永尾まりや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ながお まりや
永尾 まりや
生年月日 (1994-03-10) 1994年3月10日(28歳)
出生地 日本の旗広島県[動画 1]
出身地 日本の旗神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 159 cm
血液型 O型
職業 タレントモデル女優
活動期間 2009年 - 現在
活動内容AKB48メンバー
(9期研究生→チーム4→チームK)
事務所 アービング
公式サイト 公式プロフィール
備考
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年11月28日[動画 2] -
ジャンル 日常
登録者数 16,300人
総再生回数 907,668回
関連人物 蓼沼楓
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年4月30日時点。
テンプレートを表示
テンプレートを表示

永尾 まりや(ながお まりや、1994年平成6年〉3月10日[1][2] - )は、日本グラビアアイドル[3]モデル女優[4]であり、女性アイドルグループ・AKB48の元メンバーである[5]神奈川県横浜市出身[6]広島県生まれ)。アービング所属。

略歴[編集]

2009年

2010年

2011年

2012年

  • 3月25日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』3日目公演においてアービングへの移籍打診があったことが発表される[7][8]
  • 5月15日、アービング公式サイトにプロフィールが掲載される。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では39位で、ネクストガールズに選出される[ブログ 4]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、チーム再編に伴うチームKへの異動とチーム4の消滅が発表される[ブログ 5][9]
  • 11月1日、チームKに異動[10]。同日に始まったチームKウェイティング公演のスターティングメンバーとして新チームでの活動を開始する[11]

2013年

2014年

  • 4月5日公開の『リアル人狼ゲーム 戦慄のクラッシュ・ルーム』で映画初主演[13]
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル 選抜総選挙』では65位で、アップカミングガールズに選出される[ブログ 7]

2015年

2016年

  • 1月21日、TOKYO DOME CITY HALLにて『高城亜樹・永尾まりや卒業コンサート』が開催される[17]
  • 2月14日、5月1日にパシフィコ横浜で開催される「唇にBe My Baby」劇場盤発売記念大握手会が、参加する最後のAKB48握手会となることが、AKB48オフィシャルブログで発表される[ブログ 9]
  • 3月19日、AKB48劇場で卒業公演が行われる[ブログ 10][18]。5月1日、AKB48としての活動を終了。

2020年

人物[編集]

  • 愛称は、まりや、まりやぎ[19]
  • 母親の故郷である広島県で生まれ[動画 1][ブログ 11]、その後横浜に移住。兄が1人いる[ブログ 12]
  • プロ野球は家族揃って読売ジャイアンツのファンである。
  • 小学生の頃からモデル志望[12]。好きなモデルは鈴木えみ高橋真依子[12]
  • 小学生時代に学級委員を務めた経験があるが、本人曰く「副委員長タイプ」で、自分から積極的に話をすることができない[20]
  • 趣味と特技は6年間習っていた[21]器械体操、特にロンダート[20]。他に趣味として掃除とショッピング[22]、特技として絵を描くことも挙げている[23]
  • 長らく八重歯アヒル口が特徴だった。八重歯はのちに矯正したが、アヒル口は意識してやっているわけではなく、「普通にしてても(唇が)出てんのわかる」とのこと[24]
  • 長所はマイペース。短所は我が強い、わがまま[20]
  • 好きなアーティストはUVERworld[25]
  • 『AKB48 ネ申テレビ』シーズン16の企画で、猟銃・空気銃所持許可証を取得した[26]狩猟免許は取らず、専らクレー射撃をしている[27]
  • 芝山町観光親善大使を務めており、2015年10月23日には芝山町の1日町長に任命された[28]
  • 向日葵プリンセス2020プロジェクト」の公式アンバサダーに任命された。

AKB48[編集]

