僕たちがやりました

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

僕たちがやりました』(ぼくたちがやりました)は、原作:金城宗幸、漫画:荒木光による日本漫画である。『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、2015年19号から2017年8号まで連載された。

2017年7月18日にフジテレビ系でテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

凡下高校生徒の2年生・トビオたちはOBで金持ちのパイセンとつるみ、遊んで過ごしてきたが、ある時仲間のマルが、凡下高校の隣にある矢波高校の生徒らに拉致され大怪我を負わされてしまう。矢波高校の生徒に仕返しするためにトビオ達は夜間に矢波高校に忍び込み、爆弾を仕掛けた。しかし、最後にボタンを押したところ、想定外の規模の爆発が発生して大勢の死傷者が出てしまった。 トビオはパイセンらと外国へ逃亡しようとするが、パイセンは空港で刑事に逮捕されてしまう。 そしてトビオらはバラバラになり、警察や、大怪我を負いつつ生き残った矢波高校をシメていた2年生・市橋から逃げることになる。

登場人物[編集]

増淵 トビオ[1](ますぶち とびお)
本作の主人公。あだ名は「トビオ」。そこそこの人生が理想だと思っている。爆破事件により、10人もの矢波高生を殺したという罪の意識に苛まれ、しまいには自殺を図るが、未遂に終わる。その後入院した病院で市橋と再び出会い、市橋に嘘を突き通し友人となるが、蓮子と付き合っていることを彼に話し、自殺させてしまう。それを機に、付き合っていた蓮子と別れ、4人で自首するためにイベントを開催することを決意。フリーセックス集会を乗っ取り、イベントを始めるが、直ぐに玲夢らによって拉致され、頓挫。マルと伊佐美は逃げ出すが、「死を決意してきた」と、逃げ出さず事故を起こさせる。その後目の前で小坂が玲夢をめった刺しにするが、結局なんの罪にも問われなかった。10年後には「夏っちゃん」という女性との結婚を控えると共に一児のパパとなる。
丸山 友貴[1](まるやま ゆうき)
あだ名は「マル」。矢波高の生徒に攫われ"ウンコ"という別高校の少年と殴り合いをさせられ、勝利したが、そのことで"ウンコ"に恨みを買う。小坂から貰った逃亡資金で風俗に入り浸り、童貞を捨てる。トビオからお金を奪い京都に逃げた後、伊佐美からも奪おうとするが失敗。自首イベントの際に拉致されてからすぐ逃げ出し、イベントの為の資金の一部を奪う。10年後には奪った資金を元手に登録商標・「ミトコンドリア水」でネズミ講を働き、年収3000万の男となっている。
伊佐美 翔[1](いさみ しょう)
あだ名は「伊佐美」。今宵と付き合っていた。爆破事件の罪悪感に苛まれ自殺未遂を起こした後、生きていることを実感するためにセックス依存症になる。飯室のひとことが原因で勃起しなくなった一物のために、爆破事件の被害者宅に線香を上げに行く「お遍路さん」を行い、勃起が復活し今宵のもとへ戻って抱くが、妊娠がわかった今宵に、殺人犯の父を持たせたくないと言われ追い出される。自首イベントの際に「クラウディア・トルネイド」を辰田聖基に発揮。自首イベントの際に拉致されてから、マルの次に逃げ出し、今宵と落ち合う。後に今宵と結婚。明日男(トゥモロオ)と翌朝(ネモ、ネクストモーニングの意)という2児の父。今宵の父の斡旋する建築会社で働いている。
小坂 秀郎[1](こさか ひでろう)
謎の大金持ち。卒業後も高校に来て、いつもトビオ達に奢っており、彼らから「パイセン」と呼ばれている。爆破事件で唯一逮捕された際に、父・輪島宗十郎がホームレスの真良中幹男を犯人にしたことで、無事出所するが、父に愛されていないとわかり、盛大な自首イベントを開催。玲夢らに阻止されるが、異母弟・輪島玲夢を返り討ちにしてめった刺しにし、殺人罪で10年服役する。この時20歳。このことで輪島は総資産の7割を使い果たす。「秀郎」の名は、あまりにも顔が不細工であったための「ひでえ顔の野」という意味で父につけられた名。
蒼川 蓮子(あおかわ れんこ)
トビオの幼馴染。女子高に通っており、市橋と仲が良い。トビオと付き合うが、蓮子を巻き込みたくないと思ったトビオにより別れを告げられる。10年後にはパパイヤ鈴木似の男性と結婚し、身籠っている。
