松原夏海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
まつばら なつみ
松原 夏海
プロフィール
愛称 なっつみぃ
生年月日 1990年6月19日
現年齢 28歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
福岡県生まれ)
血液型 B型
公称サイズ(2012年10月[1]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 80 - 58 - 89 cm
活動
デビュー 2006年4月1日
ジャンル タレント女優
備考 元AKB48 チームK
(元チームK→チームA)
事務所 ワンダー・プロダクション
モデル: テンプレート - カテゴリ

松原 夏海(まつばら なつみ、1990年6月19日 - )は、日本タレント女優福岡県生まれ、埼玉県育ち[2]ワンダー・プロダクション所属。女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

略歴[編集]

2006年

2009年

  • 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では30位で、アンダーガールズに選ばれる。
  • 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演において、同年10月よりチームAに異動することが発表され、2010年7月27日にチームAに異動した。この結果、2期生で唯一のチームA所属となる。

2010年

2011年

2012年

  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チームKに異動することが発表された[3]
  • 9月18日に開催された『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』ではベスト16入りし、4年ぶりの選抜メンバーになる[4]
  • 11月1日、チームKに異動。チームKウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[5][6]

2013年

2015年

  • 3月17日、3月いっぱいでプロダクション尾木を辞めることを公表した[11][12]
  • その後、ワンダー・プロダクションに所属したことが明らかになる[13]

人物[編集]

  • キャッチフレーズは「みんみんみん! なっつみん!!」[1]
  • 6歳の時から「エース」という名の猫を飼っていた(2016年没)[14]
    • 猫はその後、3匹増えた。「ロビン[15]」「アビー[16]」「ビビ[17]」と名付けて愛育している。また、「クリム」という名のチワワを飼っていた[14]

AKB48[編集]

  • 第1回・第2回の選抜総選挙では、それぞれ30位・39位[7]いずれも最下位当選)[18][要出典]で、第3回・第4回は圏外だった[7]
    • 第4回選抜総選挙では、当時のチームAメンバー(卒業を理由に辞退した前田敦子を除く15人)の中で、松原のみが圏外となった[19]。松原がランクインしていれば総選挙史上初のチームの候補者全員当選だった[20]
  • 桜の花びらたち2008」以降、29thシングル選抜じゃんけん大会において「永遠プレッシャー」の選抜メンバーに選ばれるまで選抜外であり、過去に選抜に選ばれた後、次の選抜までの非選抜期間約4年9か月は最長記録である[21]

AKB48在籍時の参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

アルバム参加楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

チームK 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演

  • クラスメイト

チームK 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • 雨の動物園
  • ふしだらな夏

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」公演

  • くるくるぱー

ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

  • 向日葵
    ※野呂のスタンバイ

ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 記憶のジレンマ
※野呂のスタンバイ

チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 16人姉妹の歌

チームK 5th Stage「逆上がり」公演

  • エンドロール
  • 愛の色 ※
    ※奥のユニットアンダー

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームA 6th Stage「目撃者」公演

  • サボテンとゴールドラッシュ

大島チームK ウェイティング公演

作品[編集]