  • キャッチフレーズは、「みーんなに幸せを届けたい。ウィンクキラー永尾まりやです。」[12] から、2015年に「まりやぎ拳銃、ババン、バーン。まりやぎこと永尾まりやです。」に変更。
  • AKB48のオーディションは友人が勝手に応募し、オーディションを受けてみたところ合格した[22][動画 3] ということもあってか、当初「ダンスレッスンでは立ち位置も分からず、まったく踊れず」の状態が続いたが、『初日』の歌詞を聞き「死ぬ気で歌って踊らないとダメなんだ!」と共感し[20]、その後は上達した。その時から、この楽曲がAKB48の中で最も気に入っている[21]
  • 同じ神奈川県在住の大場美奈とは、ともにAKB48所属だった頃は一緒に帰宅する仲だった[24]
  • 2010年10月10日に開催された『AKB48 東京秋祭り』[注釈 1]2日目「ぐだぐだカラオケ大会」の一発芸コーナーに内田眞由美鈴木まりや横山由依と永尾の4名で「チーム体育会系アイドル」として登場し、横山と2人で息の合ったツインロンダートを披露している[29]

AKB48での参加楽曲[編集]

シングルCD選抜楽曲[編集]

アルバムCD選抜楽曲[編集]

  • ここにいたこと』に収録
    • High school days - 「チーム研究生」名義
    • ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
  • 1830m』に収録
    • 直角Sunshine - 「チーム4」名義
    • 青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
  • 次の足跡』に収録
    • ぽんこつブルース
    • イチニノサン
    • 共犯者 - 「Team K」名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録 [30]
    • Conveyor - 「横山Team K」名義
  • 0と1の間』に収録
    • 愛の使者 - 「Team K」名義

その他の参加楽曲[編集]

  • シングルCD「初恋は実らない」 (おじゃる丸シスターズ名義、2011年5月11日発売)
    • 初恋は実らない (NHKアニメ「おじゃる丸」第14シリーズ(2011年)のエンディング・テーマ)
    • かたつむり〜おじゃる丸シスターズ・バージョン〜 (おぐまなみが歌った第13シリーズエンディング・テーマをカバーしたもの)
  • シングルCD「やさしくするよりキスをして」(「渡辺美優紀」名義、2014年12月24日発売)
    • 春風ピアニッシモ - 「AKB48」名義

劇場公演ユニット曲[編集]

研究生「アイドルの夜明け」公演
  • 片思いの対角線
研究生「恋愛禁止条例」公演
  • 真夏のクリスマスローズ
研究生「シアターの女神」公演
  • 初恋よ こんにちは
チームB 5th Stage「シアターの女神」公演
  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)
  • 初恋よ こんにちは ※佐藤すみれのアンダー
チームK 6th Stage「RESET」公演
  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)
  • 明日のためにキスを ※菊地あやかのアンダー
チームA 6th Stage「目撃者」公演
  • ミニスカートの妖精(前座ガールズ)
  • ☆の向こう側 ※小嶋陽菜のアンダー
チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演
  • 愛しさのdefense
大島チームK ウェイティング公演
チームKウェイティング公演II「最終ベルが鳴る」公演
  • おしべとめしべと夜の蝶々
チームK 7th Stage「RESET」公演
  • 逆転王子様
田中将大「僕がここにいる理由」公演
チームK 8th Stage「最終ベルが鳴る」公演
  • おしべとめしべと夜の蝶々

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

  • MYNAMEのWキッチン(2013年1月7日 - 3月25日、TOKYO MX) - 「氷の料理教室 - 秘伝伝授 - 」MYNAME教育係兼カリスマ助手 役
  • どうなる?(2015年7月6日 - 11月30日、TOKYO MX) - MC[39]
  • タビフク(2019年12月11日放送の「タビフク+VR」、BS-TBS

その他テレビ番組[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

ネット配信[編集]

CM・広報[編集]

  • minimo 特別WEBムービー『ミニモテク』「シチュエーション ~海~」篇・「シチュエーション~夏祭り~」篇(2018年7月27日 - )[58]
  • ソーシャルテック チャップアップ育毛剤(2021年9月 - ) - ルー大柴と共演[59]

広告モデル[編集]

