ハート・エレキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハート・エレキ
AKB48シングル
初出アルバム『ここがロドスだ、ここで跳べ!
B面 快速と動体視力
キスまでカウントダウン
細雪リグレット
君だけにChu ! Chu ! Chu !
Tiny T-shirt
清純フィロソフィー
君の瞳はプラネタリウム
リリース
規格 シングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POP
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
丸谷マナブ(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2013年10月度月間1位(オリコン)
  • 2013年度年間3位(オリコン)
  • 登場回数37回(オリコン)[2]
  • 週間1位(Billboard Japan Hot 100
  • AKB48 シングル 年表
    恋するフォーチュンクッキー
    (2013年)
    ハート・エレキ
    (2013年)
    鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
    (2013年)
    ミュージックビデオ
    ハート・エレキ -Dance ver.-
    ここがロドスだ、ここで跳べ! 収録曲
    2人はデキテル
    (DISC1-7)
    ハート・エレキ
    (DISC1-8)
    心のプラカード
    (DISC1-9)
    テンプレートを表示

    ハート・エレキ」は、日本の女性アイドルグループ・AKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、丸谷マナブにより作曲されている。2013年10月30日にAKB48のメジャー33作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1][3]。楽曲のセンターポジションは小嶋陽菜が務めた[4]

    背景とリリース[編集]

    楽曲のシングル盤は「TypeA」の初回限定盤と通常盤、「TypeK」の初回限定盤と通常盤、「TypeB」の初回限定盤と通常盤、「Type4」の初回限定盤と通常盤、「劇場盤」の9形態によって発売されている。

    特典として、TypeA、K、B、4の8種にはバンドニックネームステッカー(全16種、ランダムで1枚封入)が封入されている。これに加え、各Typeそれぞれの初回限定盤には全国握手会イベント参加券1種(ランダム)、それぞれの通常盤には生写真1種(ランダム)が封入されている。

    劇場盤には「劇場盤発売記念大握手会参加券+オリジナルクレジット入りメンバー個別生写真1枚」「劇場盤発売記念大握手会当日メンバー指名参加券+オリジナルクレジット入りメンバー個別生写真1枚」「オリジナルクレジット入りメンバー個別生写真2枚」の3種の特典があり、いずれか1つを選択できる。

    キャッチコピーは「人差し指は魔法の杖」。

    楽曲は、2013年9月18日に日本武道館において開催された『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』の前座として挙行されたミニライブで初披露された。楽曲のセンターポジションは小嶋陽菜。小嶋は初めて単独でセンターポジションを務める。

    CDとDVDともにレーベル面がGS風な楽曲に合わせ、レコード風になっており、溝のような凹凸のデザインが施されている。デザインを担当したのはスピッツ椎名林檎坂本真綾などのアーティストのアートディレクションを手掛ける木村豊によるものである。

    「ハート・エレキ」のミュージック・ビデオは、金子修介により撮影され、選抜メンバーが1960年代のグループ・サウンズをイメージしたバンド「The G.FINGERS」のメンバーという設定で、GS伝説の男・ジミー役で井上順、リポーター役で伊藤さとりも出演している[5]。撮影は2013年9月に東京都調布市のスタジオや千葉県木更津市で2日間にわたって行われ、同年10月5日に京セラドーム大阪において開催された『32ndシングル「恋するフォーチュンクッキー」全国握手会』イベント冒頭で初公開された。

    楽曲はひかりTVAKB48グループ ドラフト会議』CMソングに使用されている。

    『AKB48 リクエストアワー セットリストベスト200 2014』では、「ハート・エレキ」が49位、シングルカップリング曲の「清純フィロソフィー」が1位に選ばれた。

    楽曲は、AKB48の姉妹グループであったSNH48によりカバーされている。このバージョンはグループの4作目のEPとしてリリースされている。

    チャート成績[編集]

    「ハート・エレキ」のシングルCDは、発売前日(集計初日)の2013年10月29日付オリコンデイリーシングルチャートにおいて、推定売上枚数約102万1000枚で初登場1位を記録した。これにより集計初日のみでミリオンセラーを達成した。AKB48のシングルのミリオンセラー達成は「桜の木になろう」から14作連続・通算15作目となった。連続ミリオンセラー達成数ではB'zが持っていた記録(13作連続)を約17年5か月ぶりに更新し、AKB48が単独1位となったほか、通算達成数でもAKB48が同じくB'z(15作)と並ぶ1位タイとなった[6]