映像作品[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • シアターAIRY「朗読劇本公演『グリムの森』『ロミオ×ロミオ』」(2011年4月23日、シネマート六本木) - グリムの森篇・カケル(主演) 役[要出典]
  • 東北地方太平洋沖地震チャリティー公演「ポチッとな。 -Switching On Summer-」(2011年8月6日 - 14日・9月3日・4日、横浜相鉄本多劇場ベイシア文化ホール
  • 横浜相鉄本多劇場25周年記念公演「幸福レコード」(2011年10月17日 - 25日、横浜相鉄本多劇場)
  • あるジーサンに線香を」(2013年11月3日・8日・17日・19日・29日 - 12月8日、カメリアホール・南相馬市民文化会館大ホール京都芸術劇場春秋座北國新聞赤羽ホール博品館劇場
  • タンバリンプロデューサーズ×LIVEDOG PRESENTS「愛しのダンスマスター」(2014年2月26日 - 3月2日、新宿村LIVE)
  • 「千葉魂(CHIBA SOUL)II」(2014年3月8日、千葉市美浜文化ホールメインホール)
  • 春の二本立て公演!“STRAYDOG”Produce公演
    • 「母の桜が散った夜」(2014年4月12日 - 13日、HEP HALL、16日 - 20日、シアターサンモール
    • 「閨房のアライグマ」(2014年4月16日 - 20日、シアターサンモール)
  • “STRAYDOG”Produce
    • 女の子ものがたり(2014年5月3日 - 6日、シアターグリーン BIG TREE THEATER、5月17日 - 18日、ABCホール
  • 「Kiss Me You 〜がんばったシンプ―達へ〜」(2014年9月3日 - 14日、中目黒キンケロシアター)
  • 劇団一番 第二回プロデュース公演「熱い奴ら!」(2014年10月8日 - 13日、テアトルBONBON)
  • 演劇集団 Z-Lion 第四回公演「This is a お感情博士!」(2014年11月26日 - 30日、笹塚ファクトリー)
  • Flying Trip 第9回公演「アンドキュメント」(2015年1月20日 - 25日、赤坂RED/THEATER)
  • 気晴らしBOYZ 第7回公演「龍馬がいっぱい」(2015年3月24日 - 29日、中野ザ・ポケット、4月3日 - 5日、沼津市民文化センター大ホール)
  • こちらスーパーうさぎ帝国 第20回公演「ホレロ×サラバ」
  • アリスインプロジェクト「陰陽よろず屋 開業中![24][25]」(2016年2月24日 - 28日、築地・ブディストホール) - 蘆屋満汐 役
  • Office54「23区女子[26]」(2016年5月27日 - 30日、座・高円寺2) - 千代田区 役
  • ズッキュン娘第10回本公演『歩いてみやがれ!』(2016年8月10日 - 14日、南大塚ホール) - 坪川先生 役[27]
  • Favorite Banana Indians第9回本公演「SingularityCrash〜〈わたし〉に続く果てしない物語(ストーリー)〜」(2016年12月16日-18日、ワーサルシアター八幡山)-ヨーコ役(主演)[28]
  • Favorite Banana Indians第10回本公演「【劇場版】Fairy Melody〜私はピアノ〜」(2017年5月12日-14日、d-倉庫)-日向明日香役(主演)[29]
  • オフィス3○○番外公演「川を渡る夏」(2017年9月15日-24日、すみだパークスタジオ倉)-咲子役・信子役(Wキャスト)[30]
  • Favorite Banana Indians第11回本公演「エーテルコード」(2018年1月11日-14日、劇場MOMO)-瀬尾美月役(主演)[31]
  • 劇団たいしゅう小説家Present's「おらばんば」(2018年2月28日-3月4日、萬劇場)[32]

ラジオ[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • fumika 「ドアの向こうへ」(2ndアルバム「POWER OF VOICE」収録曲、2015年1月28日)

インターネットテレビ[編集]

  • 松原夏海の「723(なっつみ〜)チャレンジ!」(2013年7月23日 - 、チャンネル北参道[33]

ネット配信[編集]

  • Internet TV 神田祭.ch(2009年5月10日、神田祭.ch)

イベント[編集]

  • ☆夏海のヒーリングナイト☆(2012年6月29日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)
  • チャンネル北参道『松原夏海の723チャレンジ!』番組公開イベントvol.1(2014年3月23日、みなとみんなのスタジオ)
  • チャンネル北参道『松原夏海の723チャレンジ!』番組公開イベントvol.2~放送ほぼ1周年記念!出演者の誕生日まとめてお祝いしちゃおう! 1日限定“なつみのカフェ”OPEN&DVDイベント(2014年7月5日、インテリアカフェ COTO)
  • チャンネル北参道『松原夏海の723チャレンジ!』番組公開イベントvol.3(2014年12月13日、みなとみんなのスタジオ)

書籍[編集]

カレンダー[編集]