  • T-Garden AngelColor MODICシリーズ(2017年10月 - ) - イメージモデル[60]
  • fast step 『Reinest』(2020年10月 - )[61][注釈 6] - イメージ・モデル[64][65]
  • SNIDEL 『KNIT COLLECTION with Mariya Nagao』(2021年11月15日 - 、公式オンラインストア・ECデパートメントストア USAGI ONLINE)[66]

ランウェイ[編集]

GirlsAward
関西コレクション
その他

イベント[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  1. 美しい細胞(2016年3月10日、徳間書店、撮影:Takeo Dec.)ISBN 978-4847049644[75][76]
  2. マブイ!まりや。(2017年10月26日、ワニブックス、撮影:LUCKMANISBN 978-4198641214[77]
  3. JOSHUA(2019年8月28日、幻冬舎、撮影:佐藤裕之)ISBN 978-4344034952
  4. ヤバイ!まりや。(2022年1月20日、ワニブックス、撮影:西條彰仁ISBN 978-4847084027[78][79]

雑誌連載[編集]

カレンダー[編集]

  • 永尾まりや 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 卓上 永尾まりや 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 卓上 永尾まりや 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • MARIYA NAGAO CALENDAR 2019-2020(2019年1月26日、ワニブックス[82]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ Visit Zoo キャンペーン応援プロジェクト『AKB48 東京 秋祭り』supported by NTTぷらら 2010年10月9日 - 10月10日、葛西臨海公園[ブログ 13]
  2. ^ シングル「ハイテンション」発売時にはすでにAKB48としての活動を終了している。
  3. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信、全12話。テレビドガッチ(2015年7月17日)日本テレビ 「マジすか学園5」公式HP
  4. ^ a b AbemaTVと朝日放送による共同制作。
  5. ^ 放送に先駆けて、ひかりTVdTVチャンネルにて2020年1月4日より配信開始。
  6. ^ fast step株式会社のランジェリー・ブランド、Reinest(レイネスト)のイメージ・モデルに起用。[62][63]

出典[編集]

