コミュニティネットワークセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社コミュニティネットワークセンター
COMMUNITY NETWORK CENTER INCORPORATED.
Higashisakura Building No.1 20140728.JPG
本社が入居する東桜第一ビル(2014年7月)
種類 株式会社
略称 CNCI
本社所在地 日本の旗 日本
461-0005
愛知県名古屋市東区東桜一丁目3番10号
東桜第一ビル10F
北緯35度10分24.7秒
東経136度54分41秒
座標: 北緯35度10分24.7秒 東経136度54分41秒
設立 2000年(平成12年)2月2日
業種 情報・通信業
法人番号 9180001066196
事業内容 グループ会社の統括、デジタル放送の再配信、電気通信事業等。
代表者 代表取締役社長 髙原 昌宏
資本金 2億9,308万円
売上高 163億8900万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 14億9900万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 15億0900万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 12億2100万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 457億6300万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 連結 1,070名(2018年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 主な株主の項目を参照
主要子会社 グループ企業を参照
外部リンク http://www.cnci.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社コミュニティネットワークセンター: COMMUNITY NETWORK CENTER INCORPORATED.、CNCi)は、愛知県名古屋市東区東桜一丁目に本社を置く国内第2位のMSO(ケーブルテレビの統括運営会社)[2]で東海地区のケーブルテレビ局の事業連合として設立された。 キャッチネットワーク、知多メディアスネットワーク、中部ケーブルネットワーク、ひまわりネットワーク、スターキャット・ケーブルネットワークを傘下に置く事業持株会社である。また、グリーンシティケーブルテレビの株式55%を取得し子会社化している。旧東海デジタルネットワークセンター

概要[編集]

2008年(平成20年)7月1日に、東海デジタルネットワークセンターが母体となり、キャッチネットワーク知多メディアスネットワーク中部ケーブルネットワークひまわりネットワークと株式交換を実施し完全子会社化し、シーテックの中部メディアセンター事業とITサポート事業を会社分割により継承し、東海ケーブルネットワーク企画株式会社を合併、商号を株式会社コミュニティネットワークセンターと変更し、ケーブルテレビ事業持株会社となった。

沿革[編集]

  • 2000年(平成12年)2月2日 - 株式会社東海デジタルネットワークセンターとして設立。
  • 2008年(平成20年)7月1日 - 株式会社コミュニティネットワークセンターに商号を変更。ケーブルテレビ事業者4社との株式交換により、持株会社となる。
  • 2008年(平成21年)1月4日 - 本社を名古屋市東区の東桜第一ビルへ移転。
  • 2009年(平成21年)6月 - KDDIと提携しビデオ・オン・デマンドサービス「ケーブルオンデマンド」の提供をひまわりネットワークから順次導入開始。
  • 2011年(平成23年)7月1日 - KDDI子会社のKMN株式会社がスターキャット・ケーブルネットワークと協業で運営するMediaCat事業を会社分割方式により承継。これに伴いKDDIがコミュニティネットワークセンターと資本提携を行い第3位の株主となった[2]
  • 2012年(平成24年)2月20日 - スターキャット・ケーブルネットワーク株式の公開買付けを開始することを公表。3月23日に94.04%の応募により公開買付けが成立し[3]、7月31日に完全子会社化した[4]

グループ企業[編集]

主な株主[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]