トップリード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トップリード
メンバー 和賀勇介
新妻悠太
結成年 2001年2月
解散年 2018年2月
事務所 太田プロダクション
活動時期 2001年 - 2018年
出身 東京アナウンス学院
出会い 小学校
現在の活動状況 解散(和賀はピン、新妻は引退)
芸種 コント漫才
ネタ作成者 新妻悠太
現在の代表番組 有吉弘行のダレトク!?
超ハマる!爆笑キャラパレードなど
過去の代表番組 爆笑オンエアバトル
オンバト+
笑・神・降・臨
爆笑レッドカーペット など
公式サイト トップリード新妻の「人間コンセントの部屋」
受賞歴
オンバト+ 初代チャンピオン
2011年2012年 キングオブコント8位
テンプレートを表示

トップリードは、かつて存在した日本お笑いコンビ太田プロダクション所属。2018年2月6日解散。

NHKオンバト+』初代チャンピオン。

メンバー[編集]

  • 和賀 勇介(わが ゆうすけ (1981-06-16) 1981年6月16日(37歳) - )ツッコミ担当
北海道室蘭市出身。北海道室蘭清水丘高等学校卒業。血液型はA型。独身。
あだ名は「和賀ちゃん」「ジミオ」など。
趣味はクイズゲーム
顔、服装などが地味である。部屋が汚い。
部屋に舞-HiMEポスターが貼ってある。
愛読書はげんしけんひぐらしのなく頃に女子高生など。
  • 新妻 悠太(にいづま ゆうた、 (1982-02-05) 1982年2月5日(36歳) - )ボケ・ネタ作り担当
北海道室蘭市出身、北海道伊達緑丘高等学校卒業、埼玉県新座市在住[1]。血液型はO型。既婚者。
あだ名は「にんにん」。
趣味はルービックキューブ芋焼酎読書水曜どうでしょうを見ること。
髪の毛サラサラ。ネット上のお笑い番組で、「キューティクル天使」と言われたことがある。
ラーメンズ水曜どうでしょうの大ファン。
辛いものと酒に目がない。
2018年2月6日付で自身の不祥事により芸人を廃業した。詳細は後述。

芸風[編集]

  • コントがメインで内容は心温まるハートフルな展開のものが多く、ネタのストックの豊富さにも定評がある。
  • 近年では漫才も行っており、2014年のTHE MANZAIでは認定漫才師50組に選出された。

来歴[編集]

  • 和賀と新妻は小学校以来の幼馴染みで、小学校4年生のお楽しみ会にてすでに初めて二人でコントをしている[2]。かつては結成年を1998年としていたが、近年は正式にプロデビューした年である2001年に変更している。
  • ともに上京して東京アナウンス学院に入学し、在学中の2001年に太田プロよりデビューした。
  • 2010年7月19日、笹塚ファクトリーにて初単独ライブ「イッピキムスメ」を開催。
  • 2011年1月、永沢たかし(磁石)が結成した芸歴10年前後の吹きだまり芸人によるユニット「FKD48」に加入、新妻がいい人担当で担当カラーは白、和賀がキャラがない担当→痛点がない担当→オタク担当で担当カラーはピンク色である。
  • 2012年6月1日、新妻が5月22日に入籍していたことが太田プロのファンクラブ会報誌で発表された[3]
  • 2018年1月22日早朝、東京都新宿区内のマンションの一室への住居侵入及び窃盗未遂の疑いにより、新妻が現行犯逮捕された[4]。2月6日に不起訴処分となったものの、所属事務所の太田プロは新妻との契約解除を発表し[5]、和賀は自身のTwitterにおいて、トップリードの解散と自らはピン芸人として活動することを発表した[6]。その後、新妻も同日付の自身のブログで謝罪し芸能界引退を発表した。

賞レース成績[編集]

