永尾まりや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ながお まりや
永尾 まりや
プロフィール
愛称 まりや
まりやぎ
生年月日 1994年3月10日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
血液型 O型
公称サイズ(2013年7月[1]時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
スリーサイズ 80 - 60 - 85 cm
活動
デビュー 2009年
備考 元AKB48チームKメンバー(元9期研究生→チーム4)
事務所 アービング
モデル: テンプレート - カテゴリ

永尾 まりや(ながお まりや、1994年3月10日 - )は、日本のタレント・モデルであり、女性アイドルグループAKB48の元メンバーである。

神奈川県横浜市出身[2]アービング所属。

略歴[編集]

2009年

2010年

2011年

2012年

  • 3月25日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』3日目公演においてアービングへの移籍打診があったことが発表される[6][7]
  • 5月15日、アービング公式サイトにプロフィールが掲載される。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では39位で、ネクストガールズに選出される[8]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チーム再編に伴うチームKへの異動とチーム4の消滅が発表される[9][10]
  • 11月1日、チームKに異動[11]。同日に始まったチームKウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[12]

2013年

2014年

  • 4月5日公開の『リアル人狼ゲーム 戦慄のクラッシュ・ルーム』で映画初主演[14]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では65位で、アップカミングガールズに選出される[15]

2015年

  • 4月28日より靴の通販サイトshoset(シュゼット)[16]にて永尾まりやプロデュースのcoche et coche by mariyaをリリース[17]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では69位で、アップカミングガールズに選出される[18]
  • 12月7日、AKB48劇場で行われた「峯岸チームK 最終ベルが鳴る」公演の兒玉遥山本彩生誕祭でAKB48卒業を発表[19]

2016年

  • 1月21日、TOKYO DOME CITY HALLにて「高城亜樹・永尾まりや卒業コンサート」が開催される[20]
  • 2月14日、5月1日にパシフィコ横浜で開催される「唇にBe My Baby」劇場盤発売記念大握手会が、参加する最後のAKB48握手会となることが、AKB48オフィシャルブログで発表される[21]
  • 3月19日、AKB48劇場で卒業公演が行われる[22][23]。5月1日、AKB48としての活動を終了。

人物[編集]

  • 愛称は、まりや、まりやぎ[24]
  • キャッチフレーズは、「みーんなに幸せを届けたい。ウィンクキラー永尾まりやです。」[1] から、2015年に「まりやぎ拳銃、ババン、バーン。まりやぎこと永尾まりやです。」に変更。
  • 小学生の頃からモデル志望[1]。好きなモデルは鈴木えみ高橋真依子[1]
  • 小学生時代に学級委員を務めた経験があるが、本人曰く「副委員長タイプ」で、自分から積極的に話をすることができない[25]
  • 趣味と特技は6年間習っていた[26]器械体操、特にロンダート[25]。他に趣味として掃除とショッピング[27]、特技として絵を描くことも挙げている[28]
  • 長らく八重歯アヒル口が特徴だった。八重歯はのちに矯正したが、アヒル口は意識してやっているわけではなく、「普通にしてても(唇が)出てんのわかる」とのこと[29]
  • 長所はマイペース。短所は我が強い、わがまま[25]
  • 好きな食べ物は枝豆と肉。嫌いな飲み物は紅茶[25]
  • 好きなアーティストはUVERworld[30]
  • AKB48ネ申テレビSeason16』の企画で、猟銃・空気銃所持許可証を取得した[31]
  • 芝山町観光親善大使を務めており、2015年10月23日には芝山町の1日町長に任命された[32]

AKB48[編集]

  • AKB48のオーディションは友人が勝手に応募し、オーディションを受けてみたところ合格した[27]ということもあってか、当初「ダンスレッスンでは立ち位置も分からず、まったく踊れず」の状態が続いたが、『初日』の歌詞を聞き「死ぬ気で歌って踊らないとダメなんだ!」と共感し[25]、その後は上達した。その時から、この楽曲がAKB48の中で最も気に入っている[26]
  • 同じ神奈川県在住の大場とは、一緒に帰宅する仲[29]
  • 2010年10月10日に開催された『AKB48 東京秋祭り』2日目「ぐだぐだカラオケ大会」の一発芸コーナーに内田眞由美鈴木まりや横山由依と永尾の4名で「チーム体育会系アイドル」として登場し、横山と2人で息の合ったツインロンダートを披露している[33]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

