国際ケーブル・シップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国際ケーブル・シップ株式会社
KOKUSAI CABLE SHIP CO., LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町11番地2 川崎フロンティアビル6階
北緯35度31分53.7秒 東経139度41分57.2秒 / 北緯35.531583度 東経139.699222度 / 35.531583; 139.699222座標: 北緯35度31分53.7秒 東経139度41分57.2秒 / 北緯35.531583度 東経139.699222度 / 35.531583; 139.699222
設立 1966年3月1日
業種 建設業
法人番号 3010401061736
事業内容 海底ケーブルの建設保守
代表者 代表取締役社長 安楽孝明
資本金 1億3500万円
売上高 約62.8億円(2016年度)
従業員数 65名(2017年6月16日現在)
主要株主 KDDI(100%)
テンプレートを表示

国際ケーブル・シップ株式会社(こくさいケーブル・シップ、KOKUSAI CABLE SHIP CO., LTD. (KCS))は海底ケーブルの建設や保守、それらに付帯する電気通信工事の設計施工などを行う企業で、KDDI100%出資の子会社である。

概要[編集]

1964年に開通した初の太平洋横断海底同軸ケーブルであるTPC-1の保守を担うため、1966年3月1日に設立された。1967年海底ケーブル敷設船KDD丸が竣工、以後、日本周辺海域の海底ケーブルの建設・保守を行っている。

本社は品川イーストワンタワーに入居していたが、2013年神奈川県川崎市へ移転した。

KDDIオーシャンリンクとKDDIパシフィックリンクの2隻の海底ケーブル敷設船を保有し、それぞれ4,000kmの海底ケーブルを積み込むことが可能である。2隻の船舶運航などの運営管理は商船三井系の株式会社MOLケーブルシップが行っている。

保有船舶[編集]

  • KDDIオーシャンリンク(KDDI OCEAN LINK)
1991年3月28日起工、1991年8月1日進水、1992年2月28日就航。9,510総トン。
全長133.16m、幅19.6m、出力8,800馬力、航海速力15ノット。三菱重工業下関造船所建造。
ケーブルタンク容量2,300立方メートル、定員83名。
  • KDDIパシフィックリンク(KDDI PACIFIC LINK)
1993年建造、1997年9月8日ウエア造船所(イギリス)で改造竣工、1998年1月28日就航。7,960総トン。
全長109.0m、幅20.5m、出力4,000kW、航海速力10.5ノット。シングマリン造船所(シンガポール)建造。
ケーブルタンク容量 メインケーブルタンク:2,400立方メートル、スペアケーブルタンク:320立方メートル、定員58名。
元多目的船「WESTERN RENAISSANCE」。

外部リンク[編集]