

外部リンク[編集]

CAFE&SHOP関連[編集]

オンラインショップ関連[編集]

海外店舗[編集]