市橋 哲人(いちはし てつと)
矢波高のトップに君臨する、筋金入りの高2ヤンキー。祖母と二人暮らしをしている。パイロットになるため、予備校に通っていたが、爆破事件で車椅子生活になってしまい、もともとの取り巻きにも精神的苦痛を受け、トップの座を奪われる。自殺未遂をしたトビオと病院で仲良くなるが、蓮子がトビオの彼女になったことを知った直後に、「蓮子のこと幸せにしろよ」と動画で伝え、病院から飛び降りて死亡した。
新里 今宵(にいさと こよい)
伊佐美と付き合っていたが、伊佐美の逃亡後、入り浸りになったトビオが童貞を喪失した相手。事件が冤罪として処理された後に、妊娠が発覚する。後に正式に伊佐美と結婚。父と同じで「クラウディア・トルネイド」の使い手。
今宵の父。今宵の妊娠が発覚し、今宵が伊佐美を呼んだときに、漁から帰ってきて、回転技「クラウディア・トルネイド」を伊佐美に使う。後に婿になった伊佐美に就職を斡旋し、また二人の孫に「クラウディア・トルネイド・ダブル」を使うような、ジジバカ。
真良中 幹男(まらなか みきお)
犯人として自首してきた、妻子持ちの元ホームレスで、実は無実だが輪島によって妻子の生活を保証してもらうために自首。10年服役した後、死刑執行が確定する。
飯室 成男(いいむろ なるお)
刑事。矢波高爆破事件の真相を突き止めたが、トビオ達を逮捕する前に捜査が打ち切られたため、彼らを心理的に追い詰める。
水前寺(すいぜんじ)
とある上位高校の生徒、名は不明。あることで矢波高生に攫われ、ウンコと呼ばれるようになる。その時にマルと決闘し負けた後、腕に"ウンコ"とピンで彫られ、友人からも見下されるようになったため、マルを付け狙い、出会ったときに露店の模造刀で殴り掛かるが失敗。暴行事件で逮捕される。刑務所を出てから、マルを襲って背中に"キノコウンコ"と彫る。そのことでマルに今度は恨まれるが、決闘の末MARCHのA判定の実力の英語で勝利し、逃亡。MARCHに受かるために「行進ハイスクール」という塾に通っている。10年後にはワタルの通う「水前寺学苑」の塾長をしている。
輪島 宗十郎[2](わじま そうじゅうろう)
警察組織の上層部にも顔の利く、風俗界の首領(ドン)。沢山の愛人を持ち、13番目の愛人・「早季絵」に小坂秀郎を産ませる。小坂の起こした爆破事件を揉み消そうとし、ホームレスの真良中幹男を代役に立てる。小坂らの自首イベントの開催を阻止しようと繰り出すが、「ハズレガチャ」小坂に「当たりガチャ」玲夢を殺される。服役した小坂との血縁関係を切るが、このことで総資産の7割を失う。
輪島 玲夢(わじま れいむ)
小坂秀郎の異母弟で、輪島の2番目の愛人の子。入れ墨だらけのヤクザまがいの男だが、父・輪島には従順であり、父の命令では異母兄の小坂をも殺そうともする。自首イベントの開催を阻止しようとした輪島によって、トビオら四人を拉致するが、車の横転後、小坂を殴った際に逆に自分のナイフで小坂に腹を刺され、倒れたところをめった刺しにされ死亡。享年19。誰かの目をくりぬいたことがある模様。
辰田聖基(たつた せいき)
トビオたちが自首イベントを開催しようとした際に代々木公園で「無くそう羞恥 無くそう貞操」という集会を主催していたYAALS(ヤールズ)の代表。伊佐美に「クラウディア・トルネイド」を受け、客席に落ちた。
ワタル
10年後の高校2年生。世の中に埋もれていると感じ、殺人を決意。10人目に目についたトビオを付け狙い、殺そうとするが、殺せと要求したトビオを恐れ逃亡する。
ヤング
自称「万引き二段」のホームレスで同性愛者の男性。「オープン・ザ・ゲート」が口癖。トビオが逃亡しており、ズボンを失ってホームレス同然の様子で暮らしていた際に会い、「やりたいときにやる」と、トビオを引きつけるが、同性愛者と発覚してトビオに逃げられる。後にトビオが自暴自棄になって雨の中ずぶ濡れで歩いているとき、トンネル内で男性に行為を迫っており、トビオに話し掛けるがトビオは無視する。自首イベントのときにチラシをばらまいていたトビオたちが警察官数人に追いかけられた際には、フリーセックス集会に参加しており、警察官の服を引っ張って転倒させる。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