  • キングオブコント2009』(TBS系列)準決勝進出。
  • 『キングオブコント 2010』準決勝進出。
  • 2011年7月24日放送『オンバト+』(NHK)の「チャンピオン大会」にて、初代王者となる。しかし、先述にもあるように2018年2月6日を以てトップリードは解散を発表したため、史上初めて「オンバト+」の歴代チャンピオンの中で公式に解散したコンビとなってしまった[7]
  • 『キングオブコント 2011』決勝進出。総合8位。
  • 『キングオブコント 2012』決勝進出。この回唯一の2年連続決勝進出者となるが、結果は2年連続の8位に終わる。
  • 『キングオブコント 2013』準決勝進出。
  • R-1ぐらんぷり 2014』新妻が準決勝進出。
  • 『キングオブコント 2014』準決勝進出。
  • THE MANZAI 2014』認定漫才師50組に選出。
  • 『R-1ぐらんぷり 2015』新妻が準決勝進出。
  • 『キングオブコント 2015』準決勝進出。
  • M-1グランプリ 2015』準々決勝進出。
  • 『キングオブコント 2016』準決勝進出。
  • 『M-1グランプリ 2016』3回戦進出。
  • 『キングオブコント 2017』準決勝進出。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

過去のレギュラー番組

過去の準レギュラー番組

その他の番組

NOTTV

  • AKB48のあんた、誰?(2012年4月1日 - 2016年6月30日)
    • 2012年4月1日から2013年11月1日までは木曜日、金曜日にMCとしてレギュラー出演。
    • 2013年11月7日から2014年6月12日までは覆面を被り、トップリードの2人に体格・声がそっくりな「愛でる兄弟」として、木曜日にレギュラー出演。
    • 2014年6月2日からは金曜日にMCとしてレギュラー出演。
  • Voice Bar キュイーン'S(2014年11月10日 - 2016年6月20日)隔週月曜日放送。MCとしてレギュラー出演。
  • あん誰Presents AKB48 チーム8のあんた、ロケ!(2015年8月4日 - 2016年6月21日)隔週火曜日放送[12]。MCとしてレギュラー出演。
  • AKB48グループ ドラフト生(2014年4月3日 - 4日)-「NMB48チームBII 磯・内木がやってみた」MCとして出演。
  • HKT48の「ほかみな」〜そのほかのみなさん〜 MCとして出演。
  • 真麻の部屋へようこそ!

ラジオ[編集]

ネット配信[編集]

  • トップリードのツイッターBROS.(Twitter Japan、2016年9月 - 2017年6月)
  • AKB48の君、誰?(SHOWROOM、2016年10月31日 - 2018年4月20日)水曜 - 金曜MC[13]
  • 私立キュン×2学園 中等部(生テレ、2016年10月 - 2017年6月)
  • 8(エイト)がやらねば誰がやる!(LoGiRL、2016年12月 - 2017年3月)[14]

ライブ[編集]

単独ライブ[編集]

  • 「イッピキムスメ」(2010年7月19日、笹塚ファクトリー)
  • 「二日坊主」(2011年11月4日 - 5日、笹塚ファクトリー)
  • 「THREE DECKER」(2012年7月7日 - 8日、新宿SPACE107)
  • 「四度目の正直」(2014年1月12日 - 13日、笹塚ファクトリー)
  • 「V」(2016年7月3日、新宿シアターモリエール)

ユニットライブ[編集]

  • 「5556ライブ」

トークライブ[編集]

