井上五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 五郎 (いのうえ ごろう、1899年明治32年)8月16日 - 1981年昭和56年)11月18日)は、日本の実業家中部電力会長、中部経済連合会会長を務めた。

来歴[編集]

実業家・政治家の井上角五郎の五男として東京市芝区(現・東京都港区三田に生まれる。慶應義塾幼稚舎1912年(明治45年)卒業)を経て、1923年(大正12年)に東京帝国大学工学部を卒業し、東邦電力に入社する。

1951年(昭和26年)に中部電力設立とともに、初代社長に就任する。のち会長に就任する。

1959年(昭和34年)に大同製鉄(現・大同特殊鋼)監査役となる。以後、以下の役職を歴任した。

1981年(昭和56年)11月18日に死去、82歳。

顕彰[編集]

脚注[編集]

先代:
新設
中部電力社長
1951年 - 1961年
次代:
横山通夫
先代:
佐伯卯四郎
中部経済連合会会長
1962年 - 1971年
次代:
横山通夫
先代:
有澤廣巳
原子力委員会委員長代理
1972年 - 1978年
次代:
清成迪