中部テレコミュニケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中部テレコミュニケーション株式会社
CHUBU TELECOMMUNICATIONS CO.,INC.
Nishiki First Building 20140824.JPG
本社が入居する錦ファーストビル(2014年8月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 CTC
本社所在地 日本の旗 日本
460-0003
愛知県名古屋市中区一丁目8番8号
北緯35度10分13.9秒
東経136度53分37.3秒
座標: 北緯35度10分13.9秒 東経136度53分37.3秒
設立 1986年6月3日
業種 情報・通信業
法人番号 6180001038116
事業内容 電気通信事業、電気通信設備工事および保守等。
代表者 代表取締役社長 竹山博邦
資本金 388億1648万円
売上高 738億59百万円(2015年3月期)
営業利益 153億48百万円(2015年3月期)
純利益 102億13百万円(2015年3月期)
総資産 1128億78百万円(2015年3月期)
従業員数 652名(2015年3月31日現在)
主要株主 KDDI株式会社 80.5%
中部電力株式会社 19.5%
外部リンク http://www.ctc.co.jp/
テンプレートを表示

中部テレコミュニケーション株式会社(ちゅうぶテレコミュニケーション、略称:CTC)とは、KDDI系(旧電力〔中部電力〕系 但し資本関係はまだある)の電気通信事業者である。

沿革[編集]

  • 1986年6月 中部テレコム・コンサルティング株式会社設立、 調査会社として活動開始[1]
  • 1987年10月 定款変更(商号・目的)し、事業会社として発足
  • 1987年12月 第一種電気通信事業許可
  • 1988年6月 専用サービス開始
  • 1989年8月 映像伝送サービス開始
  • 1992年4月 パケット交換サービス開始
  • 1994年10月 アステル中部:株式会社アステル中部企画(企画会社)設立
  • 1996年4月 ISDNサービス開始
  • 1998年4月 ATM専用サービス開始
  • 2000年10月 インターネットデータセンター(現CTCデータセンター名古屋駅南)開設
  • 2000年11月 株式会社アステル中部を吸収合併
  • 2001年10月 企業向けデータ通信部門を分割しパワードコムに継承
  • 2002年4月 iDCホスティングサービス開始
  • 2002年6月 光ファイバー専用サービス開始
  • 2003年1月 広域イーサネットサービス「CTC EtherLINK」開始
  • 2003年4月 LINK CPE PACKサービス開始
  • 2003年8月 IP電話サービス・IPテレビ電話サービス開始
  • 2003年9月 IPセントレックスサービス開始
  • 2003年9月 インターネット接続サービス 「CTC NetLINK」サービス開始
  • 2003年12月 トーエネックからインターネットサービスプロバイダー「i-chubu」(インターネット中部)の営業譲渡を受け、サービス開始
  • 2004年1月 Broad Diveサービス開始
  • 2005年1月 インターネットデータセンターにおけるサービス等についてISMS認証取得
  • 2005年5月 アステル事業終了
  • 2005年6月 広域イーサネットサービス「CTC EtherDIVE」開始
  • 2005年6月 インターネット接続サービス 「CTC NetDIVE」開始
  • 2006年1月 中部電力株式会社からコミュファ(commuf@)事業承継、サービス開始
  • 2007年11月 「コミュファプラス」「アクセスコミュファプラス」開始
  • 2009年9月 CTCデータセンター名古屋栄開設
  • 2008年4月 KDDIが中部電力から株式の80.5%を取得し、KDDIの子会社に移行
  • 2009年3月 i-chubu(インターネット中部)サービス終了
  • 2010年10月 名張市を除く中京広域圏を対象にコミュファ光テレビ光ファイバーケーブルテレビ=光放送)を開始(地デジ・BSデジタルのみ対応)
  • 2010年10月 「CTCマネージドクラウドサービス」開始
  • 2011年4月 イーサネットVPNサービス「CTC Etherコミュファ」開始
  • 2011年10月 略称ロゴ変更
  • 2012年4月 法人(中小企業)向けサービス「ビジネスコミュファ光」開始
  • 2014年2月 CTCデータセンター名古屋丸の内 開設

かつて行っていた事業[編集]

アステル中部[編集]

アステル中部は、2000年10月1日に株式会社アステル中部との合併により継承したPHSサービスのブランド名称である。

詳細は、アステル中部を参照。

インターネット中部[編集]

インターネット中部は、2003年12月1日に株式会社トーエネックから営業譲渡により継承したインターネット接続事業のブランド名称である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]