チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」』(チームケーサードステージ のうないパラダイス)は、AKB48チームK劇場公演の3rd Stageである。

本項では、その後の別チームによる“おさがり”公演についても記述する。また、それぞれの公演を収録したCD、DVDについても記述する。

概要[編集]

AKB48チームKの3rd公演である。約6年5か月の期間をあけて、初めておさがり公演としてHKT48研究生公演に採用された。

公演内容[編集]

曲目[編集]

  1. overture
    (作編曲:尾澤拓実、歌:TAZ)
    全AKB48公演共通である。
  2. 友よ
    (作詞:秋元康、作編曲:青木真一
  3. 脳内パラダイス
    (作詞:秋元康、作曲:近藤薫、編曲:近藤薫・Ko-suke)
  4. 気になる転校生
    (作詞:秋元康、作曲:前澤寛之、編曲:近田潔人)
    テレビアニメ「ギャラクシーエンジェる〜ん」スタッフからのオファーにより、2007年3月に「えんじぇる式じんせー論」(作詞:畑亜貴)としてカバーされる。
  5. 泣きながら微笑んで
    (作詞:秋元康、作編曲:井上ヨシマサ
  6. MARIA
    (作詞:秋元康、作曲:上杉洋史、編曲:Funta
  7. 君はペガサス
    (作詞:秋元康、作曲:岡ナオキ、編曲:勝又隆一)
  8. ほねほねワルツ
    (作詞:秋元康、作曲:青野ゆかり、編曲:梅堀淳
  9. くるくるぱー
    (作詞:秋元康、作曲:上杉洋史、編曲:近田潔人)
  10. クリスマスがいっぱい
    (作詞:秋元康、作曲:熊谷憲康、編曲:田口智則・稲留春雄)
  11. シアター・パイレーツ
    (作詞:秋元康、作編曲:草野よしひろ
  12. 片思いの卒業式
    (作詞:秋元康、作曲:伊藤心太郎、編曲:勝又隆一)

アンコール

  1. 花と散れ!
    (作詞:秋元康、作編曲:井上ヨシマサ)
  2. K2ndメドレー
    (編曲:梅堀淳)
    1. Virgin love
      (作詞:秋元康、作編曲:井上ヨシマサ)
    2. シンデレラは騙されない
      (作詞:秋元康、作編曲:井上ヨシマサ)
    3. 転がる石になれ
      (作詞:秋元康、作曲:山崎燿、編曲:Funta)
  3. 草原の奇跡
    (作詞:秋元康、作曲:梅堀淳、編曲:田口智則・稲留春雄)

演出[編集]

  • 振り付け担当:夏まゆみ
  • 「友よ」はメンバーによる楽器演奏。複数メンバーによる楽器演奏は初。
  • 「泣きながら微笑んで」はAKB48グループ初のソロユニット。

AKB48 チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」公演[編集]

  • ユニット曲担当
    • 泣きながら微笑んで(大島)
    • MARIA(梅田、河西、増田)
    梅田の休業後は大堀が出演、千秋楽公演ではオリジナルメンバーの梅田が出演した。
    • 君はペガサス(秋元、佐藤、野呂、宮澤)
    • ほねほねワルツ(小野、奥)
    • くるくるぱー(今井、大堀、小林、高田、早野、松原)

HKT48 研究生公演「脳内パラダイス」[編集]

  • 公演期間:2013年11月17日[2] - 2014年4月21日
  • 出演メンバー
    秋吉優花・荒巻美咲・安陪恭加・伊藤来笑・井上由莉耶・今田美奈・岩花詩乃・宇井真白・上野遥・梅本泉・岡田栞奈・岡本尚子・草場愛・栗原紗英・神志那結衣・後藤泉・駒田京伽・坂口理子・坂本愛玲菜・田島芽瑠・田中美久・田中優香・谷真理佳・筒井莉子・冨吉明日香・朝長美桜・外薗葉月・深川舞子・渕上舞・矢吹奈子・山内祐奈・山田麻莉奈・山下エミリー
  • ユニット曲担当(各曲各ポジションから一名ずつ出演)
    • 泣きながら微笑んで
      • 田島・神志那・駒田・岡本・矢吹
    • MARIA
      • 井上・安陪・草場・渕上・田中美
      • 岡田・梅本・今田・矢吹
      • 岡本・上野・宇井・駒田・外薗
    • 君はペガサス
      • 今田・草場・井上・山下
      • 後藤・伊藤・谷
      • 坂口・冨吉・栗原
      • 渕上・坂口・後藤
    • ほねほねワルツ
      • 秋吉・岩花・坂本
      • 朝長・田中優・山田・荒巻
    • くるくるぱー
      • 梅本・神志那・深川・上野・冨吉
      • 駒田・伊藤・宇井・草場・深川・岡田・岩花
      • 田中優・上野・宇井・深川・草場・神志那
      • 谷・後藤・山田・上野
      • 冨吉・深川・岩花・伊藤・宇井・筒井
      • 山田・宇井・草場・秋吉・深川・山内
  • 「友よ」担当楽器(各ポジションから一名ずつ出演)
    • タンバリン:朝長・荒巻・上野・伊藤
    • ハーモニカ:岡田・矢吹・梅本・井上
    • ドラムス:今田・草場・宇井・神志那・駒田
    • キーボード:山田・上野・宇井・田中優・坂口
    • エレキベース:田島・駒田・神志那・山田
    • アコースティックギター:田中優・草場・山田・後藤
    • エレアコ:駒田・坂口・山内・山下
    • エレキギター:渕上・草場・坂口・神志那
  • 転がる石になれは転がる石になれ(HKT48 ver.)になる。

