古畑奈和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふるはた なお
古畑 奈和
プロフィール
愛称 なお
奈和ちゃん
生年月日 1996年9月15日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本愛知県
血液型 O型
公称サイズ(2017年[1][注 1]時点)
身長 / 体重 160.3 cm / kg
スリーサイズ 73 - 60 - 80.5 cm
活動
デビュー 2011年11月26日
所属グループ SKE48
活動期間 2011年 -
備考 SKE48 チームKII
元チームE
元5期研究生
AKB48 チームA兼任
元AKB48 チームK兼任
他の活動 女優
事務所 AKS
アイドル: テンプレート - カテゴリ

古畑 奈和(ふるはた なお、1996年9月15日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループSKE48チームKIIのメンバー。一時期AKB48のメンバーを兼任していた。愛知県出身。AKS所属。

略歴[編集]

2011年10月16日、SKE48第5期生オーディションで応募総数5988名の中から16名の仮合格者に選ばれる[3][4]。同年11月26日、『SKE48リクエストアワー セットリストベスト50 2011 〜ファンそれぞれの神曲たち〜』1日目においてお披露目された[5]

2012年8月29日、『SKE48劇場改修前最終公演』において、チームEへの昇格が発表される。同時にチームSへの昇格が発表された菅なな子とともに、5期生から初の正規メンバー昇格者となった[6]

2013年4月28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日の夜公演で、AKB48チームKとの兼任が発表される[7]。同年9月18日に日本武道館で開催された『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』では15位で、初めてAKB48の表題曲の選抜メンバーになる[8]

2014年2月24日、Zepp DiverCityで開催された『AKB48グループ大組閣祭り』にて、SKE48はチームEからチームKII、AKB48はチームKからチームAへ異動することが発表される[9]。同年5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では55位で、フューチャーガールズに選出される[10]

2015年3月14日 - 15日、ミュージカル『AKB49〜恋愛禁止条例〜』で主演・浦川みのり/浦山実役で出演[11]。同年3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』においてAKB48チームAとの兼任解除が発表され[12]、同年5月29日にチームA「恋愛禁止条例」公演での「古畑奈和・矢倉楓子を送る会」をもってAKB48との兼任を終了した[13]。同年5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では24位で、アンダーガールズに選出される[14]。同年10月5日、劇場デビュー7周年記念特別公演において、SKE48内のユニット「フルマリオン」のメンバーに選ばれる[15]

2016年5月から6月にかけて実施された『AKB48 45thシングル選抜総選挙』では29位で、アンダーガールズに選出される[16]

2017年5月から6月にかけて実施された『AKB48 49thシングル選抜総選挙』では14位で、AKB48選抜総選挙において初の選抜入りを果たした[17]。同年10月13日、ソロシングル「オルフェス」をShowroom Recordsから発売した[18]

人物[編集]

愛称は、奈和ちゃん[19]。古畑奈和の「奈和」は「純粋で穏やかに和やかに…」という願いを込めて名付けられた[20]キャッチフレーズは「私と素敵な笑顔の交換をしませんか?ふんわりナチュラル、ちょっぴりドジな古畑奈和です」[2]

小学校5年生からの2年間、吹奏楽部でユーフォニアムを担当[21]、中学校でも吹奏楽部に所属するが、顧問の勧めもありサックスに転向[22]。SKE48に加入後もサックスを特技としており、イベントやライブなどで披露している[23]

堀北真希に似ていると言われることがある[4][24]

好きな言葉は、「辛い時こそ伸びる時」[2]

SKE48[編集]

握手会ではブースの入り口から出口まで握手したままファンと移動し、次のファンのためにジャンプして入り口まで戻る「古畑ジャンプ」がファンの間で話題となり[4]、ルールが変更された2014年7月5日の握手会で封印するまでは続けて行っていた[25]

チームE時代にチームメイトであった梅本まどかと「古梅(こうめ)」と称し[26]、2人で共通の目標を立てたり[27]、雑誌『EX大衆』(双葉社)の連載を担当したりしていた[28]。元メンバーで同期の菅なな子と「なおなん」と称していた。しかし、定着せず「なんなお」と呼ばれることも多かった[29]

メンバーに独自のニックネームをつけている。岩永亞美「グミたん[30]」、大場美奈「るんるん[31]」、菅なな子「ななちょ[32]」、二村春香「はっぴぃ[30][注 2]」、松井玲奈「にゃにゃ[34]」などがある。

