名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット
NAGOYA PORT WILDFLOWER GARDEN BLUEBONNET
Nagoya Port Wild Flower Garden Bluebonet 20160521-02.jpg
入口(2016年5月)
施設情報
事業主体 中部電力
開園 2002年4月20日
所在地 455-0028
愛知県名古屋市港区潮見町42
位置 北緯35度4分14.98秒 東経136度52分51.83秒 / 北緯35.0708278度 東経136.8810639度 / 35.0708278; 136.8810639座標: 北緯35度4分14.98秒 東経136度52分51.83秒 / 北緯35.0708278度 東経136.8810639度 / 35.0708278; 136.8810639
公式サイト 名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット
テンプレートを表示
園内

名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット(なごやこうワイルドフラワーガーデン ブルーボネット)は、愛知県名古屋市港区潮見町にある自然風庭園

概要[編集]

中部電力が創立50周年事業で新名古屋火力発電所の一部を整備したもので[1]2002年4月20日にオープンした[2]。園内には22のガーデンがあり[3]、園内には多種多様なワイルドフラワー(野性的な雰囲気を持つ草花)が咲き乱れている。そのほかにもレストランAURA(アウラ)やガーデンショップ、植物の情報を検索できるコーナーなども設けられている。なお、当庭園の愛称の「ブルーボネット」(en:Bluebonnet)とは、アメリカテキサス州の州花である[4]

利用案内[編集]

  • 入園料:大人300円、65歳以上200円、小中学生150円、6歳未満は無料[5]

所在地[編集]

愛知県名古屋市港区潮見町42番地

交通アクセス[編集]

自家用車
公共交通機関

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名古屋港ワイルドフラワーガーデンの概要”. 中部電力株式会社. 2014年11月1日閲覧。
  2. ^ 名古屋港ワイルドフラワーガーデン「ブルーボネット」2007年春 リニューアルオープンおよびイベントのご案内”. 中部電力株式会社. 2014年11月1日閲覧。
  3. ^ 園内ガイド”. 名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット. 2014年11月1日閲覧。
  4. ^ コンセプト”. 名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット. 2015年5月20日閲覧。
  5. ^ a b c d 開園時間・アクセス”. 名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット. 2015年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]