  • 松原夏海 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 松原夏海 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『AKB48 じゃんけん大会2012 感動総集号 2012年 11月15日号』(光文社、2012年)57頁
  2. ^ ワンダー・プロダクションによる公式プロフィール
  3. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  4. ^ 【AKBじゃんけん大会】次世代エース・島崎遥香が優勝 初センターに - ORICON STYLE 2012年9月18日
  5. ^ AKB48新チームK始動、公演初日にキャプテン大島優子が涙 - ナタリー(2012年11月3日)
  6. ^ 当初は初日公演に出演できない予定だったが、松井珠理奈の休演により急遽、初日公演に出演した
  7. ^ a b c “AKB48松原夏海が卒業発表 総選挙不出馬 また2期生から”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年5月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/05/05/kiji/K20130505005746060.html 2018年1月28日閲覧。 
  8. ^ 「☆発表☆878」”. 松原夏海オフィシャルブログ「夏の大航海」 (2013年5月5日). 2013年5月10日閲覧。
  9. ^ 「公演スケジュールのお知らせ」”. AKB48オフィシャルブログ (2013年5月29日). 2013年6月4日閲覧。
  10. ^ 「松原卒業に関して」”. AKB48オフィシャルブログ (2013年5月7日). 2013年5月10日閲覧。
  11. ^ ☆岐路☆ 本人オフィシャルブログ、2015年3月17日
  12. ^ 元AKB48松原夏海が所属事務所を離れる リアルライブ、2015年3月18日
  13. ^ ワンダー・プロダクション公式プロフィール
  14. ^ a b ☆お別れ☆”. 松原夏海OFFICIAL BLOG「夏の大航海」 (2016年2月9日). 2018年1月28日閲覧。
  15. ^ 「☆初ブログ☆1」”. 松原夏海OFFICIAL BLOG「夏の大航海」 (2014年7月23日). 2015年2月1日閲覧。
  16. ^ 「☆私の子供☆」”. 松原夏海OFFICIAL BLOG「夏の大航海」 (2014年11月11日). 2015年2月1日閲覧。
  17. ^ 「☆甘☆」”. 松原夏海OFFICIAL BLOG「夏の大航海」 (2015年1月31日). 2015年2月1日閲覧。
  18. ^ 厳密には『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』の最下位当選は40位の石黒貴己(元チーム研究生)だが、直後の研究生セレクションで不合格となった結果AKB48のメンバーでなくなった。
  19. ^ “【エンタがビタミン♪】「つぶすつもりで…」、「這い上がれる」。AKB総選挙で下克上に燃える圏外メンバー。”. Techinsight. (2013年3月29日). http://japan.techinsight.jp/2013/03/akbsenkyo-kengaimen-gugu20130329.html 2018年1月28日閲覧。 
  20. ^ 速報の時点では57位で、チームAメンバー全員がランクインしていた。
  21. ^ 参考記録ではあるが梅田彩佳がCDシングル選抜曲に限ると「会いたかった」が発売された2006年10月25日から「上からマリコ」が発売された2011年12月7日までの5年2か月選抜外だったことがある(その間には配信限定シングルの「Baby! Baby! Baby!」の選抜に選ばれている)。
  22. ^ 「☆おしらせ☆」”. 松原夏海OFFICIAL BLOG「夏の大航海」. 2015年5月31日閲覧。
  23. ^ こちらスーパうさぎ帝国 第20回公演「ホレロ×サラバ」”. 2015年5月31日閲覧。
  24. ^ 舞台『陰陽よろず屋 開業中!』が開幕! 橋本瑠果「本当に素晴らしい作品だと確信」 GirlsNews 2016年2月25日
  25. ^ 舞台「陰陽よろず屋 開業中!」 成田梨紗&松原夏海 - YouTube 2016年2月15日
  26. ^ 末永みゆ主演の舞台「23区少女」は制服少女たちのアクション満載! GirlsNews 2016年5月28日
  27. ^ ズッキュン娘第10回本公演『歩いてみやがれ!』公式パンフレット14 頁。
  28. ^ Singularity Crash | 演劇ユニットFavorite Banana Indians” (日本語). fbi-act.com. 2018年6月30日閲覧。
  29. ^ 【劇場版】Fairy Melody~私はピアノ~ | 演劇ユニットFavorite Banana Indians” (日本語). fbi-act.com. 2018年6月30日閲覧。
  30. ^ オフィス3○○(さんじゅうまる)オフィシャルサイト”. office300.co.jp. 2018年7月8日閲覧。
  31. ^ エーテルコード -2018年- | 演劇ユニットFavorite Banana Indians” (日本語). fbi-act.com. 2018年7月8日閲覧。
  32. ^ 劇団たいしゅう小説家 - 過去の公演 - [舞台,演劇,芝居]”. www.tai-shu.jp. 2018年7月8日閲覧。
  33. ^ 2013年9月までは北参道放送局から配信。

外部リンク[編集]