AKB48[編集]

楽屋でお菓子パーティーをしていたのがきっかけでチームK兼任時代にチームメイトであった前田亜美藤田奈那武藤十夢と古畑との4人で「おかぱ一ず」という非公式ユニットを組んでいる[35]。当時17歳であったため深夜の生放送に出演できなかった藤田を除く3人でラジオ番組『AKB48のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に「おかぱ一ず」として出演した[36]

AKB48のメンバーにも特有のニックネームをつけており、佐藤亜美菜「あまめぇちゃん[37]」、武藤十夢「とむとむ[38]」などがある。

SKE48・AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

SKE48名義

  • 片想いFinally」に収録
    • 今日までのこと、これからのこと
  • アイシテラブル!」に収録
    • ハレーション - 「セレクション8」名義
    • 目が痛いくらい晴れた空 - 「研究生」名義
  • キスだって左利き」に収録
    • 鳥は青い空の涯を知らない - 「紅組」名義
  • チョコの奴隷」に収録
    • 追いかけShadow - 「紅組」名義
  • 美しい稲妻
    • シャララなカレンダー - 「Team E」名義
  • 賛成カワイイ!
    • 道は なぜ続くのか? - 「愛知トヨタ選抜」名義
  • 未来とは?
    • GALAXY of DREAMS - 「GALAXY of DREAMS」名義
    • 待ち合わせたい - 「Team E」名義
  • 不器用太陽
    • 友達のままで - 「セレクション10」名義
    • サヨナラ 昨日の自分 - 「Team KII」名義
  • 12月のカンガルー
    • I love AICHI - 「愛知トヨタ選抜」名義
    • DA DA マシンガン - 「Team KII」名義
  • コケティッシュ渋滞中
    • 今夜はJoin us! - 「Team KII」名義
    • 夜の教科書 - 「セレクション17 “AKB49~恋愛禁止条例~”」名義
    • 僕は知っている - 「DOCUMENTARY of SKE48」名義
  • 前のめり
    • 焦燥がこの僕をだめにする - 「Team KII」名義
  • チキンLINE
    • キスポジション - 「Team KII」名義
  • 金の愛、銀の愛
    • ハッピーランキング - 「ランクインガールズ2016」名義
  • 意外にマンゴー
    • 奇跡の流星群 - 「Passion For You選抜」名義
    • 円を描く - 「Team KII」名義

AKB48名義

アルバム選抜楽曲[編集]

SKE48名義

  • この日のチャイムを忘れない』に収録
    • みつばちガール - 「チームE」名義
    • ポニーテールとシュシュ - 「チームE」名義
  • 革命の丘』に収録
    • 夏よ、急げ!
    • ホライズン - 「愛知トヨタ選抜」名義
    • 愛のために何を捨てる?

AKB48名義

その他の参加楽曲[編集]

劇場公演ユニット曲[編集]

SKE48名義

SKE48 研究生「PARTYが始まるよ」公演

  • スカート、ひらり

SKE48 研究生「会いたかった」公演

  • 嘆きのフィギュア
  • ガラスの I LOVE YOU
  • 背中から抱きしめて
  • リオの革命

チームE 2nd Stage「逆上がり」

  • 愛の色

チームE 3rd Stage「僕の太陽」

  • アイドルなんて呼ばないで

チームKII 5th Stage「ラムネの飲み方」

  • クロス

チームKII 6th Stage「0start」

AKB48名義

大島チームKウェイティング公演

チームKウェイティング公演II「最終ベルが鳴る」

  • 初恋泥棒

チームA「恋愛禁止条例」公演

  • 真夏のクリスマスローズ

作品[編集]

シングル[編集]

# リリース日 タイトル 収録内容 レーベル 販売形態 規格品番 備考
1 2017年10月13日 オルフェス Showroom Records CD SRRC-000 [注 3]

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 収録作品
オルフェス CM:ロハス製薬 オルフェス アクアモイスチャー シートマスク「ふたり篇」「ひとり篇」[41]「チャンス篇」「迷わせる篇」「ピンチ篇」「想い篇」[18] 1stシングル「オルフェス」

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

ネット配信[編集]

イベント[編集]