アルバムCD選抜楽曲[編集]

  • ここにいたこと』に収録
    • High school days - 「チーム研究生」名義
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m』に収録
    • 直角Sunshine - 「チーム4」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡』に収録
    • ぽんこつブルース
    • イチニノサン
    • 共犯者 - 「Team K」名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録 [34]
    • Conveyor - 「横山Team K」名義
  • 0と1の間』に収録
    • 愛の使者 - 「Team K」名義

その他の参加楽曲[編集]

  • シングルCD「初恋は実らない」 (おじゃる丸シスターズ名義、2011年5月11日発売)
    • 初恋は実らない (NHKアニメ「おじゃる丸」第14シリーズ(2011年)のエンディング・テーマ)
    • かたつむり〜おじゃる丸シスターズ・バージョン〜 (おぐまなみが歌った第13シリーズエンディング・テーマをカバーしたもの)
  • シングルCD「やさしくするよりキスをして」(「渡辺美優紀」名義、2014年12月24日発売)
    • 春風ピアニッシモ - 「AKB48」名義

劇場公演ユニット曲[編集]

研究生「アイドルの夜明け」公演
  • 片思いの対角線
研究生「恋愛禁止条例」公演
  • 真夏のクリスマスローズ
研究生「シアターの女神」公演
  • 初恋よ こんにちは
チームB 5th Stage「シアターの女神」公演
  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)
  • 初恋よ こんにちは※
佐藤すみれのアンダー
チームK 6th Stage「RESET」公演
  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)
  • 明日のためにキスを※
菊地あやかのアンダー
チームA 6th Stage「目撃者」公演
  • ミニスカートの妖精(前座ガールズ)
  • ☆の向こう側※
小嶋陽菜のアンダー
チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演
  • 愛しさのdefense
大島チームK ウェイティング公演
板野友美のアンダー
※河西ポジは松井珠理奈が休演の時、松井珠のアンダーに出演。
※元は板野友美のアンダー。その後、平田梨奈と交代して、永尾は松井珠のアンダーに出演。
チームKウェイティング公演II「最終ベルが鳴る」公演
  • おしべとめしべと夜の蝶々
チームK 7th Stage「RESET」公演
  • 逆転王子様
田中将大「僕がここにいる理由」公演
チームK 8th Stage「最終ベルが鳴る」公演
  • おしべとめしべと夜の蝶々

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

  • 有吉AKB共和国(2010年6月29日 - 不定期出演、TBS)
  • 週刊AKB(2010年8月13日 - 2012年11月30日 不定期出演、テレビ東京)
  • AKBINGO!(2011年1月6日 - 不定期出演、日本テレビ)
  • AKB48ネ申テレビファミリー劇場[35]
    • スペシャル〜もぎたて研究生 in グアム〜(2011年4月17日)
    • Season8(2011年11月27日・12月4日、2012年1月22日・1月29日)
    • Season10(2012年6月17日・6月24日・7月29日 - 9月2日)
    • Season11(2012年11月18日・11月25日)
    • スペシャル〜ブロードウェイへの道!〜(2012年12月23日)
    • Season12(2013年5月19日・5月26日)
    • Season14(2014年2月9日 - 2月23日)
    • Season16(2014年7月27日・9月7日・9月21日・9月28日)
    • Season17(2014年12月14日・12月28日、2015年1月11日)
    • Season17番外編(2015年1月25日・2月1日・2月15日・2月22日)
    • Season18(2015年4月12日・5月3日)
    • Season19(2015年7月12日・8月16日)
    • Season20(2016年1月3日)
    • Season21(2016年2月28日)
  • AKB48コント「びみょ〜」(2012年1月19日 - 2月16日、ひかりTV
  • びみょ〜な扉 AKB48のガチチャレ(2012年10月12日、ひかりTV)
  • AKB48コント「何もそこまで…」(2013年8月2日 - 2014年3月21日、ひかりTV)
  • MYNAMEのWキッチン(2013年1月7日 - 3月25日、TOKYO MX) - 「氷の料理教室 - 秘伝伝授 - 」MYNAME教育係兼カリスマ助手 役
  • AKBでアルバイト(2014年12月24日、フジテレビ)
  • どうなる?(2015年7月6日 - 11月30日、TOKYO MX) - MC[36]
  • 指原カイワイズ(2015年11月5日・11月19日・12月3日、フジテレビ)
  • 田村淳の地上波ではダメ!絶対!(2016年7月21日 - 、BSスカパー)