  • 「話っ話゜」(2011年7月8日、阿佐ヶ谷LoftA)
  • 「トップリードの話っ話゜2 〜AKBと出会ってこんなトップリードになってしまいました〜inロフトプラスワン」(2013年6月29日、ロフトプラスワン
  • 「トップリードの話っ話゜3 〜AKB48G(グループ)の色んなチームのコアなメンバーと仕事をして益々こんなトップリードになってしまいました。〜」(2013年10月12日、ロフトプラスワン)
  • 「トップリードの話っ話゜4 〜秋葉原のあの道で「AKBのメンバーが夢に出る」と言ってしまったら僕たちの関係はどうなってしまうのか、僕なりに一年半以上考えた上の気恥ずかしさも何もないトークライブのようなもの〜」(2014年2月15日、ロフトプラスワン)
  • 「トップリードの話っ話゜5 〜見逃した・・・もなにも、「ずーっとAKB見てるんだもの!とにかく語りたいんだよ!酒飲んで笑って語りたいんだよ!!!」って思っている・・・君たちへ〜」(2014年5月31日、ロフトプラスワン)
  • 「トップリードの話っ話゜6 〜するなよ?するなよ?絶対AKBの話しながらUTG(宴)♪するなよ!?・・・ってことは、するってことでいいね?〜」(2014年10月25日、ロフトプラスワン)
  • 「トップリードの話っ話゜7 〜ここがロフトだ、AKBのことを語りながらオールナイトで飲んで語ってここで跳べ!〜」(2015年5月15日、ロフトプラスワン)
  • 「トップリードの話っ話゜8 〜こんな時だからこそ、0と1(0時から始発)の間でオールナイトで飲んでAKBを語って一致団結しておきましょう〜」(2016年4月22日、ロフトプラスワン)
  • 「トップリードトークライブ 話っ話゜9(救)〜トップリードはなぜレギュラー0になったのか?トップリードはあと10年続くのか? 『救済する理由 DOCUMENTARY of TOPREED』なトークライブ〜」(2016年8月1日、ロフトプラスワン)

舞台[編集]

  • ショートストーリーロングコント 第1回公演「カケル」(2015年1月10日 - 12日、笹塚ファクトリー)
    • 演出・脚本:新妻悠太
    • 出演:進藤学、和賀勇介、新妻悠太、水沢駿、吉本純(やさしい雨)、松崎克俊(やさしい雨)、佐藤峻、山本麻貴、杉浦琴
  • ショートストーリーロングコント 第2回公演「ワル」(2016年1月21日 - 24日、笹塚ファクトリー)
    • 演出・脚本:新妻悠太
    • 出演:進藤学、和賀勇介、新妻悠太、水沢駿、吉本純(やさしい雨)、松崎克俊(やさしい雨)、伊倉愛美、大矢剛康、窪真理

DVD[編集]

  • トップリードのコント集(2010年発売 発売元:コンテンツリーグ
  • トップリード 単独ライブ「二日坊主」(2012年発売 発売元:バップ

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “マンションに侵入し窃盗未遂 容疑でお笑い芸人の男を逮捕”. 産経ニュース (産業経済新聞社). (2018年1月25日). http://www.sankei.com/affairs/news/180125/afr1801250001-n1.html 2018年1月25日閲覧。 
  2. ^ 【月笑・9月優勝者インタビュー】トップリード「新妻は松田聖子で和賀は中森明菜?」
  3. ^ お笑いナタリー
  4. ^ トップリード新妻悠太容疑者逮捕マンション侵入疑い”. 日刊スポーツ. 2018年1月25日閲覧。
  5. ^ “トップリード新妻悠太、所属事務所が契約解除 不起訴処分も「事の重大性や社会的影響に鑑み」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2105318/full/ 2018年2月6日閲覧。 
  6. ^ トップリードが解散 和賀勇介が報告「一人で頑張ってみます」 - ORICON NEWS 2018年2月6日
  7. ^ なお、「爆笑オンエアバトル」の歴代チャンピオンを含めると、ハリガネロック以来史上2組目となる。
  8. ^ “トップリードMC、AKB48チーム8のロケ番組が再始動”. お笑いナタリー. (2016年12月5日). http://natalie.mu/owarai/news/211904 2016年12月5日閲覧。 
  9. ^ 因みにこの回では105KB(10位)という稀な低KBを記録している。
  10. ^ 2006年1月14日放送回では413KBを記録しているが、この回は比較的球が入りやすい地方収録(この回は福井県収録)である事も影響し、高得点が連発したため400KB台ながら10組中8位に終わっている。
  11. ^ こんらんチョップビームメインストリートと並んでの4位。
  12. ^ 2015年12月までは、毎月第1火曜日放送。
  13. ^ 当初は水曜・金曜に出演。木曜は2017年7月から出演。コンビ解散後は和賀のみ引き続き出演した。
  14. ^ 準レギュラーとして出演。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]

トップリード
和賀勇介
新妻悠太