    その後、同年11月11日付オリコン週間シングルチャートにおいて、初週売上枚数約120万4000枚で初登場1位を記録した。AKB48のシングルの1位獲得は「RIVER」から20作連続・通算20作目となり、松田聖子浜崎あゆみに続いて女性アーティスト史上3組目となる20作連続首位を達成した[7]

    シングル収録トラック[編集]

    TypeA[編集]

    初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ハート・エレキ」秋元康丸谷マナブ増田武史
    2.「快速と動体視力」(アンダーガールズ)秋元康俊龍野中“まさ”雄一
    3.「キスまでカウントダウン」(Team A)秋元康杉山勝彦杉山勝彦、有木竜郎
    4.「ハート・エレキ (off vocal ver.)」    
    5.「快速と動体視力 (off vocal ver.)」    
    6.「キスまでカウントダウン (off vocal ver.)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「ハート・エレキ」  金子修介
    2.「ハート・エレキ -Dance ver.-」   
    3.「快速と動体視力」  中村太洸
    4.「キスまでカウントダウン」  竹石渉

    TypeK[編集]

    初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ハート・エレキ」秋元康丸谷マナブ増田武史 
    2.「快速と動体視力」(アンダーガールズ)秋元康俊龍野中“まさ”雄一 
    3.「細雪リグレット」(Team K)秋元康横健介生田真心
    4.「ハート・エレキ (off vocal ver.)」    
    5.「快速と動体視力 (off vocal ver.)」    
    6.「細雪リグレット (off vocal ver.)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「ハート・エレキ」  金子修介
    2.「ハート・エレキ -Dance ver.-」   
    3.「快速と動体視力」  中村太洸
    4.「細雪リグレット」  井上哲央
    5.秋元才加 卒業ドキュメント「強さと弱さの間で」」   

    TypeB[編集]

    初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ハート・エレキ」秋元康丸谷マナブ増田武史 
    2.「君だけにChu ! Chu ! Chu !」(てんとうむChu!)秋元康今井ひろし野中“まさ”雄一
    3.「Tiny T-shirt」(Team B)秋元康上田起士若田部誠
    4.「ハート・エレキ (off vocal ver.)」    
    5.「君だけにChu ! Chu ! Chu ! (off vocal ver.)」    
    6.「Tiny T-shirt (off vocal ver.)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「ハート・エレキ」  金子修介
    2.「ハート・エレキ -Dance ver.-」   
    3.「君だけにChu ! Chu ! Chu !」  関和亮
    4.「Tiny T-shirt」  山口保幸
    5.「てんとうむChu! ドキュメント」   

    Type4[編集]

    初回限定盤と通常盤の2種類が存在するが、収録トラックは同一。

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「ハート・エレキ」秋元康丸谷マナブ増田武史 
    2.「快速と動体視力」(アンダーガールズ)秋元康俊龍野中“まさ”雄一 
    3.「清純フィロソフィー」(Team 4)秋元康多田慎也生田真心
    4.「ハート・エレキ (off vocal ver.)」    
    5.「快速と動体視力 (off vocal ver.)」    
    6.「清純フィロソフィー (off vocal ver.)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「ハート・エレキ」  金子修介
    2.「ハート・エレキ -Dance ver.-」   
    3.「快速と動体視力」  中村太洸
    4.「清純フィロソフィー」  福居英晃
    5.「チーム4・研究生オーディション 〜卒業を前に伝えたい想いがある〜」   

    劇場盤[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲
    1.「ハート・エレキ」秋元康丸谷マナブ増田武史
    2.「快速と動体視力」(アンダーガールズ)秋元康俊龍野中“まさ”雄一
    3.「君の瞳はプラネタリウム」(AKB48研究生)秋元康Noda Akiko野中“まさ”雄一
    4.「ハート・エレキ (off vocal ver.)」   
    5.「快速と動体視力 (off vocal ver.)」   
    6.「君の瞳はプラネタリウム (off vocal ver.)」   