その他テレビ番組[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

  • 青山メインランド プレゼンツ『横山剣 大座長公演』(2013年5月6日 - 5月9日、浅草公会堂[37]
  • 全労済ホールスペース・ゼロ提携公演 Reading Live Theater「こゝろ」生演奏と映像とともに綴られる新感覚のライヴ朗読劇(2013年12月18日・12月20日、全労済ホールスペース・ゼロ)
  • 劇団マツモトカズミ第三回公演 「読モの掟! 結婚の偏差値舞台編スピンオフ」(2014年5月28日 - 6月1日、新宿村LIVE)
  • 劇団マツモトカズミ第四回公演「結婚の偏差値II DEAD OR ALIVE」(2014年9月10日 - 23日、新宿村LIVE)
  • ミュージカル「マジすか学園〜京都・血風修学旅行〜」(2015年5月14日 - 16日、AiiA Theater Tokyo)- 土方 役
  • 「終わりのセラフ」The Musical(2016年2月4日-11日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - クルル・ツェペシ 役[38]

ネット配信[編集]

  • マジすか学園5(2015年8月25日 - 10月27日、Hulu) - ゲッコウ 役[注 1]

イベント[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

  • 永尾まりや 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 永尾まりや 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 永尾まりや 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信、全12話。テレビドガッチ(2015年7月17日)日本テレビ 「マジすか学園5」公式HP

出典[編集]

