矢倉楓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やぐら ふうこ
矢倉 楓子
プロフィール
愛称 ふぅちゃん
生年月日 1997年2月24日
現年齢 19歳
出身地 日本の旗 日本大阪府
血液型 A型
公称サイズ(2014年7月時点)
身長 / 体重 156 cm / kg
活動
デビュー 2011年6月5日
所属グループ NMB48
活動期間 2011年 -
備考 NMB48 チームBII
元チームM
AKB48 チームA兼任
他の活動 女優
事務所 Showtitle
主な楽曲 冬将軍のリグレット
らしくない
アイドル: テンプレート - カテゴリ

矢倉 楓子(やぐら ふうこ、1997年2月24日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループNMB48チームBIIのメンバー。一時期AKB48チームAを兼任していた。

愛称はふぅちゃん大阪府出身。所属事務所はKYORAKU吉本.ホールディングスShowtitle

略歴[編集]

2011年5月、NMB48第2期生オーディション最終審査合格し、6月5日、TOKYO DOME CITY HALLにて開催された『見逃した君たちへ〜AKB48グループ全公演〜』において、NMB48第2期研究生23名の1人として初披露された[1]。8月13日、『NMB48 2期生「PARTYが始まるよ」』の初日公演が開催され、選抜メンバー16名のうちの一人として劇場公演デビューを果たす[2]。10月19日発売のNMB48 2ndシングル「オーマイガー!」でシングル表題曲における初選抜となった[3]

2012年1月26日、NMB48研究生29人の中から選ばれたチームM初期メンバー16人に入り、正規メンバー昇格[4]。10月9日、NMB48の2周年記念特別公演2日目において、チームMのセンターとしてお披露目された[5]

2013年4月28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日の夜公演においてAKB48チームAとの兼任が発表され[6]、同日付をもって兼任が開始された[7]。5月22日発売のAKB48 31stシングル「さよならクロール」の選抜メンバーに選ばれた。5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では44位で、ネクストガールズに選出された[8]

2014年5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では41位で、ネクストガールズに選出された[9]。 9月30日、パシフィコ横浜国立大ホールで行われたNMB48の全国ツアー『NMB48 Tour 2014 In Summer 世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜』の最終公演において、同年11月5日発売のNMB48の10枚目のシングル「らしくない」で白間美瑠とともに表題曲のダブルセンターを務めることが発表された。前作までセンターを務めた山本彩に代わって、白間とともに自身初のシングル表題曲でのセンターポジション獲得となった[10]

2015年5月29日、チームA「恋愛禁止条例」公演での「古畑奈和・矢倉楓子を送る会」をもってAKB48との兼任を終了[11]。5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では40位となり、ネクストガールズに選出される[12][13]

2016年5月から6月にかけて実施された『AKB48 45thシングル選抜総選挙』では33位となり、ネクストガールズのセンターに選出される[14]。10月18日に神戸ワールド記念ホールで開催された『NMB48 6th Anniversary LIVE』で「大組閣」と称したチーム再編により、チームBIIへの異動が発表され、2017年1月1日に新チーム体制に移行[15]

人物[編集]

あるあるYYテレビ」での番組内独自のニックネームは、バッドボーイズ・佐田正樹が芸人「おタコプー」の名前をもじって付けた「おたこフー」である[16]

キャッチフレーズは、「ワンダ〜(フ〜!)パワ〜(フ〜!)ハ〜ト(フ〜!)みんな、フ〜フ〜だよ。ふぅちゃんこと矢倉楓子です」である[16]

肌が白く、大人しいため、NMBメンバーから幽霊っぽいと言われている[17][18]。NMB48 紅組「思わせ光線」のミュージック・ビデオではおばけの役を演じている[19]

趣味は、少女漫画を読むこと、音楽鑑賞[17]。特技は、短距離走、朗読[17]

憧れの女優は、吉高由里子[20]

AKB48[編集]

Google+における、AKB48グループの部活動では演劇部に所属している[21]

NMB48・AKB48での参加楽曲[編集]

シングル選抜楽曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

アルバム選抜楽曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

劇場公演ユニット曲[編集]

NMB48名義

2期生「PARTYが始まるよ」公演

  • スカート、ひらり

チームM 1st Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 残念少女(1st UNIT)
  • 片思いの対角線(2nd UNIT)

チームM 2nd Stage「RESET」公演

  • 制服レジスタンス

AKB48名義

篠田チームA ウェイティング公演

横山チームA ウェイティング公演

チームA「恋愛禁止条例」公演

  • ハート型ウィルス

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

インターネット配信[編集]

書籍[編集]

カレンダー[編集]

  • 卓上 矢倉楓子 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • クリアファイル付 卓上 矢倉楓子 2015年カレンダー(2014年12月13日、ハゴロモ)

新聞コラム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信[23]
  2. ^ 島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭上映作品[29]

出典[編集]

