ちゅうでん児童文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ちゅうでん児童文学賞(ちゅうでんじどうぶんがくしょう)は、公益財団法人ちゅうでん教育振興財団が主催する文学賞。子どもたちの人間性や感受性を高める児童文学の創作をうながし、広く優れた書き手を発掘する目的で1998年中部電力主催の中部電力児童文学賞として始まった。2001年同財団の設立とともに改称、現在の大賞選考制となり大賞受賞作の出版を行うようになった。

概要[編集]

子どもから大人までを読者対象とする児童文学作品を全国から募集し、優秀な作品に賞を贈る。現在の選考委員は斉藤洋富安陽子鷲田清一。大賞受賞作品は、本にして出版される。

大賞受賞作品[編集]

第1回から第10回[編集]

第11回から第20回[編集]

第21回から第30回[編集]

※第3回までは「中部電力児童文学賞」。未出版。

外部リンク[編集]