スタジオ収録CD[編集]

公演曲を公演メンバーがスタジオ収録したものである。

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」(CD)[編集]

チームK 3rd Stage
「脳内パラダイス」
AKB48 teamKスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル DefSTAR
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
AKB48 teamK 年表
チームK 2nd Stage「青春ガールズ」
2007年
チームK 3rd Stage
「脳内パラダイス」

(2007年)
チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」
(2009年)
テンプレートを表示
ジャケット写真(表・再発盤):大島優子
  • 収録メンバー
    秋元才加・今井優・梅田彩佳・大島優子・大堀恵・奥真奈美・小野恵令奈・河西智美・小林香菜・佐藤夏希・高田彩奈・野呂佳代・早野薫・増田有華・松原夏海・宮澤佐江
  • 収録曲
    通常盤・初回限定盤ともに、収録曲は共通。再発盤は「K2ndメドレー」が未収録となっている。
    1. overture
    2. 友よ
    3. 脳内パラダイス
    4. 気になる転校生
    5. 泣きながら微笑んで(歌:大島)
    6. MARIA(歌:梅田、河西、増田)
    7. 君はペガサス(歌:秋元、佐藤、野呂、宮澤)
    8. ほねほねワルツ(album ver.)(歌:小野、奥)
    9. くるくるぱー(歌:今井、大堀、小林、高田、早野、松原)
    10. クリスマスがいっぱい
    11. シアター・パイレーツ
    12. 片思いの卒業式
    13. 花と散れ!
    14. K2ndメドレー
      1. Virgin love
      2. シンデレラは騙されない
      3. 転がる石になれ
    15. 草原の奇跡

劇場公演DVD[編集]

AKB48 チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」(DVD)[編集]

チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」
AKB48 teamDVD
リリース
ジャンル JPOP
レーベル デフスターレコーズ
プロデュース 秋元康
AKB48 team 年表
チームK 2nd Stage「青春ガールズ」
(2007年)
チームK 3rd Stage「脳内パラダイス」
(2007年)
チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」
(2009年)
テンプレートを表示
  • 収録メンバー
    秋元才加・今井優・梅田彩佳・大島優子・大堀恵・奥真奈美・小野恵令奈・河西智美・小林香菜・佐藤夏希・高田彩奈・野呂佳代・早野薫・増田有華・松原夏海・宮澤佐江
  • 収録曲
    1. overture
    2. 友よ
    3. 脳内パラダイス
    4. 気になる転校生
    5. 泣きながら微笑んで(歌:大島)
    6. MARIA(歌:梅田、河西、増田)
      梅田の休業前の映像と千秋楽公演の映像をつなぎ合わせている。また、音源は梅田の代役で出演した大堀の声を使用している。
    7. 君はペガサス(歌:秋元、佐藤、野呂、宮澤)
    8. ほねほねワルツ(歌:小野、奥)
    9. くるくるぱー(歌:今井、大堀、小林、高田、早野、松原)
    10. クリスマスがいっぱい
    11. シアター・パイレーツ
    12. 片思いの卒業式
    13. 花と散れ!
    14. K2ndメドレー
      1. Virgin love
      2. シンデレラは騙されない
      3. 転がる石になれ
    15. 草原の奇跡
    16. ありがとう(歌:今井優)

セルフカバー等[編集]

  • ほねほねワルツほね組シングル
  • 泣きながら微笑んで
    • Not yet 1stシングル・カップリング
    • 本楽曲の作曲者である井上ヨシマサは、「泣きながら微笑んで〜444ver.〜」のタイトルでセルフカバーしている。この楽曲は2015年7月29日発売のアルバム「それぞれの夢〜井上ヨシマサ30周年記念アルバム〜」(KICS-3210)に収録されている。
  • MARIADiVA 2ndシングル・カップリング)
  • 君はペガサスDiVA 3rdシングル・カップリング)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 『涙は句読点 AKB48公式10年史』 日刊スポーツ新聞社、2016年3月25日、229頁。ISBN 97848172559212016年4月16日閲覧。
  2. ^ HKT48研究生「PARTYが始まるよ」千秋楽 並びに新公演「脳内パラダイス」スタートのお知らせ”. HKT48オフィシャルサイト (2013年9月30日). 2013年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]