てんとうむChu!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
てんとうむChu!
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2013年7月31日 -
事務所 AKS
KYORAKU吉本.ホールディングス(渋谷のみ)
公式サイト http://www.akb48.co.jp/
メンバー 小嶋真子AKB48
西野未姫(AKB48)
岡田奈々(AKB48)
北川綾巴SKE48
渋谷凪咲(NMB48
田島芽瑠HKT48
朝長美桜(HKT48)

てんとうむChu!(てんとうむチュ)は、2013年7月、当時のAKB48SKE48NMB48HKT48の各グループの研究生メンバーから選抜され結成した、派生ユニット。

概要[編集]

AKB48の初の5大ドームツアー『AKB48 2013年真夏のドームツアー〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜』での新ユニットの披露がチケット販売時から告知されており[1]、2013年7月20日に福岡 ヤフオク!ドームにおいて開催された公演でユニットメンバーが発表された[2]。同年7月31日に札幌ドームで開催された同公演でユニット名の発表とデビュー曲である「君だけにChu!Chu!Chu!」を初披露した[3]

研究生のみで結成されたAKB48グループの派生ユニットは、「ミニスカート」に続き2組目となる。

略歴[編集]

2013年

2014年

2015年

  • 3月4日、AKB48の39thシングル「Green Flash」劇場盤に「てんとうむChu! & かぶとむChu![6]」名義の楽曲「初恋のおしべ」が収録。
  • 5月20日、AKB48の40thシングル「僕たちは戦わない」Type Aに「“ダンシ”は研究対象」が収録。
  • 11月18日、AKB48の7thアルバム『0と1の間』THEATER EDITIONに「てんとうむChu!を探せ!」が収録。

メンバー[編集]

メンバー 所属グループ・所属チーム プロフィール ニックネーム
小嶋真子
(こじま まこ)
AKB48チーム4
1997年5月30日(18歳)、O型東京都出身 こじまこ
岡田奈々
(おかだ なな)
1997年11月7日(18歳)、A型神奈川県出身 なぁちゃん
西野未姫
(にしの みき)
1999年4月4日(17歳)、O型、静岡県出身 みきちゃん
北川綾巴
(きたがわ りょうは)
SKE48チームS・AKB48チーム4兼任
1998年10月9日(17歳)、B型愛知県出身 うは
渋谷凪咲
(しぶや なぎさ)
NMB48チームBll・AKB48チーム4兼任
1996年8月25日(19歳)、A型、大阪府出身 なぎさ
田島芽瑠
(たしま める)
HKT48チームH
2000年1月7日(16歳)、B型、福岡県出身 める
朝長美桜
(ともなが みお)
HKT48チームKIV・AKB48チーム4兼任
1998年5月17日(18歳)、O型、福岡県出身 みお

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 収録作品
君だけにChu!Chu!Chu! フジテレビ系ドラマ『女子高警察』主題歌(File 1-File 8) AKB48 33rdシングル「ハート・エレキ
選んでレインボー フジテレビ系ドラマ『女子高警察』主題歌(File 9-17) AKB48 34thシングル「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
スマイル神隠し CM:大江戸温泉物語『温泉で、ニッポンに元気を。〈夕食・宿泊〉物語篇』 AKB48 5thアルバム『次の足跡

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ お知らせ(2013年6月15日、AKB48公式ブログ)
  2. ^ a b AKB48 2013真夏のドームツアー福岡からスタート! HKT48 2ndシングル初披露&研究生による新ユニットも発表! - GirlsNews 2013年7月21日
  3. ^ AKB研究生・新ユニット「てんとうむchu」結成、新曲も - アメーバニュース 2013年8月1日
  4. ^ AKB48初の研究生ユニット「てんとうむChu!」がドラマ『女子高警察』で初主演 - マイナビ 2014年10月21日
  5. ^ ドキドキの初体験! AKB48派生ユニット・てんとうむChu!の新番組がスタート!! 2014年3月29日、Smartザテレビジョン
  6. ^ かぶとむChu!はてんとうむChu!の非公式ライバルユニット。メンバーは内山奈月、橋本耀、前田美月(発売当時AKB48、現在はいずれのメンバーも卒業)。
  7. ^ “てんとうむChu!メンバーが初めて明かす本音とは?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2015年6月10日). http://thetv.jp/news_detail/59804/ 2016年5月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]