  1. ^ 取材イベント年間500超! アイドルウォッチャー・北川のグラビアアイドルイベントレポート【2020年2月編】”. 週プレNEWS. 集英社 (2020年3月14日). 2020年12月8日閲覧。
  2. ^ 永尾まりや『涙は嵐の日に』”. 週プレNEWS. 集英社 (2020年10月4日). 2020年11月21日閲覧。
  3. ^ 永尾まりや、しなやか美ボディライン際立つ幻想的"サウナ"水着ショット披露”. マイナビニュース (2021年4月16日). 2021年4月16日閲覧。
  4. ^ 永尾まりや FLASHで白ビキニ&ランジェリー披露”. 東スポウェブ (2020年9月8日). 2020年9月9日閲覧。
  5. ^ 元AKB48永尾まりや&大和田南那、グラビア初共演 圧巻ビキニで“ロコガール”&オトナの色気”. オリコンニュース (2020年8月11日). 2020年8月14日閲覧。
  6. ^ “AKB永尾「ヨコハマ恐竜展」応援隊長に”. 日刊スポーツ. (2014年7月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20140704-1328710.html 2014年12月11日閲覧。 
  7. ^ “メンバー15人の移籍先事務所発表”. 日刊スポーツ. (2012年3月25日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120325-923197.html 2012年4月8日閲覧。 
  8. ^ AKB横山&SKE松井玲奈ら15人が所属事務所移籍へ”. オリコン (2012年3月26日). 2012年4月8日閲覧。
  9. ^ “東京ドーム公演初日サプライズ!AKB、新チーム体制発表”. スポーツニッポン. (2012年8月24日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/08/24/kiji/K20120824003970850.html 2014年12月11日閲覧。 
  10. ^ “AKB48新組閣発足は11月1日、ウェイティング公演も決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年10月8日). http://natalie.mu/music/news/77879 2015年8月30日閲覧。 
  11. ^ AKB大島優子、新体制初日に号泣「この気持ちを忘れたくない」”. オリコン (2012年11月2日). 2012年11月22日閲覧。
  12. ^ a b c d AKB48永尾まりや、夢は「JJ」モデル 板野友美からアドバイスも”. モデルプレスインタビュー. モデルプレス (2013年7月19日). 2013年7月29日閲覧。
  13. ^ AKB48永尾主演『リアル人狼ゲーム 戦慄のクラッシュ・ルーム』公開日&予告解禁”. クランクイン! (2014年3月9日). 2014年12月11日閲覧。
  14. ^ shsoet online store”. shoset (2015年5月7日). 2015年5月7日閲覧。
  15. ^ shsoet coche et coche × 永尾まりや(AKB48)共同開発プロジェクト第一弾”. shoset (2015年5月7日). 2015年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月20日閲覧。
  16. ^ AKB永尾まりやが卒業発表「前向きな卒業です!」同期ぱるるも駆けつける”. オリコン (2015年12月8日). 2018年8月19日閲覧。
  17. ^ “永尾まりや、AKB48卒業コンサートでファンへお詫びと感謝「皆さんを笑顔にすることを誓う」”. モデルプレス. (2016年1月21日). http://mdpr.jp/news/detail/1559243 2016年1月24日閲覧。 
  18. ^ “AKB48永尾まりや、3月19日に最後の劇場公演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年3月3日). http://natalie.mu/music/news/178507 2016年3月24日閲覧。 
  19. ^ AKB48ビジュアルNo.1の永尾まりや卒業記念ソロ写真集が22歳の誕生日に発売(3/10)”. TOKYO FRONT LINE. 添野企画 (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  20. ^ a b c d FLASH』増刊「まるっとAKB48スペシャル」 2011年5月1日号(光文社
  21. ^ a b 『AKB48 総選挙公式ガイドブック』(講談社[要文献特定詳細情報]
  22. ^ a b 『AKB48 じゃんけん選抜公式ガイドブック』(光文社)[要文献特定詳細情報]
  23. ^ 『週刊AKB』2011年8月19日付放送分
  24. ^ a b 『AKB48ネ申テレビスペシャル〜もぎたて研究生 in グアム〜』2011年4月17日放送分
  25. ^ AKB48 部屋っ子 - Google+(2012年1月11日)
  26. ^ AKB48ネ申テレビSeason16 #10『永尾まりやのカイ・カン』(後編) ファミリー劇場
  27. ^ 永尾まりや「私の散弾銃は60万円」エルマガ2018年9月26日
  28. ^ 千葉日報2015年10月24日10面
  29. ^ 『AKB48 東京秋祭り』DVDより
  30. ^ 『ここがロドスだ、ここで跳べ!』Type A【初回限定盤】
  31. ^ “元AKB永尾まりや、キャバ嬢役でセクシーシーンに挑戦 “ライブ動画”の餌食に…”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2017年10月31日). https://times.abema.tv/articles/-/3171403 2017年10月31日閲覧。 
  32. ^ 「プリキュア」とコラボしたドラマ放送、福原遥、中村ゆりか、永尾まりやら出演”. 映画ナタリー (2018年2月14日). 2018年2月14日閲覧。
  33. ^ JOKER×FACE”. フジテレビ. 2019年1月25日閲覧。
  34. ^ ドラマL『パーフェクトクライム』”. ドラマL. ABC TV. 2019年2月12日閲覧。
  35. ^ “松井玲奈&永尾まりや、『都立水商!』キャバクラ科&フーゾク科教師に”. マイナビニュース (マイナビ). (2019年4月19日). https://news.mynavi.jp/article/20190419-811490/ 2019年5月16日閲覧。 