僕たちがやりました
ジャンル 学園ドラマ / サスペンス
放送時間 火曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2017年7月18日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 カンテレ
監督 新城毅彦
瑠東東一郎
原作 『僕たちがやりました』
原作:金城宗幸
漫画:荒木光
脚本 徳永友一
プロデューサー 米田孝(カンテレ)
平部隆明(ホリプロ)
白石裕菜(ホリプロ)
出演者 窪田正孝[3]
永野芽郁
新田真剣佑
間宮祥太朗
葉山奨之
今野浩喜
川栄李奈
岡崎紗絵
板尾創路
榊原郁恵
水川あさみ
三浦翔平
古田新太
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送
オープニング Mrs. GREEN APPLE「WanteD! WanteD!」
エンディング DISH//「僕たちがやりました」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は21:00 - 22:09(15分拡大)。
テンプレートを表示

2017年7月18日から毎週火曜21時 - 21時54分にフジテレビ系「火曜21時枠」にて放送されている。主演は窪田正孝[4]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

増渕 トビオ[5]
演 - 窪田正孝
凡下高校2年生。
伊佐美 翔
演 - 間宮祥太朗
凡下高校2年生。トビオの遊び仲間。
丸山 友貴(マル)
演 - 葉山奨之
凡下高校2年生。トビオの遊び仲間。
小坂 秀郎(パイセン)
演 - 今野浩喜
凡下高校OB。金持ち。

凡下高校[編集]

蒼川 蓮子
演 - 永野芽郁
凡下高校2年生。トビオの幼馴染。
新里 今宵
演 - 川栄李奈
凡下高校1年生。伊佐美と付き合っている。
三浦 由佳
演 - 岡崎紗絵
凡下高校2年生。矢波高校ナンバー2の不良・有原と付き合っている。
立花 菜摘
演 - 水川あさみ
凡下高校の英語教師。トビオたちの担任。
田中
演 - 八十田勇一
凡下高校の教師。小坂の高校時代を知っている。

矢波高校[編集]

市橋 哲人
演 - 新田真剣佑
矢波高校2年生。数々の事件を起こしていて警察からマークされている。
有原
演 - 吉村界人
矢波高校ナンバー2の不良。
熊野
演 - 森田甘路
矢波高校の科学教師。

増渕家[編集]

増渕 優子
演 - 榊原郁恵
トビオの母。
増渕 ハル
演 - 八木莉可子
トビオの妹。

警察[編集]