その他[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • サックス・ワールド(2016年6月10日 - 、ホットリバー) - 「古畑奈和(SKE48)の輝け!サクソフォン次世代エースへの道」[51]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スリーサイズは時期不明[2]
  2. ^ 「はっぴー」と表記することもある[33]
  3. ^ 特設サイト限定販売で、購入枚数が10,000枚を達成すると、5曲入りミニアルバムの発売が決定となる[40]
  4. ^ SKE48 ZERO POSITION 〜チームスパルタ!能力別アンダーバトル〜』(TBSチャンネル1)第11〜14回の演技力対決でオーディションが行われ、役を勝ち取った[42]
  5. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信、全12話。テレビドガッチ(2015年7月17日)日本テレビ 「マジすか学園5」公式HP

出典[編集]

  1. ^ AKB48グループ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』 講談社〈講談社MOOK〉、2017年5月17日、136頁。
  2. ^ a b c 古畑奈和 AKB48名鑑 - スポーツニッポン 2015年9月18日時点のアーカイブ。
  3. ^ SKE48第5期生オーディション、仮合格者16名決定 - ナタリー(2011年10月17日)
  4. ^ a b c SKE48古畑奈和 握手会でファンにジャンプする“神対応”で話題 - NEWSポストセブン(2013年1月15日)
  5. ^ SKE48、2度目のリクエストアワーで第5期生デビュー - ナタリー(2011年11月28日)
  6. ^ SKE48、劇場改修前最終公演で研究生6名の昇格発表 - ナタリー(2012年8月29日)
  7. ^ AKB48、夏に5大ドーム公演決定&新たなグループ兼任発表 - ナタリー(2013年4月28日)
  8. ^ AKB48、AKB48第4回じゃんけん大会『新女王&選抜メンバーが決定!自ら運を切り開いたのは?密着レポート★』 - オリコン(2013年9月25日)
  9. ^ AKB48大組閣祭り『あなたの推しメンはどこの所属に? 波乱の組閣イベントに密着』 - オリコン(2014年2月24日)
  10. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  11. ^ a b “SKE48のみでミュージカル「AKB49〜恋愛禁止条例〜」上演”. Yahoo!ニュース. (2015年1月10日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150110-00000031-tospoweb-ent 2015年1月10日閲覧。 
  12. ^ AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除”. オリコン (2015年3月26日). 2015年4月17日閲覧。
  13. ^ 兼任解除メンバーのAKB48劇場最終公演につきまして - AKB48オフィシャルブログ(2015年5月16日)
  14. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2015年6月6日)
  15. ^ SKE48、7周年で初のユニットデビュー 来年には2ndアルバムも”. ORICON STYLE (2015年10月6日). 2015年10月6日閲覧。
  16. ^ AKB48公式サイト | AKB48 45thシングル 選抜総選挙 :選挙速報(2017年6月21日)
  17. ^ “【AKB総選挙】SKE48・古畑奈和 号泣から悲願の選抜入り達成!”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年6月18日). https://thetv.jp/news/detail/112496/ 2017年7月3日閲覧。 
  18. ^ a b “ハラ(元KARA)、“キレイ”が招く4つのストーリー”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2017年9月8日). https://www.barks.jp/news/?id=1000146659 2017年10月12日閲覧。 
  19. ^ SKE48 | プロフィール | 古畑奈和”. SKE48 OFFICIAL WEB SITE. AKS. 2017年7月28日閲覧。
  20. ^ なおの生活日記 #4 - SKE48 研究生日替わりブログ(2012年3月12日)
  21. ^ SKE48×サックスマガジン連動企画|古畑奈和の目指せ!サックス次世代エース - SKE48公式サイト 2015年5月31日閲覧。
  22. ^ SKE48古畑奈和が「サックス」との出会いを語る - ドワンゴジェイピーnews(2015年2月23日)
  23. ^ Bブロックは田野優花と古畑奈和/AKB - 日刊スポーツ(2013年9月18日)
    SKE48横浜アリーナ公演2日目で来年名古屋追加公演サプライズ発表!キャプテン中西優香が涙 - News Lounge(2013年12月6日)
