auおうち電話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
KDDI > au (通信) > auおうち電話

auおうち電話(エーユーおうちでんわ)は、KDDIのCDNで相互接続された、KDDIとその提携事業者固定電話サービスである。

au携帯電話との関連サービスについても述べる。

含まれるサービス[編集]

関連サービス[編集]

auまとめトーク[編集]

au携帯電話と合わせて利用することで、au宛て通話料金を無料とするサービス。

au→自宅割[編集]

「au自宅割」とも表記される。

au携帯電話から自宅のauおうち電話宛て通話料金を無料とするサービス。auおうち電話以外でも適用条件が満たされれば割引になる。

auで着信確認[編集]

KDDI提供のauおうち電話の場合は「KDDI電話 auで着信確認」とも表記される。

auひかり 電話サービス、メタルプラス電話(家庭用)、ADSL one電話サービス、ケーブルプラス電話、J:COM PHONEプラス、以上5種への着信をau携帯電話で確認できるサービス。対応機種であれば着信履歴として、非対応機種でもCメールにて報せが届く。

歴史[編集]

KDDIは光ファイバー通信を用いた光プラス電話(後のauひかり 電話サービス)を2003年10月10日に開始。0AB~J番号を使える個人向けIP電話として日本初、かつ緊急通報用電話番号に繋がるサービスしても日本初だった[1]

auおうち電話として統一された名称を持ったのは2008年8月1日から。携帯電話と固定電話のサービスを融合するFMCを推進する一環として、通話料金無料にするauまとめトークau→自宅割を同時に開始した[2]。au利用者同士の無料通話は同年3月に開始された家族割誰でも割による携帯電話間に限られていたのに対して、固定電話は自宅への通話が半額になるだけであったが、この新サービスによって固定電話を含む無料通話を提供して、利便性の向上を図った[3]。これら無料サービスの拡大で20億円の減収を見込んだが、さらに大きな狙いとして、当時およそ1370万世帯が利用していたau携帯電話の既存契約者を同じく当時180万世帯にとどまっていたau固定回線の新規契約獲得へ誘導する意図があった[4]

2009年3月からコミュファ光電話が追加[5]、2011年4月にJ:COM PHONEプラスが開始[6]し、契約数は漸次増加。固定系アクセス回線の契約数は、2008年6月までで5,082,000世帯だったのに対して、2012年3月までに7,118,000世帯となっている[7]

メタルプラス電話サービスは2016年6月30日、ADSL one・au one net ADSLは2015年9月30日に、他のサービスに置き換えられた[8][9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山崎潤一郎 (2003年10月9日). “これまでの番号を使えるIP電話がKDDIから登場!”. 日経トレンディ. http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/col/20031008/106195/ 2016年7月14日閲覧。 
  2. ^ “au携帯電話とKDDI固定電話、およびKDDI固定電話間の国内通話料が24時間無料になる「auまとめトーク」の開始について” (プレスリリース), KDDI株式会社 沖縄セルラー電話株式会社, (2008年6月25日), http://www.kddi.com/corporate/news_release/2008/0625/index.html 2016年7月14日閲覧。 
  3. ^ ITmedia (2008年6月25日). “auケータイ 3000万の顧客基盤を固定に誘導――「auまとめトーク」の狙い”. ITmedia Mobile. http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0806/25/news095.html 2016年7月14日閲覧。 
  4. ^ 滝沢 泰盛=日経コミュニケーション (2008年6月25日). “KDDI,固定電話からau携帯電話などへの通話料を無料にする「auまとめトーク」を8月開始”. ITpro. http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080625/309465/ 2016年7月14日閲覧。 
  5. ^ “「auまとめトーク」の対象サービス追加について~ctcが提供する「コミュファ光電話」も対象に~” (プレスリリース), KDDI株式会社 沖縄セルラー電話株式会社 中部テレコミュニケーション株式会社, (2009年1月28日), http://www.ctc.co.jp/news/20090128.html 2016年7月14日閲覧。 
  6. ^ “J:COMとKDDIが電話サービスで連携 新電話サービス「J:COM PHONEプラス」を4月より提供開始 既存の「J:COM PHONE」からもau携帯電話への国内通話がおトクな料金で提供” (プレスリリース), 株式会社ジュピターテレコム KDDI株式会社, (2011年2月14日), http://newsreleases.jcom.co.jp/news/41447.html 2016年7月14日閲覧。 
  7. ^ サービスデータ旧事業セグメント別 固定通信事業:2001年3月期~2012年3月期 (xls)”. 2016年7月14日閲覧。
  8. ^ “「メタルプラス電話サービス」、「ADSL one」および「au one net ADSL」の一部コースの提供終了について” (プレスリリース), KDDI株式会社, (2014年12月12日), http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2014/12/12/816.html 2016年7月14日閲覧。 
  9. ^ 森田 秀一 (2014年12月12日). “aKDDI「メタルプラス電話」「ADSL one」終了へ、固定系VoLTEサービスを新設”. BB Watch. http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/680149.html 2016年7月14日閲覧。 

外部リンク[編集]

含まれるサービス[編集]

関連サービス[編集]