梅澤愛優香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うめざわ まゆか
梅澤 愛優香
生誕 (1996-10-20) 1996年10月20日(24歳)
日本の旗 日本
神奈川県大和市
国籍日本の旗 日本
職業飲食店経営者
身長167 cm (5 ft 6 in)
肩書きラーメン店経営者

梅澤愛優香(うめざわ まゆか、1996年平成8年)10月20日 - )は、日本飲食店経営者[1]、元女性アイドル。神奈川県大和市出身[2]

経歴[編集]

かつては女性アイドルグループAKB48バイトAKB」のメンバーとして活動していた[2][3]

アイドル活動引退後、2017年(平成29年)9月にラーメン店「麺匠八雲」の1号店(本店)を東京都葛飾区にて開店[4]。現在は「麺匠八雲」2店舗と「沙羅善」の計3店舗を経営している[3][5]

2021年(令和3年)10月13日、自身が殺害予告を受けていることを公表[6]警察に被害届を提出し、しばらく療養することを明らかにした[6]

人物[編集]

人柄[編集]

愛称は、「ラーメン女王[5]、うめまゆ、まゆか店長」など。

誹謗中傷による被害[編集]

2021年秋に新店「絹ノ郷」を開店予定だったが、新店の売りである麺の材料の業者に対して、「麺匠八雲」が反社会的勢力と付き合いがあるとメッセージが送られた。梅澤は業者の代表に対し、事実無根であることを伝えたが、「メッセージが送られている以上、疑惑を晴らしてくれないと、お付き合いは厳しい」などとして、材料の納入が取りやめとなり、出店計画を見直さざるを得なくなった。梅澤はメッセージを送った男性を相手取り、慰謝料および業務妨害による損害賠償を求め、同年9月8日、横浜地方裁判所に裁判を起こした。また、営業損害についても請求する予定[4]。同時に、警察へ被害届も出しており、9月27日付で偽計業務妨害として受理された[7]

不祥事[編集]

2021年10月17日、文春オンラインは「麺匠八雲」が使用している食材の産地偽装や経営の杜撰さを報じた[8]。梅澤は「メニューの表記と違う食材を使用していたのは事実です。大変申し訳ありません」と謝罪し、「10月15日、消費者庁に報告しました」と述べている[8]。「麺匠八雲」は、2019年8月から2021年10月の期間にラーメンを食べた客に対し「レシートまたは領収書での確認が取れ次第、すぐに返金する」とコメントした[9]

判明した食材リスト[10][11]
誤表示 実際
エビ 国産 インドネシア
牛もつ 国産 アメリカ
もやし 三重県 神奈川県産
豚肉 茨城県 山形県

経営者として[編集]

元従業員の中から「Fという男性が実質的に店を運営している」という証言もある[8]。この点について梅澤は「Fさんも元々は経営者なのでそう見えることはあったかもしれない。最終的な決定はぜんぶ私がしてきた。Fさんも最終的な判断は私に尋ねてくる。業務の分担としては味づくりが私、業者との窓口係がFさんです」と述べている[8]。Fとの関係について梅澤は「Fさんは私が名古屋で地下アイドルとして活動していた時にお世話になった方です。Fさんには逮捕歴があり、私が作るお店で働いてもらうことで社会復帰の手助けができればと考えていた。2019年から1年半ほどFさんと交際していたが、仕事に支障が出ると思い現在は関係を解消している」と述べている[8]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 梅澤愛優香 プロフィール”. HMV&BOOKS online. 2021年7月12日閲覧。
  2. ^ a b “元バイトAKBの一員 梅澤愛優香さん アイドルからラーメン店主へ転身 奮闘の道のりを本に”. タウンニュース 大和版 (タウンニュース社). (2021年6月4日). https://www.townnews.co.jp/0401/2021/06/04/577556.html 2021年8月1日閲覧。 
  3. ^ a b “「味だけで勝負して結果を出してやる」 バイトAKB出身24歳店主・梅澤愛優香が突き進むラーメン道”. J-CASTニュース (株式会社ジェイ・キャスト). (2021年6月28日). https://www.j-cast.com/2021/06/28414668.html?p=all 2021年8月1日閲覧。 
  4. ^ a b 塚田賢慎 (2021年9月7日). “元AKBラーメン店主、取引先に「反社と繋がっている」と「ウソ」の連絡され「麺オタク」を提訴へ”. 弁護士ドットコム. https://www.bengo4.com/c_18/n_13523/ 2021年9月7日閲覧。 
  5. ^ a b “元バイトAKBからラーメン店経営に 「客単価2000円」発想の原点”. NEWSポストセブン (小学館). (2021年7月11日). https://www.news-postseven.com/archives/20210711_1674946.html?DETAIL 2021年8月1日閲覧。 
  6. ^ a b “元AKBラーメン店主・梅澤愛優香さんに殺害予告 「初めてのことで凄く怖い」被害届提出、しばらく療養へ”. J-CASTニュース (株式会社ジェイ・キャスト). (2021年10月14日). https://www.j-cast.com/2021/10/14422454.html?p=all 2021年10月14日閲覧。 
  7. ^ 梅澤愛優香 [@MAYUKA_YAGUMO] (2021年9月27日). "...私が反社との繋がりがあると嘘の吹聴を取引先様にされた件ですが、本日付けで刑事事件として正式に被害届を県警に受理して頂きました。本件は偽計業務妨害となります。" (ツイート). Twitterより2021年9月29日閲覧
  8. ^ a b c d e “「メニューの表記と違う食材を使用していたのは事実です」元バイトAKB梅澤愛優香が全面謝罪 海老ともやし以外にも…”. 文春オンライン (文藝春秋). (2021年10月17日). https://bunshun.jp/articles/-/49377 2021年10月18日閲覧。 
  9. ^ 「麺匠八雲」 Twitter(2021年10月18日)
  10. ^ “元バイトAKB梅澤愛優香さん 経営ラーメン店の食材誤表示で謝罪 国産モツ→米国産”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2021年10月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/10/17/0014768620.shtml 2021年10月18日閲覧。 
  11. ^ “元バイトAKB梅澤愛優香氏 経営ラーメン店の食材誤表示で謝罪 国産海老はインドネシア産、国産モツは米国産だった”. よろず〜ニュース (神戸新聞社). (2021年10月17日). https://yorozoonews.jp/article/14462720 2021年10月18日閲覧。 

外部リンク[編集]