    選抜メンバー[編集]

    メンバーとニックネーム・担当楽器一覧[編集]

    本楽曲では、選抜メンバーは架空バンド「The G.FINGERS」のメンバーという設定になっており、それぞれ下記の通り全員にニックネームが付けられている。

    メンバー ニックネーム 担当楽器
    (使用楽器)
    小嶋陽菜 Michelle(ミッシェル) リードボーカル
    高橋みなみ Linda(リンダ) リードギター
    リッケンバッカー・300)
    大島優子 Lucy(ルーシー) ベース
    ヘフナー・500-1
    柏木由紀 Catherine(キャサリン) ドラム
    (使用楽器)
    指原莉乃 Laura(ローラ) サイドギター
    ギブソン・ES-335
    松井珠理奈 Caroline(キャロライン) リズムギター
    (CHAKI P-4 Mod)
    渡辺麻友 Elizabeth(エリザベス) キーボード
    (ハモンドXB-2)
    島崎遥香 Angelina(アンジェリーナ) キーボード
    松井玲奈 Sandy(サンディ) タンバリン
    横山由依 Mary(メアリー) パーカッション
    山本彩 Rosanna(ロザンナ) ダンサー
    川栄李奈 Kawaey(カワエー) ダンサー
    渡辺美優紀 Josephine(ジョセフィーヌ) ダンサー
    峯岸みなみ Barbara(バーバラ) ダンサー
    多田愛佳 Margaret(マーガレット) ダンサー
    入山杏奈 Veronica(ヴェロニカ) ダンサー

    SNH48によるカバー[編集]

    心電感應
    SNH48EP
    リリース
    録音 2013年-2014年
    中華人民共和国の旗 中国
    レーベル 久尚音楽[注 8]
    プロデュース 秋元康
    SNH48 アルバム 年表
    愛的幸運曲奇
    (2013年)
    心電感應
    (2014年)
    嗚吒
    (2014年)
    テンプレートを表示

    当時AKB48の姉妹グループであったSNH48は、本楽曲を「心電感應」のタイトルでカバーしている。このカバー曲は、グループの4作目のEPとして発売された。2014年3月12日発売された。

    歌詞は秋元の詞を中国語に翻訳したものとなっている。楽曲のセンターポジションは陳觀慧

    楽曲のEP盤には、特典として生写真1枚(32枚中からランダムで1枚)、握手会参加券。

    EP収録トラック[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲
    1.「心電感應」秋元康/上海星四芭丸谷マナブ増田武史
    2.「神魂顛倒」(原曲:「今度こそエクスタシー」)秋元康/上海星四芭井上ヨシマサ井上ヨシマサ
    3.「愛的意義」(原曲:「愛の意味を考えてみた」)秋元康/上海星四芭小川コータ野中“まさ”雄一
    4.「日升日落」(原曲:「ゼロサム太陽」)秋元康/上海星四芭俊龍Sizuk
    5.黑白格子裙秋元康/上海星四芭板垣祐介板垣祐介
    6.「心電感應(伴奏)」   
    7.「神魂顛倒(伴奏)」   
    8.「愛的意義(伴奏)」   
    9.「日升日落(伴奏)」   
    10.「黑白格子裙(伴奏)」   
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「心電感應 118紅白對決 LIVE Version」  
    2.「神魂顛倒 118紅白對決 LIVE Version」  
    3.「愛的意義 118紅白對決 LIVE Version」  
    4.「日升日落 118紅白對決 LIVE Version」  

    選抜メンバー[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算35作目。いずれの数字も、配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」と「掌が語ること」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
    2. ^ AKB48の姉妹グループ・HKT48から選抜。
    3. ^ AKB48の姉妹グループ・HKT48から選抜。HKT48劇場支配人を兼任。
    4. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。AKB48を兼任。
    5. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。
    6. ^ AKB48の姉妹グループ・NMB48から選抜。
    7. ^ AKB48の姉妹グループ・NMB48から選抜。AKB48を兼任。
    8. ^ 実際のレーベルは天津北洋音像。

    出典[編集]

    外部リンク[編集]