W52S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウォークマンケータイ W52S(だぶりゅーごーにーえす)は、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現:ソニーモバイルコミュニケーションズ)が日本国内向けに開発した、auブランドを展開するKDDIおよび沖縄セルラー電話携帯電話である。

au ウォークマンケータイ W52S
キャリア au
製造 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
発売日 2007年6月19日
概要
OS REX OS + KCP
CPU Qualcomm MSM6550
225MHz
音声通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xMC)
800MHz[1]/新800MHz/2GHz
データ通信方式 CDMA 1X WIN
(CDMA2000 1xEV-DO Rel.0)
形状 スライド式
サイズ 108 × 54(最広部57) × 19.9(最厚部22) mm
質量 130 g
連続通話時間 約230分
連続待受時間 約250時間
(移動と静止の組み合わせ)
外部メモリ メモリースティック マイクロ
(8GBまで)
microSD
(2GBまで)
日本語入力 POBox Pro+Advanced Wnn V2
FeliCa あり
(Touch Message対応)
赤外線通信機能 IrDA
Bluetooth なし
放送受信機能 FM放送対応
備考 SAR値:1.10W/Kg
メインディスプレイ
方式 透過型微反射TFT液晶ディスプレイ
解像度 フルワイドQVGA
(240×432ドット
サイズ 2.7インチ
表示色数 262,144色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 201万画素CMOS
機能 AF・連写機能
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
アルペジオブルー
(Arpeggio Blue)
ピチカートピンク
(Pizzicato Pink)
ハーモニクスホワイト
(Harmonics White)
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

特徴[編集]

同社の日本向け端末初のウォークマンケータイとして開発されたW42Sの後継モデルである。

内蔵メモリは前機種W42Sがデータフォルダ38MB+音楽用メモリ1GBとしていたのに対し、本機種ではW42Sの約2倍で発売当時業界最大の2GBに拡大され、データフォルダ1.5GB+ATRAC用メモリ512MBとなった。512MBの専用領域(削除可)を設けることで、W42Sでは保存不可能だったATRACファイルも保存可能となった。連続再生時間も日本国内の携帯電話で最長約110時間にアップした。FMトランスミッターを採用し、車載のFMラジオなどでも音楽が楽しめるのも特徴である。

また、外部メモリは日本では初めてメモリースティックマイクロ(M2)に対応するほか、同社のau向け端末では初めてmicroSDカードにも対応している。ただし、microSDを使用する場合は付属のアダプタが必要であり、ATRACファイルは使用することができない。なお、次機種のW53SではメモリースティックPRO Duoを採用し、その後のモデルは他社と共通のmicroSD規格に移行したため、現時点でメモリースティックマイクロを採用している機種は唯一、このW52Sのみである。

音楽以外の機能もW42Sから強化されており、W42Sでは非対応だったEZ FeliCaに対応するほか、災害時ナビ・ラッピングメール・Touch Message、更に新800MHz帯エリア対応などといったauの最新サービス(2007年時点)にも対応している。

W42Sに引き続きスライドスタイルを採用している。スライドアシスト機構もW42Sから継承しているが、W31S同様にレールが見えないデザインになっているのが特徴である。

沿革[編集]

対応サービス[編集]

不具合[編集]

2008年3月18日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[2]

  • プレフィックス設定をした場合、Cメール送信に失敗する場合がある
  • EZwebにて着うたのストリーミング再生を行った場合、タイトルが表示されない場合がある

2008年9月9日に以下の不具合の修正がケータイアップデートにより行われた。[3]

  • Eメールの自動受信ができない、もしくは、Cメールの受信・音声着信ができない場合がある

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年7月23日より利用不可
  2. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2008年3月18日
  3. ^ ケータイアップデートのお知らせ au 2008年9月9日

外部リンク[編集]