電気文化会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
電気文化会館
Denki Bunka Kaikan
Science-Museum of Chubu Electric Power.jpg
情報
用途 博物館ホール店舗事務所駐車場
設計者 中部電力建築第一課、日建設計名古屋事務所[1]
施工 鹿島大成建設JV[1]
建築主 株式会社電気文化会館(現・中電不動産[1]
構造形式 S造SRC造[1]
敷地面積 3,007 m²
建築面積 2,149.46 m² [2]
延床面積 23,810.11 m² [1]
階数 地上13階、地下3階、塔屋1階[1]
高さ 58m[2]
駐車台数 80台
竣工 1986年昭和61年)6月[2]
所在地 460-0008
愛知県名古屋市中区2-2-5
座標 北緯35度10分4.19秒 東経136度53分57.4秒 / 北緯35.1678306度 東経136.899278度 / 35.1678306; 136.899278
テンプレートを表示
電気文化会館ザ・コンサートホール
Denki Bunka Kaikan The Concert Hall
情報
開館 1986年7月
客席数 395席[3]
用途 クラシックコンサート
運営 中電不動産
アクセス 名古屋市営地下鉄伏見駅から徒歩約2分。
公式サイト 電気文化会館

電気文化会館(でんきぶんかかいかん)は、愛知県名古屋市中区にある中部電力の文化施設である。管理・運営は中部電力グループの中電不動産が行っており中電不動産本社も同施設に入居する。

概要[編集]

名古屋で初の電力会社名古屋電燈」が置かれていた場所に1986年昭和61年)7月にオープンした施設で、1階から4階にはでんきの科学館が入り、地下2階はコンサートホールとなっているほか、イベントホールやギャラリーなども備えている。

ザ・コンサートホールは日本における室内楽専用ホールの先影となったものとして知られ、クラシックコンサートなどが開催される[4]

また、昭和61年度名古屋市都市景観賞[5]および昭和62年度第19回中部建築賞[1]を受賞している。

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 第19回(昭和62年度) 第19回中部建築賞入賞作品 (PDF)”. 中部建築賞協議会. 2014年8月30日閲覧。
  2. ^ a b c 施工実績”. 竹甚板硝子株式会社. 2014年8月30日閲覧。
  3. ^ ザ・コンサートホール 施設概要”. 中電不動産株式会社. 2014年8月30日閲覧。
  4. ^ “専用ホールの課題 世界劇場会議からの報告 上 観客開発 クラシックファン拡大へ ニーズの徹底的調査が重要に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1995年3月1日)
  5. ^ 昭和61年度名古屋市都市景観賞表彰作品(観光・イベント情報)”. 名古屋市. 2014年8月30日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]