大須観音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大須観音
Oosukannon.JPG
観音堂
所在地 愛知県名古屋市中区大須2-21-47
位置 北緯35度9分35.13秒 東経136度53分58.23秒 / 北緯35.1597583度 東経136.8995083度 / 35.1597583; 136.8995083座標: 北緯35度9分35.13秒 東経136度53分58.23秒 / 北緯35.1597583度 東経136.8995083度 / 35.1597583; 136.8995083
山号 北野山
宗派 真言宗智山派
寺格 別格本山
本尊 聖観音
創建年 元弘3年(1333年
開基 能信
正式名 北野山 真福寺 寶生院
札所等 日本三大観音
東海三十六不動尊10番
尾張三十三観音1番
なごや七福神布袋霊場
大名古屋十二支主管寺
文化財 真福寺文庫
古事記写本他(国宝)、絹本著色仏涅槃図他(重要文化財)〕
公式HP 大須観音
テンプレートを表示

大須観音(おおすかんのん)は、愛知県名古屋市中区大須にある真言宗智山派別格本山本尊聖観音。寺号は詳しくは「北野山真福寺宝生院(ほうしょういん)」と称し、宗教法人としての公称は「宝生院」だが、一般には大須観音の名で知られる。日本三大観音の1つとも言われる観音霊場である。なごや七福神の一である布袋像を安置する。寺内に、『古事記』の最古写本をはじめとする貴重書を多数蔵する「真福寺文庫」がある。

歴史[編集]

建久年間1190年代)、尾張国中島郡長庄大須に中島観音が発祥する[1]元亨4年(1324年)に後醍醐天皇大須郷(現岐阜県羽島市桑原町大須)に北野天満宮を創建。元弘3年(1333年)に同社の別当寺として僧能信が創建した真福寺が当寺の始まりである。

その後、慶長17年(1612年)に徳川家康の命令で犬山城主の成瀬正茂によって現在地に移転する。 明治25年(1892年3月21日には、境内にあった宝生座(芝居小屋)裏手からの出火(大須の大火)により本堂五重塔仁王門を焼失[2][3]第二次世界大戦名古屋大空襲による2度目の焼失後、昭和45年(1970年)に本堂を再建し、現在に至る。

大須の地名はこの大須観音の門前町が発祥の地である。

開山能信上人[編集]

開山能信上人
正応4年(1291年)生まれ
正平10年10月25日(1355年11月29日)入寂。
字を浄水、性は桜井
能信
尊称 開山能信上人
生地 勢州鈴鹿郡関の郷井後
宗旨 真言宗
寺院 北野天満宮別当 真福寺(大須観音)
仏通禅師(大慧)、慈恩院の実清、安養寺の寂雲

開山能信上人(以下、能信)はを能信、を浄水、は桜井にして、正応4年(1291年)に勢州鈴鹿郡関の郷井後(現・亀山市井尻町の付近[4])で誕生する[5]正和元年(1312年)、仏通禅師(大慧)の入寂に際して禅学と密教の書籍を全て譲り受ける[6]文保2年(1318年)、慈恩院の実清阿闍梨に随って落飾する。嘉暦元年(1326年)、安養寺の寂雲に法求す[5]元弘元年、元徳3年(1331年)、後醍醐天皇が能信に帰依する。元弘3年(1333年)、後醍醐天皇より北野天満宮別当職を拝し真福寺の開山をなす。正平10年10月25日1355年11月29日)、能信が入寂せられる[1]

貫主歴代[編集]

  1. 能信
  2. 信瑜
  3. 任瑜法親王
  4. 政祝、(頼瑜法親王)
  5. 信賢
  6. 宗真
  7. 任慶
  8. 任舜
  9. 宥覚
  10. 政祐
  11. 三不
  12. 政巡
  13. 政覚
  14. 政如
  15. 日算
  16. 祐舜
  17. 尭雅
  18. 弘算
  19. 及誉
  20. 頼任
  21. 鏡融
  22. 尭遍
  23. --
  24. 印雅
  25. 深雅
  26. 信海
  27. 宥済
  28. 融範
  29. 杲宥(寂堂)
  30. 猷江
  31. 融応
  32. 貞範
  33. 宥天
  34. 慈海
  35. 永慶
  36. 宥海
  37. 智覚
  38. 快隆
  39. 賢善
  40. 栄順
  41. 宥眠
  42. 了祐
  43. 弘吽
  44. 快円
  45. 蓮雅
  46. 如実
  47. 政英
  48. 恵秀
  49. 滝実昇
  50. 鈴木快秀
  51. 大槻快尊
  52. 野口快宝
  53. 鈴木快聖
  54. 岡部快芳
  55. 岡部快圓