  1. ^ a b c d e AKB48永尾まりや、夢は「JJ」モデル 板野友美からアドバイスも”. モデルプレスインタビュー. モデルプレス (2013年7月19日). 2013年7月29日閲覧。
  2. ^ “AKB永尾「ヨコハマ恐竜展」応援隊長に”. 日刊スポーツ. (2014年7月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140704-1328710.html 2014年12月11日閲覧。 
  3. ^ お知らせ AKB48オフィシャルブログ(2010年12月9日)2016年1月6日閲覧。
  4. ^ 先日の支配人部屋 AKB48オフィシャルブログ(2011年1月11日)2016年1月6日閲覧。
  5. ^ a b チーム4発足”. AKB48オフィシャルブログ (2011年6月7日). 2016年1月6日閲覧。
  6. ^ “メンバー15人の移籍先事務所発表”. 日刊スポーツ. (2012年3月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120325-923197.html 2012年4月8日閲覧。 
  7. ^ AKB横山&SKE松井玲奈ら15人が所属事務所移籍へ”. オリコン (2012年3月26日). 2012年4月8日閲覧。
  8. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2012年6月6日). 2014年12月11日閲覧。
  9. ^ 組閣後新体制”. AKB48オフィシャルブログ (2012年8月24日). 2014年12月11日閲覧。
  10. ^ “東京ドーム公演初日サプライズ!AKB、新チーム体制発表”. スポーツニッポン. (2012年8月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/24/kiji/K20120824003970850.html 2014年12月11日閲覧。 
  11. ^ “AKB48新組閣発足は11月1日、ウェイティング公演も決定”. ナタリー (ナターシャ). (2012年10月8日). http://natalie.mu/music/news/77879 2015年8月30日閲覧。 
  12. ^ AKB大島優子、新体制初日に号泣「この気持ちを忘れたくない」”. オリコン (2012年11月2日). 2012年11月22日閲覧。
  13. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2013年6月8日). 2014年12月11日閲覧。
  14. ^ AKB48永尾主演『リアル人狼ゲーム 戦慄のクラッシュ・ルーム』公開日&予告解禁”. クランクイン! (2014年3月9日). 2014年12月11日閲覧。
  15. ^ AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2014年6月7日). 2014年12月11日閲覧。
  16. ^ shsoet online store”. shoset (2015年5月7日). 2015年5月7日閲覧。
  17. ^ shsoet coche et coche × 永尾まりや(AKB48)共同開発プロジェクト第一弾”. shoset (2015年5月7日). 2015年5月7日閲覧。
  18. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  19. ^ AKB永尾まりやが卒業を発表! - スポーツ報知 2015年12月7日
  20. ^ “永尾まりや、AKB48卒業コンサートでファンへお詫びと感謝「皆さんを笑顔にすることを誓う」”. モデルプレス. (2016年1月21日). http://mdpr.jp/news/detail/1559243 2016年1月24日閲覧。 
  21. ^ 永尾まりやの握手会最終参加について”. AKB48オフィシャルブログ (2016年2月14日). 2016年2月14日閲覧。
  22. ^ 永尾まりやの卒業公演について”. AKB48オフィシャルブログ (2016年3月2日). 2016年3月3日閲覧。
  23. ^ “AKB48永尾まりや、3月19日に最後の劇場公演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年3月3日). http://natalie.mu/music/news/178507 2016年3月24日閲覧。 
  24. ^ AKB48ビジュアルNo.1の永尾まりや卒業記念ソロ写真集が22歳の誕生日に発売(3/10)”. TOKYO FRONT LINE. 添野企画 (2016年3月9日). 2016-03-09=閲覧。
  25. ^ a b c d e FLASH』増刊「まるっとAKB48スペシャル」 2011年5月1日号(光文社
  26. ^ a b 『AKB48 総選挙公式ガイドブック』(講談社[要文献特定詳細情報]
  27. ^ a b 『AKB48 じゃんけん選抜公式ガイドブック』(光文社)[要文献特定詳細情報]
  28. ^ 『週刊AKB』2011年8月19日付放送分
  29. ^ a b 『AKB48ネ申テレビスペシャル〜もぎたて研究生 in グアム〜』2011年4月17日放送分
  30. ^ AKB48 部屋っ子 - Google+(2012年1月11日)
  31. ^ AKB48ネ申テレビSeason16 #10『永尾まりやのカイ・カン』(後編 )
  32. ^ 千葉日報2015年10月24日10面
  33. ^ 『AKB48 東京秋祭り』DVDより
  34. ^ 『ここがロドスだ、ここで跳べ!』Type A【初回限定盤】
  35. ^ AKB48ネ申テレビ 出演メンバー紹介 永尾まりや
  36. ^ ケンコバMCの新番組「どうなる?」鬼越トマホーク1万個ドミノに早くも暗雲”. お笑いナタリー (2015年7月6日). 2015年7月6日閲覧。
  37. ^ 永尾まりや 出演決定!!”. AKB48オフィシャルブログ (2013年4月14日). 2013年4月15日閲覧。
  38. ^ “「終わりのセラフThe Musical”. ネルケプランニング. http://www.nelke.co.jp/stage/owarino-seraph/ 2015年10月3日閲覧。 
  39. ^ “AKB永尾まりやが悪役女優宣言”. デイリースポーツ. (2016年3月18日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/03/18/0008905089.shtml 2016年3月24日閲覧。 
  40. ^ 永尾まりやの卒業記念ファースト写真集が、22歳の誕生日に刊行!”. 徳間書店 (2016年1月21日). 2016年3月8日閲覧。
  41. ^ “AKB48永尾まりや、初写真集が部門1位 ランジェリー姿も披露の意欲作”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2068599/full/ 2016年5月2日閲覧。 

外部リンク[編集]