名古屋市総合体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本ガイシホールから転送)
移動先: 案内検索
日本ガイシ スポーツプラザ
NIPPONGAISHI SPORTS PLAZA
名古屋市総合体育館
施設情報
愛称 ガイシプラザ
正式名称 名古屋市総合体育館
用途 スポーツイベント、コンサート全般、発表会、集会、試験会場等
収容人数 約10,000人(固定:7,000席、仮設:3,000席)
設計者 梓設計
施工 株式会社大林組
事業主体 名古屋市
管理運営 公益財団法人名古屋市教育スポーツ協会(指定管理者
構造形式 鉄筋コンクリート構造
敷地面積 75,035m²
建築面積 27,823m²
階数 地上3階、地下1階
竣工 1987年
所在地 457-0833
愛知県名古屋市南区東又兵ヱ町5丁目1番16号
位置 北緯35度5分44.93秒
東経136度55分24秒
名古屋市総合体育館の内部。2005年PRIDE 武士道 -其の八-開催時

名古屋市総合体育館(なごやしそうごうたいいくかん、Nagoya Civic General Gymnasium)は、愛知県名古屋市南区にある屋内総合体育施設。大規模アリーナ・プール/スケートリンク・会議場の3つの施設で構成される。

施設命名権(ネーミングライツ)契約により、2007年4月1日から愛称を「日本ガイシ スポーツプラザ」としている(後述)。

概要[編集]

帝人名古屋工場の跡地に建設され、1987年7月19日に開館した。総合体育館はアマチュア・プロスポーツだけでなく、国内外の著名アーティストによるコンサート、商品展示会などの見本市などが開催される日本ガイシホール(旧レインボーホール)を始め、各種スポーツ向けの競技場、競技用プール、飛び込み台を有する日本ガイシアリーナ(旧レインボープール。冬季はアイスアリーナとしてスケートリンクに転換)、温水プール(25m、50m)、弓道場などの施設があり、これらを総称する施設全体の名称である。年間170万人(うちホールは90万人。いずれも平成17年度実績)の利用者がある。

旧名「レインボー」の由来は、1982年に策定された名古屋市スポーツ振興計画の愛称が“レインボープラン”であったことにあり[1]、名古屋市のスポーツ振興の象徴として呼称されてきた。なお、名古屋市内には名称が似ている「名古屋市体育館」が存在しているが、こちらは熱田区に所在する。

2017年には開館から30年を迎え、それに関連するイベントなども行われたが[2]、施設の老朽化に伴う改修工事のために2019年1月から20年7月までの休館を予定している[3]

特徴[編集]

日本ガイシホールはNASAアポロ計画で使用されたプログラムが導入され、600時間を費やした緻密な計算の中、設計が行われたものである。そのため直径100mの真円ドーム構造(パラレルラメラドーム構造)を持ち[4]、2秒という短い残響時間が特徴[5]

ネーミングライツ[編集]

2007年3月15日、名古屋市に本社を持つ日本碍子が「地域貢献と社名の普及」を目的に命名権を獲得[6]。同年4月1日から全施設の総称が「日本ガイシ スポーツプラザ(にほん-[7])」となり、併せて主要施設の名称も変更されている。契約は5年契約・年1億2千万円[6]。初回の取得以降は2012年と2017年の5年毎に同内容の契約で期間を更新し、最新では2022年3月31日まで交わされている[8][9][10]

日本ガイシによる命名権の取得後からしばらくは、コンサートのプロモーターなどが「日本ガイシホール(旧・名古屋レインボーホール)」などと取得前の名称と併せて表記していたが、現在では「日本ガイシホール」の単独表記が一般的となっている。

施設概要[編集]

  • 日本ガイシホール(略称:ガイシホール、旧:レインボーホール)
    • アリーナ面積3,646m2(49.4m×84.4m:長円形)/固定席5,000席、可動席2,000席、移動席3,000席
  • 第2競技場
    • アリーナ面積 1,638m2(45.5m×36m)/480席
  • 第3競技場
    • アリーナ面積 826.5m2(29m×28.5m)/200席
  • 温水プール
    • 25m温水プール 練習用 25m×6コース(水深1.1m~1.3m) 幼児用 25m×1コース(水深0.3m~0.6m)
    • 50m温水プール(公認) 50m×8コース(水深1.2m) 244席
  • 日本ガイシアリーナ 競泳・飛込プール/アイスリンク(略称:ガイシアリーナ、旧:レインボープール/レインボーアイスアリーナ)
    • 50m×10コース(水深2m)/アイスリンク(冬季)60m×30m 3,500席
    • 飛込プール 25m×25m(水深5m)
  • 日本ガイシフォーラム(略称:ガイシフォーラム、旧:サン笠寺)
  • トレーニング室 468m2
  • アーチェリー場 長さ90m×幅30m 12人立
  • 弓道場 近的(28m)12人立 遠的(60m)8人立
  • 宿泊研修室
  • 選手控室兼軽運動室

アクセス[編集]

鉄道[編集]

市バス[編集]

  • 神宮16・新瑞13(左回り)・新瑞14・南巡回  「日本ガイシスポーツプラザ」バス停下車すぐ
  • 基幹1(栄~笠寺駅)・新瑞13(右回り) 「笠寺駅」バス停下車すぐ
  • 基幹1(栄~星崎・鳴尾車庫)・金山18(金山~要町) 「南区役所」バス停下車徒歩10分
  • 神宮16・南巡回 「南高校」バス停下車すぐ
  • 神宮12 「北頭」バス停下車徒歩5分
  • 新瑞14(新瑞~鳴尾車庫・ワイルドフラワーガーデン ・大江町)「日本ガイシスポーツプラザ」バス停下車すぐ
  • 2003年までは駐車場の一角に市バスの転回場があり、基幹バスが栄方面へ折り返していた(現在の笠寺駅発着便)。

宿泊施設[編集]

名古屋笠寺ワシントンホテルプラザ市道名古屋環状線を挟んで隣接する。

スーパー銭湯「湯~とぴあ宝」24時間営業

ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋なども、金山総合駅から10分以内でアクセスできる距離である。

周辺[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第2章 プランの基本的な考え方(暮らしの情報)”. 名古屋市 (2005年4月4日). 2013年9月8日閲覧。
  2. ^ 名古屋市総合体育館開館30周年記念事業”. 名古屋市教育スポーツ協会. 2017年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月4日閲覧。
  3. ^ 名古屋市総合体育館(日本ガイシスポーツプラザ)改修工事に伴う休館のお知らせ”. 名古屋市教育スポーツ協会. 2017年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月4日閲覧。
  4. ^ [1] 建築作品データベース 『新建築』 名古屋市総合体育館
  5. ^ 『ラルクぴあ』ぴあ、2004年。
  6. ^ a b 名古屋市総合体育館のネーミングライツを取得”. 日本ガイシ (2007年3月15日). 2013年8月31日閲覧。
  7. ^ 英語では「NIPPONGAISHI(にっぽんがいし)」と表記。
  8. ^ 「日本ガイシ スポーツプラザ」のネーミングライツ契約を更新”. 日本ガイシ (2012年1月19日). 2012年4月10日閲覧。
  9. ^ 「日本ガイシ スポーツプラザ」のネーミングライツ契約を更新”. 日本ガイシ (2017年1月17日). 2017年11月4日閲覧。
  10. ^ 日本ガイシスポーツプラザ 名古屋市が命名権契約更新 - 中日新聞、2017年1月17日

外部リンク[編集]