文化財[編集]

真福寺文庫(大須文庫) - 大須観音にある文庫図書館)。醍醐寺根来寺と共に日本三経蔵の1つ。あるいは仁和寺根来寺と共に本朝三文庫の1つと称される。15,000冊もの古典籍を所蔵。書誌学の世界では真福寺本、大須本と言う。国宝の『古事記』は「真福寺本古事記」として知られ、同書の現存最古の写本である。

国宝[編集]

重要文化財[編集]

絵画
典籍・古文書
  • 将門記残巻 承徳三年書写奥書 1巻
  • 尾張国解文(げぶみ)残巻 1巻
  • 七大寺年表 永万元年書写奥書 2巻
  • 日本霊異記 巻中下 2巻
  • 口遊(くちずさみ) 弘長三年書写奥書 1冊
  • 倭名類聚抄(抄本) 弘安六年円朝書写奥書 1冊
  • 空也誄(くうやるい) 1巻
  • 扶桑略記 2帖
  • 古事記上巻抄 1巻
  • 宋刊本 玉篇 1冊
  • 宋刊本 新雕雙金 1冊
  • 宋刊本 大宋僧史略 1冊
  • 宋刊本 広韻 上声 1冊
  • 宋刊本 礼部韻略 3冊
  • 宋刊本 紹聖新添周易神殺暦等残巻 1巻[7]
  • 本朝文粋(一括指定)
    • 本朝文粋 巻第十二、十四 弘安三年書写並びに正応元年伝授奥書 2巻
    • 本朝文粋 巻第十四 建保五年貞円書写奥書 1冊
  • 熊野三山関連資料(一括指定)
    • 熊野三所権現御記文 1巻
    • 熊野権現蔵王殿造功日記 2巻
    • 熊野三所権現金峯金剛蔵王降下御事 1巻
    • 熊野王子眷属 1巻
  • 往生伝(一括指定)
    • 続本朝往生伝 建長五年乗忍書写奥書 1帖
    • 拾遺往生伝 3帖
    • 後拾遺往生伝 正嘉二年乗智書写奥書 3帖
    • 三外往生記 正嘉二年乗忍書写奥書 1帖
    • 本朝新修往生伝 正嘉二年乗智書写奥書 1帖
    • 往生浄土伝 建長六年乗忍書写奥書 3帖
    • 法花経伝 巻三・四、巻五・六、巻七・八 建長八年乗忍書写奥書 3帖
  • 弘法大師伝記類(一括指定)
    • 弘法大師伝 元暦元年書写奥書 2巻
    • 弘法大師伝 応安八年書写奥書 1冊
    • 弘法大師伝記 貞和二年書写奥書 1巻
    • 弘法大師行化記 貞和二年書写奥書 1巻
    • 高野大師伝 1帖
    • 弘法大師御入定勘決記 貞治三年深恵書写奥書 2帖
    • 弘法大師御入定勘決抄 承安三年書写奥書 1冊
    • 高野口決 貞治六年書写奥書 1巻

名古屋市指定文化財[編集]

  • 宝生院開山塔[8]
  • 宝生院中興開山印雅上人逆修塔[8]

その他[編集]

札所[編集]

所在地[編集]

交通手段[編集]

参考文献[編集]

  • 『大須観音真福寺略史』 鈴木快聖・編、浜島書店、名古屋、1954年5月5日全国書誌番号:54012320NCID BN11426983OCLC 673621887
  • 名古屋市博物館、真福寺大須文庫調査研究会 『大須観音 いま開かれる、奇跡の文庫』 大須観音宝生院、名古屋、2012年11月30日


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 鈴木快聖・編 1954, p. 62.
  2. ^ Network2010・明治時代の名古「大須観音」)
  3. ^ ライブラリーから - 名古屋都市センター (PDF)
  4. ^ 亀山市教育委員会「糀屋垣内遺跡」『三重県埋蔵文化財報告100-3』4頁。1994年。三重県埋蔵文化センター。
  5. ^ a b 鈴木快聖・編 1954, p. 12.
  6. ^ 鈴木快聖・編 1954, p. 11.
  7. ^ 書名の「殺」は本来は「煞」(UnicodeはU+715E)。ここでは重要文化財指定名称にしたがう。
  8. ^ a b 市指定文化財”. 名古屋市 (2012年10月19日). 2013年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]