笠覆寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
笠寺観音から転送)
移動先: 案内検索
笠覆寺
Kasaderakannon2.JPG
本堂
所在地 愛知県名古屋市南区笠寺町上新町83番地
位置 北緯35度5分58.35秒
東経136度56分12.09秒
座標: 北緯35度5分58.35秒 東経136度56分12.09秒
山号 天林山(てんりんざん)
宗派 真言宗智山派
本尊 十一面観音秘仏
創建年 (伝)天平5年(733年
開基 (伝)善光
中興 阿願
正式名 天林山 笠覆寺
札所等 尾張四観音
東海三十六不動尊霊場 15番
なごや七福神
大名古屋十二支 恵当寺 巳年本尊札所
文化財 色紙墨書妙法蓮華経 巻第五(国の重要文化財)
木造十一面観音立像(県有形文化財)ほか
地図
笠覆寺の位置(名古屋市内)
笠覆寺
テンプレートを表示

笠覆寺(りゅうふくじ)は、愛知県名古屋市南区笠寺町にある真言宗智山派寺院。山号は天林山。一般には笠寺観音(かさでらかんのん)の通称で知られる。尾張四観音の一で、あわせてなごや七福神の恵比須を祀る。

歴史[編集]

寺伝によれば、天平5年(733年、一部の文書には天平8年-736年)、僧・善光(または禅光)が浜辺に打ち上げられた流木を以て十一面観音像を彫り、現在の南区粕畠町にその像を祀る天林山小松寺を建立したのが始まりであるという。

その後1世紀以上を経て堂宇は朽ち、観音像は雨露にさらされるがままになっていた。ある時、旅の途中で通りかかった藤原兼平藤原基経の子、875年-935年)が、雨の日にこの観音像を笠で覆った娘を見初め、都へ連れ帰り玉照姫と名付け妻とした。この縁で兼平と姫により現在の場所に観音像を祀る寺が建立され、笠で覆う寺、即ち笠覆寺と名付けられたという。笠寺の通称・地名等もこの寺院名に由来する。

鎌倉時代には鐘楼が造られ、尾張三名鐘に数えられる梵鐘が鋳造された。この鐘は建長3年(1251年)の銘があり[1]、愛知県の有形文化財に指定されているが、大晦日には除夜の鐘として参拝者も撞くことができる。

天文18年(1549年)、織田家の人質だった松平竹千代(後の徳川家康)と今川家の人質だった織田信広の人質交換がこの地で行われた。[2]

明治時代初期の廃仏毀釈その他の影響で一時期荒廃が進むが、昭和時代住職らの努力で隆盛を取り戻し、現在に至っている。藤原兼平と姫の故事にちなんで、縁結びを祈る参拝者も多いという。

名古屋市観光協会の後援により、昭和30年頃には大名古屋十二支恵当寺で巳年の護り本尊の普賢菩薩の霊場になり、昭和62年にはなごや七福神恵比寿の霊場になった。 

行事等[編集]

  • 毎月18日の観音の縁日には、境内でフリーマーケットが開かれる(雨天中止)。
  • 毎月「6」のつく「祈願日」(6,16,26日)には、境内で青空市『六の市』が開かれる(雨天中止)。

境内[編集]

  • 本堂 - 本尊十一面観音のほか、恵比須、大黒天、不動明王などを祀る。本尊の十一面観音像は秘仏であり、開帳は8年ごとである(最近の開帳は2007年4月)。
  • 医王殿(薬師堂) - 薬師如来像を安置
  • 善光寺堂 - 阿弥陀如来像を安置
  • 多宝塔 - 阿弥陀如来像を安置
  • 放生池 - 通称「亀の池」。多くのカメが生息し、地域のシンボルとして周辺住民により生態調査が行われている。2010年に井戸水による給水を始めた。

ギャラリー[編集]

本堂(西側より) 
本堂(東側より) 
放生池と仁王門 
仁王門 
西門 
多宝塔 
鐘楼 
放生池 
西方院山門(笠覆寺塔頭のひとつ) 
西方院本堂(笠覆寺塔頭のひとつ) 
西方院堂宇(笠覆寺塔頭のひとつ) 
泉増院境内(笠覆寺塔頭のひとつ) 
泉増院堂宇(笠覆寺塔頭のひとつ) 
東光院山門(笠覆寺塔頭のひとつ) 
東光院本堂(笠覆寺塔頭のひとつ) 
東光院天満宮(笠覆寺塔頭のひとつ) 

文化財[編集]

重要文化財(国指定)
  • 色紙墨書妙法蓮華経 巻第五
愛知県指定有形文化財
  • 笠覆寺文書
  • 梵鐘
  • 木造十一面観音菩薩立像
  • 銅造十一面観世音並びに六稜式厨子及び古甕 附:高力種信筆出現縁起 2張

アクセス[編集]

その他[編集]

仁王門・本堂・西門・多宝塔・鐘楼の5つについては、1992年(平成4年)10月5日付で名古屋市の都市景観重要建築物等に指定されている[3]。また、手水舎は2012年(平成24年)2月29日付で登録地域建造物資産に登録された[4]

脚注[編集]

外部リンク[編集]