  1. ^ NMB48 2期生 研究生決定のお知らせ”. NMB48公式サイト (2011年6月5日). 2017年1月2日閲覧。
  2. ^ “平均年齢14歳!NMB2期生公演スタート”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年8月13日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20110813-819887.html 2017年1月2日閲覧。 
    NMB48第2期生公演『PARTYが始まるよ』速報版 & NMB48 2ndシングル選抜発表”. スクランブルエッグ (2011年8月15日). 2017年1月2日閲覧。
  3. ^ “NMB48、2ndシングル選抜メンバーに2期生抜擢”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年8月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2000785/full/ 2017年1月2日閲覧。 
  4. ^ “NMB48「チームM」がお披露目 謹慎明けの島田玲奈がキャプテン就任”. ORICON STYLE (oricon ME). (2012年1月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2006234/full/ 2017年1月2日閲覧。 
  5. ^ NMB48 新生チームMお披露目、センターは矢倉楓子 - スポーツニッポン 2012年10月10日
  6. ^ AKB48、夏に5大ドーム公演決定&新たなグループ兼任発表 - ナタリー 2013年4月28日(2013年4月28日閲覧)
  7. ^ 2013年4月28日付けでAKB48公式サイト「メンバー情報」に追加された
  8. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  9. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  10. ^ NMB48、期待の新センター発表「全ての力出し切る」「誰よりも輝く」 - モデルプレス(2014年9月30日)
    NMB48白間&矢倉、最新曲Wセンターは「ドッキリかと思った」 - 映画.com(2014年11月14日)
  11. ^ 兼任解除メンバーのAKB48劇場最終公演につきまして - AKB48オフィシャルブログ(2015年5月16日)
  12. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2015年6月6日). 2015年7月29日閲覧。
  13. ^ “【第7回AKB総選挙】33位〜48位「ネクストガールズ」決定 各メンバーコメント一覧”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年6月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2053917/full/ 2015年7月29日閲覧。 
  14. ^ “【第8回AKB48選抜総選挙】33位から48位の「ネクストガールズ」メンバーが決定!”. Japan芸能カルチャー研究所 (IMW). (2016年6月18日). http://japan-culture-labo.com/2880 2016年6月29日閲覧。 
  15. ^ “NMB48上西恵の卒業発表、波乱の大組閣、新シングル選抜…6周年ライブで新始動を予感<セットリスト/新チーム一覧>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月20日). https://mdpr.jp/music/detail/1625924 2017年1月2日閲覧。 
  16. ^ a b 矢倉楓子☆あるあるYYテレビ♪(*´ω`*)”. NMB48 オフィシャルブログ (2012年8月29日). 2016年7月13日閲覧。
  17. ^ a b c 『B.L.T』 2011年10月号[要ページ番号]
  18. ^ “NMB48矢倉楓子、ホラー映画でアイドル役も不安「私自身が幽霊っぽい…」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年10月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2079930/full/ 2017年1月2日閲覧。 
  19. ^ 矢倉楓子 (2013年9月17日). “紅組 思わせ光線”. Google+. 2017年1月2日閲覧。
  20. ^ 日刊スポーツ』2012年5月3日[要文献特定詳細情報]
  21. ^ 中村麻里子 - Google+(2012年4月12日)
  22. ^ 吉本興業創業100周年特別企画 笑福亭仁鶴50周年記念ドラマ だんらん”. 関西テレビおんでま. 関西テレビ放送. 2016年5月26日閲覧。
  23. ^ “島崎遥香が単独主演『マジすか学園5』過激すぎて地上波は無理!?全話はHulu独占配信”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年7月17日). http://dogatch.jp/news/ntv/34112 2017年1月2日閲覧。 
  24. ^ a b キャスト”. マジすか学園5. 日本テレビ放送網 (2015年). 2017年1月2日閲覧。
  25. ^ 小籔千豊、ドラマ初主演に弱気「メチャメチャ演技ヘタ」 片瀬那奈と金銭トラブル解決 20151205”. オリコン (2015年12月5日). 2015年12月5日閲覧。
  26. ^ AKBホラーナイト アドレナリンの夜 第37話”. テレビ朝日. 2016年5月26日閲覧。
  27. ^ 相関図”. キャバすか学園. 日本テレビ放送網 (2016年10月). 2016年12月1日閲覧。
  28. ^ お宝発掘!?キラキラダイヤ”. Kawaiian TV. カワイイアン・ティービー (2016年). 2016年12月1日閲覧。
  29. ^ “葵わかな初主演映画「ホラーの天使」沖縄映画祭で上映、矢倉楓子と藤田みりあも出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年3月25日). http://natalie.mu/eiga/news/180934 2016年9月7日閲覧。 
  30. ^ “葵わかな初主演『ホラーの天使』劇場公開決定”. シネマズ by 松竹 (松竹,クラップス). (2016年9月7日). https://cinema.ne.jp/news/horrorangel2016090715/ 2016年9月7日閲覧。 
  31. ^ NMB48のTEPPENラジオ 第495回「新レギュラーふぅちゃん登場!初回ゲストはみおりん!」”. MBSラジオ. 毎日放送 (2016年7月). 2016年12月1日閲覧。
  32. ^ AKBラブナイト 恋工場 第12話”. テレビ朝日. 2016年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]