  36. ^ “尾上松也主演でマンガ「課長バカ一代」ドラマ化、共演に木村了や永尾まりや”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年11月11日). https://natalie.mu/eiga/news/354918 2019年11月13日閲覧。 
  37. ^ “ドラマ「課長バカ一代」会見、八神和彦役の尾上松也「なんの躊躇もございません」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年11月13日). https://natalie.mu/comic/news/355255 2019年11月13日閲覧。 
  38. ^ “ドラマ「3Bの恋人」“付き合ってはいけない男子”役に神谷健太、HIROSHI、桜田通”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年12月4日). https://natalie.mu/comic/news/407308 2020年12月6日閲覧。 
  39. ^ ケンコバMCの新番組「どうなる?」鬼越トマホーク1万個ドミノに早くも暗雲”. お笑いナタリー (2015年7月6日). 2015年7月6日閲覧。
  40. ^ バーディーラッシュ!!”. BSフジ. フジテレビジョン (2021年). 2022年2月22日閲覧。
  41. ^ 第9回 2022年2月7日『バーディーを獲るまで次へ進めない!』…「三浦桃香のワンポイントアドバイス」パターレッスン”. BSフジ. フジテレビジョン (2022年2月). 2022年2月22日閲覧。
  42. ^ 第10回 2022年2月21日”. BSフジ. フジテレビジョン (2022年2月). 2022年3月7日閲覧。
  43. ^ 永尾まりや (2022年2月15日). 【公式】『バーディーラッシュ!!』#9「ワンポイントアドバイス」 (YouTube). フジテレビジョン. https://www.youtube.com/watch?v=ui2OV2InGb0 2022年2月22日閲覧。 
  44. ^ 永尾まりや (2022年3月1日). 【公式】『バーディーラッシュ!!』#10「ワンポイントアドバイス」 (YouTube). フジテレビジョン. https://www.youtube.com/watch?v=oDG5asDn4p4 2022年3月7日閲覧。 
  45. ^ 東京ボーイズコレクション エピソード1 : 作品情報”. 映画.com. 2019年7月1日閲覧。
  46. ^ 便利屋エレジー : 作品情報”. 映画.com. 2019年7月1日閲覧。
  47. ^ 黒蝶の秘密 : 作品情報”. 映画.com. 2019年7月1日閲覧。
  48. ^ 三浦貴大×成海璃子『ゴーストマスター』特報&ビジュアル 板垣瑞生、永尾まりやら追加キャストも”. Real Sound (2019年6月7日). 2019年9月8日閲覧。
  49. ^ 「クソみたいな映画」公式サイト”. 吉本興業. 2022年6月3日閲覧。
  50. ^ “「ビルドVシネ「仮面ライダークローズ」、永尾まりやと進藤学がゲスト出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年9月16日). https://natalie.mu/eiga/news/299777 2018年9月26日閲覧。 
  51. ^ “「終わりのセラフThe Musical”. ネルケプランニング. http://www.nelke.co.jp/stage/owarino-seraph/ 2015年10月3日閲覧。 
  52. ^ “永尾まりや、dTVドラマ版「不能犯」でベッドシーンに果敢に挑戦!「殻を破りたかった」”. 映画.com. (2017年12月22日). http://eiga.com/news/20171222/13/ 2018年1月11日閲覧。 
  53. ^ 永尾まりや、世界初長編VRドラマでロボット役 「恥ずかしかった」シーン告白」『eltha』。2018年6月4日閲覧。
  54. ^ 渋谷宣亮 (2019年2月25日). “PS VR専用実写ドラマ『ハナビ HANA type B』冴えない男の家に美少女ヒューマノイドがやってきた” (日本語). IGN Japan. 2019年2月28日閲覧。
  55. ^ “ドラマ「不倫食堂」第2期の主演は武田真治、第1期主演・田中圭の先輩役”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年7月1日). https://natalie.mu/comic/news/337889 2022年6月3日閲覧。 
  56. ^ 3時のヒロイン・かなで:「危険なビーナス」オリジナルストーリーにゲスト出演 永峰役の相方・福田麻貴に「嫉妬していた」”. まんたんウェブ. MANTAN (2020年10月31日). 2020年11月2日閲覧。
  57. ^ “配信ドラマ『25歳イマドキ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』12・23スタート”. ORICON NEWS. (2020年11月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2177113/full/ 2020年11月19日閲覧。 
  58. ^ “永尾まりや、志田友美、柴田あやならInstagramで話題のモデル7人が登場するサロンスタッフ直接予約アプリ「minimo」の特別WEBムービー「ミニモテク」が7月27日より限定公開” (プレスリリース), 株式会社ミクシィ, (2018年7月27日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000025121.html 2022年6月3日閲覧。 
  59. ^ ルー大柴さん、永尾まりやさん出演のTVCMが放映開始!「チャップアップ育毛剤」から始まる、頭皮ケアロマンス”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2021年12月29日閲覧。
  60. ^ “2人に1人はカラコンをファッション・メイクの一部として使用!『AngelColor』MODICシリーズ新イメージモデルに永尾まりやさんが起用された理由” (プレスリリース), 株式会社T-Garden, (2017年10月20日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000106.000005045.html 2022年6月3日閲覧。 
  61. ^ Reinest 永尾まりや”. 247lingerie(247ランジェリー). fast step株式会社 (2020年). 2022年4月12日閲覧。