  24. ^ 月刊エンタメ6月号 本日(4/30)発売 美麗グラビア充実してます! - エンタメNEXT(2014年4月30日)
  25. ^ 古梅シアター#古畑奈和 - SKE48オフィシャルブログ(2014年7月4日)
    SKE48古畑奈和、再開したAKB握手会では「古畑ジャンプ封印」も次の手はある!? - ミニシアター通信(2014年7月8日)
  26. ^ SKE48の「リクアワ」詳細リポートPart1/昨年“リクアワ”1位の曲が!? - Smartザテレビジョン(2014年11月11日)
  27. ^ 古梅の2014年の目標#古畑奈和 - SKE48オフィシャルブログ(2014年1月16日)
  28. ^ 古梅連載始まりました☆(-^∇^-)☆梅 - SKE48オフィシャルブログ(2014年6月14日)
  29. ^ 菅なな子 (2013年12月23日). “菅なな子☆最後に。”. SKE48オフィシャルブログ. 2016年6月2日閲覧。
  30. ^ a b 古畑奈和 (2013年12月9日). “オフショット的な♯古畑奈和”. SKE48オフィシャルブログ. 2016年6月2日閲覧。
  31. ^ 古畑奈和 (2014年12月28日). “るんるんのほっぺた♯古畑奈和”. SKE48オフィシャルブログ. 2016年6月2日閲覧。
  32. ^ 古畑奈和 (2013年12月23日). “ななちょの卒業公演♯古畑奈和”. SKE48オフィシャルブログ. 2016年6月2日閲覧。
  33. ^ 古畑奈和 (2014年5月31日). “はっぴー(二村春香ちゃん)と2時間も電話しました。”. Google+. 2016年6月2日閲覧。
  34. ^ 古畑奈和 (2013年7月28日). “にゃにゃ♯古畑奈和”. SKE48オフィシャルブロググ. 2016年6月2日閲覧。
  35. ^ 昨日はレッスンの後、、 - 前田亜美 Google+(2014年8月2日)
  36. ^ BACKNUMBER>#234 AKB48のオールナイトニッポン 放送内容★前田亜美★武藤十夢★古畑奈和★ Archived 2016年2月4日, at the Wayback Machine. - ニッポン放送 2015年6月9日閲覧。
  37. ^ 古畑奈和 (2013年9月27日). “あまめぇちゃん、とは♯古畑奈和”. SKE48オフィシャルブログ. 2016年6月2日閲覧。
  38. ^ 古畑奈和 (2015年7月22日). “デビューしました#古畑奈和”. SKE48オフィシャルブログ. 2016年6月2日閲覧。
  39. ^ 石井亮輔 Twitter”. 2017年4月24日閲覧。
  40. ^ ALFACE オルフェス CD 予約特設ページ”. SHOWROOM. 2017年10月12日閲覧。
  41. ^ “元KARA・ハラ出演の「オルフェス」新CM、SKE48古畑奈和がCMソング担当”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2017年4月24日). https://tokyopopline.com/archives/82667 2017年4月24日閲覧。 
  42. ^ “SKE古畑奈和「ヤメゴク」出演決定でリーゼント髪公開”. 日刊アメーバニュース (CyberAgent). (2015年4月28日). http://news.ameba.jp/20150428-666/ 2016年6月2日閲覧。 
  43. ^ 横山由依、入山杏奈らAKBグループ11名がヒロインに!『劇場霊』スピンオフドラマ放送決定”. マイナビニュース (2015年10月14日). 2015年10月23日閲覧。
  44. ^ 劇場霊からの招待状”. 「劇場霊」製作委員会. 2015年10月23日閲覧。
  45. ^ キャスト”. 豆腐プロレス. テレビ朝日 (2017年). 2017年3月21日閲覧。
  46. ^ “舞台「花より男子」キャストが集結!つくし役の新星「雑草っぽいと言われた」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年10月23日). http://natalie.mu/comic/news/163738 2016年6月2日閲覧。 
  47. ^ AKBホラーナイト アドレナリンの夜 第4話”. テレビ朝日. 2016年6月2日閲覧。
  48. ^ AKBラブナイト 恋工場 第14話”. テレビ朝日. 2016年6月2日閲覧。
  49. ^ RUSH 〜キット、イツカ〜”. KIT KAT in Japan. ネスレ日本. 2017年3月20日閲覧。
  50. ^ “DAM CHANNEL12代目MCにマギー登板!2015年4月からスタート” (日本語) (プレスリリース), 第一興商, (2015年3月3日), http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/ajaxfiles/load2015.html?file=150303_02 2015年3月3日閲覧。 
  51. ^ 古畑奈和(SKE48)の輝け!サクソフォン次世代エースへの道 第1回 ④クラッシック&ジャズのサックス・アンサンブルに挑戦”. 2017年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]