飯室 成男
演 - 三浦翔平
凡下高校がある地域の所轄刑事。逮捕のためなら違法スレスレの強引な捜査手法も厭わない。
栗原
演 - 中村靖日
凡下高校がある地域の所轄刑事。飯室の上司。

謎の人物[編集]

輪島 宗十郎
演 - 古田新太
裏社会を取り仕切っている謎の人物。
西塚 智広
演 - 板尾創路
裏社会で暗躍する悪徳弁護士。輪島の顧問弁護士を務めている。

その他[編集]

原野 玲夢
演 - 山田裕貴
武藤 慶大
演 - 一井直樹
桜田 祐介
演 - 岡田龍太郎
松崎
演 - 鈴木貴之

ゲスト[編集]

水前寺
演 - 加藤諒(第1話・第5話)
うらら
演 - おのののか(第4話)
ヤング
演 - 桐山漣(第4話 - 第5話)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[7] 監督 視聴率 備考
第1話 7月18日 イタズラのはずが謎の大爆発…青春逃亡サスペンス 新城毅彦 7.9%[8] 15分拡大
第2話 7月25日 謎の爆発…真相は?逃亡開始! 6.5%[9]
第3話 8月01日 危機! 裏切りと追跡 真犯人は⁉︎ 瑠東東一郎 6.6%[10]
第4話 8月08日 真相ついに…怒涛の新展開へ! 5.8%[11]
第5話 8月15日 全てを覆す謎の男! すれ違う恋 新城毅彦 5.4%[12]
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

原作との相違点[編集]

  • 立花菜摘と西塚智広はドラマのオリジナルキャラクターである。
  • 蓮子がトビオ達と同じ高校に通っている[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 原作5巻第45話に記載されている。
  2. ^ 8巻の104頁では「輪島総十郎」となっている。
  3. ^ キャスト / スタッフ”. 僕たちがやりました. 関西テレビ放送. 2017年7月18日閲覧。
  4. ^ 「僕たちがやりました」 “高校生”窪田正孝の“逃亡”青春物語”. 毎日新聞 (2017年7月17日). 2017年7月18日閲覧。
  5. ^ 原作では「増」だが、ドラマ版である本作では「増」になっている。
  6. ^ DISH//の10枚目のシングルはドラマ「僕たちがやりました」主題歌収録”. タワーレコード (2017年7月15日). 2017年7月18日閲覧。
  7. ^ FOD - フジテレビ 僕たちがやりました
  8. ^ “窪田正孝主演「僕たちがやりました」初回視聴率は7.9%”. スポーツ報知. (2017年7月19日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170719-OHT1T50084.html 2017年7月19日閲覧。 
  9. ^ “窪田正孝主演「僕たちがやりました」第2話視聴率6.5% 初回から1.4ポイント下降”. スポーツ報知. (2017年7月26日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170726-OHT1T50086.html 2017年7月26日閲覧。 
  10. ^ “窪田正孝主演「僕たちがやりました」第3話6.6%…SNSで話題沸騰、公式ツイッター14万人超がフォロー”. スポーツ報知. (2017年8月2日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170802-OHT1T50066.html 2017年8月2日閲覧。 
  11. ^ “窪田正孝主演「僕たちがやりました」第4話は5.8% SNSフォロワーは28万人突破”. スポーツ報知. (2017年8月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170809-OHT1T50099.html 2017年8月9日閲覧。 
  12. ^ “窪田正孝主演「僕たちがやりました」第5話は5.4%で過去最低更新”. スポーツ報知. (2017年8月16日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170816-OHT1T50050.html 2017年8月16日閲覧。 
  13. ^ 原作では女子高という台詞がある。

外部リンク[編集]

カンテレ制作・フジテレビ 火曜21時枠
前番組 番組名 次番組
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班
(2017年4月11日 - 6月13日)
僕たちがやりました
(2017年7月18日 - )
-