  62. ^ “下着専門ECサイト「247lingerie」がオープン!ランジェリー取り扱い数はなんと1000型以上⁈” (プレスリリース), fast step株式会社, (2020年12月4日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000061547.html 2022年4月3日閲覧。 
  63. ^ Reinest”. fast step. fast step株式会社 (2020年). 2022年4月12日閲覧。
  64. ^ “元AKB48永尾まりやが魅せる。オトナ女性の色気を最大限に引き出す大人気ブランドReinest【レイネスト】、2020 A/W注目の新作ランジェリー公開。” (プレスリリース), 株式会社dazzy, (2020年10月28日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000061121.html 2022年4月11日閲覧。 
  65. ^ Mariya Nagao meets Reinest”. DRW(ドロー). 株式会社dazzy (2020年). 2022年4月11日閲覧。
  66. ^ “<スナイデル>タレント・モデルの永尾まりやを起用したウェブ企画「“ドキッとさせる”魅せニット」を公開 センシュアルムード漂うワンピースやニットがラインアップする、冬のニットコレクション” (プレスリリース), 株式会社マッシュホールディングス, (2021年11月12日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001206.000018505.html 2022年6月3日閲覧。 
  67. ^ modelpress編集部 (2014年10月1日). “AKB48の“オシャレガール”永尾まりや、3万人を前に堂々ランウェイ”. モデルプレス. 株式会社ネットネイティブ. 2022年4月11日閲覧。
  68. ^ modelpress編集部 (2015年4月29日). “AKB48永尾まりや、ミニワンピで美脚披露 キュートなウインクに黄色い歓声<GirlsAward 2015 S/S>”. モデルプレス. 株式会社ネットネイティブ. 2022年4月11日閲覧。
  69. ^ modelpress編集部 (2022年3月6日). “永尾まりや、マリンルックで美脚堂々披露<関コレ2022S/S>”. モデルプレス. ネットネイティブ. 2022年4月11日閲覧。
  70. ^ 取材/文:水谷朱音・写真:山岸一之 (2017年8月6日). “なちょす、永尾まりや、山岸奈津美らがTSCファッションショーをキュートな笑顔いっぱいのステージで魅せる!”. WWSチャンネル. WWS JAPAN株式会社. 2022年4月12日閲覧。
  71. ^ “Tokyo Street Collection Vol.5大歓声で終焉!! 来場者でフロアが埋め尽くされ、今年夏一番の盛り上がりを魅せた!!” (プレスリリース), 株式会社GALDir Media, (2017年8月21日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000027923.html 2022年4月12日閲覧。 
  72. ^ “Tokyo Street Collectionになちょす、永尾まりや、ぺえ、時人等が集結!まさかのコラボ!マーク・パンサー×軟式globe。’13で会場がゆれる!” (プレスリリース), 株式会社GALDir Media, (2017年10月17日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000027923.html 2022年4月12日閲覧。 
  73. ^ “AKB48永尾まりやが意気込み、じゃんけん大会で初の選抜入り!”. リアルライブ. (2013年9月18日). https://npn.co.jp/article/detail/975208 2022年6月3日閲覧。 
  74. ^ “「ランウェイで笑って」とインスタグラマー・D、109でコラボファッションショー”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年10月19日). https://natalie.mu/comic/news/304369 2022年6月3日閲覧。 
  75. ^ 永尾まりやの卒業記念ファースト写真集が、22歳の誕生日に刊行!”. 徳間書店 (2016年1月21日). 2016年3月8日閲覧。
  76. ^ “AKB48永尾まりや、初写真集が部門1位 ランジェリー姿も披露の意欲作”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年3月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2068599/full/ 2016年5月2日閲覧。 
  77. ^ “永尾まりや、写真集で挑発的な表情連発「"マブい女"の一面を」”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). https://www.sanspo.com/article/20170922-NHWRTPD4NNMTBB2VFXJME2EENA/ 2017年9月26日閲覧。 
  78. ^ @yabai_mariyagi (2021年). “永尾まりや写真集『ヤバイ!まりや。』【公式】2022年1月20日発売!”. 公式Twitter. 2022年1月7日閲覧。
  79. ^ modelpress編集部 (2021年12月8日). “永尾まりや、史上最大露出 温泉・ラブホテル・スナック…初の本人企画写真集「ヤバイ!まりや。」決定”. モデルプレス. 株式会社ネットネイティブ. 2022年1月7日閲覧。
  80. ^ “AKB48小嶋陽菜・島崎遥香・永尾まりや、好きなファッション&夢を叶える秘訣を語る モデルプレスインタビュー”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年5月22日). https://mdpr.jp/interview/detail/1488717 2022年6月3日閲覧。 
  81. ^ “永尾まりやギャルデビュー!ファッション誌レギュラーモデルに”. サンスポ.com (産経デジタル). (2017年4月6日). https://www.sanspo.com/article/20170406-ZGOGBIXPGFIFFEGAWY65QZXSMM/ 2022年6月3日閲覧。 
  82. ^ “永尾まりやのバレンタインデーの予定は「好きな人をあと3日で探します!」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年2月11日). https://thetv.jp/news/detail/179015/ 2020年2月16日閲覧。 

ブログ[編集]

  1. ^ お知らせ”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2010年12月9日). 2021年6月29日閲覧。
  2. ^ 先日の支配人部屋”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年1月11日). 2021年6月29日閲覧。
  3. ^ a b チーム4発足”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年6月7日). 2016年1月6日閲覧。
  4. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2012年6月6日). 2014年12月11日閲覧。
  5. ^ 組閣後新体制”. AKB48オフィシャルブログ (2012年8月24日). 2014年12月11日閲覧。
  6. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2013年6月8日). 2014年12月11日閲覧。
  7. ^ AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2014年6月7日). 2014年12月11日閲覧。
  8. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2015年6月6日). 2015年6月6日閲覧。
  9. ^ 永尾まりやの握手会最終参加について”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2016年2月14日). 2016年2月14日閲覧。
  10. ^ 永尾まりやの卒業公演について”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2016年3月2日). 2016年3月3日閲覧。
  11. ^ 永尾まりや (2014年7月27日). “広島握手会 ヨコハマ恐竜展”. MARIYAGI BLOG. サイバーエージェント. 2021年6月29日閲覧。
  12. ^ 永尾まりや (2016年1月1日). “新年”. MARIYAGI BLOG. サイバーエージェント. 2021年6月29日閲覧。
  13. ^ 東京秋祭り2日目(晴天)レポ”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2010年10月16日). 2021年6月29日閲覧。
  14. ^ 永尾まりや 出演決定!!”. AKB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2013年4月14日). 2013年4月15日閲覧。

動画[編集]

  1. ^ a b まりかえちゃんねる 生い立ちを話してたらまさかの浮気話に発展☻【自己紹介】 - YouTube(2021年6月16日)2021年6月29日閲覧。
  2. ^ a b まりかえちゃんねる 記念すべき第1投稿目★ - YouTube(2020年11月28日)2021年6月29日閲覧。
  3. ^ ぱるるーむ(島崎遥香) 【前編】元AKB48が今までの出来事をお話しします - YouTube(2021年2月12日)2021年6月29日閲覧。

外部リンク[編集]